おすすめのSDカード買取店3選 高価買取をしてくれるSDカードも紹介

cc57fc99783e1a81602fc5c5e71dce52_s

使わなくなったSDカードの処分に困っていませんか?
新しいカメラやゲーム機器などに買い替えた時に購入し意外と使っていないSDカードは増えていくものです。
実はSDカードも容量や性能などモノによっては値段がつく場合があります。
今回はそんなSDカードを高価買取してくれる店舗や高価買取のコツについてご紹介していきます。

一番高く売れるSDカードは?

データ容量

最も重要なのはSDカードの種類と容量です。SDカードの買取に関しては8GB以下の容量のものについては買取不可のところもあり、容量によっては値段がついても10円単位と言われていますので検討する際は無駄足にならないように自分が売るSDカードの容量は確認しましょう。

SDカードの規格と容量

SDカードと言っても、 種類も様々で全部で6種類あります。

・SDカード
・SDHCカード
・SDXCカード
・micro SDカード
・microSDHCカード
・microSDXCカード

SDカードには大きさによって通常サイズのSDカードとサイズの小さなmicroSDカードに分けられます。
サイズは、買取の価格には影響せず規格で買取価格が異なってくる傾向があります。

SDカードの規格にはSD、SDHC、SDXCの3種類のカードがあります。
それぞれのカードには最大容量が決められておりSDは2GB、SDHCは32GB、SDXCは2TBまでの容量があります。
まずはお手持ちのSDカードのラベルを確認し、規格と容量を確認するようにしましょう。
残念ながらSDカードの容量が32GB以下の場合、買取相場は10~100円で2GBなど極端に容量が小さいSDカードは買い取ってもらえないケースもあるようです。
64GB以上のものから徐々に買取価格は上昇してくる傾向で、512GBのものだと買取の上限金額は8000円に設定されている店舗などもあります。
これらの容量の基準とこの後の性能、メーカーなどの条件が勘案され買取価格が決定します。

性能

SDHCカードとSDXCカードは通常のSDカードと比較し転送速度が速いことが特徴で様々な性能差があります。
表面のラベルに記載されている項目としては以下のものがあります。

ビデオスピードクラス

4Kなどの高画質な動画に対応する規格で、最低転送速度を保障する数値です。
『V(数字)』という形で示されるものがこれにあたります。
V6~V90までのものまで幅広く存在しますが、数字が大きくなっていくほど最低転送速度が大きいことを示します。

UHSⅠorⅡ

Ultra High Speedの略でこちらも転送速度に関する指標です。
ⅠとⅡの2種類が存在し、ⅠよりもⅡの方が高速に対応しています。Vで表現されるビデオスピードクラスの表記の下にローマ数字があるところで確認しましょう。

UHSスピードクラス

『U』のアルファベットの中に数字が記載されているものでこちらも転送速度を示す指標です。1~3がありますが、3が最も高性能です。

スピードクラス

『C』のようなアルファベットの中にある数値で判断します。2~10の数値が記載されており、大きいものの方が性能が高いといえます。

これらの数字が優秀なメモリーカードほど価格が高い為チェックしておきましょう。

メーカー

SDカードにはデータ送信のスピードや耐久性などの品質、有名メーカーがあります。ノーブランドのものよりもメーカー製のものの方が需要があります。有名なメーカーでいえばTranscend、Sundisk、Samsung、Lexar、東芝などが人気のメーカーです。

ここでは代表的なブランドをご紹介しましたが他にも買取可能な型番やブランドもあります。買取を検討するときは事前にお店に確認してみましょう。

ただし使用用途によって必要な性能が異なってきますので、数値が低い=買取が安いということではありません。最も参考となるのはやはり一番最初の容量の部分です。

高価買取のコツ

未開封品や付属品はおいておく

箱などから出していない未開封状態はもちろん、付属していた説明書や保証書がある場合は持ち込むようにしましょう。ケースなどの付属品も同様です。

状態はきれいにしておく

本体や金属面に破損や汚れの強いものは買取を行ってもらえない可能性もあります。本体の割れや金属面の劣化がないかを事前に確認しておきましょう。
また特にSDXCの規格を超えるようなSDカードはもともとの値段も高価なものが多いです。普段から保管ケースに入れる、必要以上に持ち運ばないなどの注意をしておきましょう。

注意点

32GB以下のSDカードは値段がつかないことが多い

上記でもご説明した用に32GB以下のメモリーカードは実際にほとんど値段がつかないことが多くお店に持って行っても交通費分損することもあります。
持っているカードが32GB以下の場合はオークションやフリマアプリ等を利用した方がいいかもしれません。

大切なデータは必ずバックアップしておくこと

当たり前のことですが、買取に出した後はデータの保障はしてもらえません。うっかり大事なデータがなくなってしまう前に買取に出す前はデータを確認し必要なデータはバックアップをとっておくようにしましょう。

身分証・必要書類を持参する

店頭で買取に出す際は身分証などが必要になる場合があります。事前にお店に電話をするようにして必要な書類等を確認しておくようにしましょう。

おすすめのSDカード買取店の3選

ソフマップ

ソフマップ
▶︎ソフマップの口コミを見る

PC周辺機器の買取といえばココ!というくらいに全国的に有名な買取店ですね。
全国的なチェーン店ですので買取のネットワークも広く店舗での買取だけでなく発送による宅配買取も行っています。
手軽にSDカードを売りたい方にとってはネームバリューもありぴったりの買取店と言えます。
ただしなんでも買取できるわけではなく、査定額が0円になるものもあり買取ができない場合もありますので事前に可能かチェックする必要があります。

ハードオフ

HARD-OFF
▶︎ハードオフの口コミをみる

言わずと知れた全国的に有名な買取ショップです。
宅配買取も行っていますし、全国的に店舗も多いため、車で外出したついでに立ち寄ることもできて便利です。

SDカードについても特に未開封のものは評価が高く、容量の多いカードはいい値段をつけてくれていることがネットモールを見ていてもわかるため特に新品未開封のものが手元にある時はおすすめの店舗です。
開封したものも販売しているので中古品でも買取額がつく可能性はありますのでメーカーや型番がわかる場合は問い合わせをしてみましょう。

PC ones

PC ONES
出典:PCONES
中古PCパーツや本体を中心に販売しているPCショップです。
データを保存するという特性上、中古品の相場などがわかりにくい中ホームページ上で容量別に買取上限額を明記してくれているわかりやすいお店です。

データ容量が128GBを超えるものであれば、上限金額は1000円台に設定されていますから、お手持ちのSDカードがこの容量を超える場合は一度ホームページ上のお問合せフォームの方お店の方に問い合わせをしてみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。注意点でもご説明したように、くれぐれも買取をしてもらうSDカード内のデータは別にバックアップを取るようにしてください。
もともとが高価なものでなければ高額の買取は難しいかもしれませんが、新しいモノを少しでもお得に買えるようにこの記事を参考にしてぜひSDカードの買取店を利用してみてくださいね。

■査定から買取まで完結!専門家が査定する完全無料の一括見積もりに申し込む