シルクスクリーンの買取のおすすめの美術・絵画専門店を紹介!

絵画 買取 シルクスクリーン

現代において絵画を飾り楽しむには最も親しみやすく人気が高いカテゴリーで、いくつか作品を所有する人も増えているシルクスクリーン。

伝統的な日本作家はもちろん、外国の作家、アニメーション関連の作家のシルクスクリーンも人気があります。

今回は、シルクスクリーンの絵画作品の買取相場と、おすすめの買取店についてもご紹介したいと思います。

いつか売ろうと考えていた作品がご自宅にあるという方は、この機会に買取してもらい、また新たに他の作品を購入するのもおすすめです。

絵画のシルクスクリーンの相場について

日本国内の作家や外国作家にかかわらず、世界各国からシルクスクリーン作品は親しまれています。

一般的に日本国内で好まれている作品は10,000円~40,000円の値がつく作品が多く、ごく稀に数百万もの価値がつく作品もあります。

シルクスクリーンの価値は、作品に書かれているシリアルナンバー(エディションナンバー)の分母の数字が小さいかどうかで決まると言われています。

人気の作品であるかどうか、そして刷られた数が少ないほど価値はつきやすいと言えます。

参考価格

  • 作品名:レオ・パシリコ
    参考買取価格:2,000円~20,000円
  • 作品名:ヒロ・ヤマガタ
    参考買取価格:5,000円~400,000円
  • 作品名:オノサト トシノブ
    参考買取価格:10,000円~80,000円
  • 作品名:天野喜孝
    参考買取価格:20,000円~80,000円
  • 作品名:クリスチャン・ラッセン
    参考買取価格:20,000円~90,000円
  • 作品名:笹倉鉄平
    参考買取価格:20,000円~300,000円
  • 作品名:鈴木英人
    参考買取価格:70,000円~200,000円

シルクスクリーン作品の査定基準

シルクスクリーン作品はどのように買取価格が決まっているのでしょうか?

査定基準をチェックしておきましょう。

人気の作品であるかどうか

まず人気の作家の作品であるかどうか判断のポイントとなります。

人気の作家の作品を買い揃える人は多く、買い手も見つかりやすい傾向があるからです。

その次に、その作家の作品の中でも有名な作品やシリーズであれば高く売れるでしょう。

保存状態でも価格が決まる

中古で作品を手にする際には、傷みの有無を気にする人が多くいます。

作品に色ヤケ、キズなどの傷みが見つかるとその分はマイナス査定になります。

既に傷んでしまっていた場合は元に戻せませんが、万が一マイナスになった場合でも知っておくと納得できるのではないでしょうか。

ただし、傷みがあった場合でも買取は可能です。

マイナス査定分を計算しても充分な価値がつく絵画やシルクスクリーンはあるため、まずは査定をしてもらいましょう。

シリアルナンバーの確認

買取相場の項目でもご紹介した通り、作品に書かれているシリアルナンバーの数でも買取価値は決まります。

分母の数字が小さいかどうか。いわゆる、印刷枚数が少ないほど手に入りくいため価値がつきやすくなります。

おすすめの買取店

いわの美術

いわの美術

特徴

  • 10万点を超える査定実績あり
  • シルクスクリーンの鑑定実績も豊富
  • 全国から宅配買取で売れる

店舗紹介

いわの美術は絵画やシルクスクリーンといった美術品に特化した買取店です。

絵画等の作品の買取り件数は10万点を超えており、数多くの経験実績を持つ専門の鑑定人が絵画などの知識と過去の実績を照らし合わせ、シルクスクリーンを鑑定してくれます。

過去には草間彌生や中島千波、笹倉鉄平、ロバート・ハインデルなどのシルクスクリーンを鑑定した実績があります。

送料無料の宅配買取の申込みが可能で、全国どこからでも依頼できます。

メールやLINEで事前に見積り査定額の問い合わせができるため、買取前に作品やシリアルナンバーの写真画像を添付して価格を聞いてみましょう。

高く売るコツ

絵画のシルクスクリーンをできるだけ高く売るために知っておきたい、コツについて詳しくご紹介します。

実績がある店で査定を申し込む

過去に絵画のシルクスクリーンを買取査定したことがある店に査定を依頼するのがおすすめです。

どんなリサイクルショップでも高く売れるということは無く、専門の鑑定士がいなければ価値を見極めてもらえません。

一般的なリサイクルショップでは絵画の1枚として一律の金額とされてしまうこともあるため、実績あるお店へ依頼しましょう。

買取方法は柔軟に選択する

遠く離れた店舗へは行けないからと査定を諦めた店はありませんか?

宅配買取であれば、全国どこに店があったとしても買取してもらうことが可能です。

梱包して玄関先で配達員に渡すだけであるため、売り時を逃すことなく申し込めるというところにもメリットがあります。

見積り依頼を出した時点で高額な絵画のシルクスクリーンであることがわかったら、配送保険をつけることも可能です。

絵画の見積り額に合った保険をつけることができるので、宅配の配送時も安心。買取方法は柔軟に選択することも売り時を逃さない高価査定のコツです。

複数の店に鑑定額を聞いておく

取引後にあちらの店の方が高く売れたのではと思うようであれば、後悔が残ってしまい兼ねません。

気になる買取店全てに、事前に見積り価格を聞いておきましょう。

見積り依頼を出すのは基本的には無料で、メールやLINEで気軽に簡易の問い合わせが可能です。

2~3店舗に価格を聞いただけでも比較はできるので、どの店が高く売れるのかという判断はできるようになるでしょう。

実店舗へ行き来するよりは手間もかからないので、比較は必須です。

まとめ

絵画のシルクスクリーンの買取相場や、おすすめの買取業者、査定基準、高く売るコツについてもご紹介しました。

絵画のシルクスクリーンは作家数が多く、国内のみならず外国にも作家はいるため鑑定結果もさまざまです。

査定結果に納得するためにも、できれば複数の買取店に見積り価格を出してもらい、より高く売れる店を探し出してみてはいかがでしょうか。

この機会に、ぜひご自慢の作品を買取査定へ出してみてください。

■査定から買取まで完結!専門家が査定する完全無料の一括見積もりに申し込む