初心者におすすめのカメラ10選! 一眼レフ・ミラーレス一眼の撮り方

  • 2022年8月1日

カメラを趣味の一つと楽しむ人が増えてきており、一眼レフやミラーレス一眼に興味を持っている人も多いはず。

しかし、一眼レフとミラーレス一眼の違いをよくわかっていない人が意外と多いのでは?

そこで、一眼レフとミラーレス一眼の違いを解説しながら、それぞれで初心者におすすめのカメラを紹介していきます。

あなたの売りたいものの
\一番高い買取価格がわかる/

一眼レフとミラーレス一眼の違い

一眼レフとミラーレス一眼の違いは、カメラ内部の構造の違いです。

カメラ内部の構造が違っているため、カメラで撮る写真にも違いがあります。

一眼レフ

一眼レフはカメラ内部にミラーがあり、ミラーが光を反射させ、映像をファインダーに映す光学ファインダーが使われています。

そのため、一眼レフに映し出されるのはそのままの景色、様子が映し出されるのが特徴です。

そのままの景色や様子を撮りたい方におすすめになります。

ミラーレス一眼

ミラーレス一眼は一眼レフと違って、光情報を元に作り出された映像が映し出されます。

これはミラーレス一眼には電子ビューファインダーが使われているからです。

電子ビューファインダーとは一眼レフにあるミラーを取り除いて光をイメージセンサーに直接当てて、読み取った情報を液晶のファインダーに像が映し出されます。

ミラーレス一眼は小型で軽量なため、持ち運びが非常に便利なので、本格的な写真を撮りたいけど一眼レフほどのスペックを求めていない人におすすめです。

一眼レフカメラの選び方

一眼レフカメラの選び方のポイントは4つです。

  • サイズ・重さ
  • 操作性
  • メーカー
  • 求めている機能

一眼レフは種類が豊富にあるので、沢山の中から自分に合ったものを選ぶことができるというメリットがある反面、種類が多すぎて初心者には選びにくいという欠点もあります。

なので、初心者の方はまずは上記の4つを意識して選んでみてください。

サイズ・重さ

サイズ・重さは選ぶうえで大切なポイントです。

カメラは意外と重いため、カメラ初心者の方は軽量のものを選ぶのがおすすめ。あまりに重いものを選んでしまうと、写真を撮るときにブレやすくなってしまいます。

また、重すぎると持ち運びが億劫になり、カメラ趣味が続かない原因になることもあるので、ボディの重さを最も意識して選びましょう。

わかりやすい操作性

カメラに慣れていないと、基本的な操作がわからないので操作性が簡単なものを選ぶことも大切です。

操作性が難しいものになるとカメラを使うのが嫌になる可能性があります。

ある程度知識がないと使いこなせないものも多いです。

古いカメラは操作性が難しくガイドがない場合があるので、出来るだけ最新の機種を買いましょう。

各メーカーの特徴

カメラはメーカーによって、機能や重さ、特徴が違うものが多いです。

各メーカーやモデルによって、個性があるので自分に合ったものやカメラを使う目的に沿ったものを選びましょう。

ニコン

ニコンは高性能なモデルが豊富にあるのが特徴です。

想像するカメラの性能を大きく上回るモデルが豊富にあります。

他のカメラメーカーのキャノンなどに比べて初心者仕様のものは少ないですが、長い目で見てカメラを趣味にしたい人にはおすすめです。

機能が豊富にあるので、自分が想像するカメラを手に入れることができるでしょう。

Canon

キャノンはカメラの王道メーカーで、初心者でも簡単に撮影ができるカメラが揃っています。

初心者でも簡単に操作できるだけではなく、初心者とは思えないほど美しい写真を撮ることも可能です。

初心者だけではなく、玄人まで幅広い層の支持を得ているメーカーで、製品の種類も豊富にあります。

オリンパス

オリンパスは他のメーカーに比べて青色の写り方が美しいことで有名です。

初心者でも簡単に南国の空のような澄んだ綺麗な写真を撮ることができます。

コンパクトで軽量のカメラが多く、フォルムもお洒落なためファッションと一緒にカメラを楽しむ方から人気が高いです。

また、雨にも強く手ブレ補正も搭載されているため初心者にぴったりなカメラと言えるでしょう。

富士フイルム

富士フイルムのカメラは色彩表現に長けているため、風景を撮りたい方におすすめのカメラです。

特にレトロな写真を撮りたい方には打って付けのカメラになります。

カメラ上部にダイアルが付いているなど、ユニークな機能が付いているのも特徴の一つです。

価格も他のカメラと比べてお手頃なので、カメラ初心者の方は富士フイルムのカメラから始めるのもいいでしょう。

ソニー

デジタル機器世界最大手のソニーにも、カメラが多くあります。

透明感のある色味が特徴で、繊細な写真を撮ることが可能。夜景を撮りたい方には特におすすめです。

価格はお手頃なものから高価なものまで幅広く揃っています。

どのカメラも機能面は優れているので、本格的なカメラを使いたい方にはぴったりです。

ペンタックス

ペンタックスのカメラは小型でデザインがおしゃれなものが揃っています。

カメラの見た目やカラーにこだわりがある方におすすめのカメラです。

頻繁にカメラを持ち出す方には嬉しいカメラになっています。また、普通のカメラではなくちょっと個性を出したい方にとってはデザインが豊富に揃っているのでチェックしてみてください。

使いたい機能が搭載されている

使いたい機能がそのカメラに搭載されているかは買う前にきちんとチェックしましょう。

特にスマホ連動機能や動画機能があるのかは要チェックです。

最新のモデルのほとんどはスマホ連動機能が付いていますが、中にはついていないものや古いカメラにはない場合があります。

その他にも自分が求めている機能が搭載されているかは購入までに確認しておきましょう。

初心者におすすめのミラーレス一眼カメラ5選

初心者におすすめのミラーレス一眼カメラを5つ紹介します。

最新モデルを厳選して紹介しているため、機能面においてはどれも優れているので、自分に合ったカメラを選んでみてください。

【ミラーレス一眼】ニコン Z fc

ニコン Z fcのおすすめポイントはファッション性にも優れたデザインと最新機能です。

レトロな雰囲気の写真を撮ることもでき、ファッション性にも優れていることから、外観とは対照的なカメラになっています。

まさにおしゃれなデザインと使いやすさを兼ね備えたカメラと言えるでしょう。

仕様

  • 有効画素数:2088万画素
  • 記録媒体:SDカード UHS-I規格
  • Wi-Fi:あり
  • サイズ:約134.5×93.5×43.5mm
  • 重量:約445g

ウリドキで買取価格を調べる

【ミラーレス一眼】Canon EOS Kiss M2

Canon EOS Kiss M2はミラーレス一眼の最新モデルで、初心者向けのシリーズです。操作性も簡単でカメラに慣れていない方も使いこなすことができます。

従来、好評だった機能をそのまま継承しており、特にAF性能は非常に優れています。

AF性能とは動く被写体や人の目を認識してフォーカスする機能です。

カメラの自動フォーカス機能が充実しており、操作性も簡単なので初心者にはもってこいのカメラになります。

仕様

  • 有効画素数:約2410万画素
  • 記録媒体:SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード ※UHS-I 対応
  • Wi-Fi:あり
  • サイズ:約116.3×88.1×58.7mm
  • 重量:ブラック約387g/ホワイト約388g

ウリドキで買取価格を調べる

【ミラーレス一眼】オリンパス PEN E-PL10 14-42mm EZレンズキット

オリンパス PEN E-PL10の最大の特徴はSNS映えを狙ったフォトジェニックを強く意識している点です。

16種類13タイプからフィルターを選ぶことができるため、写真によって合う雰囲気を演出することができます。

また、初心者向けのミラーレス一眼には珍しくボディ内手ブレ補正があるのも強みの一つと言えるでしょう。

仕様

  • 有効画素数:約1720万画素
  • 記録媒体:SDカード※UHS-I対応
  • Wi-Fi:あり
  • サイズ:約117.1×68×39mm
  • 重量:約380g

ウリドキで買取価格を調べる

【ミラーレス一眼】富士フイルム X-A7

富士フイルム X-A7の最大の特徴は超大型のタッチパネル液晶モニターです。非常に操作性に優れているため、カメラ初心者の方でも簡単に使いこなせます。

他にも富士フイルムの色彩表現を他のモデルと比べても簡単に使うことが可能。スマートフォン感覚で色彩表現を体感できるのが魅力的です。

仕様

  • 有効画素数:2424万画素
  • 記録媒体:SDカード/ SDHCカード/ SDXCカード
  • Wi-Fi:あり
  • サイズ:約119.0mm×67.7mm x 41.1mm
  • 重量:約320g

ウリドキで買取価格を調べる

【ミラーレス一眼】ソニー SONY α6400

ソニー SONY α6400はAF機能が充実しており、AI機能を搭載することでより高精度なトラッキング機能が備わっています。

α6400では従来ではできなかった、液晶のタッチパネル機能も付いたので、スマホ感覚で操作できるのも強みの一つです。

機能面、操作性ともに初心者にうってつけですが、重量が他のカメラと比べても重いので女性の方は撮影時少し腕が疲れる可能性があると考えられます。

とは言うものの、オートフォーカス機能が充実しているため、撮影にかかる時間を短縮できるので重量の重い他のカメラに比べると心配ないでしょう。

仕様

  • 有効画素数:約2500万画素
  • 記録媒体:PRO デュオ、メモリースティック PRO-HG デュオ、メモリースティック マイクロ(M2)、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード(UHS-I 対応)、SDXCメモリーカード(UHS-I 対応)、microSD メモリーカード、microSDHC メモリーカード、microSDXC メモリーカード
  • Wi-Fi:あり
  • サイズ:約138.5×98.1×87.4mm
  • 重量:約725g

ウリドキで買取価格を調べる

初心者におすすめの一眼レフカメラ5選

カメラ初心者におすすめの一眼レフカメラについて紹介します。

一眼レフもミラーレス一眼カメラと同様に、メーカーやモデルによって機能や性能、特長が異なるので、適当に買うのは危険です。一眼レフのカメラを5つ紹介するので、自分に合ったものを探してみてください。

【一眼レフ】Nikon D3500

最新一眼レフカメラの中では最も小型軽量に分類されるモデルなので、持ち運びが非常に便利です。そのうえ、バッテリーも長持ちするため、電池の残量を気にせずに撮影することができます。

また、高画質な写真を撮ることができ、初心者でも簡単に操作できるように意識したガイド表示が付いているため操作性も抜群です。

仕様

  • 有効画素数:約2416万画素
  • 記録媒体:SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード(SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカードはUHS-I規格に対応)
  • Wi-Fi:あり
  • サイズ:124×97×69.5mm
  • 重量:約365g

ウリドキで買取価格を調べる

【一眼レフ】Nikon D5600

Nikon D5600はD3500よりも高性能で多機能となっているため、D3500の上位モデルです。液晶にはチルト式液晶が採用されており、タッチ機能にも対応しています。

D3500と同様に小型で軽量なフォルムをしていますが、豊富な機能が搭載されているのが最大のメリットです。

タッチパネルで簡単に操作できるので、初心者にも使いやすくなっています。

仕様

  • 有効画素数:2416万画素
  • 記録媒体:記録メディアは、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード(SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカードはUHS-I規格に対応)
  • Wi-Fi:あり
  • サイズ:124×97×70mm
  • 重量:約465g

ウリドキで買取価格を調べる

【一眼レフ】Canon EOS Kiss X10

Canon EOS Kiss X10の特徴は、最新の映像エンジンの搭載とAF性能です。初心者でも簡単に撮影を行えるようにサポートするビジュアルガイドやタッチパネルで仕上がりを変えることができるフィルター機能もあります。

サイズと重量も小型・軽量やガイドが充実しているため、初心者のためのカメラと言ってもいいでしょう。

仕様

  • 有効画素数:約2410万画素
  • 記録媒体:SD/SDHC/SDXCメモリーカード※SD以外は UHS-Iカード対応
  • Wi-Fi:あり
  • サイズ:約122.4×92.6×69.8mm
  • 重量:約449g(ブラック)

ウリドキで買取価格を調べる

【一眼レフ】Canon EOS Kiss X9

Canon EOS Kiss X9はエントリー向けのモデルとして性能面に優れています。撮影時にはディスプレイに出てくる操作画面が非常に見やすいためカメラ初心者でも簡単に操作することができます。

画質も申し分なく、高画質を実現しています。また、従来のカメラは暗い場所での撮影は初心者用のカメラでは困難でした。

しかし、Canon EOS Kiss X9はISO感度が大きいので、暗い場所でも強いカメラになっています。

仕様

  • 有効画素数:約2420万画素
  • 記録媒体:SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)
  • Wi-Fi:あり
  • サイズ:122.4×92.6×69.8mm
  • 重量:約453g

ウリドキで買取価格を調べる

【一眼レフ】PENTAX K-70

PENTAX K-70の最大の特徴は上部で耐久性に優れている点です。一眼レフの中でもかなりのタフネス仕様と言えるでしょう。

ペンタックスから出ている一眼レフの中では最も下位モデルですが、使い方によっては中級者レベルの性能を持っています。

高感度性能も優れており、ノイズ低減処理も強みです。

仕様

  • 有効画素数:約2424万画素
  • 記録媒体:SD/SDHC/SDXCメモリーカード
  • Wi-Fi:あり
  • サイズ:125.5×93.0×74.0mm
  • 重量: 約688g

ウリドキで買取価格を調べる

一眼レフ・ミラーレス一眼の撮り方

一眼レフ・ミラーレス一眼での写真の撮り方について説明します。

初心者に優しい撮り方を解説しているので、参考にしてみてください。

はじめてとるなら「Pモード」

カメラ初心者の方は「Pモード」がおすすめ。Pモードとはカメラが全て自動で設定してくれる機能のことです。

明るさや適切なシャッタースピードを自動で設定してくれるため、カメラ初心者の方でも綺麗な写真を撮ることが可能です。

オートモードとは違って、Pモードでは露出補正や測光モード、ホワイトバランスなども自動で調節してくれます。

F値(絞り)で背景をぼかす

F値を調節することで、近くのものをくっきりと背景のものをぼかして撮ることができます。

F値の設定は簡単で、手前のものをくっきりと遠くのものをぼかしたいのなら、F値を低く設定するだけです。

近くのものが写真の主役になりより写真に味が出ます。

逆に全体をはっきりさせたい時はF値を大きくすることで可能です。他にも暗い場所での撮影でも活用できるので、覚えておいて損はない機能になります。

シャッタースピード

写真を撮るうえでシャッタースピードも非常に大切です。というのも写真の写りはシャッタースピードで大きく変わるから。

例えばスローシャッターで写真を撮ると、残像が残る写真を撮ることができ、滝や花火といった動きのあるものを撮影する時にうってつけです。

一方で、動いている被写体を撮影するときは動きをピタッと止めるために早いシャッタースピードで撮影すると綺麗に撮ることができます。

カメラをうまく使って思い出をきれいに残そう!

初心者におすすめのカメラや使い方について紹介しました。

キャノンやニコンは初心者向けの一眼レフとして多くの人から人気が高くなっています。

カメラ選びで最も大切なのは、高級なカメラを買うことではありません。自分の目的に合ったカメラを選ぶことです。

自分の使用目的や想像する写真が撮れるカメラを選んで、カメラライフを楽しみましょう。

また、本記事でも紹介したF値やシャッタースピードの設定は初心者でも簡単にできて、より綺麗な写真や味のある写真が撮れるのでぜひ試してみてくださいね。

受付時間:24時間対応(年中無休)
電話でお問い合わせ(無料)