メガネの適切な捨て方は? 処分方法とリサイクルに出す選択肢も

  • 2022年5月31日

使用しているメガネが劣化したり、古いメガネを見つけたときに悩んでしまうのが処分方法ですよね。普段捨てないものほど、処分方法に悩んでしまいやすいです。

そのため、メガネを可燃ゴミとして出せばいいのか、それとも不燃ゴミとして出せばいいのか分からない方は多いのではないでしょうか?

そこで当記事では、メガネの適切な捨て方や活用方法について紹介します。不要なメガネを見つけたときの参考にしてみてください。

あなたの売りたいものの
\一番高い買取価格がわかる/

メガネの寿命は2〜3年

メガネの寿命は平均2~3年程度です。丁寧に使用していてもフレームやレンズの劣化が進んでしまいます。

日ごろから使用していると劣化に気づきにくいため、掛け心地に違和感を覚えたときはメガネに問題がないか確認しましょう。

フレームを換える時期

フレームを変える時期は、パッドやモダンが変色したときです。フレームの劣化が進むとパッドやモダンが変色するため、最後に交換したときと色が変わっていないか確認しておきましょう。

変色する理由はとてもシンプルで、人の皮膚に直接触れることで油分が抜けてしまうから。パッドやモダンはメガネ着用時、常に皮膚に触れる部分であるため、2年程度を目安にして交換しておくことをオススメします。

また、フレームに塗装が施されている場合、その塗装が剥がれ出したときも交換するベストなタイミングと言えるでしょう。

レンズを換える時期

レンズを換える時期は、ヒビが入ったときや度数が合わなくなったときです。ヒビは物理的な衝撃で入ることがあれば、長年使用した結果コーディングが剥がれてヒビが入ることもあります。

そのため、ヒビが入ることによる交換の場合、使用頻度や使い方などによって時期が大きく変わりやすいと言えますね。これに対して度数は、視力の落ちるペースによって変わります。

知らないうちに視力が落ちてしまい度数が合わなくなるケースがありますので、メガネ頭痛の頻度が高かったり、物が見えずらいと感じたときは注意しましょう。

不要になったメガネは無料で処分できる

メガネの処分にかかる費用ですが、実はメガネは無料で処分が可能です。

メガネは、粗大ゴミにはなりません。なぜなら、一般的に粗大ゴミはゴミ袋に収まらない大きさの物を指すからです。

処分する際は、メガネによって使用されている素材が異なるため、分類に注意しましょう。

フレームやレンズがプラスチックなら可燃ゴミに分類され、ガラスであれば不燃ゴミに分類されます。フレームとレンズで素材が異なる場合は、フレームからレンズを外してから捨ててください。

しかし、フレームとレンズが一体になっているメガネもありますよね。この場合はお住まいの地域の自治体に問い合わせて、分別方法を確認しましょう。

処分のほかに活用できる方法

購入したメガネを処分するのはもったいないと感じる方もいますよね。ここからは、処分のほかに活用できる方法について紹介します。

メガネ店の引き取りサービスを利用する

メガネ店によっては、独自のメガネ引き取りサービスを実施しているところがあります。回収したメガネはリサイクルされるため、環境にも優しく非常に便利です。

ブランド品でもない限り壊れたメガネはほとんど値が付かないので、引き取りサービスの利用は1つの有効的な活用手段と言えるでしょう。

ただし、メガネ引き取りサービスを実施しているメガネ店は少ないのが現状です。
そのため回収してもらうためには、下調べが必要になることを念頭に置いておきましょう。

寄付する

メガネとしての機能が残されている場合は、寄付するのも選択肢の1つです。

発展途上国では視力が低いにも関わらず、メガネを購入することができない貧しい人々が多く暮らしています。そんな方々にメガネを寄付することで、本来はゴミとして処分されるはずのメガネを有効活用してもらうことができます。

当然、ゴミになることもありませんので環境にも優しいですね。

メガネの寄付は一部のメガネ店が寄付活動の一環として行っています。寄付にはいくつかの条件等が設けられている場合があるため、寄付する場合は事前に調べておきましょう。

保管しておく

劣化したメガネを保管しておくのもオススメです。災害が発生したときや入院時のスペアとして利用できますし、お気に入りのメガネであれば不備の発生した部分を交換してもらうことも可能です。

特に災害時はメインで使用しているメガネが破損してしまう可能性がありますので、1つはスペアとして保管しておきましょう。

もちろん、スペアとして利用できるのは度数が合っていて、メガネとしての機能を保てているもののみです。度数の合わないメガネを使用すると、視力の低下に繋がりますので注意してください。

リサイクルショップ・買取店で売る

ブランド品や高品質な素材が使用されているメガネは、リサイクルショップや買取店で売却することも可能です。物によっては高値で買い取ってもらえます。

リサイクルショップに関してはブランド品でなくても売却できますが、買取ったものを再販する形で利益を得ているため、安値での買取になることは覚悟しておきましょう。

また、買取価格は業者によって異なるので、複数の業者から査定してもらうことオススメします。

メガネ買取のおすすめ店

ここからはオススメのメガネ買取店について紹介します。複数の買取店をピックアップしましたので、売却するときの参考にしてみてください。

ビープライス

口コミ評価★★★★☆4.8
知人がビープライスさんで売ってよかったいうことを聞き、私も利用致しました。買い取り金額も満足でき、良いお取引ができました。また機会があれば利用しようと思います。

ニコさん

着なくなった服や親のスカーフなど何点かまとめて査定してもらいました。初めて利用するお店だったので様子見のつもりでしたが、ライン査定や金額連絡の時など、想像以上に丁寧に対応してもらえ納得して売ることができました。

まめこさん
出典:ウリドキ

特徴

  • 1点からでも見積に対応している
  • 即日振込が可能
  • 買取費用が無料

店舗紹介

ブランド品の買取を中心に行っている店舗です。宅配買取・出張買取・店頭買取の3つに対応しており、ライフスタイルに合わせた買取が可能です。

送料やキャンセル料もかからないため、買取費用で赤字になることは絶対にありません。

査定金額は商品状態を6段階のランクに分け、市場価格や付属品などを加味して算出するため、相場からかけ離れた買取金額になりにくいのが最大の特徴です。

買取実績

  • エフェクター BOOS社コラボ セルフレーム:6,000円
  • オリバーピープルズ ボストンフレーム:5,500円
  • フォーナインズ 15K S-341T シルバー:7,000円

出典:ビープライス

店舗情報

店舗名ビープライス 天王寺谷町九丁目店
電話番号06-4302-5801
住所大阪市天王寺区六万体町1-32
アクセス大阪メトロ 谷町線 四天王寺前夕陽丘駅より徒歩2分
駐車場コインパーキング
営業時間10:30~19:00
定休日水曜・ 第1.3日曜・祝日
主な買取ジャンルブランド品全般
買取方法宅配買取・出張買取・店頭買取
会社名株式会社ビープライス
古物商許可番号大阪府公安委員会621102302076
査定士
店舗ページ公式サイト
その他特徴

大黒屋

出典:大黒屋
口コミ評価★★★★☆4.8
他店との比較でどこよりも高額で買い取ってもらえました。
勿論相場はあると思いますが、ある程度希望を聞き入れてもらえます。
事務的な対応ではないのでオススメです。

S Iさん

複数買取ショップをネットから検索し、査定してもらいましたが、査定された金額が1番高く、返信も早かったので好印象でした。取引後、翌々日には入金がされておりましたので迅速な対応で大変感謝しております。また利用したいと思います。

きっちゃんさん
出典:ウリドキ

特徴

  • 幅広いジャンルの商品を取り扱っている
  • 全国240店舗以上を展開
  • 年間150万件以上の買取実績がある

店舗紹介

ブランド品の財布や腕時計、宝石から金券まで幅広いジャンルを取り扱っている中古販売店です。全国240店舗以上を展開しているため、自身が住んでいる地域に合わせて買い取り店舗を選べるでしょう。

また、大黒屋はLINEでのスピード査定に対応。メガネの写真を送るだけで簡単に査定してもらうことも可能です。大黒屋が規定の難関査定試験をクリアした従業員のみが査定を行うので、査定の質が非常に高いのも魅力的です。

出典:大黒屋

店舗情報

店舗名大黒屋 新宿本店
電話番号0120-787-677
住所東京都新宿区歌舞伎町1丁目5-3 新宿CENTERCOURT
アクセスJR各線「新宿駅」東口より徒歩約5分
駐車場コインパーキング
営業時間11:00~21:00
定休日なし
主な買取ジャンルブランド品が中心
買取方法宅配買取・出張買取・店頭買取
会社名株式会社大黒屋
古物商許可番号東京都公安委員会許可 第301049904375
査定士
店舗ページ公式サイト
その他特徴

誠眼鏡店

出典:誠眼鏡店
口コミ評価★★★★★5.0
とても親身に相談に乗ってもらいました。
店の棚がハリーポッターの杖屋さんを彷彿とさせるレイアウトで見てるだけでも楽しいお店でした。

もりめめさん
出典:Google

特徴

  • メガネ専門の買取店舗
  • 簡単3ステップで買取が完結
  • 幅広いメガネブランドを取り扱っている

店舗紹介

「誠眼鏡店」はメガネを専門に取り扱っている買取店舗です。ヴィンテージ品はもちろん、海外ブランド品の買取実績も豊富であるため、他店舗よりも正確な査定が期待できるでしょう。

買取は「事前査定」「本査定」「支払い」の簡単3ステップで完結。事前査定フォームから申し込むことでおおよその買取査定額を算出し、利用者が納得したうえで取引に進みます。

やり取り全体の流れがスムーズであるため、簡単で分かりやすい買取を実施できるでしょう。

買取実績

  • マサヒロマルヤマ MM-0045:20,000円
  • アルマミカ RAD ラッド:15,000円
  • ジャポニスム JP-B01 BAMBOO Muku:50,000円

出典:誠眼鏡店

店舗情報

店舗名誠眼鏡店 新宿店
電話番号03-6908-8428
住所東京都新宿区西新宿7-11-15 ミヤコビル1F
アクセス
駐車場
営業時間11:30~20:00
定休日火曜日
主な買取ジャンルメガネ
買取方法宅配買取・店頭買取
会社名株式会社誠
古物商許可番号東京都公安委員会 第304360808553
査定士
店舗ページ公式サイト
その他特徴

壊れたメガネを修復するには

壊れてしまったメガネと言っても、できることなら修復して使用したいですよね。ここからは、壊れたメガネを修復する方法について紹介します。

購入した店舗に相談

メガネの修復は、そのメガネを購入した店舗に相談しましょう。

フレームが曲がってしまったり、ネジが緩んだ程度であれば自分で直せてしまいそうですが、メガネの構造は意外と複雑です。下手に素人が手を出すと劣化状況が悪化する可能性がありますので、絶対に自分で修理しないようにしてください。

もし購入した店舗を覚えていない場合は、他のメガネ専門店にお問い合わせしましょう。
店舗によっては修復に対応してもらえます。

新調もひとつの手

劣化状況によっては、メガネの購入費用を修復費用が上回ることがあります。この場合は新調してしまう方が安上がりでお得ですので、余程の思い入れがなければ新調してしまうのも1つの手でしょう。

また、壊れた時期によっては保証やアフターサービスの対象になる場合もあります。
修復を依頼する前に保証の対象期間内か確認しておきましょう。

不要になったメガネは買取店で売却しよう

不要になったメガネを買取店で売却することで、臨時収入を得られます。もしブランド品や貴重な素材を使用しているメガネがあれば、売却を検討しましょう。

他にも寄付や保管するといった活用法もありますので、実情に合わせた選択肢を選ぶようにしてください。