Androidを初期化する方法は? 注意点と初期化する前の準備

  • 2022年7月27日
Androidを 初期化する方法!

携帯端末を廃棄・売却する際は、個人情報がもれないように初期化する必要があります。それはAndroidでも例外ではありません。

しかし、Androidの初期化をしたいけど、きちんとできるか心配という方も多いはず。

そんな方のために、本記事ではAndroidの初期化方法や注意点を紹介しています。Androidの売却や廃棄を考えている方は参考にしてください。

あなたの売りたいものの
\一番高い買取価格がわかる/

Androidを初期化する前の準備

Androidを初期化する前の準備や確認を紹介します。

初期化をするとすべてのデータが消去されるため、あらかじめ準備が必要です。

ついつい忘れがちな準備を紹介しているので、参考に初期化の準備をしてみてください。

Googleバックアップの有効化

AndroidはGoogleバックアップを利用できます。Googleバックアップを利用する場合は、「Google Oneへのバックアップ」が有効になっているか確認しましょう。

端末の「設定」から「Google」>「バックアップ」の手順で簡単に有効化できます。

「Google Oneへのバックアップ」が有効になっていれば、Wi-Fi環境で自動的にバックアップできます。

データのバックアップをとる

データのバックアップはGoogleバックアップで完結します。他の方法ではSDカードやパソコンを使ってバックアップが可能です。

しかし、AndroidはGoogleバックアップが最も簡単で早く取れるでしょう。

端末の設定から簡単にできるので上記の項を参考にしてみてください。

ログイン情報をメモ

初期化すると、すべてのサービスからログアウトします。

ログインするためには改めてログイン情報を入力する必要があるので、必ず初期化前にログイン情報を記録しておいてください。

おさいふケータイを移行する

端末を売却・廃棄する際は、初期化をする前に必ずおサイフケータイの各電子マネーの初期化と残高移行作業をしてください。

電子マネーの残高が残ったままだと、新しい携帯に残高を引き継ぐことができないので注意が必要です。

電子マネーの移行手順は次の2ステップなので、簡単にできます。

  1. 登録した会員情報・チャージ残高などのデータをサービス事業者のサーバーに預けてから初期化
  2. その後にデータをサーバーから受け取る

参考:SHARP

詳しい移行の手順は、各種サービスの公式サイトから確認しましょう。

Googleアカウントを端末から消去

Googleアカウントを端末から削除してから、端末を初期化する必要があります。

なぜなら、端末を保護する機能が作動して別のGoogleアカウントでログインできなくなるからです。

以下の手順で、端末からGoogleアカウントの情報を消去しましょう。

  1. 端末の「設定」から「アカウント」をタップ
  2. ログイン中のGoogleアカウントを選択
  3. 「アカウントを削除」をタップして完了

この削除はGoogleアカウントそのものを削除するのではなく、端末から消すだけです。

初期化した後にGoogleアカウントにログインすれば、元通り利用できます。

SDカードを抜く

初期化すると、SDカード内のデータに悪影響を及ぼす可能性があります。

なので、初期化する前にSDカードは抜いておきましょう。

  1. 「設定」から「ストレージ」をタップ
  2. 「SDカード」の三角形マークをタップ
  3. 「取り外しました」等のメッセージが表示されれば完了

設定からSDカードが取り外しできない機種の場合は、電源をオフにしてからSDカードを取り外せば問題ありません。

端末の側面上部に小さな穴があるので、そこにSIMカード取り外し用のピンを押し込むとSDカードを取り出せます。SIMカード取り外し用のピンが無ければ、身近な鋭利なものでも代用が可能です。

Androidを初期化する方法

Androidを初期化する手順を紹介します。Androidの初期化は非常に簡単です。

データを完全に削除して初期化する方法を紹介するので、個人情報が漏れるのが怖い方は参考にしてみてください。

端末の設定から「リセット」を選択

まずは端末の「設定」を開いてください。設定を開いて、「設定を検索」という虫眼鏡がある検索窓に「リセット」と打ち込みましょう。

「リセットオプション」や「リセット」がヒットしたらタップします。

リセットオプションから「すべてのデータを消去」を選択

リセットオプションから「すべてのデータを消去」をタップします。もしない場合は「工場出荷状態に初期化」という項目があるはずなので、そちらをタップしましょう。

本人確認をする

「すべてのデータを削除」という右下のボタンをタップすると、本人確認画面が出てきます。

本人確認をすれば初期化処理が始まります。本人確認の方法はさまざまですがPINコードが一般的です。他にはパスワードを入力するケースもあります。

これで初期化は完了です。あとは再起動するのを待ちましょう。

Androidを初期化するときの注意点

Androidを初期化するときには、個人情報が残らないように完全にデータを削除する必要があります。

また、初期化する前の準備や確認作業など注意すべきポイントがたくさんあるので、抜け漏れがないように対応したいところ。

ここでは初期化に伴う注意点を紹介します。

譲渡や廃棄をする際は個人情報を消す

個人情報は必ず削除しておきましょう。初期化すれば、データがすべて削除されます。

それでも心配な方はメモ帳にメモしているパスワードやID、ブラウザに記憶しているクレジットカード状態やログイン情報を削除しておくと安心です。

バッテリー残量を確認

初期化はバックアップ工程を含めるとかなりバッテリーを使います。そのため、初期化をする前に充電しておきましょう。

70%程度あれば充分ですが、使っている年数によってバッテリーの消耗が変わるので、フル充電しておくと安心でしょう。

初期化後に復元する方法

事前準備をせず初期化してしまった場合でも、Googleアカウントにさえログインできればデータを復元できることがあります。

AndroidはGoogleアカウントに紐付いたバックアップ機能があるので、元に近い状態までスマホを復元可能です。

ここでは、データの復元方法について紹介していきます。

復元可能なデータ

以下のデータはバックアップ対象のものなので、元の状態まで復元できる可能性が高いです。

  • 画像ファイルの一部
  • 動画ファイルの一部
  • 連絡先(電話帳)
  • 通話履歴
  • SMSのメッセージ送受信履歴
  • インストールしていたアプリ(有料・無料問わず)
  • アプリ内のデータ(一部のみ)
  • Google Play Point/クレジット残高
  • Google Play ストアの購入履歴
  • ホーム画面の壁紙
  • Wi-Fiネットワークのパスワード
  • Google関連サービスのデータ(Gmail/Googleドライブ/Googleカレンダー/Googleフォト)

wifiに接続

Androidを立ち上げて「開始する」をタップしてください。

画像の案内通りに操作をして、Wi-Fiに接続します。データの復元は通信量が膨大になるので、Wi-Fiに繋いで行いましょう。

「以前のスマートフォンを利用できない場合」や「クラウドからの復元」を選択

続いて「アプリとデータのコピー」をタップして、「次へ」を選択してください。

場合によっては「データの引き継ぎ」と表示される場合もあります。

ここからは機種によって違いがありますが、ほとんどの場合は「以前のスマートフォンを用意してください」の画面が出てきます。

この画面で画面下部の「以前のスマートフォンを用意できない場合」を選択してください。

Xperia・AQUOSなどの機種は「データの引き継ぎ」画面でクラウドからバックアップをタップしましょう。

Googleにログイン

次の画面でGoogleアカウントにログインします。必ず初期化前にログインしていたGoogleアカウントでログインしてください。

他のGoogleアカウントにログインしたり、スキップした場合はデータを復元できないので注意が必要です。

正しくログインできれば「ようこそ」と画像に表示されます。

復元したいデータを選ぶ

Googleアカウントに紐付いたバックアップデータが表示されます。該当するものを選択してください。
ここでデータが表示されない場合は、残念ながら復元することはできません。

上手く復元できそうなら、本人確認を求められます。必要事項を入力して「復元」をタップしてください。

自動バックアップを設定

次の画面で「Googleドライブへのバックアップ」を行えます。設定をオンにしておけば、自動的にバックアップが行われます。

スマホを無くしたり、故障したり、買い替えたりする場合にデータの復元を簡単にできるので、設定しておきましょう。

注意点をおさえてAndroidを初期化しよう!

Androidの初期化方法とデータの復元方法について詳しく紹介しました。

Androidの初期化は誰でも簡単に行えますが、事前準備や確認を怠るとデータを復元できない場合があるので慎重に行いましょう。

初期化した後も、データの復元は簡単にできます。本記事で紹介した注意点を押さえて、正しくAndroidを初期化し、データの復元を行いましょう。