IWCの腕時計を高価買取してもらうために知っておくべきこと

  • 2019年11月19日
IWCの腕時計を高価買取してもらうために知っておくべきこと

IWC(アイ・ダヴリュ・シー)とは?

null

スイスのシャフハウゼンの名門時計ブランドであるIWC(アイ・ダヴリュ・シー)はアメリカ人のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズによって1868年に創業しました。ジョーンズの追求した革新的なアプローチとパイオニア精神によって圧倒的な美しさを誇る時計を生み出しました。

IWCは時計の開発・テスト・組み立て・カスタマイズそしてアフターサービスまでをすべで自社で行っているのが特徴です。IWCは部品一つひとつを熟練の時計職人によって組み立てながら作り上げられていく、ひとつの芸術品でもあります。

IWCの魅力を語るときに必ず出てくる言葉が「質実剛健」です。時計は使われてこそ初めてその役割を果たすのだということが、腕につけた飾り気のないたくましさを感じさせるIWCから伝わってきます。

IWC時計の買取相場の動向

null

IWC時計は「受け継がれていくもの」であるために中古であってもその価値は依然として高く、高価買取をしてもらえます。ところがすべての買取店で同じように査定しているわけではありませんので、買取価格には数万円単位で変わってくることがあります。

しかもIWCは世界的に人気があるため、為替動向に買取価格が左右されることがあります。円安になると買取相場は上がり、円高になると買取相場は下がります。海外の市場が大きいため、1万ドルの価値があるIWCは為替によって80万円になることもあれば、120万円になることもあります。

円安が進むと考えたときはIWCを手放すのを待ったほうが良いですが、将来のことがわからないのが為替相場です。いまが売りどきだと思ったタイミングで買取をしてもらうようにしましょう。2016年2月現在は円安傾向にありますが、これがいつまた円高になるかは誰にもわかりません。

人気モデルとその買取価格

null

IWCにはいくつかの種類があります。その中から人気モデルとその買取価格を紹介します。ただし上記にあるように買取価格は為替の影響を受けるため、買取価格は日々変わっていることを覚えておいてください。

ポルトギーゼ・クロノグラフ

ポルトギーゼ・クロノグラフはIWCのモデルの中で最も人気のあるモデルです。その洗練されたデザインは女性からの評価も非常に高いモデルでもあります。発売開始の1998年からマイナーチェンジを行い、旧モデルと新モデルではクラスプや文字盤の変更があります。

新モデル買取価格:20万円〜40万円
旧モデル買取価格:30万円〜50万円

パイロットウォッチ

IWCの腕時計の中でも実用性が非常に高いモデルでIWCの定番のひとつでもあります。空軍のエリートパイロットのための腕時計として改良さ続けているモデルで、実用性と耐久性そしてデザイン性に優れたモデルで、IWCの「質実剛健」を象徴する腕時計です。

マークXVI買取価格:16万円〜28万円
マークXVII買取価格:32万円〜36万円
クロノグラフ買取価格:23万円〜40万円

アクアタイマー

最初のアクアタイマーをIWCが発表したのが1967年です。20気圧の防水性と潜水時間を計測する機能が備わっていました。現在のアクアタイマーまでモデルチェンジを何度も繰り返し、現在では200気圧もの防水性があります。俳優の織田裕二さんが映画「ホワイトアウト」で使用したことで注目されるようになったモデルです。

オートマチック買取価格:20万円〜25万円
クロノグラフ買取価格:26万円〜38万円

ダ・ヴィンチ パーペチュアル カレンダー

1985年のバーゼル・フェアで発表されたIWCの永久カレンダーが「ダ・ヴィンチ」です。永久カレンダーは年・月・日・曜日・月齢を表示するだけでなく、うるう年までも自動的に変換するカレンダーです。複雑なこの機構を持ちつつ、シンプルに見せる技術は、IWCの技術力の高さの現れでもあります。

クロノグラフ買取価格:68万円〜74万円
クルト・クラウス買取価格:110万円〜140万円

IWC時計を高く売るコツ

null

まず何よりも考えなくてはいけないのは上記にある為替の動向です。円高であるときと円安である時では1.5倍近く買取価格に差がでることがあります。売りたい時が売りどきではありますが、できるだけ円安のときは買取をしてもらいましょう。

高級腕時計ですので付属品の有無も買取価格に大きく影響します。外箱や保証書は当然のこととして、なくししまいがちなサイズ調整で外したコマなどはきちんと保管しておきましょう。IWCの腕時計には証明書もあり、なくしてしまったときは有償で再発行してもらえますが、これも本物であることの証明になりますので必ず付属品と考えてください。

IWCの腕時計を取り扱っている買取店は多数ありますが、買取店によって買取価格や査定するポイントが違ってきます。特に希少価値が高い限定モデルの場合は、その価値を理解していない買取店では相場よりもはるかに安い価格をつけることがあります。1店舗の価格を聞いただけで即決してしまうのは高価買取のチャンスを逃してしまう可能性があるので、数店舗での相見積をしてもらいましょう。

IWC時計買取依頼時の注意点

null

上記にあるIWCの発行する証明書がない場合、本物かどうかの確認ができないため、買取までに非常に時間がかかったり、買取不可になることがあります。紛失してしまった場合は、買取をしてもらう前にあらかじめ取り寄せておくようにしましょう。

買取時には身分証明証も必要になりますので、免許証もしくは顔写真の入った本人確認できるものを用意しましょう。

宅配買取を行っている買取店を使用する場合は、梱包時に壊してしまわないように梱包に気をつけて行ってください。時計本体は強く出来ていても輸送中に外箱に傷が入ることがあります。輸送が不安な場合は店頭買取でお店に持っていくことをおすすめします。

まとめ

IWCの腕時計はひとつの資産と考えていいほど高価です。世界中で取引が行われ、IWCのコレクターも存在します。それほど大きな市場であるために、日本の中古市場だけではなく、むしろ海外の中古市場の影響と、為替の影響を大きく受けます。

そのため買取をしてもらうタイミングが難しいのですが、中古市場が大きいため、いつでも売れるという強みがあります。もし家に使っていないIWCの腕時計があるなら、円安と言われている今の段階で買取をしてもらうといいかもしれません。1年後にはさらに円安になっているかもしれませんが、それを言い出すと売りどきを見つけることが出来ません。

まずは複数店舗で買取査定をしてもらい、納得のいく金額を提示してもらえれば、そのお店で買取をお願いしましょう。