メルカリの値下げ交渉とは|出品者・購入者目線の対応例も

  • 2024年5月31日
この記事で解決できるお悩み
  • 値下げ交渉に対する返信例を知りたい
  • 値下げ交渉のコツを知りたい
  • 値下げして売却する際の注意点を知りたい

メルカリ利用時における値下げ交渉の仕方を、例文を交えて紹介します。

さまざまなジャンルのアイテムを気軽に購入・出品できるメルカリですが、なかには「金額が高い」と感じることもあるでしょう。その場合に有効な方法が値下げ交渉です。

しかし、値下げ交渉は金銭というデリケートな部分に触れるため、方法を誤るとトラブルに発展する可能性も秘めています。交渉する際は慎重に行ったほうがよいでしょう。

本記事では値下げ交渉する際の注意点も紹介します。メルカリをよく利用する方や値引き交渉をしたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

ウリドキなら最大10社から一括査定!

あなたの売りたいものの
\一番高い買取価格がわかる/

メルカリの値引き交渉のやり方は?

メルカリでの値引き交渉は、一般的にメルカリに設けられているコメント機能を用います。購入者が出品者に向けてコメント機能を使用してメッセージを送信したら、あとは返事を待ちましょう。

ただし、メルカリでは値引き交渉をルールの一部としていないため、交渉に応じるかどうかは出品者の自由です。仮に出品者が値引き交渉に応じなかったとしてもペナルティはありません。

すべての出品者が値引き交渉に応じてくれるわけではない点に注意してください。

購入者が値引き交渉する際の注意点

値引き交渉は金銭というデリケートな部分に触れるため、行う場合はいくつかの注意が必要です。主な注意点は以下のようなものがあげられるでしょう。

  • 出品者プロフィールの確認
  • 謙虚な気持ち
  • 具体的な金額の提示

上記それぞれの注意点について解説するので、円滑な交渉を行う際の参考にしてください。

出品者のプロフィールを確認しておく

出品者のなかには、値引き交渉自体を受け付けていない人も存在します。そのような人に値引き交渉してしまうとトラブルの原因になるため、注意が必要です。

基本的に値引き交渉不可としている出品者は、プロフィール欄にその旨を明記しています。確認せずに交渉してしまうと、出品者にブロックされるかもしれません。交渉のメッセージを送る前に、出品者のプロフィール欄を確認しましょう。

謙虚な気持ちでお願いする

値引き交渉とは、本来出品者が設定している価格よりも安い金額で売ってほしいというお願いです。購入者側はお願いする立場であることを忘れず、謙虚な気持ちで行いましょう。

たとえば以下のような点に注意するとよいかもしれません。

  • 丁寧な言葉を使用する
  • 「もしよろしければ」などの文言を用いる

低姿勢で値引き交渉すれば、出品者も購入者の事情や気持ちをくんで応じてくれる可能性が高まるでしょう。

具体的な金額を提示する

値引き交渉の際は、スピーディさも重要です。交渉が長引いてしまうと出品者も嫌気が差してしまい、最終的には交渉を断る可能性が高まります。

交渉の際は余計なやり取りの時間を削減するために、具体的な金額を提示しましょう。いきなり金額を提示することに抵抗を感じる人もいるかもしれません。

しかし「〇〇円にお値引きして頂きたいのですが、いかがでしょうか」などのように丁寧語を用いて交渉すれば、応じてもらえるかもしれません。

【購入者】値引き交渉の例文

値引き交渉はさまざまな観点からデリケートなものであり、文言などを誤るとトラブルの原因になります。そのため、送信するメッセージの内容には注意したほうがよいでしょう。

ここでは2パターンの交渉ケースに合わせた例文を紹介します。値引き交渉する際の参考にしてください。

交渉ケース例文
商品そのものの値引きはじめまして。〇〇(ユーザー名)と申します。▲▲(出品者のユーザー名)様が出品されているこちらの商品を購入したいと考えているのですが、★★円にお値引きして頂くことは可能でしょうか?ご検討いただけますと幸いです。よろしくお願い致します
まとめ買いによる値引きはじめまして。〇〇(ユーザー名)と申します。今回▲▲(出品者のユーザー名)様の■■と■■(商品名)の購入を検討しております。まとめて購入させて頂いた際、金額を総額で★★円にしていただくことは可能でしょうか?ご検討のほど、よろしくお願い致します。

なお、出品者は時間を割いてコメントを読み、検討したうえで返信してくれています。値引き交渉に応じてもらえた場合はもちろん、応じてもらえなかった場合もお礼のメッセージを送りましょう。

また値引き交渉に応じてもらえた場合は、可能な限り迅速でスムーズな取引を心がけてください。

【出品者】値下げ交渉に対応する場合の返答例

こちらでは、まず出品者向けに値下げの依頼がきた場合の例文を紹介します。

想定内の金額だった場合

まず、値下げ交渉された金額がこちらの想定内だった場合ですが、この場合は単純に値下げに対応してあげましょう。

値下げが可能だということを伝えて、その後の対応方法を伝えると、スムーズに取引が進みますよ。

値下げをする際は「〇〇様専用」と文言を設定して値下げ対応をするのがおすすめです。値下げをした商品を他の人が先に購入してしまうというトラブルを防ぐことができます。

返答の例文

想定内の金額だった場合の返答例はこちらです。

ご連絡(コメント)ありがとうございます。ご希望の金額〇〇円でお値下げが可能です。ご購入いただける際はコメントください。〇〇専用に変更して、金額のお値下げをさせていただきます。

想定外の金額だった場合

次に値下げ交渉された金額がこちらの想定を超える額だった場合についてですが、無理に対応する必要はありません。

いくらまでの値下げが可能なのかを伝えることで、その金額に納得してもらえる場合もあります。値下げができる金額を自分の中で設定して、その金額を超さないように注意しましょう。

返答の例文

想定外の金額だった場合の返答例はこちらです。

ご連絡(コメント)ありがとうございます。こちらの商品は〇〇円までのお値下げには対応いたしかねます。ご了承ください。
ご連絡(コメント)ありがとうございます。こちらの商品ですと〇〇円までのお値下げが可能です。ご検討のほどお願いいたします。

具体的な金額提示がない場合

「値下げは可能ですか?」のように相手から具体的な金額提示がない場合は、こちらから値下げ可能な範囲の金額を伝えるとスムーズに取引が進みます。「いくらの値下げが希望ですか?」のように、質問に質問で返す方法はおすすめしません。

やりとりの回数が増え、想像以上の値引きを求められるケースがあるためです。また、商品を投稿したばかりですぐに値下げしたくない場合や、値下げしてまでは売りたくないといった場合は、値下げに対応できないことを丁寧に伝えてください。

返答の例文

相手から具体的な金額提示がない場合の返答例はこちらです。

ご連絡(コメント)ありがとうございます。〇〇円であれば、お値下げ可能です。ご検討よろしくお願いいたします。ご購入いただけるようでしたら、コメントをお願いいたします。
ご連絡(コメント)ありがとうございます。大変申し訳ございませんが、こちらの商品につきましては(現段階では)お値下げの対応はいたしかねます。何卒ご了承ください。

【出品者】値下げ交渉に対応しない場合の返答例

金額にかかわらず断る場合

出品者側で金額にかかわらず断る場合は、コメントの仕方に注意が必要です。丁寧に返信すれば、値下げをしなくても購入してくれるかもしれません。

値下げ交渉に応じることは、絶対のルールではありません。しかし、大切な販売チャンスを失わないようにするためにも、断る際の文言には細心の注意を払いましょう。

返答の例文

〇〇(購入者のユーザー名)様、この度は購入のご検討を頂き、誠にありがとうございます。

今回ご連絡頂きました値引きですが、当方としましてもぎりぎりの値段を設定しており、これ以上のお値引きは出来かねます。

誠に申し訳ございませんが、ご理解いただけますようお願い致します。

提示金額を断る場合

値下げ交渉の際、金額によっては応じられることもあるかもしれません。その場合は提示額での値下げは断り、代わりにいくらなら値引きができる旨のメッセージを送るとよいでしょう。

その際、提示した金額以上の値引きができないこともはっきり明記してください。

返答の例文

〇〇(購入者のユーザー名)様、この度は▲▲(商品名)の購入をご検討いただき、ありがとうございます。

ご提案を頂きました◇◇(購入者が提示した金額)円でのお値引きには対応致しかねます。

ただし★★(提案する金額)円なら、お値引きが可能です。これ以上のお値引きは困難ですので、ご検討いただけますと幸いです。よろしくお願い致します。

【出品者】値下げ交渉を保留したい場合

値引き交渉の連絡がくると「値下げをする・しないをすぐに決めなければいけない」と焦ってしまう人が多いでしょう。

しかし、売れ行きを見てから判断したい場合は、一旦保留にするという方法も選択できます。その際は、以下のように対応しましょう。

コメントありがとうございます。
こちらの商品ですが、現状でのお値引きはまだ考えておりません。今後お値引きの可能性もありますので、その際にはまたご検討いただけますと幸いです。

値引きをしなくても売れる見込みがある商品などは、そのまま様子見も有効なやりかたです。

メルカリの値下げ交渉ではいくら下げるべき?

値下げ交渉がきたらいくら下げるのが妥当?という疑問についてです。

結論としては、商品価格の1割程度の割引をするのが妥当。

基本的にメルカリでは値下げ交渉をされることが多く、あらかじめ売りたい商品価格に1割の値段を追加した値段で出品するという方法もおすすめです。

値下げがある前提で出品ができるので、値下げ交渉がきた時も問題なく値下げに応じることができますよ。

メルカリで商品の金額を下げる方法

メルカリで商品金額を下げる方法は以下の手順で行います。

  1. 「マイページ」の中の「出品した商品」をタップ
  2. 「取引中」の中にある、該当の商品を選択
  3. 商品ページ内の「商品を編集」をタップ
  4. 商品金額を変更して「変更する」を押したら完了

金額の変更ができたかどうかを確認できたら、対応は完了です。

手順3の「商品を編集」の時に、金額の変更と一緒に商品画像を変更するのもおすすめ。「〇〇様専用」の文字を付け足して、値下げした商品を他の人に購入されないように対策することができます。

メルカリの値下げ交渉に関するQ&A

値下げしたのに購入されない場合はいつまで待つ?

値下げしたのに購入されない場合は、いつまで待てばいいのでしょうか。せっかく値下げをしたのに、相談者がその後の対応をしてくれないと不安になってしまいますよね。

解決策は、値下げ金額での出品期限を設けることです。

値下げに応じる旨を相手に伝える際に、値下げ金額での出品期限を伝えておけば安心。出品期限までに購入がない場合は、元の金額に戻せばいいので不安になることもありません。

基本的に、値下げ金額での出品期限は2日程度設けることをおすすめします。

値下げ交渉を断ると売れづらくなる?

なかには値下げ交渉を断ることで「売れづらくなる」と考える方もいるでしょう。間違いではありませんが、すべての原因が値下げ交渉だとも言い切れないです。

メルカリはオークションと異なり値段が上がることはなく、現在の価格から、さらに安く買える可能性があり、値下げ交渉は楽しみのひとつと言えます。

値下げ交渉を断ることで、メルカリ利用者の購買意欲は大きく下がってしまうため、売れづらくなると言えるでしょう。しかし、値下げをしない出品者でも、すべての品が完売している方もいます。

値下げ交渉は利用者にとって魅力的なものですが、行わないのであれば、別の手段で購買意欲を高めてあげれば解決できるのではないでしょうか。

値下げ交渉を一度断って「やはり値下げできます」はアリ?

一度値下げ交渉を断った相手に、後日「やはり値下げできます」と連絡することは、基本的に止めておきましょう。

もちろん、交渉を断ったあとに買い手が見つからなければ、焦りたくなる気持ちもわかります。しかし、連絡された相手も微妙な気持ちになり、不安を抱いてしまうかもしれません。

お互いが気持ちよく取引するためにも、「〇〇円まで値下げできます」や「値下げはできません」と、明確に答えることが大切です。中途半端に、どっちつかずな回答だけはしないでおきましょう。

金額提示なしで値下げ交渉された場合は?

なかには「値下げ可能ですか?」と、金額の提示をされないコメントがくる場合があります。

このときは「希望額はいくらですか?」や「〇〇円までなら値下げ可能です」など、具体的なやり取りができるよう連絡をすると良いでしょう。

具体的な金額がわからなければ、交渉は一向に進みません。相手側の予算が決まっていない可能性もあるので、こちらから提示できるよう、事前にいくらまで値下げできるかは決めておきましょう。

値下げした専用商品を横取りされた場合は?

メルカリでは「いいね」をしている商品が10%以上値下げされた場合、登録しているユーザーに通知が届きます。もともと気になっていた商品が値下げされたので、コメントを確認せずに横取りで購入してしまう方は実際多いです。

「規約違反では」と思うかもしれませんが、メルカリは横取りを禁止していません。

あくまでユーザー間のマナー違反なだけなので、運営に連絡しても意味がないのです。横取りで困らないよう「早い者勝ちです」や「購入前にコメントください」など、出品時に記載しておくとトラブルを避けられるでしょう。

値下げ交渉を回避する方法は?

絶対に値下げに応じたくないのであれば断ればいいのですが、全て出品で対応するのは大変ですよね?なので、商品説明欄に「値下げには対応していません」と記入し、値下げ交渉を回避するようにしておくのもおすすめです。

交渉される頻度を大幅に下げることができるはずです。

それでも値下げしてほしいとコメントがくる場合は、丁寧にお断りしましょう。必ずしも応じる必要性はありません。断る際は以下の例文を活用してくださいね。

「申し訳ありません。こちらはお値下げできません。相場よりもだいぶ安く出品しているので、この価格でご了承くださいませ。」

メルカリの値下げ交渉は無理なく検討しよう

本記事では、メルカリでの値下げ交渉についてコメントの対応方法や例文、値下げ交渉に関する疑問など詳しく解説してきました。

値下げ交渉への対応は多少面倒ではありますが、購入の確率を上げるための手段としては優秀なので、対応できるのであれば積極的に応えていくのもおすすめです。事前に値下げ金額をどのくらいにするか決めておいたり、値下げ金額での対応期限を設定したりすることで、スムーズに取引を進められます。

より簡単に複数店舗の査定を比べたい方には、ウリドキの一括査定がおすすめです。全国にある買取店の査定額を最大10社まで比較できるので、買取店選びに時間をかけたくない場合にもぴったりですよ。

無料

60秒

一括査定で最高額を調べる