メルカリで返品したいと言われたら?トラブルの対策法も

  • 2019年11月18日
メルカリで返品したいと言われたら?トラブルの対策法も

誰でも簡単に不用品を出品し売ることができる人気のフリマアプリ、「メルカリ」。
メルカリはスマホさえあれば簡単に出品することができるので、非常に人気が高く、ユーザー数の多いフリマアプリとなっています。

メルカリを利用するにあたり、その他のネットショップと同様にユーザーから返品の依頼がくることがあるので、返品への対応についても理解しておく必要があります。

そこで本記事では、メルカリでの返品の仕組みとや返品方法について詳しく解説していきます。

これからメルカリで商品を出品しようと考えている方にとってためになる内容となっているので、ぜひ参考にしてみてください。

広告

メルカリで返品できるの?

返品

まず、初めに知っておきたいのが「メルカリでは返品することができるのか?」についてです。結論から言うと、メルカリではその他のネットショップで買い物した場合と同様に返品することができます。

つまり、メルカリを利用して商品を売ろうとする出品者は、購入者から返品を依頼された場合、理由によっては返品に応じる必要があります。

では、どのような場合返品対応しなくてはいけないのか下部で紹介します。

メルカリでは正当な理由があれば返品可能

ここまで紹介してきたように、メルカリでは購入者から返品を希望された場合対応する必要がありますが、基本的には購入後のキャンセルは出来ないため、問答無用で必ず対応しなければいけないというわけではありません。

以下の場合は返品が可能

  • 販売した商品が偽物だった場合
  • 説明文と異なる商品を販売した場合
  • 商品に何かしらの不備がある場合
  • 梱包の不備により配送中に商品が破損してしまった場合

これらの場合に出品者側は返金に対応する必要があると利用規約に記載されています。

ただし、この規約の内容はネット上で商品を販売する上では当たり前のことで、なんら特殊なものではありません。

メルカリの返品方法にマイルールは関係ない

返品についてはメルカリの利用規約についてもしっかりと記載されています。

利用規約はメルカリを利用する上で守るべきルールのようなものなので、やはり購入者から返品の依頼があった場合には対応する必要が出てきてしまうということになります。

メルカリのユーザーの中には独自のルールであるマイルールを設定しているユーザーが多数存在しますが、これはあくまで個人が設定したルールであってメルカリの利用規約に記載されているものではありません。

そのため、強制力はありませんし、返品が嫌だからと言って「返品不可」と記載したり返品に対応しなかったりということはできなくなっています。

段階別メルカリでの返品方法の流れ

ここからは、実際に返品対応する場合についてみていきましょう。

返品への対応方法は、「受取評価がおこなわれる前」と「受け取り評価がおこなわれた後」で異なってきます。

購入者による受け取り評価前

商品を購入した購入者が受取評価を行う前であれば、メルカリの運営事務局に相談することで返品が可能になります。

返品方法の流れ

まずは購入者との間で返品についてのやり取りをおこない、それから事務局に連絡を入れましょう。

その後の手順については事務局からの支持があるので、その手順に従い対応してください。

購入者による受け取り評価後

受取評価後の返品についての流れは以下の通りです。

返品方法の流れ

まず、出品者と連絡を取り、双方が合意する

購入者から出品者へ商品が返送される(配送料については双方で相談の上決定)

出品者の元に商品が返送されたら返金をおこなう

返金の方法についてですが、出品者に売上金や購入ポイントがある場合は事務局に対応してもらうことができます。

もし売上金や購入ポイントがない場合は、当事者間で話合って返金方法を決める必要があります。

メルカリの返品はペナルティーが課せられる場合がある

メルカリでは、出品者と購入者の双方の合意のない返品については、出品者側に対しペナルティーが課せられます。

例えば、以下2つのような場合です。

  • 購入者側から返品の要請が来て、それを無視し続けた場合
  • 購入者の合意なく、購入者に送料負担させての返品対応をした場合

このメルカリ事務局側からのペナルティーは、どんどん累積されていき、初めは事務局から警告がきます。そして、これを無視し続けると最悪の場合は強制退会させられてしまい、2度とメルカリを使用することができなくなってしまうので、気をつけましょう。

メルカリで返品をしなくて良い場合

メルカリでは全ての場合において返品に対応しなくてはいけない訳ではありません。

例えば、「やっぱり必要なくなったから返品したい」といった場合や「思っていたのと違うから返品したい」というような、購入者都合での返品には対応しなくてもいいことになっています。

また、サイズについて記載しているにもかかわらず「サイズが合わないから返品したい」といった内容での返品についても対応しなくていい場合がほとんどです。

メルカリでトラブルによる返品をなくす方法

商品に問題がある場合を除き、メルカリで返品を希望されることはそう多くありません。

とはいえ、返品の依頼がきてしまうとその対応に追われて疲弊してしまうので、できるだけ返品されないような状態で出品することがとても重要になってきます。

ここからは、返品を減らすために実践したい出品方法についてみていきましょう。

出品している商品の状態を細かく記載する

まず意識してほしいのが、メルカリで出品している商品の状態をできるだけ細かく記載するということについてです。

商品がどのような状態なのか、汚れや傷はあるのか、汚れや傷がある場合どの程度なのか、サイズはどれぐらいのサイズなのかなど、できるだけ細かく記載するようにしましょう。
また、商品全体の状態がきちんと伝わるよう、できるだけ多く写真を撮り、掲載するようにしてください。

商品の臭いや汚れはできるだけなくす

商品についた臭いや汚れはトラブルの原因になりやすいので、メルカリに出品する前にできる限りなくすように心がけることが大切です。

そのため、洗えるようなものであれば事前に洗っておくようにした方が良いでしょう。

また、洗えないものであっても、磨くなどしてできるだけ綺麗な状態で出品するよう心がけましょう。

しかし、素材によっては洗ったり、クリームを塗ることで現在の状態よりも悪化してしまう場合もあるので、必ずやり方を確認し、無理にはやらないようにすることが大切です

メルカリ以外で手早く売るなら買取店がおすすめ

ちゃんとした商品さえ出品していれば、メルカリで返品を依頼されることはほとんどありませんが、実際に返品依頼がきてしまった場合、対応には結構な時間と手間がかかります。

そのため、そういった手間や時間が惜しいと感じるのであれば、メルカリではなく買取店に買取ってもらうのもおすすめです。

買取店では、一度買取ってもらった商品が返品されるようなことはないので、安心して利用することができますよ。

実際に買取を依頼する場合には、ブランド品からホビーなどあらゆるジャンルの商品を取り扱う「ORBITAL(オービタル)+カメレオンクラブ」のような有名買取店に依頼するようにしましょう。

まとめ

解決

メルカリで商品を出品する場合に知っておきたい、返品の仕組みや方法について詳しく解説してきました。

状態の悪い商品や偽物を出品していない限りメルカリで返品を依頼されることはほとんどありませんが可能性がないというわけでもありませんので、もし返品依頼がきてしまった場合は、今回紹介した返品の方法を参考にしてみてください。