0.5カラットダイヤの値段相場はいくら?他の大きさとの比較

  • 2022年9月16日
0.5カラットダイヤの値段相場はいくら?

婚約指輪の定番「ダイヤモンド」。
美しく、華やかな見た目が魅力ですが、デザインや大きさなどの種類が多くて「なにを選んだらいいかわからない」と悩む方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが「0.5カラット」のダイヤモンドです。

この記事では「そもそもカラットとは何なのか」「0.5カラットのダイヤの魅力」「カラット毎の大きさや値段相場の目安」などを解説します。

ダイヤ選びに迷っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

あなたの売りたいものの
\一番高い買取価格がわかる/

カラットについておさらい

一般的にもよく知られる「カラット」という言葉ですが、「なにを表したものか実は知らない」なんて方も多いのではないでしょうか。

ここではカラットとはどんな意味なのか、なにを表した基準なのかを詳しく解説します。

ダイヤモンドの品質評価基準「4C」の一つ

ダイヤモンドの品質は、「4C」と呼ばれる4つの基準によって評価されます。カラットは、そんな「4C」のうちの一つ。

4Cには、「カラット」の他に「カット」「カラー」「クラリティ(透明度)」があり、それらすべての評価を組み合わせたものが、ダイヤモンドの品質と価値を決定します。

それぞれの基準には細かい評価項目が設定されていますが、大きく評価に影響するのは「希少性」と「美しさ」です。

たとえば大きな原石のものは小さいものに比べて「希少性が高い」と判断され、また優れたカットのダイヤは「美しい」と評価されます。

カラットはダイヤモンドの重量を表す基準

よく「カラット=大きさ」と勘違いされやすいのですが、カラットは大きさを表す基準ではありません。

カラットは「重量」を表しており、「1.0カラット=0.200g」と決められています。そのため、同じカラット数で大きさが違うものも。

とはいえ大きさが変われば重量にも影響するので、「カラット=大きさ」というのもあながち間違いではありません。

評価基準である4Cのなかでも見た目でわかりやすく、また数字で表せるので、知識がなくても判断しやすい基準としてよく用いられます。

ダイヤ 0.5カラットの値段相場は?

0.5カラットのダイヤは、およそ50万円以上が相場です。

素材やダイヤモンドの品質、デザインなどによって多少値段の差はありますが、基本的にカラット数が大きくなるほど値段も高くなります。

ハイブランドのものや、ダイヤの品質が高いものになると60万〜80万円になることも。

反対に0.5カラットでも50万円を切るような安いものは、4Cの他の基準でグレードが低い可能性があります。

このようなダイヤは、カラット数が高くても美しさを十分に感じられないことがあるのでご注意ください。

0.5カラットの大きさはどれくらい?

0.5カラットのダイヤは、直径5.2mmほどになることが多いです。

5円玉の穴の大きさが約5mmなので、0.5カラットのダイヤはその穴よりも少しだけ大きいサイズをイメージするとわかりやすいでしょう。

とはいえ、すでに述べたようにカラットはあくまで「重量」を表す基準です。

0.5カラットでも、カットによっては直径のサイズが変わります。

婚約指輪で0.5カラットはどう?平均はどれくらい?

いざ婚約指輪を購入しようとすると、「他の人は何カラット程度のものを選んでいるのか」「平均はどれくらいなのか」などが気になると思います。

そこで婚約指輪に選ばれる平均的なカラット数と、0.5カラットのダイヤの印象について解説します。

婚約指輪の平均は0.2カラット~0.3カラット

婚約指輪として選ばれるものでもっとも多いのは、「0.2カラット〜0.3カラット」です。
次いで、0.3カラット〜0.4カラットのダイヤが選ばれています。

これらと比べると0.5カラット以上のダイヤを婚約指輪に選ぶ人は少ないですが、全くいないわけではありません。

むしろ平均的なものより大きいと、喜んでもらえる可能性もあるでしょう。

それぞれのカラット数のサイズや、値段相場は記事後半にまとめているので、ぜひ参考にしてください。

0.5カラットは存在感があり婚約指輪にオススメ

婚約指輪として平均的な0.2カラット〜0.3カラットのダイヤに比べると、0.5カラットのダイヤはかなり大きく、華やかで存在感のある印象をもたれやすいでしょう。

とくに、普段から大きめのアクセサリーを身につける方などにはオススメです。

婚約は、女性にとって人生の一大イベントともいえる大切なものなので、華やかな婚約指輪に憧れている人も少なくありません。

そのため0.5カラットのダイヤは、少し贅沢で特別感もあり、婚約指輪としてピッタリです。

他のカラット数との比較

0.5カラット以外にもダイヤにはさまざまなカラット数があります。

そこでここからは、「0.2カラット」「0.3カラット」「0.4カラット」のダイヤの、大きさと相場を解説。

カラット数によって見た目の印象も大きく変わりますので、それぞれの特徴を知っておきましょう。

0.2カラットの大きさと相場

0.2カラットのダイヤは、直径約3.7〜3.8mmのものが多く、価格は20万円前後が相場となります。少し小ぶりですが、その分主張が強すぎず、普段使いにもおすすめのサイズです。

ダイヤは多くの場合、0.2カラット以上から鑑定書がつくようになります。

「鑑定書付きのしっかりとしたダイヤが欲しいけど、できるだけ予算は抑えたい」という方や「あまり目立つアクセサリーは好きじゃない」という方には、0.2カラットのダイヤが良いでしょう。

0.3カラットの大きさと相場

0.3カラットのダイヤは、直径約4.3mm、価格は30万円前後が相場となります。婚約指輪として買われることの多い、定番のカラット数です。

日本人女性のスラッとした指によく似合う、ちょうどよいサイズ感が魅力。

主張しすぎず小さすぎないサイズ感のため、加工の際にもデザインを展開しやすく、色々な形で販売されています。

デザインにこだわってダイヤを選びたい場合は、0.3カラットの物のなかから探すと好みのものが見つかるかもしれません。

0.4カラットの大きさと相場

0.4カラットのダイヤは、直径約4.8mmのものが多く、価格は30万円〜40万円前後が相場となります。

0.3カラットに比べると婚約指輪として選ぶ人は少なくなりますが、それでも常に一定の人気があるカラット数です。

これくらいのサイズになると、指につけたときの存在感もかなり感じます。

0.5カラットを超えるとダイヤの値段は一気に上がってしまうことが多いのですが、0.4カラットなら予算内という人も少なくないでしょう。

華やかな見た目と、少し頑張れば買える予算内ということで人気のあるサイズです。

0.5カラットはピアスやネックレスでも人気

0.5カラットのダイヤは、その存在感と華やかさから、ピアスやネックレスとしても人気。

ピアスなら、さりげなくコーディネートに華を添えてくれるアクセントにも使えます。
汎用性も高く、大人の女性ならひとつは持っておきたいマストアイテムでしょう。

0.5カラットダイヤのネックレスにすれば、シンプルなデザインでも十分目立ち、それでいて嫌らしくない上品な印象に。

年齢に関係なく、また普段使いからかしこまった席までさまざまなシーンで活躍するアイテムです。

ダイヤを選ぶときの注意点

ゴージャスで魅力的な0.5カラットのダイヤですが、気をつけるべき点もあります。

具体的には以下の2点に注意しましょう。

  • デザインによっては扱いに注意が必要
  • 50万円以上の予算がかかる

それぞれ詳しく解説します。

デザインによっては扱いに注意が必要

0.5カラットのダイヤになると、それなりに大きいサイズになります。
大きいダイヤはとても魅力的な見た目ですが、その分取り扱いに注意が必要です。

基本的には、ダイヤは大きくなるほど高さが出やすく、その分生活する中でぶつけてしまうリスクが高くなります。ダイヤ自体が傷つくことはありませんが、ダイヤがはずれ、紛失してしまうことも。

そのためできるだけ高さを抑えたデザインにするか、家事や運動などぶつけてしまう可能性がある場面は指輪をはずしておくなど、扱いに注意しましょう。

50万円以上の予算がかかる

0.2カラット〜0.3カラットほどの平均的な婚約指輪に比べ、0.5カラットのダイヤモンドは希少価値が高く、予算は50万円以上かかることがほとんどです。

カラット数を維持したまま値段を落とそうとすると、カットやカラーなど他の4Cのグレードが落ちてしまうのでオススメしません。

華やかで存在感のある見た目はとても魅力的ですが、0.5カラットのダイヤをプレゼントするなら、ある程度予算はかかると思っておきましょう。

0.5カラットのダイヤは婚約指輪にぴったり

0.5カラットのダイヤは、ゴージャスな見た目で存在感があり、その美しさに誰もが魅了されること間違いありません。

取り扱いに注意が必要なことや、ある程度予算がかかるといったデメリットもありますが、それ以上の魅力をそなえています。

婚約は人生のなかでもとても大切なイベントであり、ずっと思い出として残るものです。とくに女性は、小さい頃からの憧れも募り、大事にしたい人も多いでしょう。

せっかくの機会なので、「0.5カラット」のダイヤを選んでみてはいかがでしょうか。

受付時間:10:00〜19:00
電話でお問い合わせ(無料)

無料

60秒

一括査定で最高額を調べる