【買取価格あり】キーリンを売るならここ!おすすめの買取店3選

広告

キーリンとは?

キーリンはデニス・チャンが1997年にパリでオープンした、ジュエリー関連のブランドです。

創立のきっかけはシルクロードで、1997年に足を運んだデニス・チャンが敦煌遺跡において、彫刻や美術品に感銘を受けたのがきっかけです。

中国の歴史をベースにコンテンポラリー要素とクラフトマンシップを採り入れ、独自に融合させて誕生したのがこのキーリンです。

ブランド名の由来は日本でも知られる伝説上の生き物の麒麟です。

世界的に注目を集めることになったのは2004年のことで、カンヌ映画祭で香港の女優、マギー・チャンが身につけたのが最初です。

メディアの間で話題となり、積極的にクローズアップされた結果、キーリンが幅広く認知され始めました。

キーリンの特徴

キーリンが手掛けるジュエリーの特徴は、中国を思わせる要素を採用したデザインで、中国でおめでたいとされるひょうたん型などがその1つです。

他にも、鈴や金魚などジュエリーでは珍しいデザインを採用しており、この独自性が高く評価されています。

中国を代表する動物のパンダや、世界的に人気のあるテディベアなど、東西を問わず幅広くモチーフを採り入れているのも特徴です。

ブランドの方向性はまさにシルクロードで、東洋と西洋の魅力をミックスしたかのようなジュエリーが多数を占めます。

キーリンは宝石の使い方が贅沢で、ダイヤモンドを惜しまず沢山使ったものもありますから、中古市場でも高く流通していますし、高価買取に期待できます。

キーリンの買取価格

キーリンのジュエリーの買取価格は、キング&クイーンのネックレスが10万円となっています。

BOBOのパンダをモチーフとしたチャームは8万円、カフスでも4万円の価格がつきます。

YUYIのネックレスだと2万円~2万5千円ほどですが、逆にBOBOのネックレストップは20万円以上で取引されます。

これはデザイン面の評価が価格に反映された結果で、人気のあるモチーフで状態が良好なほど、高価買取に至りやすいといえるでしょう。

パンダ型のペンダントトップは7万円前後、パンダチャームの種類によっては15万円にもなります。

買取を任せる専門店の選択と、売却のタイミングでかなり買取価格は変わりますから、直ぐに売却を決めてしまわないのが正解です。

キーリンほどのブランドなら、欲しがるお店はいくつもあるので、焦らずにお店を比較検討したり選ぶことができます。

流行り物とは違って、直ぐに価値が落ちる心配はありませんから、本当に価値を知るお店を見極めて手放したいところです。

キーリン おすすめの買取店3選

リファスタ

特徴

  • 各種手数料・送料・返送料まで無料
  • 3回の来店で買取金額が500円キャッシュバックするポイントカード

買取店紹介

キーリンの買取を希望するなら、ブランド品買取の専門店、リファスタがおすすめできます。

リファスタは東京を中心に店舗を構えるお店で、ブランド品を幅広く高価買取しています。

店舗買取や出張買取に加えて、宅配買取も無料で提供していますから、気軽に売却したい場合に便利です。

勿論、査定の利用だけでも無料ですし、キャンセルや返送料は取られないので、安心して宅配買取の利用が可能です。

無料で提供される宅配キットを使えば、箱を用意したり伝票を作成する手間が省けますから、宅配買取の際に活用するのが良いでしょう。

査定士は丁寧な査定に定評があるので、高額で大切な商品の評価を任せるのに最適です。

対応にスピード感があって快適そのものですから、キーリンを手間なく手放したい時におすすめです。

なんぼや

特徴

  • 専用アプリで今持っているものの価値がわかる
  • 当日現金振込(条件あり)

買取店紹介

安定した買取価格を重視する時は、全国何処でも足を運べるなんぼやが狙い目で、主要都市なら直ぐにでも査定買取が受けられます。

なんぼやは高価買取の評価が高いお店で、商品価値が分かる査定士が在籍していたり、豊富な販路と自社メンテナンス施設で買取価格を高めています。

未使用品だけでなく、使用感のあるダメージの入った状態のキーリンでも、なんぼやなら他店より高く買取る可能性が高いです。

店舗買取は駅に近い場所で利用できますから、ショッピングやお出掛けついでに立ち寄れます。

出張サービスの提供もありますが、楽に高価買取サービスを利用したいのであれば、宅配買取を断然おすすめします。

各種の送料手数料の負担がなく、査定結果の報告や成約後の振り込みが早いですから、何から何まで快適です。

エコスタイル

特徴

  • 取り扱いブランドは20,000以上
  • シーズン商品関係なく買取OK

買取店紹介

幅広く商品を取り扱い、各種のブランドに精通しているといえば、圧倒的な実績を誇るエコスタイルが理想的です。

エコスタイルはブランドを詳しく知る査定士が定評で、商品を徹底的にチェックした上で、他店よりも高い価格をつけています。

関東圏なら店頭買取が利用可能ですし、出張サービスもあるので、来店が難しい人でも気軽に活用できます。

不明な点はフリーダイヤルで、事前に査定価格を知りたい時はLINEでそれぞれ、知りたい内容が尋ねられます。

遠方でも宅配買取が提供されていますから、箱に詰めて商品を送るだけで、店舗や出張と同様の売却が達成可能です。

宅配キットやキャンセル料、返送料も含めて無料なので、取り敢えず査定に出してみるだけでもありです。

売るか売らないかは結果が出てから決めても遅くありませんし、査定価格を知りたいならエコスタイルがおすすめとなります。

キーリンを売る際の注意点

ベストな状態で査定に出す

キーリンの売却で注意すべき点を挙げるとしたら、それはベストな状態で妥協なく手放すことです。

状態とは石の欠品やダメージなどで、完品から掛け離れているほど減額の幅が大きくなります。

特に、石が取れていると商品価値はかなり落ちますから、可能な限り外れないように気をつけましょう。

仮にもし外れてしまっていても、手元に石が残っていれば、一緒に査定に出すことで大幅な減額が免れます。

キーリンがジュエリーに使っている石は本物で、石自体が価値を持っているからこそ、減額を最小限にすることができるわけです。

自社メンテナンス設備を持つ買取店なら、十分に直して再商品化できるので、そういうお店を選んで査定してもらうのが賢明です。

付属品は保管しておく

もう1つのポイントは付属品の有無で、やはり購入時の箱やケースが揃っている商品ほど、買取価格は上限に近づきます。

本体にダメージがなければ、多少の欠品があっても大幅な減額は起こりませんが、しかし付属品は全て揃っているのが最善です。

商品状態が良好で付属品にも問題がないなら、後は買取店の選択が高価買取の決め手となります。

お店は査定の基準が異なるので、完全に未使用の新品であっても、数千円から数万円の価格差が生じるものです。

より高い最高の査定価格を求めるのであれば、複数店舗で査定を受けて、比較検討する必要があるでしょう。

LINEやメールで事前査定を受ける

LINEやメールで写真を送る簡易査定は、商品自体を持ち込んだり送る手間が不用なので、おおまかな買取価格を知るのに役立ちます。

いくつかのお店で査定価格を出してもらったら、高価買取に期待できそうなお店を絞り込み、いずれかの買取方法で本査定を受けることになります。

最初の1点で思わぬ価格がついても、他のお店でもっと高く売れる可能性がないとも限りませんから、複数のお店で査定してもらうのが肝心です。

まとめ

2004年に誕生したジュエリーブランドのキーリンは、創立者のデニス・チャンが1997年にシルクロードに訪れたことが切っ掛けで生まれています。

中国的な要素に西洋の要素も採り入れて、独自性を高めたデザインのアイテムが多数販売されました。

パンダや金魚などのモチーフはキーリンを象徴する個性で、他のジュエリーブランドではあまり見られないものです。

ダイヤモンドを散りばめて作られたアイテム揃いですから、買取価格が高価になることは珍しくなく、20万円以上で取引されるものもあります。