【衝撃】実は仏具が買取できる!売れる品目と相場とは?

182562c050ac32142bae7ebceb29087d_s

使用していない仏具があるけど、ずっと処分方法がわからず家に置きっ放しになっているという方に。仏具は実は買取してもらえるということをご存知ですか?どんな仏具であれば売れるのか?相場は?といった、仏具に関する情報をお届けします。最近家の中を片付けているという方はぜひ確認を。

仏具が売れることをご存知ですか?

null

親族の集まりで相談しても行き場がわからない仏具。使っていない仏具はどう処分したらいいのか?そんな疑問から、ずっと置きっ放しにしている使っていない仏具はありますか?最近では仏具を取り扱う買取店も徐々に増えており、査定に関する相談や質問も気軽に行えるようになってきました。今回は、仏具の買取情報をまとめてご紹介します。

売れる仏具と買取相場

木製仏具

木製ということもあり、本来の処分であれば困らないはずですが、仏具ということもあり処分に躊躇っている方は買取へ。仏像、おりん、木魚、瓔珞、三具足、天井絵、欄間など、基本的にはどのような仏具でも買取可能です。寺院、神社などで使われていたものでもお店によっては取り扱い可能としているので、問い合わせてみましょう。

例:どのような仏具でも売れます。1品目ごとに買取可能。
相場:~4,000円

金仏具

仏具の中でも、最も高く売れるのが金仏具です。貴金属の価格での買取が可能なので、金の相場が高い時期に売ると、驚きの価格になることもあります。18金製、銀製のものなど、本物素材であることが重要視されます。品目は仏像、おりん、蝋燭立て、線香差し、仏飯器、茶釜なんでもOKです。

例:2017年半ば時点では18金1g約3,300円、インゴット1g約4,700円など
相場:大きさ・その日のレートにより価格変動

蝋燭

なぜか大量に使わなくなった蝋燭が家にある。そんな時、お店によっては蝋燭も買取してもらえることがあります。ほぼ金額はつきませんが、今後使うことが無いと判断した際はお店に相談するといいでしょう。蝋燭は消耗品なので、中古店の中には喜んでもらえることもあります。

例:新品未使用品の蝋燭数箱など
相場:~500円

経机・経台

経机、経台と呼ばれる、仏壇前の台や机も買取可能。塗りタイプなど、高級でなかなか買うに至らない質感のものは高価な価格で買取してもらうことが可能です。最近は折り畳みタイプのものも主流になっており、そういった特殊なタイプも価格をつけてもらいやすい傾向があります。寺院で使用するような、最大サイズの経台も取り扱う店舗もあります。

例:通常の一般家庭用サイズの買取相場
相場:~90,000円

仏具は本当に買取に出して良いのか?

null

仏具は他の品物と違い、売っていいものかと疑問がある方は多いはず。なんでもお金に替えるのは良くないのではないかという思考になりがちですが、実は仏具を取り扱うお店こそが仏具を積極的に買取しています。買取は仏具店自体が行っていることでもあるのです。

ご本尊仏像やお位牌はもちろん対象外ですが、あくまでその他の品物は「仏具」であり、傷んだら買い替えたり、取り換えたりすることもあるわけです。お寺の住職さんの話によれば、仏具は本来、各自治体の処分方法に従い処分してもいいのだとか。

処分することに気が引けるからこそ仏具店が行うような買取をひとつの引き取り先として考えるのもいいのではないでしょうか。

仏具買取の際に注意しておきたいこと

null

事前に話し合ってから買取してもらう

家族や親族などに、家にある仏具を買取してもらう旨を相談してから取引を行いましょう。なぜかというと、買取後はお店の在庫になるため、一度承諾書にサインをすると、取引のキャンセルはできないからです。買取後は自分の持ち物ではなくなるため、後から取戻しの依頼を出すなどトラブルの発生を防ぐためにも、事前相談は必要です。

ネット買取も視野に入れておくこと

今回ご紹介した相場は、すべてネット買取の相場です。実店舗による査定とは大幅に相場が異なることもあるので、価格を重視して買取してもらうという方であればネット買取も視野に入れておきましょう。

仏具を高く買取してもらうには?

null

まずは見積もり査定額を出してもらう

仏具買取とはいえ、できれば少しでも高く買取してもらおうかなと考えている方であれば、まずは見積もり査定額を出してもらいましょう。仏具買取が可能なお店に、メールや電話で仏具の価格を問い合わせます。

いくつかの買取店に問い合せているうちに、どのお店が最も高く売れるかがわかるので、一番高く売れるお店に決めるのがおすすめ。見積もり査定額を問い合わせる際、口頭で伝えるのが難しい場合は写真に撮ってメール査定してもらうのがベストです。

買取店の情報が知りたいという方はウリドキへ。

綺麗に掃除してから査定をしてもらう

ホコリがあまりにもついていたり、汚れている仏具は、本来買取してもらえるはずの価格から減額になってしまうことがあります。査定前に、綺麗に掃除をしてから見てもらうようにしましょう。ちなみに、傷があったり変色しているなど、新品状態とは異なる傷みがある分は本来の買取価格から減額になります。

まとめてたくさん買取してもらうこと

現段階で売ろうと考えている仏具は、まとめて一気に査定してもらいましょう。まとめ売りすることでプラス査定になったり、少しでも高くなるような査定をしてくれるお店も中には存在するからです。いくつか売るよりはまとめてたくさん売ることを視野に、査定を。

仏具以外のジャンルの品物も取り扱っているお店であれば、この際に他のアイテムも一気に査定してもらうのもおすすめです。

仏具を買取してもらいましょう

null

処分するには気が引ける、そんな仏具は買取してもらいましょう。まずは家族や親族に買取してもらうといったことを相談してみるといいでしょう。買取してもらう際は先に見積もり査定額を問い合わせ、それから買取店を決めるとうまくいきます。ぜひこの機会にうまく買取してもらってください。

→買取店を探すならウリドキへ

■一番高く売る!実績多数の専門家による完全無料の一括見積もりはこちら