使わないスタッドレスタイヤの売り時・方法・活用を考察しよう!

fdb951d0db96d7ff0b707cf90c1d11e4_s

スタッドレスタイヤを売りたい!

c90b0e27608ec678de7b2abb3b24904a_s

雪が多く降る地域に住む人には欠かせないスタッドレスタイヤ。ウィンタースポーツを楽しむ人なら、スキー場への足として、短い期間だけ冬用タイヤに履き替えるという人も多いと思います。
もともと雪が多い地域に住んでいないと、使用する期間が短かったり、ガレージの奥に積み上げたまま放置したり。スキー場に行くことがなくなると、スタッドレスタイヤは用無しだと思っていませんか?
ここでは、使わないスタッドレスタイヤをどう活かすか?という点から、損しない売却方法を考えていきます。

▼ウリドキで買取価格を比較する▼

ウリドキTOP

スタッドレスタイヤの寿命はどのくらい?

タイヤも衣替え「夏タイヤ」と「冬タイヤ」

タイヤの良し悪しが燃費にも影響するということは、ご存じですよね。走行する環境に合わないタイヤを装着していると、燃費が異常に悪かったり、スリップしてブレーキの利きが悪くなったりします。
日本は、他国と比較して四季の温暖差がハッキリしていて、また縦に長いことで地域によっても気候が全く違います。
その中で、雪が多く路面が凍結するなど、寒冷地を安全に走行するために開発された「冬タイヤ」がスタッドレスタイヤです。

2496a3c9f4a06e27c9cab00166921ca9_s

雪道や凍結路を走るのに適したタイヤですから、寒冷地の方には欠かすことができません。北海道や東北地方など雪の多い地域に住んでいる方にとっては生活必需品ですから、早めに交換する習慣が付いていることだと思います。
雪の少ない地域の方でも、スキーやスノボを楽しむ方なら、スキー場まで走るのに装着します。

冬の季節に欠かせないスタッドレスタイヤですが、3シーズンに1回を目安に交換するのが良いと言われています。遠くのスキー場までたびたび出かけるというアクティブ派なら、オイル交換などのタイミングで、マメにタイヤの溝を確認するようにしましょう。

寿命が尽きないうちが売り時?

スタッドレスタイヤの寿命は、およそ3年と言われています。また、溝が半分程度まで摩耗すると、雪道や凍結路で性能を発揮することが出来なくなります。

もしも、溝がすり減ったことに気が付かないまま「スタッドレスを履いてるから大丈夫」といった危険な過信をしていると、思わぬ事故に繋がる可能性があるので、早めに交換することをおすすめします。

2dbb2256bda84d51a930cd2e01006853_s

性能低下のスタッドレスタイヤは用無し?

ここで覚えておきたいのは、スタッドレスの性能は低下しても、一般のタイヤとして使用できるという点です。ただし、冬の道路を安全に走るために作られたタイヤですから、夏場の乾燥した道路は苦手です。
苦手な環境で急発進・急ブレーキなど過度の負荷をかけるような運転をすれば、タイヤの寿命は短くなってしまいます。

自分の「売り時」はいつ?

適した保管場所が確保できない

冬専用として開発されたスタッドレスタイヤは、ゴムの柔らかさに特徴があります。そのため、タイヤの寿命を延ばすなら、ゴムを硬化させないことが重要なポイントです。
スタッドレスタイヤを保管する時には、融雪剤や油脂・泥などの汚れを水洗いした後、水気をふき取ってから直射日光が当たらない湿度の低い場所で保管します。

もしも、使わないスタッドレスタイヤを保管するのに、適した場所がないというのであれば、硬化してスタッドレスタイヤとして機能しなくなる前に、売ることをおすすめします。

車を売る・買い替える

車を買い替えるタイミングで、スタッドレスを売ろうと考える人が最も多いと思います。
タイヤを売る時には、4本一緒に、少なくても2本同じもので売るというのが基本です。次に購入する車もタイヤサイズが同じで、今後も雪道で使うというのであれば、そのまま保管しておいても問題はないでしょう。
ですが、次の車では使えない、今後使用する予定があまりないというのであれば、スタッドレスタイヤを履いたまま下取りしてもらうのが一番手っ取り速い方法です。

次の章で説明しますが、冬がやってくる前にオークション出品すると、意外な高値で落札されることがあります。ただし、色々と天秤にかけて考えたい材料があるので、オークションについて、少し詳しく解説しましょう。

スタッドレスタイヤの売却方法を考える

オークションで高値を狙う

51512dc3607838ded65b4606515159aa_m

ガレージの奥で放置されているスタッドレスタイヤを売るとしたら、オークションで売るという方法があります。落札者に商品を送る時の送料を落札者負担にしておけば、費用をかけることなく売ることが可能ですし、買取業者に持ち込むよりも高値が付きやすいと言われています。

オークション出品に慣れている人なら、出品までの商品説明や写真撮影、落札者との連絡・商品を発送するまで、一連の流れがわかっていることと思います。もしも、この作業を慣れない人がすると、案外手間取ってしまうものです。
さらに、商品を落札者の所に送る時にも「梱包」という作業があります。「タイヤ4本」という大きくて重量のある商品を、慣れない人が梱包して発送するのは、予想以上に大変だということを忘れてはいけません。

専門業者に売るよりも、オークションの方が高く売れるから・・と安易に出品すれば、予想以上の手間と労力に「割が合わない!」と感じるかもしれません。

冬になる前がベストシーズン

年間を通して雪が多い北海道や東北地方では、必要とする人が多いため、買取査定の価格も高くなります。目安としては、冬に入る前の10~11月ごろが最も売り時だと言われています。
スタッドレスタイヤは、冬に必要になる物ですから、当然暑いシーズンに売ろうとしても、査定額にあまり期待はできません。

買取業者の本拠地が影響する

今や、ほとんどの買取業者が、日本全国を「宅配買取対応エリア」としています。大手の買取店であれば、独自の流通ネットワークを駆使して、全国から仕入れた中古品を、狙った地域へ効率よく売るということも可能です。つまり、自分が住んでいる地域によって損をするということは、ほとんどないと言えます。

反対に、寒冷地への販売ルートを持っていない小さなリサイクルショップでは、季節や地域性が買取価格に反映される可能性があると考えられます。

まとめ

スタッドレスタイヤは、雪道でしか使えないと考えている人も多いですが、スタッドレスとしての性能を求めなければ、一般タイヤとして利用することができます。
例えば、寒冷地から雪の降らない地域へ引っ越したからといって、焦って履き替える必要はないということですね。

とはいえ、環境に合わないタイヤは、車の燃費に影響しますから、ほとんど使っていないスタッドレスタイヤなら、高く売って新しいタイヤやかっこいいホイールの購入資金にしましょう!

fdb951d0db96d7ff0b707cf90c1d11e4_s

▼ウリドキで買取価格を比較する▼

ウリドキTOP

■あなたの〇〇はいくら?複数のプロが査定する一括見積もりはこちら!! (完全無料)