【デジイチ】おすすめのカメラ買取店と高く売る方法&注意点

カメラ 写真

カメラは手軽に購入できる値段のものから数十万円以上する本格的なものまで、様々な種類があります。そんなカメラを売りたいけれど、どこに売ってよいか分からないという方のために、おすすめのカメラ買取店をご紹介します。

買取店の紹介と併せてカメラを高く売る方法と注意点もご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

おすすめの買取店

カメラのナニワ

特徴

  • 1.写真を撮って送るだけの簡単「LINE査定・買取」
  • 2.全国27店舗と店舗数が豊富
  • 3.WEBでナニワグループ各店舗の中古カメラの在庫検索が出来る

店舗紹介

70年の伝統があるカメラ専門店です。買取専門スタッフが40名と豊富なことが特徴。

カメラの買取は、店頭買取・出張買取・宅配買取の3種類で対応しています。
では、それぞれの買取方法をご紹介します。

店頭買取は、5分で査定が終了することと現金支払いが大きな魅力。専用フォームを利用して来店予約をすると、買取が成立した方全員にオリジナルクロスがプレゼントされます。

そして出張買取では、大阪府全域、大阪近郊地域、東京近郊、福岡近郊地域が対応エリアになっています。場合によってはこのエリア以外でも対応可能なこともあるため、たくさんのカメラを処分したいという方は、まずは相談してみて下さい。

最後に宅配買取ですが、無料で利用出来る「らくらく宅配キット」がおすすめ。「らくらく宅配キット」」には、箱(ダンボール)、申込用紙、ナニワ宛着払い送り状、梱包材が入っています。

ただし、60cm以上の三脚を売却する場合には大きめの梱包材が必要になるため、予めその旨を連絡することがポイント。

査定結果は商品到着後24時間以内に連絡してくれます。また、30万円までの宅配保険が無料で付いているため、万が一配送中に破損しても安心。

以上の3つの買取方法以外にも、気軽に利用出来る「LINE査定・買取」も行っています。

高価買取のコツ

カメラを査定に出したら誰もが少しでも高く買取してもらいたいと思うものです。そこで、どうしたらカメラを高く買取してもらえるかをご紹介したいと思います。

どれも簡単に実践できる方法ですので、査定に出す時にはぜひ試してみて下さい。

なるべく綺麗にして

まずは、カメラを売る前になるべく綺麗な状態にすることがポイントです。

実際にカメラを査定に出すと、その時のコンディションの良し悪しが判断材料となり査定額が決定します。そのため、査定に出す前にはクリーニングクロスやブロアー、クリーニング液、綿棒、柔らかいブラシなどを使って掃除をしましょう。

ボディに皮脂汚れが目立つ場合には布にクリーニング液を染み込ませて拭き取れば綺麗になりますし、レンズ表面はホコリを飛ばしてからクリーニングクロスで優しく拭けばバッチリです。

ただし、ミラーセンサー部分の掃除に関しては、メーメーのサービスを利用することをお勧めします。

付属品の確認

カメラを査定に出す時には付属品が一緒だと査定額が高くなるため、まずは付属品の確認を行いましょう。

カメラの付属品には、バッテリー、バッテリーチャージャー、ストラップ、取扱説明書、ケーブル、購入時の外箱などがあります。

付属品はカメラによって違うため、取扱説明書を見ながら確認すると分かりやすくて良いですよ。

このような付属品が揃っていると「完品」となるため、高い値段で買取ってもらえます。

しかし、どれか1つでも欠品していると買取額は下がってしまうため注意して下さい。

まとめて査定依頼する

売りたいカメラやレンズが1つではない場合には、まとめて査定に出すと査定額アップに繋がります。

カメラなど中古品を買取しているお店では、複数商品をまとめて査定に出すと買取額がいくらかアップするサービスを行っていることがあります。

特にカメラでは、レンズを何本も所有している方が多いため、売却する際にはぜひ一緒に査定に出すことをお勧めします。

カメラやレンズを単体で査定に出すよりも、まとめて査定に出すだけで買取額がアップするためおすすめですよ。

買取の注意点

カメラを査定に出す時には、いくつか気を付けて欲しいポイントがあります。この点を知らずに査定に出してしまうと、査定額が安くなってしまい結果的に損をすることにも繋がります。

これから査定に出そうかとお考えの方は、これから紹介する注意点をぜひ気を付けてみて下さい。

売るなら早めが肝心

まずは売る時期に注意が必要です。しばらく使わずにしまったままという方は、早めに査定に出しましょう。

特に家庭で多く使われているコンパクトデジカメは新商品の発売されるサイクルが早く、次々と新機種がお店に並びます。そうすると古い機種の査定額はどんどん下がっていくため気を付けなければなりません。

具体的な売り時としては新モデルが出る前がおすすめです。その他には、需要の高まる入学式や卒業式の前が良いタイミング。

そして、デジイチのような本格的なカメラも基本的には同じですが、こちらはタイミング以外にも人気機種かどうかも関係してくるため、こまめに買取価格をチェックする必要があります。

カメラ専門店へ依頼する

買取を依頼する場合には、リサイクルショップではなくカメラ専門店を選ぶように注意して下さい。

リサイクルショップでもカメラの買取は可能ですが、専門店に比べると査定額は低い傾向にあります。

カメラ専門店では、買取られたカメラの販売ルートが豊富に確保されているため、高い査定額になりやすいのです。

また、カメラやレンズに関する専門知識を持ったスタッフが査定を行うため、適正な査定結果が得られることも覚えておいて欲しいポイントです。

湿度の低い状態で保管

カメラやレンズは湿度が苦手なため、売却するまではきちんとした管理を行う必要があります。

管理を怠ってカビが生えてしまうと、査定額は大幅に下がってしまうため充分に気を付けて下さい。

カメラやレンズを保管する際には、専用の防湿庫や乾燥ケースを利用すれば湿度を一定に保って保管することが出来ます。

防湿庫は値段が高いという場合には、ドライボックスと乾燥剤を利用すれば手軽にカメラやレンズを湿気から守り、良い状態で保管できますよ。

まとめ

最後まで読んで下さりありがとうございます。

使わなくなったカメラやレンズは、正しく保管していないとカビが生えて価値が下がってしまいます。しばらく使っていないカメラやレンズがある言う方は、この機会に査定に出してみることをお勧めします。

早めに査定に出せば高価買取してもらえますし、買取代金を新しいカメラの購入資金に充てることも出来ますよ。

■最高価格で売りたい方必見!実績多数のプロによる一括見積もりはこちら!!