メルペイの基本は? どこで何に使える?

  • 2019年11月7日
  • 2019年11月8日
メルペイTOP

メルカリを利用していると、メルペイという新サービスが始まったことは画面を見ればわかるはずです。

しかしこのメルペイを、一体どう活用したらいいかわからない方もいるのではないでしょうか。

メルペイとは最近注目を浴びている『電子マネー』として利用できる決済サービスで、その特徴はメルカリのアプリ内で使うことができ、メルカリでの商品売買とも密接に関連していることにあります。

今回はそんな少し難しく感じてしまう電子マネーのメルペイについて、基本的な説明をしていきましょう。

広告

メルペイはどこで何に使えるか

メルペイの使い方

メルペイが電子マネーとして使えるということは、メルカリを使っていればなんとなく想像がつくと思います。

一般的な電子マネーは、コンビニやATM、あるいはクレジットカードでマネーをチャージして、コンビニの商品をスマホのバーコードで支払う、といったイメージではないでしょうか。

しかしメルペイはATMやクレジットカードからチャージするのではなく、メルカリの売上金でコンビニなどで商品を購入できるのです。

もちろん、売上金がなくてもメルペイで支払いをする方法も用意されています。

それが新しく提供されたサービス『メルペイあと払い』です。

これは、事前に設定した金額の枠内であれば、その時点でお金がなくても翌月にまとめて支払うことでコンビニなどの店舗で使えるという便利なサービスです。

ただし、このメルペイあと払いを利用するためには、メルペイに支払い用の銀行口座を連携させるか、身分証明書を使って本人確認を済ませなければなりません。

また、メルペイあと払いには年齢制限があり、18歳未満の方は利用できません。

メルペイボタン

メルカリの商品購入に使える

メルペイはメルカリに出品されている商品の購入に使えます。

メルペイをメルカリ内で使うことの何が便利かというと、メルペイあと払いを使えば、売上金がない時にどうしても欲しい商品が出品されている場合でも、クレジットカードやコンビニ払いを使わずに商品購入代金をメルペイあと払いで支払えるようになるのです。

メルペイあと払いは、翌月に支払いをすればよく、さらに、あと払いは売上金から払うことも可能。

つまり、今まだ売れていない自分が出品している商品が支払い期限までに売れれば、その代金をあと払いにあてることができるようになるのです。

メルペイ残高でメルカリ出品商品を購入

コンビニなどのメルペイが使えるお店でで支払いができる

メルペイは、そのほかの電子マネーと同様に、コンビニをはじめとする様々なお店で利用できるのです。

一般的な使い方で最も頻繁に使うのがコンビニでの支払いでしょうが、メルペイはローソン、ファミリーマート、セブンイレブン、ミニストップなど、主要なコンビニに全て対応しています。

そのほかにも吉野家やほっかほっか亭をはじめ、イオンなどでも利用可能です。

さらに、実はメルペイは支払いの形態として電子マネーの『iD』とジョイントしていますので、iDが利用できるお店でも利用可能。

そのほか、実店舗だけでなく『サンプル百貨店』や『SHOP LIST』などのネットショップの支払いにも対応しています。

メルペイの使える場所

メルペイが使えるお店の一覧は下記リンクから確認できます。

▶︎ メルペイが使えるお店一覧

メルペイあと払いを設定すれば自由に使える

次に、メルペイあと払いについてもう少し詳しく説明していきましょう。

メルペイあと払いとは、銀行口座の登録または身分証明書を使い本人確認をすれば、自由にメルペイが利用できる仕組みです。

銀行口座を登録すれば、メルペイ残高に銀行からチャージできるようになります。

本人確認を済ませれば使った分を翌月以降に支払うメルペイあと払いが使えるようになり、コンビニなどでその場でメルペイの残高がなくても支払いができるようになるのです。

メルペイを使った支払い方法は、メルペイ残高と、メルペイあと払いのどちらかが選択できます。

銀行口座の登録か本人確認を済ませれば、メルペイの使い道は一気に広がり、ほぼ全ての機能が利用できるようになりますので、メルペイを使うのであれば銀行口座の登録か本人確認を済ませておきましょう。

メルペイ銀行口座登録

本人確認するか銀行口座を登録すればメルペイ後払いが利用できる

では銀行口座の登録、本人確認はどのように設定すればよいのでしょうか。

まずはお支払い用銀行口座を登録する方法を紹介しましょう。

銀行口座の登録をする際は、アプリのメルペイ画面で『お支払い用銀行口座を登録する』をタップしします。

ここでは自分の銀行口座を登録し、必要な時に銀行口座からメルペイ残高をチャージできるように設定をおこなうのですが、登録する銀行が限られているため対応していない銀行の利用者は、登録できません。

もし自分の使っている銀行がメルペイに対応していない場合は銀行口座の登録ではなく、もう一つの方法でメルペイあと払いが利用できるようになります。

もう一つの方法とは、『アプリでかんたん本人確認』という機能を使って、本人確認するものです。

メルカリの本人確認は運転免許証かパスポートを使って、自分の顔と本人確認書類を同時にアプリ内の専用カメラ撮影しておこないます。

撮影方法が若干難しく、すぐに設定できないかもしれませんが、書類の添付や郵送などが不要ですからメルペイを自由に使いたい、なおかつ銀行がメルペイに対応していないのであれば画面の指示を慎重に確認し、ぜひ本人確認を済ませておきましょう。

メルペイあと払い利用可能銀行

メルペイを使う際の支払いの方法

では次に、実際にメルペイを利用する方法について説明していきましょう。

メルペイは基本的に『ポイント』または『メルペイ残高』か『メルペイあと払い』を使って支払いをします。

メルペイではポイントが残っている場合、支払い時には優先的にポイントから支払われますので、せっかくポイントが残っているのに使うのを忘れてしまうという心配はありません。

ポイントを使う

前述のとおり銀行口座の登録、本人確認を済ませていない場合でもポイントがあればメルペイが使えます。

ポイントはキャンペーンなどで付与されたものの他に、メルカリの売上金があれば売上金をポイントに変えて使うことも可能です。

メルペイのポイントはコンビニなどでも使えますが、銀行口座の登録、本人確認をしていないと、ポイントが足りない際に売上金からしかポイントが購入できませんので、売上金が足りないとメルペイが使えなくなります。

銀行口座でチャージして支払いする

銀行口座の登録を済ませているのであれば、売上金の残高やポイントがなくても、銀行口座からメルペイにチャージして支払いができるようになります。

もしコンビニなどでの支払い金額がメルペイ残高より多い場合は、登録した銀行口座からメルペイ残高に必要な金額をチャージしましょう。

ただし銀行口座からのチャージには、一定の条件が設けられています。

** 1日のチャージ(入金)限度額:¥20万
※メルペイ残高が¥100万以上ある場合は、追加でチャージできません

** 最低チャージ(入金)金額:¥1,000/回

▶︎ チャージ(入金)とは – メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ

『メルペイあと払い』か『メルペイ残高』から支払い方法を選択

さて、これでメルペイの支払い金額をどのように設定するかはお分かりになったかと思いますが、実際にコンビニなどの店頭でメルペイを利用するには、どのような方法があるのでしょうか。

メルペイで支払いをする際には、メルカリアプリのメニューで『メルペイ』をタップしてメルペイ画面を開きます。

この画面の上部に『メルペイあと払い残枠』と表示されている場合は、メルペイ後払いで決済でき、『メルペイ残高』となっている場合は売上金や銀行からチャージしたメルペイの残高で決済可能。

支払いの前に、まずどちらから支払いをするのかを決めておきます。

支払い方法を変更したい場合は画面右上の赤文字『支払い方法を変更』をタップして、切り替えることが可能です。

メルペイ支払方法変更

レジで決済するにはQRコードとiD払いのいずれかで

メルペイ残高とメルペイ後払いのどちらで支払うかを決めたら、次はレジで実際に支払います。

注意しなければならないのが、この支払い方法にも二つの方法があり、利用するコンビニによって方法を使い分けなければならないということです。

支払いの二つの方法とは、ひとつはQRコードを表示して決済する方法。
もう一つはスマホをレジの端末にタッチさせて決済する方法です。

タッチでの決済は『iD』払いに対応していて、iOS(タッチ払いに対応したiPhone)であれば『ApplePay』にも対応しています。

このタッチによる支払いはタッチ機能がないiPhone6s以前のiOS機種や、一部のAndroid端末では利用できませんので、未対応の端末はQRコード払いのショップでしかメルペイが使えません。

たとえばコンビニを例にあげれば、ローソンはQRコード、iD共に対応していますが、セブンイレブンはQRコードのみに対応、ファミリーマートはiDのみに対応しています。

そのためタッチ機能が使えない端末を使っている場合は、iDのみに対応しているファミリーマートでメルペイは利用できないので注意しましょう。

メルペイID払い

メルペイQRコード払い

便利なメルペイを上手に使いこなそう(まとめ)

メルカリのアプリで簡単に電子マネーとして活用できるメルペイは、すでにメルカリを活用しているユーザーであればぜひ利用したい便利なサービスです。

今回ご紹介したとおり、メルペイは銀行口座の登録、本人確認を済ませてメルペイあと払いが使えるようにしておけばより一層便利に使えるうえ、メルカリで商品を購入する際にもあと払いできるようになるなど、メリットがさらに大きくなります。

登録できる銀行が限定されていたり、本人確認が面倒という理由であと払いができない方もいるかもしれませんが、せっかくメルカリを利用しているのであれば、ぜひ手続きを済ませてメルペイのフルサービスを利用できるようにしてみてはいかがでしょうか。