ツァボライト(グリーンガーネット)ってどんな石?石言葉や価格まで徹底調査

  • 2021年7月21日

ガーネットに分類される宝石「ツァボライト」。赤色の宝石というイメージが強いガーネットですが、ツァボライトは緑色のガーネットなのです。

今回は、ツァボライトの特徴や歴史、同じく緑色のガーネット「デマントイド」との関係性などをご紹介します。

ツァボライトとは

「ツァボライト」とは、緑色のガーネット「グリーンガーネット」に分類される宝石です。

命名された経緯や、同じくグリーンガーネットに分類される「デマントイドガーネット」との関係性などを含めながらご紹介します。

ガーネットなのに「赤くない」

ガーネットといえば、赤色の宝石というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

実はガーネットは、とてもカラーが豊富な宝石で、緑や黄色・紫色など、青色以外のほとんどの色があると言われています。

ツァボライトは、そんな「赤くないガーネット」の一種。緑色が美しいグリーンガーネットに分類されます。

もともとは個別名称はなく、デマントイドガーネットと共に、グリーンガーネットとして呼ばれていました。

命名したのはティファニー

ツァボライトという名前は、日本でも高い人気を誇るブランド「ティファニー」が名付けたことで知られています。

ツァボライトは、ケニアにて採掘されました。

ティファニー社はかねてよりグリーンガーネットに目をつけており、当時の社長ヘンリー・プラット氏がツァボライトと命名して大々的にプロモーションをしたのがはじまりです。

ちなみにツァボライトという名前は、採掘された「ツァボ野生動物公園」に敬意を評して考えられたもの。このプロモーションにより、ツァボライトは世界にその名前を知らしめることとなります。

ちょっと似てるデマントイドガーネット

緑色のガーネットには、ツァボライトだけではなく「デマントイドガーネット(以下デマントイド)」もあります。

デマントイドが発見されたのは、ツァボライトよりも約100年ほど前の19世紀なかばに、ロシアのウラル地方で発見されました。

ツァボライトとの違いには、以下のようなポイントがあります。

  • ガーネットとしての種類
  • 緑色になる成分

大きくガーネットと称される分類のなかにも、細かく種類が分けられています。

ガーネットはまず「赤色系パイラルスパイト系」と「ウグランダイト系」に分類され、以下の3つに分けられています。

  • グロッシュラー
  • マリ・ガーネット
  • アンドラダイト
  • ウバローバイト

ツァボライトは「グロッシュラー」、デマントイドは「アンドラダイト」に分類されるガーネットです。

また、ツァボライトとデマントイドでは、緑色になる成分にも違いがあります。

ツァボライトは色を構成する成分を含まず、微量のバナジウムとクロムによって緑色に。デマントイドは色を構成する鉄の元素を持っており、鉄とクロムによって緑色になるのが違いです。

ツァボライトの石言葉

ツァボライトの石言葉には、以下のようなものがあります。

  • 影響力
  • 純愛
  • 貞淑
  • 友愛
  • 誠実
  • 指導力
  • 叡智
  • 経験
  • 精神力

持っている人の愛情を深め、より周囲の人間にいい影響を与えられる人物に導いてくれる効果を期待できるでしょう。

ツァボライトの価値はどれくらい?

ツァボライトの価値を判断するときに、重要視されるのが「カラー」です。

明るい緑色からエメラルドのように深みのある緑色までそれぞれに個体差があり、より色が濃く強い緑色をしているものほど価値が高くなります。

販売価格

ツァボライトを実際に購入する場合、販売価格は以下の通りです。

  • 天然ツァボライトガーネット 0.72ct 【美濃色】 タンザニア:77,000円
  • 天然ツァボライトガーネット 0.68ct 【タンザニア】 トリリアントカット:79,800円
  • 天然ツァボライトガーネット 0.86ct 【美濃色】 タンザニア:90,000円

出典:宝石大陸

緑色の鮮やかさや、カット、カラット数に応じて価格が変動します。

買取価格

ツァボライトを買取店に売る場合、買取相場は以下の通りです。

  • Sクラス 1.0ct:20,000円
  • Sクラス 2.0ct:60,000円
  • Sクラス 3.0ct:100,000円

出典:宝石大陸

ルース(裸石)の場合、その石の状態に応じて買取ランクが分けられ、状態が悪い石は減額にて買取されます。

アクセサリーなどに加工されているツァボライトは、ブランドとしての価値や、デザインなどを複合して判断されることが多いです。

グリーンに輝くツァボライト

ツァボライトは、「グリーンガーネット」と呼ばれる緑色のガーネットの一種。ティファニー社が命名し、大々的にプロモーションしたことで、世界に名前が広がりました。

同じグリーンガーネットの「デマントイド」と比較されることが多いですが、含有される成分に違いがあります。

濃い緑色のツァボライトほど価値が高く、販売・買取ともに価格が高くなりやすいです。

純愛・影響力などの石言葉を持ち、所持者の愛を深めてくれる効果が期待できる宝石なので、気になる方はぜひ入手してみてください。