【オーバーヘッド型】買い替えにおすすめのヘッドホン10選

ヘッドフォン ビデオ

ウリドキで、プロに簡単に査定申し込みができる!

今すぐ査定依頼

音楽を集中して聴くことが出来るヘッドホン。

現在では、様々なメーカーから多くのヘッドホンが販売されているため、新しく買い替える時には機能や性能などたくさんあって悩むものです。

そこで今回は、タイプをオーバーヘッド型に限定してヘッドホンのおすすめランキングをご紹介したいと思います。

また、新しいものを選ぶコツもご紹介しますので、こちらを参考にしてもらえば、自分の目的にあった物が選べますよ。

そして、記事の後半では、古いヘッドホンを高く買取してもらうコツもご紹介しますので、処分をお考えの方は、こちらもお見逃し無く!

※本記事内で紹介している価格は、2018年4月25日時点のものです。

選ぶときのコツ

接続方法で選ぶ

ヘッドホンを選ぶ時には、いくつかコツがありますが、まずは接続方法で選ぶことが重要です。

ヘッドホンには、有線タイプとワイヤレスタイプが存在します。
それぞれの特徴を把握しておけば、より自分に合ったヘッドホンが選べます。

有線タイプ

有線タイプであれば、途中でバッテリーが切れる心配がなく、音質も安定していることがメリット。

しかし、ケーブルが煩わしいと感じる人には不向きと言えます。

ワイヤレスタイプ

そして、ワイヤレスタイプは最近多くなってきており、外出中でも音楽を楽しみたい方に向いています。

しかし、バッテリーが切れてしまうと使えなくなることがデメリットとなります。

ただし、屋内で使う場合にもケーブルがなく、スッキリとした状態で使うことが出来て便利と言えます。

メーカーで選ぶ

メーカーで選ぶことも1つのコツです。

ソニーやBOSE、オーディオテクニカなどの有名メーカーのヘッドホンも良いのですが、小規模メーカーから選ぶことも良い方法と言えます。

小規模メーカーのヘッドホンなら、コストパフォーマンスの良い音質と機能性の両方を満たしてくれるため、おすすめです。

また、同じ価格帯なら、有名メーカーのものよりも小規模メーカーのものの方が性能が良いということもよくあ李ます。

どうしても有名メーカーにこだわりたい場合は別ですが、小規模メーカーから選べば、機能性が良いヘッドホンが選べますよ。

ノイズキャンセル機能

ノイズキャンセル機能があれば、より音楽を集中して聴くことが出来て便利な機能です。

ノイズキャンセル機能とは、周囲の騒音と反対の音波を発生させることで、雑音をカットできる機能のことです。

この機能が付いたヘッドホンなら、電車に乗っているときなどでも、周囲の騒音をカットすることが出来るため、音楽を集中して聴くことが可能。

また、音量を上げすぎずに聴くことが出来ることもメリットの1つ。

そして、勉強や作業に集中したい場合などに使えば、周囲に人が多い場所や騒音が多い場所でも快適に作業が行なえます。

周囲に人が多い場所で快適に音楽を聴きたい、または勉強や仕事に集中して取り組みたいという場合には、このノイズキャンセル機能の付いたヘッドホンを選んではどうでしょうか。

ヘッドホンのおすすめランキング

10位 HD 660 S

製品情報

  • メーカー名:ゼンハイザー
  • 発売日:2017年11月
  • 接続方式:有線
  • ノイズキャンセル機能:×
  • 重さ:260g

おすすめポイント

ゼンハイザー製ヘッドホンです。

同メーカーの伝説的なHD650の後継機種として開発されました。

進化したトランスデューサーが特徴で、明瞭な低音、優れた中間周波数特性、優しく心地よい自然な高音で音楽を楽しむことが出来ます。

また、接続方法が豊富なことも魅力で、高品質のHiFiコンポーネントに直接接続、専用ヘッドホンアンプのバランス出力端子、モバイルプレーヤーのバランス出力端子に接続することが可能となっています。

9位 MDR-Z1R

製品情報

  • メーカー名:SONY
  • 発売日:2016年10月
  • 接続方式:有線
  • ノイズキャンセル機能:×
  • 重さ:385g

おすすめポイント

ソニーのフラッグシップモデルのヘッドホンです。

大口径70mmHD(High Definition)ドライバーユニットを搭載していることが特徴で、広帯域、高ダイナミックレンジ再生が可能となっています。

また、レゾナンスフリーハウジングを全面に使用しているため、空間共鳴を排除し微小音を余さずに再現することに貢献しています。

そして、優れた装着性も特徴で、厳選された素材がヘッドバンドやイヤーパッドに使用されいていて、長時間の装着も快適です。

8位 MDR-1A

製品情報

  • メーカー名:SONY
  • 発売日:2014年10月
  • 接続方式:有線
  • ノイズキャンセル機能:×
  • 重さ:225g

おすすめポイント

ソニー製ヘッドホンです。

新開発40mmドライバーユニットが特徴で、可聴帯域を大きく超える100kHzまでの高域再生が可能となっています。

そして、アルミニウムコートLCP振動板を採用しているため、余計な色つけのない透明感のある中高音の再生が可能。

また、エルゴノミック立体縫製イヤーパッドとなっているため、頭部の形に合わせて優しくフィットし、装着性の面が大きく向上しています。

なお、接続機器に合わせてケーブルが使い分けられるようになっており、通常のオーディオケーブルとスマートフォンに対応したマイク/リモコンが付いています。

7位 MDR-Z7

製品情報

  • メーカー名:SONY
  • 発売日:2014年10月
  • 接続方式:有線
  • ノイズキャンセル機能:×
  • 重さ:335g

おすすめポイント

新開発の大口径70mmHDドライバーユニットを、搭載しているソニー製ヘッドホンです。

大口径70mmドライバーユニットは、広帯域再生が実現可能で、ハイレゾ音源のニュアンスをしっかりと再現してくれます。

また、OFC(Oxygen Free Copper)に銀コートの芯線を採用しているため、音の劣化を低減して高音域をなめらかに再生することが可能。

そして、バランス接続ヘッドホンケーブルも付属しているため、別売のポータブルヘッドホンアンプと接続すれば、より高音質な音楽再生が行なえます。

6位 QuietComfort 35 wireless headphones II

製品情報

  • メーカー名:Bose
  • 発売日:2017年11月
  • 接続方式:ワイヤレス
  • ノイズキャンセル機能:○
  • 重さ:234g

おすすめポイント

BOSE製ワイヤレスヘッドホンです。

業界最高クラスのノイズキャンセル機能が特徴で、ノイズキャンセリングレベルを3段階から選択可能。

そして、グーグルアシスタントにも対応していて、音声で操作出来ることも魅力。

そのため、スマートフォンを直接操作せずに、道案内や天気予報の確認などが行なえます。

また、一度の充電で最大20時間の連続再生が可能で、バッテリーが切れた場合にも15分充電すれば2.5時間使用できることもおすすめポイント。

5位 MDR-HW700DS

製品情報

  • メーカー名:SONY
  • 発売日:2013年10月
  • 接続方式:ワイヤレス
  • ノイズキャンセル機能:×
  • 重さ:320g

おすすめポイント

ソニー製デジタルサラウンドヘッドホンシステムです。

映画の基本構成である5.1chにフロントハイの4chを追加した、9.1chのサラウンド音場が特徴で、臨場感豊かな映画鑑賞が楽しめます。

また、デュアルバンド無線伝送方式を採用しているため、音声が途切れにくいことも魅力。

その他に、多彩なエフェクトが用意されていて、目的に合わせてシネマモード・ゲームモード・ボイスモードが選べます。

なお、ヘッドホンを装着すれば、自動的に電源が入る「オートパワーオン/オフ機能」もおすすめポイント。

4位 QuietComfort 35 wireless headphones

製品情報

  • メーカー名:Bose
  • 発売日:2016年6月
  • 接続方式:ワイヤレス
  • ノイズキャンセル機能:○
  • 重さ:240g

おすすめポイント

BOSEの最高峰クラスのヘッドホンです。

ノイズキャンセル機能がおすすめポイントで、スイッチを切り替えると、ノイズが消えて快適に音楽を再生できます。

また、バッテリー動作時間も優秀で、一度の充電で最大20時間再生することが可能。

そして、バッテリーが無くなっても15分間のクイック充電をすれば、2.5時間使用することが出来ます。

その他に、無料のアプリを使えば、自分の好みに合わせた設定にカスタマイズ出来ることもおすすめポイント。

3位 MDR-1AM2

製品情報

  • メーカー名:SONY
  • 発売日:2018年3月
  • 接続方式:有線
  • ノイズキャンセル機能:×
  • 重さ:187g

おすすめポイント

様々なジャンルの音楽を、ありのままの音で聴けるヘッドホンです。

広帯域再生が、可能な新開発の40mmHD(High Definition)ドライバーユニットを搭載しているため、ハイレゾ音源をクリアに再生することが可能。

また、低反撥のウレタンフォームを採用しているため、装着性が優れていますし、遮音にも効果的なことが特徴。

そして、Xperia専用の「SmartKeyアプリ」を使えば、リモコン操作を自分好みに変えることが出来ます。

2位 WH-L600

製品情報

  • メーカー名:SONY
  • 発売日:2018年4月
  • 接続方式:ワイヤレス
  • ノイズキャンセル機能:×
  • 重さ:320g

おすすめポイント

7.1chサラウンド音場を、再現出来るソニー製ヘッドホンです。

映画音声の基本である、5.1chにサラウンドバック2chをプラスした7.1ch音声が再現可能なため、映画を臨場感豊かな音声で楽しむことが出来ます。

そして、シネマモード・ゲームモード・ボイスモード・スポーツと多彩なエフェクトが搭載されていることも魅力。

また、充電は本体プロセッサーも兼ねる充電用ヘッドホンスタンドで行えます。

そして、最大で17時間の使用が可能となっています。

1位 WH-1000XM2

製品情報

  • メーカー名:SONY
  • 発売日:2017年10月
  • 接続方式:ワイヤレス
  • ノイズキャンセル機能:○
  • 重さ:275g

おすすめポイント

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能が、特徴のソニー製ヘッドホンです。

ノイズキャンセリング機能は、フルオートAIのため、周囲の騒音を分析してその場に適したモードを3つの中から自動で選択してくれます。

しかし、「クイックアテンションモード」を搭載してるため、右側のタッチセンサーパネル全面に手を触れている間は、音量を落として周囲の音を取り込みやすくなっています。

そのため、飛行機の中など緊急のアナウンスがある場合でも、ヘッドホンを外さずに周囲の音を瞬時に聞くことが可能。

おすすめ買取店と価格

買取王子

タレントでミュージシャンのDAIGOさんが、イメージキャラクターを務める買取専門店です。

CMを見て知っているという方も、多いのではないでしょうか?

買取方法は、宅配買取のみに特化していて、無料の梱包材「買取箱」がおすすめのサービスです。

そして、買取代金の受け取り方を銀行振込、アマゾンギフト券、買取王子ポイント、楽天Edy、レコチョクから選ぶことが出来ます。

アマゾンギフト券で、買取代金を受け取る場合には、買取王子ポイントと併用すれば、受取金額が最大11%UPしておすすめです。

また、楽天Edyやレコチョクで受け取る場合にも、買取王子ポイントと併用すれば受取金額が最大6%UPするため、よりお得に利用したい場合には、アマゾンギフト券かこちらでの受け取りがおすすめ。

そして、身分証明書の提示方法も、コピーを同封する以外に、WEBにアップロードする方法を選ぶことが出来て便利になっています。

買取対象商品は、幅広く対応しているため、売りたいものがある場合にはこちらのお店を利用してみては?

店舗情報

参考買取価格

  • 製品名:DENON/MUSIC MANIAC
    価 格:¥8,270
  • 製品名:DENON/URBAN RAVER
    価 格:¥3,650
  • 製品名:DENON/GLOBE CRUISER
    価 格:¥5,420
  • 製品名:beyerdynamic/DT 880 PRO
    価 格:¥7,410
  • 製品名:beyerdynamic/DT 770 PRO 250
    価 格:¥5,510
  • 製品名:beyerdynamic/DT 990 Edition 2005
    価 格:¥10,340

高価買取のコツ

人気メーカーの物

オーバーヘッド型のヘッドホンを高く売るためには、いくつかのコツを把握しておくことが重要です。

まずは、人気メーカーの物なら高く買取してもらえます。
そのため、将来的に売却することを考えたら、予め人気メーカーに絞って選ぶことをオススメします。

ヘッドホンの人気メーカー

  • SONY
  • BOSE
  • audio-technica
  • Pioneer
  • Beats by Dre

このような人気メーカーのヘッドホンであれば、生産や販売が終了した人気シリーズであれば、さらに高価買取が期待できますよ。

付属品は必須アイテム

付属品があれば、査定にプラスとなり、買取額が高くなります。

そのため、プラグアダプターやマイクロUSBケーブル、充電スタンド、取扱説明書、保証書、外箱などの付属品は、出来るだけ揃えて査定に出すことをお勧めします。

これらの付属品が揃っているものなら、買取後に再販売した時に購入者が決まりやすいため、高い査定額が付けられるのです。

もし、これらの付属品が欠けている場合でも、買取そのものは可能な、お店がほとんどですが、査定額は下がるため注意して下さい。

そして、付属品の有無は査定額に大きく影響するため、付属品は高価買取の必須アイテムと言えます。

製造からの年数が短いもの

製造からの年数が短く、新しいモデルに近いことも高価買取には重要です。

特に、発売されてから日が浅い物ほど高価買取してもらえるため、購入したけれど、ほとんど使っていないという場合には、なるべく早く売ることをおすすめします。

また、大きくモデルチェンジしていないものも高価買取してもらえます。

しかし、基本的には製造から年数が経つと価値は下がり、査定額も下がっていきます。
そのため、あまり使っていない、そろそろ買い替えを考えている、そんな場合にはなるべく早く売ることが、高い査定額に繋がりますよ。

まとめ

おすすめランキングは参考になったでしょうか?

自分に必要な機能が、満たされたヘッドホンが選べれば、音楽ライフがより充実したものとなります。

また、買い替え前までに使っていた古いヘッドホンを査定に出せば、買取代金を受け取ることが出来ておすすめです。

そうすると、少ない購入費用で新しいヘッドホンが購入できるため、買い替えをお考えの方はこの機会にぜひ査定に出してみることをお勧めします。

まだ、買取店を利用したことがないという方は、まずは無料査定を利用してみましょう。

ウリドキで、プロに簡単に査定申し込みができる!

今すぐ査定依頼