メルカリを出品する際の流れを解説。注意点も

流れ アイキャッチ

「必要なくなってしまったけど捨てるにはもったいないし…」というものを気軽に出品し売ることができるフリマアプリ、「メルカリ」。

メルカリは簡単に不用品を出品し売ることができるので、まだ使ったことがない人はぜひ利用してみるべきです。

ただ、「どういった流れで商品を売ればいいのかがわからなくて不安…」という方も少なくないかと思います。

そこでこの記事では、メルカリに商品を出品し、売れた商品を発送していくまでの流れについて詳しく解説していきます。

これからメルカリを使って何かを売りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

メルカリとは

メルカリは圧倒的なユーザー数を誇るフリマアプリです。

2013年にサービスが開始された比較的若いサービスでありながら、今では月間1,000万人ものユーザーが利用するなど、かなりの人気を誇っています。

また、さまざまな年代のユーザーが利用しているので、いろいろな商品が売れるのもメルカリの魅力の一つです。

ただ、メルカリはユーザー同士での取引がメインとなるということもあって、何かとトラブルが起きてしまいやすいサービスでもあります。

無茶な値引き交渉や商品を良く確認しない状態での購入などマナーの良くないユーザーとのトラブルに発展してしまうリスクがあるので、メルカリを利用するときにはさまざまな点に注意しながら利用する必要があります。

出品の流れ

メルカリを利用する場合に注意すべき注意点について解説していく前に、メルカリで商品を出品する流れについて簡単に解説しておきたいと思います。

メルカリでの商品の出品はとても簡単です。

まず初めに、メルカリのアプリを起動します。

メルカリ 面倒 出品

すると画面の下部にカメラのアイコンがあり「出品」と記載されているので、そのアイコンをタップしましょう。

メルカリ 面倒 出品画面

アイコンをタップするとカメラが立ち上がるので、出品する商品を撮影していきます。

メルカリ 面倒 出品画面

出品する商品の撮影が終わったら商品の詳細について入力していき、詳細の入力が完了したら価格を入力して「出品する」をタップし、出品を確定させます。

出品する際の注意点

メルカリでの商品の出品の流れについて解説してきましたが、実際に商品を出品する際にはそれぞれの場面で注意すべきポイントがあります。

ここからは、メルカリで商品を出品する際の注意点について解説していきます。

事前に準備しておくもの

メルカリに商品を出品する場合、商品はもちろん付属品などもしっかりと揃えて準備しておきましょう。

売れた後から準備しようとすると発送までに時間がかかりますし、万が一付属品などの重要なアイテムが見つからなかった場合トラブルになってしまいます。

また、ブランド品が本物であることを証明する証明書(ギャランティーカード)などは出品したアイテムの信ぴょう性を高めてくれます。

電化製品の場合は本体だけでなく電源ケーブルや説明書、ブランド品の場合はそのアイテムが本物であることを証明する証明書など、しっかりと準備しておくようにしてください。

商品説明文に記入すること

商品の説明文には、できるだけその商品のことを細かく記載するようにしましょう。

例えば、商品の状態やその商品をどれだけ使用してきたのか、サイズがある商品であればサイズの表記も必要です。傷や汚れなどがある場合は、そのこともきちんと記載しておくようにしましょう。

写真の撮り方

image3

メルカリに出品した商品をしっかりと売るためには、写真の撮り方がとても重要です。背景をシンプルにし、商品が映える形で写真を撮るようにしましょう。

また、購入者は写真でしか商品の状態を確認することができないので、できるだけ多く写真を用意してあげることが大切です。

傷や汚れがある場合は商品説明欄にそのことを記載した上で、そのことが確認できる写真も掲載しておくようにしましょう。そうすることで後々のトラブルを防ぐことができます。

価格は相場に近い値段で

メルカリに出品した商品を売るためには、価格の決め方が重要です。自分で売りたい価格に設定することも可能ですが、その価格が相場とかけ離れていると売れにくくなってしまうので、その商品の相場にあった価格で出品することが大切です。

メルカリ内で同じような商品や似たような商品を探し、それらのアイテムと同様か低い価格で出品するようにしましょう。

また、出品するときには送料込みの価格で出品するのがおすすめです。送料込みの価格で出品することで送料がいくらかかるのかという不安をユーザーに抱かせることがなくなるので、購入されやすくなります。

梱包 、発送

商品が売れた場合梱包して発送することになりますが、梱包をプロ並みの丁寧さでおこなう必要はありません。商品が破損してしまわないように緩衝材などでくるみ、ダンボールに入れるなどして送るだけで十分です。

ただし、精密機器や割れ物などを送る場合には、配送中に破損してしまわないよう丁寧に梱包するようにしてください。

また、商品を購入してくれたことに感謝する手紙を添えておくと、ユーザーから高評価をつけてもらいやすくなるのでおすすめです。

コメントの対応法

メルカリでは購入を希望するユーザーから問い合わせが来ることがあります。

ここからはユーザーからのコメントの対応方法についてみていきましょう。

時間帯

ユーザーとのやり取りに時間をかけてしまうのはもったいないので、できるだけ返事の返ってきやすい時間帯に返事をするようにしましょう。

返信してもらいやすい時間帯はユーザーによって異なりますが、基本的に平日の夜か休日にやり取りをおこなうようにするといいでしょう。

値引き交渉

メルカリでは購入を希望するユーザーから、値引き交渉される場合があります。もちろん対応するのもしないのもあなたの自由です。

もし対応する場合は、どれくらいまで対応可能なのかを記載し、そのことをしっかりと伝えるようにしてください。

また、対応したくない場合はできるだけ丁寧に断るようにしましょう。

以下のような例文で断ると丁寧で角が立ちにくくなります。

例文:「このたびは問い合わせありがとうございます。大変申し訳ないのですが、値引きには対応いたしかねてしまいます。何卒ご了承くださいませ。」

手早く売るなら買取がおすすめ

ここまでメルカリでの商品の出品の流れについて説明しましたが、めんどくさそうだなと感じるのであれば買取店への売却ももおすすめです。

買取店であればメルカリに出品する際に注意すべき点を意識する必要もありませんし、購入を希望するユーザーからの値段交渉などに振り回されることもありません。

「ORBITAL(オービタル)+カメレオンクラブ」のような有名買取店であればものによっては高額で買取ってもらうこともできるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

メルカリで商品を出品する際の流れについて解説してきました。今回紹介してきた内容を参考にしてもらえばきっと問題なくメルカリで商品を売ることができるはずです。

とはいえ、多少の手間はかかりますし必ず売れるわけでもないので、できるだけ手早く売りたいのであれば買取店での売却も検討してみましょう。

▷ こちらの記事もおすすめ

出品する前に知っておきたい!メルカリの安全性
【出品者向け】メルカリで値下げ交渉がきたときの対応法
メルカリでよく見るルールを解説!スムーズな取引を行うためのコツ