あなたが思い描く「やりたいこと」、いつやるのがいちばんお得?

アイキャッチ

はじめまして、チェコ好き(aniram_czech)です。ブロガー・ライターとして、書評やコラムを書いたりしている者です。

ところで私、ひと昔前に流行った「脳内メーカー」で脳内をスキャンすると、およそ7割が「旅」で埋め尽くされているくらいの旅行好きです(残り3割は「本」と「映画」)。

特に海外旅行が好きなのですが、数ヶ月前、行きたい行きたいと10年以上夢見ていた中東の国イスラエルに、念願叶って旅行に行くことができました。ユダヤ人の聖地「嘆きの壁」を撮った写真を見ると、今でも胸がどきどきします。

さて、私が今回したい話は、「やりたいことっていつやるのがいちばんお得なんだろう?」ということ。憧れのあの国に行ってみたいとか、本を出版してみたいとか、きっとあなたにもいろいろな夢や「やりたいこと」があるでしょう。だけど、旅行するにも本を出版するにも、航空券を予約したり執筆のための資料を購入したりと、何かとお金がかかります。「やりたいこと」に手をつけるとしたら、いったいどんなタイミングがいちばんお得に、投資を回収できると思いますか? 三択問題で考えてみてください。

老後、時間ができてから取りかかる

まず、最も考えてはいけないのが「1」です。たとえばあなたがスカイダイビングをしてみたいと思っているとしたら、老後ではスカイダイビングに耐えられるほど自分が健康でいられるかどうかわかりません。

また多くの場合、「やりたいこと」をやって得た体験は、あなたの今後の人生にとても良い影響をもたらしてくれるはず。寿命が80歳だとして、65歳にスカイダイビングをしたらその良い影響を享受できるのはたった15年です。だけど、30歳の今やれば、50年もその体験から得たことを大切にできます。

今日が、あなたの人生でいちばん若い日なのです。

今すぐ取りかかる

というわけで、「やりたいこと」はできるだけ早く、今すぐにでも取りかかるべきです。

私自身の話をすれば、治安が不安だったり情報が少なかったりで実現が非常に困難に思えたイスラエルへの旅行も、実際に航空券やホステルを予約して地図を広げてみたら、あとは行くだけ。なんてことはありませんでした。航空券の予約にかかる時間、それ自体はたったの5分です。

もちろん、休暇を調整したりだとか、そもそも資金がない人は貯金をしたりだとか、「今すぐ」といっても本当に今すぐ航空券を予約するわけにはいかないかもしれません。だけどそういった事情のある人でも、「今すぐ」計画を立てることはできるはず。まずはいつまでに資金を貯めて、いつ頃を目処に休暇を調整して……など、「やる!」と決めたら取りかかれる作業はいくらでもあります。

達成期限を決めて取りかかる

だから、「3・達成期限を決めて取りかかる」も決して間違ってはいません。スカイダイビングや旅行の予約はその気になれば本当に5分でできるけれど、「本を出版する」とか「英語がしゃべれるようになる」などの「やりたいこと」は、思い立ったとしてもクリック1つでポチッ、というわけにはいきません。でも、やっぱり計画を立てることはできます。

「3年以内に実現する」と先にゴールを決めてそこから逆算して計画を立ててもいいし、自分のペースで計画を考えていって「じゃあこの速度なら4年くらいかな」と順を追ってゴールを決めてもいいと思います(私自身は後者の考え方をすることが多いです)。「やりたいこと」には、自分の思いつきひとつでやれるものと、そうでないものがあります。が、「2」と「3」に共通しているのはとにかく「できるだけ早く」ということです。

多くの人が思い描く「やりたいこと」は、旅行でもスカイダイビングでも、仕事でも資格の取得でも、その体験やそれを得るための過程が必ず自分を成長させてくれます。それが終わった後も、価値観に変化があったり、その過程で出会ったさまざまな人と交流が続いたりと、「やりたいこと」を実現することで得られるメリットは一瞬だけでなく生涯続くのです。というわけで、夢や「やりたいこと」がある人はできるだけ早く実現を、もしくは実現のための計画を立てましょう。それがいちばん、お得だから。

「できない」とか「まだ無理」とか思うのは、実は自分の思い込みや幻想だったりもします。いつまでも大事にカードを胸に抱えているよりも、そんなものはさっさと切って、次に行っちゃったほうがいい。

私はそう思っているのですが、はたしてみなさんはどうでしょうか。

アイキャッチ