コーチアウトレット品の見分け方は?正規品との違いを紹介

  • 2020年10月19日
コーチ アウトレット 見分け方

「アウトレット店と正規店で販売されているコーチの違いは?」「持っているコーチがアトレレット品かどうか確認したい」「アウトレット品は品質が良くないの?」

アウトレット品とコーチ正規店で販売されている商品がありますが、選ぶ時に価格が安いからとアウトレット品を選ぶ方は多いです。

しかし、正規店で売られているコーチと違い、アウトレット品は品質や再販する時に大きな違いがあります。

安いからという理由だけで選ぶと損をしてしまうかもしれません。そこで、この記事では、コーチのアウトレット品を見分けるコツをお伝えし、正規品とアウトレット品の違いについて詳しくご紹介します。

タグで見分けることができる

コーチ アウトレット 見分け方

Lynn Watson / Shutterstock.com

コーチではアウトレット品の取扱いがあります。

そこで、一般のコーチとアウトレット品を見分けるポイントについてお伝えましょう。詳しくは以下4項目から解説します。

  • 商品番号の印字
  • タグに「◎」がついている
  • 生産国をチェック
  • 付属品の違い

商品番号の印字

コーチの商品番号の印字を確認すれば、一般のコーチとアウトレット品をある程度見分けることができます。

具体的には、商品番号に「F」や「FS」が付いているかを確認しましょう。このFですが、ファクトリーのFを指し、アウトレット用に製造されたものとされています。

また、2015年までは刻印で印字されていた商品番号ですが、それ以降になると小さい布へと仕様を変えています。

今後も仕様変更が考えられるため、「商品番号の印字」での確認は、あくまで目安として考えるのが良いでしょう。

タグに「◎」がついている

アウトレット店で扱われているコーチには、商品番号にFの印字がある物と、タグに「◎」が付いている物の2つがあります。

商品番号の印字されたものは、最初からアウトレット品として製造されたものです。

しかし、タグに「◎」が付いているものは、コーチブティック店より流通したアウトレット品となります。

ちなみに、コーチブティック店からアウトレット品として流通する理由には、余剰在庫などが関係しています。

生産国をチェック

生産国でアウトレット品かをチェックしましょう。しかし、始めに言っておくと生産国でアウトレット品かどうかの見極めは現在では難しくなっています。

ひと昔前であれば、ブティック店向けコーチの生産国のほとんどが中国でした。しかし、2015年以降になると中国以外の生産国であるベトナム製も増えるようになったためです。

それでもまだ中国がブティック店向けとしてコーチを主に製造します。ですが、今後の動向でどう変わるかはわかりません。

ちなみに、アウトレット品を製造している国は、東南アジア、ベトナム、インドネシア、フィリピン、インドです。あくまで参考程度の判断材料としてください。

付属品の違い

コーチのアウトレット品には、注意書きが記載された紙製のカードは付属していますが、ブティック店向け商品のように細々とした付属品が付いていません。

例外としては、レディースバッグに付属するスカーフやキーホルダーなどのアクセサリー程度です。

ですので、アウトレット品かどうか見分けるポイントとしては、付属品の有無を確認する方法が有効です。

コーチのアウトレット販売店の特徴

コーチのアウトレット販売店の特徴には以下2つがあります。

  • アウトレット専用商品を作っている
  • 正規店の商品が並ぶことも

詳しく説明しましょう。

アウトレット専用商品を作っている

コーチではブティックに並べる商品とは別に、アウトレット販売店へ並べる商品を製造しています。これはいわゆるアウトレット専用商品です。

アウトレット専用商品は、正規店で人気が出たモデルや色違いなどを主に製作しています。

また、これらのアウトレット専用商品は、正規品とは違う素材を利用したり、B級品として扱われています。

ですので、アウトレット専用商品は、再度販売する時の市場価値も低い傾向にあります。

正規店の商品が並ぶことも

前述したアウトレット専用商品の他にも、アウトレット販売店には正規店で売られていた一般の商品が並ぶことがあります。

アウトレットに並べられる正規店の商品は、主に正規店での過剰在庫や、販売終了後のシーズンオフの製品が流れてきたものです。

これらは、アウトレット専用商品とは違い、正規品の基準で製造されていることから別名「トランスファー商品」とも呼ばれています。

正規品の品質での製造ということもあり、アウトレット専門商品と比べ、市場価格も高い傾向にあります。

海外正規店の商品の可能性もある

前述した製造番号に「F」や「FS」が付いているコーチですが、アウトレット専用商品である可能性が高いとお伝えしました。

しかし近年、製品番号も仕様や時期により変動していることがあるため、必ずアウトレット専用商品とは言いきれません。

例えば、「F」が付いているものでも海外正規品という可能性が捨てきれません。

ですので、製造番号に「F」が記載されたコーチだったとしても、あくまで目安として今までお伝えしてきた判断材料を総合的に判断し、検討していただくのが得策でしょう。

正規品とアウトレット品の違い

最後に正規品とアウトレット品の違いについて以下3つより詳しくお伝えします。

  • 商品の安さ
  • 汚れやムラ
  • 素材

全てを総合的に判断すれば、アウトレット品の見分けが的確にできるでしょう。

商品の安さ

アウトレット品と正規品の大きな違いは、安さにあります。

アウトレット品を購入する方の大半は、この安さが決定要素になる方も多いでしょう。

しかし、コーチのアウトレットが安く提供できる理由の一つとして、使用される素材が関係しています。

例えば、アウトレット品のコーチは、通常の製品で余った生地を再利用して製作されている物も多く、安く提供できるのです。

もちろん、ブランドイメージを崩さないようにアウトレット品も品質を保ちながら製造されています。しかし、正規品と比べ市場価格は安く設定されているようです。

汚れやムラ

前述したようにコーチのアウトレット品の品質は、ブランドイメージを壊さないために、品質を保持して製造されています。

しかし、ボディの汚れ、レザーに染めムラなどが正規品に比べ圧倒的に多い印象です。

製造ラインでもこのようなチェックが甘い製品がアウトレット品には多く、購入後に失敗する可能性も捨てきれません。

また、コーチのアウトレット店で購入した商品は返品ができない点から、購入時はよく注意して買わないと大きく損をする可能性があります。

素材

前年に人気のあった正規品や、色違いの製品をアウトレット品として製造するコーチのアウトレット。

利用する素材に質が落ちるものを利用したり、前述したように余った生地の再利用も見られます。
リーズナブルに広く販売するために、コスト削減を念頭においたアウトレット品は、このような様々なデメリットも存在します。

しかし、正規品と比べ価格がリーズナブルでコストパフォーマンスに優れたアウトレット品は、コーチ好きからの需要は尽きません。

商品内のタグの確認が重要です

コーチの正規品とアウトレット品を見極める手段として最も効果的なのは、商品内のタグの確認です。

前述したように仕様が様々な形に変更されていることから絶対ではありませんが、タグの確認である程度の判断が可能です。

また、合わせて付属品の有無や、品質の違いについて詳しくチェックできれば、見分けを付けられるでしょう。

コーチの品質を判断し、コーチの価値を正確に見極めましょう。