なにかとわかりづらい絵画買取!おすすめの買取店3選

絵画

大掃除や遺品整理で出てきた名の知らぬ絵画の数々、処分したいけれど、捨てるには忍びない。または長年コツコツと集めてきた自慢のコレクション、そろそろ生前整理や断捨離で手放したいけれど、少しでも高く買取してもらいたいなど、売りに出したい理由は人それぞれ。でも、いったいどこで買取してもらったらいいの?はたして価格はつくの?などなど、なにかとわかりづらい絵画買取の世界。どうせ手放すなら、信頼できる絵画の専門の鑑定人のいるお店で、できるだけ高く買取してもらいませんか?もしかしたら、あなたの手元にお宝が眠っているかもしれません。

おすすめの絵画買取店

秋華洞

秋華洞
出典:秋華洞

美術や骨董の世界で一等地の銀座で、約80年の歴史を持つ秋華洞は、一流の画廊が名を連ねる銀座ギャラリーズにも加盟し、重要文化財を取り扱うなど、鑑定力には高い信頼のあるお店です。買取サービスでは幅広いジャンルの専門家が揃っているので、日本画家だけでなく、海外の画家、国や地域、時代を問わずさまざまな絵画の査定が可能です。最近の買取実例もホームページで公表していますので、絵画買取初心者にも安心です。持ち込み、宅配、出張買取に加えて、なんとLINEでの簡単査定申し込みも行っています。

本郷美術骨董館

本郷美術骨董館
出典:本郷美術骨董館

過去に何度もテレビやメディアに取り上げられた実績のある本郷美術骨董館。さまざまなジャンルの目利きの鑑定人が在籍していることで有名です。全国各地で定期的に無料鑑定会も行っていますので、買取相談に一歩気が引けている方も、気軽に絵画買取の世界をのぞいてみることもできます。その他、持ち込み・電話・宅配・出張などさまざまな方法で無料査定、買取をしてくれますし、携帯スマホの写メールで簡単無料査定も可能です。

総合美術買取センター

総合美術買取センター
出典:総合美術買取センター

あらゆるジャンルの絵画専門の鑑定人が在籍している総合美術買取センター。専門的な見地から、絵画マーケットの動向を把握したリアルタイムの査定額を提示、電話やメール、LINE、訪問などさまざまな方法で日本全国買取対応してくれます。拠点を東京に1点集中させることで運営経費を抑え、お客様への高額買取を実現しています。査定額や内容に満足がいかなかったら、もちろん安心のクーリングオフ制度がありますので、絵画買取初心者にも安心です。

買取査定をしてもらうときのポイントは?

ポイント

絵画買取の専門店に

絵画の価値を正しく鑑定してもらって、買取してもらうには、絵画に精通した鑑定士のいる、絵画買取専門店に相談するのが大切です。面倒くさがって、近所のリサイクルショップに持っていっては、もしかして価値のあるものかもしれないのに、二束三文で手放してしまうことになりかねません。また専門店は、他のお店が買取した絵画を手数料を払ってオークション出品するのに比べ、独自の販売ルートを持っているのでその手数料分、同じ品物でも高値の価格をつけることが可能です。

誰が描いたもの?

絵画の価値を正しく鑑定してもらい、買ってもらうにはまずその絵画についての情報を、細かなことまでたくさん伝えることです。絵画に描きこまれたサイン・落款・印章や、キャンバスの裏、木枠に書かれている、自題・自著・年記など。額や木枠にあるシール、作品に付随する証明書や資料などもあれば、ぜひ鑑定の際に一緒に見てもらいましょう。
お店のホームページには、過去の買取実績として、いろいろな画家や作家の作品の画像がアップされています。お手元の、処分したい絵画と似ている作品はありませんか?もし気になる作品があれば、「○○と似ていると思って、、、」と持ち込めば、専門家が正確な鑑定をしてくれます。もしかして、意外なお宝かもしれませんよ。

キズやシミがあるけど…

もし絵画にキズやシミなどがあっても、その絵画に価値があれば買取が可能なお店もありますので、遠慮なく聞いてみましょう。少しでも高く買取してもらおうと、むやみにお手入れをしてしまうと価値が半減してしまうかもしれません。またお手入れに数万円かかったのに、価格はその半分しかつかなかったりすることもありますのでご注意を。

相談するだけならタダ

最近は査定は無料で対応するお店がほとんどですが、査定額や内容に満足できない場合、買取をキャンセルできるかどうかもポイントです。複数のお店で査定してもらい、査定額の相場を知って、買取価格の交渉をするのも得策です。強引に低い査定額で手放して、損をしないように事前に情報収集をすることをお勧めします。実際に絵画を買取をしてもらう際には、身分証明書が必要になります。処分したい絵画が遺品の場合には、相続人の委任状が必要なこともあります。

絵画ってどうやってお手入れするの?

絵画・美術品

基本的なお手入れ方法

いつか高く売る時のために、絵画の基本的なお手入れ方法を知っておきましょう。絵画は、定期的に外気に触れさせること、ほこりなどの汚れを払うこと、額縁などにキズをつけないことが大切です。特に大敵なのは、湿気と紫外線です。湿気によって、絵画の表面にカビやシミが発生したり、紫外線によって絵の具の色あせや変色が起きてしまうのです。せっかく価値のある絵画なら、きれいに保管しておきたいですよね。

ひどい汚れはまず専門家に相談!

押し入れや蔵からほこりをかぶってみつかった絵画、少しでも高く買取してもらおうと、薬品などを使って素人がお手入れすると、せっかくの価値が台無しになってしまうかもしれません。かならず、お手入れする前に絵画買取専門店に相談してみましょう。ついてしまったシミやキズは、そのままの状態で鑑定してもらうのが一番安全です。

まとめ

絵画・美術品

いかがでしたか?手元にある絵画の数々。手放したいけれど、捨てるには忍びない。「もしかしたら価値のあるものなのかも?」と感じたら、近所のリサイクルショップに安い価格で売り払ってしまう前に、今回ご紹介した信頼できる絵画買取店を参考に、迷わず無料査定してもらいましょう。相談するだけならタダです。意外なものが高く売れたり、もしかしたら、あなたの手元にお宝が眠っているかもしれません。