クロアーゼ(CROIZET)を売るのにおすすめな買取店を紹介

  • 2019年6月20日
  • 2019年11月15日
クロアーゼ(CROIZET)を売るのにおすすめな買取店を紹介

クロアーゼ(CROIZET)はナポレオンが賞賛したいうコニャックで、世界的にも大変有名で、価値のあるお酒です。

世界で一番高いコニャックとも呼ばれるクロアーゼの買取金額は一体いくらなのでしょうか。

今回はクロアーゼの買取相場や売るのにおすすめな買取店・売る際の注意点などをまとめました・

ぜひ参考にしてみてください。

広告

クロアーゼ(CROIZET)とは?

クロアーゼは1805年にレオン・クロアーゼが創業し、現在も変わらずにお酒を造り続けている、歴史のあるコニャックのブランドの1つです。

戦いの祝杯として振る舞った自家製のブランデーがナポレオンの目に留まり、ナポレオンに賞賛を受けたことがきっかけで言われています。

そして、1871年に創業者の孫がブランド登録を行ってからクロアーゼは本格的に品質の維持やビジネス展開に注力して、全体的な評価が上がるまでになりました。

200年以上もの間ナポレオンが称賛したお酒が造り続けられており、2011年に中国の上海で行われたオークションで1858年のものが1600万円以上の金額で落札されるほどのブランド酒です。

買取相場

クロアーゼの買取価格は、市場にあまり流通していないことから、比較的新しく造られたお酒も高値の傾向です。
希少価値が高く、入手性が低いということもあって、完全に売り手が優位な状況となっています。

  • レゼルヴエリチエ(完備品):約7万円
  • レゼルヴエリチエ(箱なし):3万円~4万円前後
  • クリスタルバカラ:1万5千円~2万円前後

※編集部調べ

買取価格はタイミングによってかなり変わってくるので、査定を受けて安いと感じたら直ぐに売らず、しばらく待ってみるのも1つの手です。

また、バカラのボトルのようにただ空のボトルでも価格がつきますから、飲み終えても取っておけば売却できます。

箱も商品の一部なので、箱を開けてボトルを取り出して見ても、邪魔だからと捨ててしまわないように気をつけましょう。

買取に出すお店やクロアーゼの状態によっては、今回紹介した買取相場と実際の買取金額に差があるかもしれないので気をつけてください。

おすすめの買取店3選

レッドバッカス

特徴

  • お酒専門店
  • 全国から買取受付
  • 無料のスピード査定

買取店紹介

お酒の買取りに特化しているレッドバッカスは、洋酒も日本酒も総合的に査定したり、買取っているお店です。

岡山と千葉に実店舗があるので、いずれかのお店にクロアーゼを持ち込めば、その場で高価買取の現金化が実現するでしょう。

また出張買取も提供していますから、大量のお酒を手放したい時にも、依頼して任せられる頼れる専門店です。

遠方地域なら宅配買取が利用可能で、全国送料手数料無料のスピード査定が受けられます。

これまでの成約率は驚異の99.7%ですから、納得価格での買取りが望めます。

査定は24時間対応のLINEで簡単に始められるので、手元のクロアーゼの買取価格が知りたい時に役立ちます。

店舗情報

  • 店舗名: レッドバッカス
  • 本店所在地:〒706-0133 岡山県玉野市宇藤木550-41

おたからや

スクリーンショット 2019-06-17 18.09.04

出典:おたからや

特徴

  • 全国に500店舗以上の支店有
  • 洋酒を高価買取
  • 選べる買取方法

買取店紹介

ブランド買取店のおたからやは、お酒以外の商品も取り扱っていますが、同時にお酒の取り扱いに力を入れています。

おたからやは洋酒の需要を理解していますし、優れた目利きのスタッフが在籍しているので、売りたい商品を正確に評価してくれます。

全国に500もの店舗があるお店で、更に洋酒の買取実績がトップクラスですから、クロアーゼを手放したい場合に頼りになります。

クロアーゼなどのコニャックを含めたブランデーは劣化しにくく、長期保存が可能で古くても高額買取になりやすいので、それを良く知るおたからやのようなお店で査定を受けるのが正解です。

店舗は北海道から沖縄まで、ほぼ全ての地域に必ずありますから、店頭や出張買取それに無料の宅配買取も選べて便利です。

圧倒的な店舗展開と買取実績を誇るので、おすすめ度がとても高く、おすすめしない理由はないです。

店舗情報

  • 店舗名:おたからや
  • 本社所在地:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-7 若葉ビル1階

ライフバケーション

特徴

  • お酒専門店
  • 高価買取
  • 希少価値のある洋酒の買取実績有

買取店紹介

お酒の査定を受けるのであれば、ブランドや商品に理解のある専門店が、査定内容や結果に信頼できるお店になります。

ライフバケーションはお酒の高価買取に挑戦する買取店で、実店舗において買取販売を行っています。

店頭には希少価値の高いお酒が多数並び、クロアーゼのような希少性の高い商品もあります。

多くの珍しいお酒が販売できている理由は、その分買取りに力を入れて、成約率を上げている点が大きいです。

実店舗のある関東地方では、直接お店に足を運んで査定を受けるか、出張買取で買取価格を出してもらえます。

どちらの買取方法も査定、出張共に費用は無料ですから、安心して依頼することができるでしょう。

関東以外の地域は、送料とキャンセル料も無料の宅配買取によって、同様の査定や売却が実現します。

査定はネットの簡単申し込みで可能なので、取り敢えずクロアーゼの価格をチェックしてから、売却を決めることができます。

店舗情報

  • 店舗名:ライフバケーション
  • 本店所在地:〒221-0062 神奈川県横浜市神奈川区浦島丘2-35

クロアーゼ(CROIZET)を売る際の注意点

クロアーゼが入っていた箱に入れて売る

洋酒を高く売る時は、付属品を揃えて大切に保管しておき、売却時に確認して良い状態で手放すのが理想的です。

クロアーゼには箱つきの商品もあるので、元々箱があるなら捨てたり手放さないようにしましょう。

箱以外にも冊子や袋がついている場合は、なくしたり捨てないように保管することが肝心です。

古いものだとこれらは付属していないこともありますが、新しいお酒はついているケースが多いので、買取時には一式を揃えて査定を受けることをおすすめします。

クロアーゼのボトルについた汚れを拭き取る

逆に、年代物でボトルの汚れが気になる時は、埃を拭うイメージで軽く、汚れを拭き取るのがベストです。

ラベル部分は弱いので要注意ですが、瓶は拭いても傷がつかないので、なるべく拭き取って印象を良くしましょう。

ラベルの剥がれは仕方がないので、下手に修復してしまわないのが正解です。

クロアーゼは空ボトルも売れる

それと、空ボトルも捨てずに残しておけば、他のお酒と一緒に売れる可能性が十分にあります。

バカラはやはり人気が高いですから、クロアーゼを飲んでボトルが残ったら、取っておいて買取りに出してみましょう。

ただし、ボトルなら何でも価値がつくとは限りませんし、クロアーゼだから特別に高くなるともいえないです。

それよりも、商品価値を正しく理解して評価できるお店を選び、まとめてお酒の査定を依頼することが大事です。

買取で追加の送料・手数料の負担がないか気をつける

クロアーゼに限らず、単品のみだとあまり高値がつかないことがあり、何より価格によって査定時に出費が発生するケースがあります。

これは買取店によりますが、宅配買取の利用時に一定金額以上の査定額でなければ、お客に送料の負担を求めるといったものです。

買取店のサービスを利用する

査定額はLINEなどで事前に分かりますし、複数本をまとめて売りに出せば、簡単に5千円や1万円は超えてしまいます。

そして、クロアーゼは市場の流通量が少なく希少価値が高いですから、かなり高い確率で高価買取が実現しますし、そうなれば間違いなく送料無料になるので心配無用です。

買取価格の比較にはURIDOKI PIXもおすすめ!

URIDOKI PIXならば、売りたいお酒の写真を撮って、簡単な説明を書くだけで、複数のプロの査定士からの査定価格を比較することができます。

1回のみの問い合わせで済み、時間もかからず気に入った査定士で売ることが出来ます。

▷ URIDOKI PIXはこちらから

まとめ

1805年に誕生したクロアーゼ(CROIZET)は、ナポレオン・ボナパルトに認められて生まれることになったコニャックのブランドです。

創業から地道にコニャック造りが続き、品質を高めたり売り込むことによって、各地で認められるようになりました。

クロアーゼの誕生から200年後の2011年には、1千万円を超える価格で取引されたくらいなので、その評価の高さと人気は本物です。

日本では中古市場における流通量が少なく、3万円以上の買取価格になることも少なくないです。

買取に出すことを検討してみてはいかがでしょうか。