日本刀の買取価格はいくら?相場情報やおすすめ店を紹介!

  • 2018年8月7日
日本刀買取価格

家の蔵から出てきた古い日本刀や、これまで集めてきた日本刀の整理にお困りではありませんか?そんな時は、買取の利用がおすすめです。

買取を利用すれば、日本刀をお金に変えることができるだけでなく、店舗によっては蔵の整理なども行ってくれることがあります。

そこで今回の記事では、日本刀の買取をお考えの方に、買取価格や相場の情報をお届けします。

合わせておすすめの買取店や査定のポイントもまとめていますので、参考にしてみてください。

あなたの売りたいものの
\一番高い買取価格がわかる/

日本刀の買取価格の相場

日本刀の買取価格ですが様々な買取店のHPを探してみても、具体的な買取額が掲載されていない事がほとんどです。

日本刀は当然ながら機械で大量に作られるわけではなく、職人の手作業により作られる1点ものになります。

そのため切れ味や出来の良さのランクによって価格が変わり、有名な刀工の作品か無銘かでも価格は変わってきます。

さらに錆びや傷などの日本刀の状態に加え、本物か偽物かによっても価格は変わるため、相場を調べる事は困難なようです。

ただ「太刀」や「脇差」といった日本刀の種類によって買取価格に違いがあるので紹介します。

一般に日本刀として認知されている「刀」の買取額を100%とした場合、刀と一緒に腰に指す「脇差」は40~50%ほど、脇差よりも短い「短刀」は50~60%ほどの買取額となります。

エコプライスの買取価格

骨董品や美術品の買取店「エコプライス」がHPに掲載(2018年7月時点)している、状態が良い美品の日本刀の参考買取価格を紹介します。(※本物か偽物かの記載はされていません)

  • 長曽祢興里入道乕徹 買取価格:693,000円
    一般に「虎徹」の名で知られる日本刀 サイズ:72.5cm
  • 備州長船則光 買取価格:812,000円
    室町時代の備前国の刀工 サイズ:72.3cm
  • 備後三次住水田国重 買取価格:61,000円
    写真の長さから脇差にあたるようです
  • 備前國長船住祐定 買取価格:23,000円
    説明はありませんが偽物と思われます
  • おすすめの買取店3選

全国刀剣買取センター

全国刀剣買取センター

特徴

  • 刀剣の買取専門店
  • 日本刀専用の梱包キットを無料提供
  • 画像査定のサービスあり

店舗紹介

全国刀剣買取センターは日本刀などの刀剣類専門の買取店です。

東京都の高円寺で事業所を運営しており、宅配買取をメインに全国から日本刀買取を受け付けています。

宅配買取では日本刀専用の梱包箱やプチプチ及びガムテープを無料提供しており、送料も振込手数料も無料なので利用しやすいでしょう。

また、持ち込み買取や首都圏エリアを対象とした出張買取も受け付けていますが、いずれの買取利用の場合も事前の問い合わせが必要になります。

刀剣の買取は登録証が交付されていれば、錆びや傷があったり鞘や柄が壊れているなど状態によらずなんでも買取が可能です。

また鍔などの刀装具も買取していますが模造刀は買取不可となっています。

店舗情報

  • 店舗名:全国刀剣買取センター
  • 住所:東京都杉並区高円寺北2-3-10-101

エコプライス

特徴

  • 骨董品や美術品などの買取専門店
  • 年末以外は無休で営業
  • 宅配買取の送料無料

店舗紹介

エコプライスは日本刀や茶道具などの骨董品をはじめ、絵画やレトロおもちゃなどの買取専門店です。

埼玉県ふじみ野市で事業所を運営していますが店頭買取は行っておらず、出張買取と宅配買取にて全国からの依頼品を受け付けています。

出張買取は関東エリアを対象に対応しており、宅配買取は梱包キットの提供はありませんが送料は無料です。

また無料の画像査定サービスも利用できるので、他店と見積り額を比較する事もできます。

刀剣の買取は刀や脇差および刀装具をはじめ、薙刀や軍刀・刀掛なども買取しています。

また売りたい日本刀が多数あったり不要な骨董品や美術品もある場合は、全国対応で出張買取してくれるようなので相談してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

  • 店舗名:エコプライス
  • 住所:埼玉県ふじみ野市亀久保1776-38

日晃堂

日晃堂

特徴

  • 骨董品や古美術品の買取専門店
  • 出張買取は手数料無料で全国に対応
  • はじめての利用で買取価格10%アップのサービス

店舗紹介

日晃堂は骨董品や古美術品の買取専門店で、茶道具や日本刀および甲冑から、西洋アンティークや古銭などを買取しています。

東京都上野に本店があるほか神奈川、愛知、大阪、福岡で支店を運営していて、店頭買取は本店でのみ受け付けています。

出張買取は全国に対応しており査定料やキャンセル料も無料で、宅配買取も梱包キットが無料提供されて送料なども無料なのでとても便利です。

日本刀や薙刀および刀装具など刀剣類全般を買取しており、無料の画像査定も行っています。

また、日晃堂での買取をはじめて利用する人を対象に、買取価格10%アップのサービスを行っているのが特徴です。

店舗情報

  • 店舗名:日晃堂
  • 東京本店:東京都台東区上野4-5-6ウィズビル1F

査定のポイント

日本刀の査定ポイントについて紹介します。

登録証の有無

日本刀を買取してもらうには「登録証(正式名称:銃砲刀剣類登録証)」が必要となります。

昭和50年代以降の登録証は透明なプラスチックで張り合わせるラミネート加工がされておりそれ以前のものは紙製で、日本刀と一緒に保管されているはずなので良く探してみてください。

もし見当たらなければ買取サービスを利用できないので、まずは日本刀を見つけた地域を管轄する警察署に「発見届」を出しましょう。

届けた警察署の方から登録証発行の手続きをしてもらえますが、その後の審査は有料です。

錆びなどの状態や銘

手入れがされないまま長く放置していた日本刀は錆びが出ている事があり買取額にも影響します。

錆びた刀を専門の職人に研いでもらう工賃は一寸(約3cm)で数千円から1万円ほどかかり、日本刀全体を研ぎ直すと10万円以上はかかるので注意が必要です。

また無銘の日本刀よりは銘があるものの方が高い査定となります。

本物か偽物かを調べるためには、銘が刻まれている茎(なかご)部分のチェックが重要です。画像査定を利用するなら柄を外すなど手間はかかりますが、茎部分の画像を撮って送るといいでしょう。

鑑定書

日本刀は美術品として扱われており偽物も多数存在しているため、絵画などと同じく鑑定書があります。

もし鑑定書があれば一緒に出す事で買取額アップが期待できるでしょう。

日刀保(正式名称:公益財団法人日本美術刀剣保存協会)発行の鑑定書であれば、さらなる買取額アップも期待できます。

まとめ

日本刀の買取価格などについてご紹介してきました。

日本刀の正確な相場を知る事は難しいですが、ぜひ買取を利用する際の参考にしてみてください。

受付時間:24時間対応(年中無休)
電話でお問い合わせ(無料)