CDを処分するのにおすすめの買取店を紹介!

CDを処分するのにおすすめの買取店を紹介!

最近ではダウンロードした音楽を携帯オーディオで聞く機会も多くなり、昔買ったCDが家で眠ったままという方もいるのではないでしょうか。

聞かなくなったCDの処分を考える方は、買取店に売却してみてはいかがでしょう。

ここではCD買取におすすめの店舗を紹介するほか、買取のコツや注意点についてもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

CD買取のおすすめ店舗

エコストアレコード

エコストアレコード

《ウリドキ編集部おすすめ店舗》

特徴

  • 累計買取枚数250万枚、鑑定歴30年のベテランスタッフによる査定。
  • 買取不可ジャンルなし、大量処分可。
  • CD50枚以上で宅配買取の送料、手数料無料。
  • 東京23区内200枚前後、東京近郊なら400枚前後から出張買取、即日対応可能。
  • 累計DL数1万以上のiphone/android対応査定アプリあり。

買取店紹介

エコストアレコードはCDやレコード、オーディオなどの買取をしており、累計買取枚数250万枚の実績を持っている鑑定歴30年のお店です。

買取方法は持込、宅配、出張の3つから選ぶことができます。

CD50枚以上で宅配買取の送料や手数料が無料になるので、必要なくなったCDがある方はまとめて買取に出してみましょう。

即日対応も可能な出張買取は、東京23区内にお住まいの方で200枚前後のCDをお持ちの方であれば手数料無料で利用できます。

エコストアレコードには買取不可のジャンルがないので、売れないと思ったCDでもまずは買取に出してみましょう。

買取成約率は安心の95%。お問い合わせは電話であれば24時間対応しているので、日中は連絡できないという方にもおすすめです。

また、累計ダウンロード数10,000以上のアプリもあるので、気になる方は是非そちらからも利用してみてください。

買取店情報

  • 店舗名:エコストアレコード
  • 住所: 〒150-0046
    東京都渋谷区松濤1-4-9 サンエルサ106号室
  • ↓お問い合わせはこちら↓
    0120-888-378

エコストアレコード

買取のコツ

まとめて売る

聞かなくなったCDをたくさん持っている方は、一度にまとめて買取に出すようにしましょう。

持込点数や査定金額によって、金額アップのボーナスを付けてくれるお店もありますので、確認してから売りに出すようにしましょう。

きれいにしておく

買取を利用する際には、きれいな状態で査定に出すことが基本です。

ディスクは柔らかい布で傷をつけないように拭いて、ホコリや汚れを取ってきれいにしておくようにしましょう。

またその際に、CDに傷をつけないように注意してください。

買取の注意点

同一タイトルの買取について

同一タイトルのCDは、枚数制限が掛かっていたり、買取不可としているお店もあります。

査定に出しても有償での引取となったり、査定額との相殺となってしまう場合がありますので注意が必要です。

買取に出す前に、同一タイトルの買取を行っているのか、枚数制限はないかなどを確認してから買取に出すようにしましょう。

付属品を確認する

付属品がそろっているか確認してから買取に出すようしてください。

歌詞カードやケースなど、付属品の有無によって査定金額は大幅に下がることがあります。

また、帯まで残っている場合は、捨ててしまわずにそれも一緒に査定に出すようにしましょう。

必要書類について

買取の際には、身分証明書の提示が求められ、宅配買取であればコピーの提出が求められますので注意しておきましょう。

身分証明書として使える物の例として以下の物が挙げられます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 学生証

ケースと相違がないか

CD本体とケースが間違っていないかを確認しておきましょう。

内容が異なっていると、買取ができませんので注意が必要です。

傷の確認をする

CDの買取額が減額されてしまう要因の一つとして、盤面についた傷が挙げられます。

買取に出す前に必ずCDの盤面に傷が付いているかチェックを行いましょう。

盤面につく傷にも種類があります。

  • 引っ掻き傷
  • 擦り傷
  • 円周傷
  • 表面(レーベル面)傷

CDはぶつかったり擦れたりすることが原因で引っ掻き傷、擦り傷といった傷がついてしまうことがあります。

円周傷は再生機器の消耗が原因で機器との接触で盤面上にできてしまう傷です。

データの記録面は上側の表面(レーベル面)にあるため、表面傷の場合はデータ破損率が高くお店によっては減額、買取が難しくなることもあります。

読み込みに支障があるかどうかといったCDの状態によっては、減額や買取対象から外れてしまうことがあります。

傷のあるCDをお持ちの方は、買取に出す前にどんな傷がついているか確認を行いましょう。

CDはホコリや汚れがついたままであったり、ケースに入れずに置いていただけで傷付いてしまうことがあります。

どうしても傷が気になる方はCDの研磨機というものが売っていますので、ご自身で検討してみてください。

普段から買取に出す最後の最後までCDは丁寧に扱うようにしましょう。

動作確認をする

盤面に傷がないか確かめるのも大切ですが、実際にそのCDを聴くことができなければ意味がありません。

買取に出す前に必ずそのCDが正しく動作するのか事前に確認を行いましょう。

確認方法としては以下の方法が挙げられます。

  • 実際に「聴くことができるか」か試聴する。
  • ツールを使って確認する。

買取に出したいCDがほんの数枚であれば試聴するのも良いでしょう。しかし何十枚もチェックするのは時間もかかり煩わしいもの。

そんな時はCDのエラーをチェックできるツールを使って、動作確認の時間を短縮しましょう。

ご自宅にパソコンがある方はCDCheck といったツールがおすすめです。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

CDの処分を考えている方に向けて、おすすめ店舗や買取時のコツ、注意点を紹介しました。

処分してしまおうと思っていたCDが、お小遣いに変わるかもしれませんので、ぜひ記事を参考に買取に出してみてください。

■最高価格で売りたい方必見!実績多数のプロによる一括見積もりはこちら!!