【フェンディ】ピーカブーが人気の理由|サイズや種類、使い勝手は?

  • 2022年5月18日
【フェンディ】ピーカブーが人気の理由|サイズや種類、使い勝手は?

フェンディのピーカブーは、ブランドを代表するシリーズの一つです。人気が高いため「一度は手に入れてみたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、どのような特徴・サイズがあるのか、詳しくはわからないという方もいるはず。

そこで今回は、ピーカブーの歴史や魅力、サイズ展開について紹介していきます。また、ピーカブーを中古市場で購入したい方へ向けて相場も解説するため、ぜひ参考にしてください。

あなたの売りたいものの
\一番高い買取価格がわかる/

フェンディのピーカブーとは?

まずは、フェンディのピーカブーがどのようなシリーズなのか見ていきましょう。歴史や言葉の意味について、順番にわかりやすく解説していきます。

「ピーカブーのデザインは知っているけれど、詳細はあまりわからない」という方は、要チェックです。

ピーカブーの歴史

フェンディのピーカブーは2009年に誕生しました。デザインしたのは、フェンディ創業者の孫にあたるシルヴィア・フェンディです。

すでに販売されてから10年以上が経つものの、フェンディを代表するバッグとして愛され続けています。
最近だと、2022年4月にも新作アイテム(新サイズ)が発表されました。

ピーカブーというとバッグが有名ですが、実は財布や名刺入れなど小物も人気。バッグと同様に使い勝手が良いため、幅広いシーンで活躍するでしょう。

ピーカブーの意味

ピーカブーを英語で書くと「Peek a Boo」です。これは、「いないいないばあ」を意味する言葉。実際に、デザイナーのシルヴィア・フェンディは、孫をあやすときに思いつき、ピーカブーをデザインをしたと言われています。

その名が意味する通り、ピーカブーのバッグの口をぱっと開けると、外観とは違った表情が飛び出してきます。例えば、華やかな色が使われていたり、モンスターの目が描かれていたりするなど。このように、遊び心が詰まったデザインがピーカブーの特徴です。

フェンディ ピーカブーの魅力

フェンディのピーカブーはなぜ人気があるのか、魅力が知りたい方も多いはずです。そこで、2つのポイントに分けて、どのような点が注目されているのか見ていきましょう。

  • 芸能人も愛用している
  • 流行り廃りがないデザイン

ひとつずつ、解説していきます。

芸能人も愛用している

フェンディのピーカブーは芸能人の愛用者が多いことでも知られています。例えば、梨花さんや中村アンさんが愛用しているようです。海外だとジェニファー・ロペスやリアーナなど、有名セレブもピーカブーを身に着けています。

皆ファッションのタイプは異なるものの、カジュアルやシックなどさまざまな服に組み合わせて、おしゃれなコーデを完成させている印象。また、過去にはドラマ内で登場人物が身につけていたこともあり、人気は衰えることなくどんどん広がっています。

流行り廃りがないデザイン

フェンディのピーカブーは上品さのあるシンプルなデザインであるため、流行に影響されにくい点が特徴です。

基本的に有名ブランドのバッグは質が高く、長年使い続けられますが、そのときの流行によっては「バッグのデザインがファッションに合わない」というケースも…。

しかしピーカブーであれば、そのような心配も無用であるため、一生もののバッグをお探しの方にもぴったり。仮に使わなくなったとしても、中古市場での需要があるため、うまく売却することができるでしょう。

ピーカブーのサイズ展開

フェンディのピーカブーには、「マイクロ」や「ミディアム」など、いくつかのサイズ展開があります。

  • マイクロ
  • ミニ(スモール)
  • ミディアム(レギュラー)
  • ラージ

上記4つのサイズを順番にご紹介します。さらに、どのようなシーンで活躍するかも解説していきます。

マイクロ

ピーカブーのマイクロは縦11.5cm×横15cm×幅5.2cmと、とても小さなサイズ感が特徴です。ピーカブーが持つ上品な雰囲気はそのままに、可愛らしさがプラスされています。スマートフォンや小さなお財布など、最低限のアイテムを身に着けたいときにぴったり。

なかはパーテーションで区切られているため、小さいながらも使い勝手が考えられたデザインと言えるでしょう。ファッション性のあるミニバッグをお探しの方は必見のアイテムです。

ミニ(スモール)

ピーカブーのミニは、縦18cm×横23cm×幅11cmと、ほどよくコンパクトなサイズ感です。荷物の少ない方のおでかけ時や、フォーマルシーンで活躍してくれるでしょう。

「ミニ」と名前がついていますが、長財布やスマートフォン、手帳などは収納可能です。ちなみに、内側にはポケットが二つついています。

ただし、大きな化粧ポーチやお弁当箱などは収まりきらないため、幅広いシーンでの実用性を重視する場合は、ミディアムサイズを検討しましょう。

ミディアム(レギュラー)

ピーカブーのミディアムは、縦26cm×横33cm×幅12cmと、使い勝手の良いサイズです。
小さすぎず大きすぎないため、通勤用のバッグとしてはもちろん、おでかけシーンにもぴったり。ワンピースやパンツスタイルなど、幅広いコーデに合わせられます。

定番人気のサイズであるため、どの大きさにしようか迷ったら、ミディアムを選ぶと良いかもしれません。他のサイズと同様に、付属ストラップを使えば肩からかけることも可能です。

ラージ

ピーカブーのラージは縦30cm×横40cm×幅17cmのサイズ感です。ピーカブーの中で一番大きなタイプであるため、荷物が多い方や男性にもオススメ。A4サイズの書類やファイルはもちろん、ノートパソコンやお弁当箱、大き目のポーチなどもすっぽりと収まります。

内側にはポケットもついているため、鍵やスマホなど、使用頻度の高いアイテムを入れておくと便利。日常使いはもちろんのこと、ビジネスシーンでも活躍してくれるでしょう。

ピーカブーの中でも人気が高い種類

フェンディのピーカブーには、スタンダードなデザインの他、いくつか種類があります。

  • セレリア
  • エッセンシャリー
  • アイシーユー

それぞれの特徴をチェックして、「どのピーカブーが欲しいか」選んでいきましょう。

セレリア

セレリアは、フェンディの中でも高級な素材である「クオイオローマ」を使用し、熟練の職人により一つひとつ手作業で作られている贅沢なアイテム。記念日などの大切な日のコーディネートに合わせたいバッグです。

また、素材の特徴から「カジュアルシーンにも合わせやすい」とも言われています。
ワンランク上のピーカブーを手に入れたい方は、要チェックのシリーズです。ちなみに、セレリアという言葉には、イタリア語で「馬具」の意味があります。

エッセンシャリー

エッセンシャリーは、2017年に登場した「ピーカブー エッセンシャル」が進化したデザイン。エッセンシャリーは、ピーカブーの中でもシンプルな外観が特徴的です。ステッチが目立たず、装飾が少ないタイプなので、飽きにくいアイテムをお探しの方にぴったり。

どのようなファッションにもしっくりと馴染み、付属のストラップを使えば肩から斜め掛けもできるため、一つあるとコーデの幅が広がるでしょう。カラー展開も複数あります。

アイシーユー

ピーカブーのアイシーユー(I See You)の特徴は、アコーディオンフレーム(マチが数段に分かれている形)です。また、通常のピーカブーよりもバッグの口が大きく開くため、利便性がアップしています。

さらに、内ポケットは取り外し可能な仕様。ポケット単品でもさまざまな色やデザインが発売されているため、好みや気分によって付け替えて楽しむこともできます。

ちなみに、上記の特徴を揃えつつ、横長シルエットなのが「アイシーユーイーストウエスト」です。

ピーカブーの新作情報

フェンディのピーカブーは、定期的に新作アイテムを発売しています。2022年には、全10色展開の「ピーカブー アイシーユー プチ」と、全7色展開の「ピーカブー アイシーユー マイクロ」が登場。どちらもその名の通り、小さめのデザインが特徴的です。

黒や白などのベーシックカラーの他、黄色やオレンジ、ライトグリーン、ピンクなど華やかな色が揃っているため、特別な日のコーディネートのアクセントとして取り入れるのも良いでしょう。

ピーカブーの使い勝手はどう?

フェンディのピーカブーは使い勝手が良いのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで、3つの項目に分けて、使い勝手をご紹介します。

  • フォーマルにも普段使いにも使える
  • 物の出し入れがしにくい
  • 重いと感じる方もいる

一つずつ、チェックしていきましょう。

フォーマルにも普段使いにも使える

フェンディのピーカブーは、外観はシンプルですが、よく見ると遊び心満載のアイテムです。そのため、フォーマルシーンはもちろん、普段使い用としても重宝するでしょう。購入前に自分がどのようなシーンで使うのか、想像した上でサイズや色を選びましょう。

また、バッグには付属のストラップがついているので、使う場面によって持ち方を変えるのもポイント。例えば、あえておしゃれな中身を見せつつ、肩からかける持ち方は、海外セレブから広まったと言われています。

物の出し入れがしにくい

人によっては、ピーカブーのバッグに対して「物の出し入れがしにくい」と感じる様子です。理由として考えられるのは、バッグが台形シルエットだから。フォーマルでおしゃれなデザインではありますが、バッグの底に比べて口が小さいため、物を出しにくいと感じることがあるようです。

また、持ち歩く荷物の量や大きさ、種類に対してサイズの小さいバッグを選んでしまった場合、「長財布が出しにくい」などの不便さを感じる状況になってしまうでしょう。

重いと感じる方もいる

フェンディのピーカブーは上質なレザーで作られており、中に仕切りがあることから、軽い仕様のバッグとは言えません。とはいえ、実際に重いと感じるかは人それぞれです。もちろん、サイズや素材の種類によっても重さは異なります。

例えば、「ピーカブー スモール ホワイト セレリア バッグ」は、おおよそ0.6kgです。
サイズが大きくなるほど重量も増えてしまうので、重さが気になる方は、軽さを重視して作られたモデル「ピーカブーX-LITE」をチェックしてみましょう。

ピーカブーは中古で購入するのもオススメ

ピーカブーは新作が定期的にでているため、それに伴い販売されなくなる種類もあります。新品を購入するものいいですが、中古品を探してみると思わぬ素敵なデザインに出会えることも。

また、ピーカブーは決して安い価格ではないため、「新品だと手が届かない」という方もいらっしゃるはず。そのようなときは中古市場で探してみましょう。

あくまでも参考ですが、中古市場ではセレリアやエッセンシャリーが下記の金額で販売されていました。

アイテム(中古)価格
フェンディ SELLERIA ピーカブー
8BN226 Q0J バッグ ランク:中古品A
250,000円(税込)
フェンディ SELLERIA ピーカブー
8BN290 Q0J バッグ ランク:中古品A
350,000円(税込)
フェンディ ピーカブー エッセンシャリー
8BN302 9FJ バッグ ランク:中古品A
330,000円(税込)

出典:KOMEHYO

型番や商品状態によっても金額は異なりますが、上記の表からは、25万~35万ほどの予算があれば手に入ることがわかります。

ただし、中古市場で購入する場合は、偽物(コピー品)を避けるためにも、信頼できる会社が運営しているお店で買うことが大切です。

フェンディを代表するピーカブーは一生物のバッグ

フェンディのピーカブーは、カラーやサイズ展開が豊富にあるため、使用するシーンや目的に合わせて選べる点が魅力の一つです。質が良く、流行に影響されにくいため、一度購入すると、長く使えることもイチオシポイント。

もしも「購入したいけれど、価格的に難しい」場合は、中古市場で探す方法もオススメです。販売中止になったデザインに出会えることもあるので、自分がときめくピーカブーを探してみてくださいね。

受付時間:9:00〜21:00(年中無休)
電話でお問い合わせ(無料)