スイスの老舗時計メーカー「ヴァルカン」の買取価格とおすすめ買取店紹介

広告

ヴァルカンとは?

ヴァルカンは1858年に創業したスイスの時計メーカーです。
創業とほぼ同時期からクロノメーターやクロノグラフといった複雑な構造を持つモデルを次々に発表していたため当初からその技術の高さには定評があり、世界の博覧会で何度も受賞を重ねてその名声を轟かせました。
なかでも圧巻は1889年のパリ万国博覧会で、ヴァルカンは時計部門のほとんどの賞を独占するという快挙を成し遂げ、そのブランド名を不動のものとしています。

しかし、なんといってもヴァルカンの名を世界中に知らしめたのは1947年に発表したモデル「クリケット」で、5年にもわたる開発努力を費やした前人未到のチャレンジは「アラーム機能を組み込むこと」でした。

もちろん、アラーム機能は既に開発されており壁掛けなどの大型タイプには搭載されていましたが、腕時計のような小型タイプには技術的に難しいとされており多くのメーカーで試行錯誤していましたが、世界に先駆けて成功したメーカーがヴァルカンで世界中に大きな衝撃を与えました。
この快挙によりクリケットは歴代のアメリカ大統領に愛用されたり、過酷な環境で様々な挑戦を試みるアルピニストやダイバーのパートナーにも選ばれて、優れた防水・音響性及び高い堅牢性を有することを証明します。

現在でもアニバーサリーやエクストリーム、アヴィエーター、ノーティカルなどのモデルを発表し、その技術を進化させながら今もオピニオンリーダーとして歩み続けています。

買取価格

ヴァルカンの腕時計は、クリケットやプレジデンツに代表されるような丸型のシンプルなデザインばかりではなく、ピンクカラーに統一した女性仕様やスポーツウォッチなどバリエーションが豊富で、幅広い年代層に受け入れられるブランド時計として買取価格は比較的高値傾向です。

しかし、長い歴史を持っているためモデルによって幅が見られ、比較的新しいモデルであるアニバーサリーやエクストリームシリーズなどは25万円から30万円、一世代前のノーティカルやアヴィエーターなどのモデルは10万円から15万円前後、女性用アンティークモデルやバタフライなどは10万円が買取価格の相場となっています。

ヴァルカンを一躍世界的に有名にした代表作のクリケットは、その年式によって買取価格に大きく影響します。
2008年の最新作で水深300メートルの完全防水を実現しセンセーショナルを呼んだクリケット・ダイバーは20万円前後、1947年のレプリカモデルなら5万円前後が相場で、同じクリケットでもアンティークモデルであれば8万円から12万円程度で取引されています。

数あるヴァルカンの腕時計の中で最も高額が期待できるモデルはクロワゾネ・アビエーターデュアルタイムです。

クロワゾネは熟練職人の手でも製造に約一ヶ月かかるモデルで、世界中に25本しかありません。そのため市場に出回ることはほぼありませんが、もし買取となる場合は100万円は下らないと言われています。

おすすめの買取店3選

なんぼや

買取店紹介

2011年創業のなんぼやは、北海道から九州まで日本全国に店舗を展開している買取店です。

ブランド品の時計や財布、アクセサリーなどの買取に力を入れており、特に時計に関しては専門の技師がいるためその知識と経験によって正確に評価をしてくれることが特徴です。
買取方法は店頭と宅配、出張の3種類があり、いずれもキャンセルは無料となっているので安心して依頼することができます。

豊富な販売ルートを自社で有していることと、徹底的なコスト削減によって高額査定を可能としていることがなんぼやの魅力で、他店で買取できないと言われたものや、キズや汚れのある訳ありの時計でも買取してもらうことが可能であるため、とりあえずの査定だけでも依頼する価値はあります。

ヴァルカンについても公式サイトに買取事例が掲載されているので、事前にある程度の買取価格を確認することが可能です。

買取エージェント

買取エージェント
出典:買取エージェント

買取店紹介

買取エージェントは公式サイトでヴァルカンの買取強化を宣言しているほど、高価買取に自信を持っています。

高価買取できる理由は独自の販売ルートを確保していることに加え、自社オークションを運営することで買取にかかる費用を抑えていることにあります。
海外にも常時スタッフが滞在しているため世界基準での相場を把握していることや、業界在籍平均年数9年と経験と実績が豊富な鑑定士が多数所属しているため、圧倒的な査定時間の早さと高額査定を実現しています。

ヴァルカンに関してはキズがあるものやメッキが剥がれているもの、ベルトが切れているものでも査定可能なので、売れないと思っていた時計でも意外な高値が付く可能性があります。

アンティグランデ

アンティグランデ
出典:アンティグランデ

買取店紹介

「アンティグランデ」多くの買取店が全国展開している中、アンティグランデは「時計の聖地」と呼ばれる東京都中野区の1店舗のみで運営している高級腕時計買取専門店です。

ベテランの時計鑑定士が在籍しており、その状態や人気、相場などから買取価格を決定しますが、なぜその金額になったのかを丁寧に説明してくれることが特徴です。高額買取できる理由は、自社販売ルートはもちろん海外にも多彩なルートを持っている他、自社で時計修理専門店を持っていることで通常外注となるメンテナンス費用を抑えられることによります。

ヴァルカンに関しては、公式サイトで高く売るコツや売り時のタイミングの知識などを掲載しているなど買取強化となっており、オンラインによる簡単査定をすることも可能です。

売る際の注意点

ヴァルカンの中古品はあまり市場に出回っていないため高額査定が期待できますが、売る際にはいくつか注意点があります。

綺麗に清掃する

高額査定にはどれだけ新品に近くなっているかということが重要になるため、まず、時計をきれいに清掃することが大切です。
中古品ですので少なからず使用感や多少のキズなどがあるものですが、染みついた汚れなどは自分でも取ることができますので、柔らかい布や中性洗剤を使用して確実に取り除いておくことが必要です。
ただし、キズを消そうとして研磨剤などを使用してしまうと、キズは消えるものの逆に周囲に細かいキズを付けてしまいます。

素人が直そうとするとより悪化してしまう可能性があるため手を触れず、自分のできる範囲内できれいにしておくことがポイントです。

動くかどうかのチェック

次に、時計は実用性が第一なので、故障しているものよりも正常に動いている方が当然査定額は上がります。ヴァルカンのように信頼性の高い時計であればなおさら査定に影響するため、動作や機能に不備がある場合は可能な限り修理しておくことが必要です。

ただし、修理が不可能な場合や高額な修理費用が発生してしまう場合は、訳ありでも査定してもらえる買取店に依頼するか、修理してから出した場合とどのくらい査定に違いがあるかを事前に確認しておくこともひとつの方法です。

付属品は揃えておく

また、新品に近づけるためには付属品を付けておくことも大切です。ヴァルカンのロゴが入ったケースや時計が置かれていた台座、保証書や取扱説明書、オプションパーツなどが揃っていると査定に大きく影響します。

特に保証書については購入した時期の特定に繋がる他、その時計が本物のヴァルカンであることの証明にもなりますので、必ず一緒に査定に出すようにします。

なお、オーバーホールしている場合はその記録簿も忘れずに揃えておくことも重要で、特にアンティークや年式の古いモデルに関してはオーバーホールも重要な査定ポイントになるので、売る前には忘れずに用意しておくようにしましょう。

まとめ

ヴァルカンは日本ではあまり流通量が多くないため、時計愛好家からのニーズがとても高くなっています。

査定に出す場合はひとつの買取店だけに絞らずに、複数の買取店から見積もりを取り、一番高く評価してくれる店を選ぶことが大切です。

ヴァルカンを所有しているものの使用していない場合、長期間保存しておくと時間の経過と共に確実に劣化してしまうため、今後も使用する予定がないなら早めに売ることを検討してみてもいいかもしれません。