オリエントの時計を売るならここ!おすすめな買取店3選

広告

オリエント(ORIENT)とは?

オリエントは日本が世界に誇る腕時計ブランドの1つです。

輸入品に引けを取らない高いクオリティとは裏腹にリーズナブルな価格設定が行われていることでも有名で、時計初心者からマニアまで幅広い層の方から人気があります。

1951年にオリエントとしてブランドを立ち上げた後は、1980年代にはクォーツ全般手がけ、世の中に数を多くの名作を出してきました。

中でも創業から機械式時計にこだわり続け作られた初代モデルのオリエントスターは、60年経った現在でも世界中で注目を集めるモデルの1つです。

2017年にセイコーエプソンに統合される以前は国内での人気が高くなかったのに対し、統合後は国内での販路を拡大し、日本のみならず世界でも愛されている腕時計ブランドへさらなる成長を遂げました。

オリエントは世界中で愛され続けるブランドと言えるでしょう。

オリエントの買取相場

オリエントの腕時計は製品によって買取価格が大きく異なり、最大では10万円前後の価格で買い取ってもらうことができますが、その一方で1万円以下の買取となるケースもあることに注意しておかなければなりません。

オリエントスターではないオリエント製品の平均買取価格は2万円から4万円ほどで、モデルによっては数千円程度の査定額となってしまうことも少なくないです。

高額買取が期待できるもの

  • オリエントスターメカニカルムーンフェイズ:9万円台
  • ワールドタイム:8万円台
  • セミスケルトン:7万円前後

これらは良好な状態であれば、上記の価格で買い取ってもらうことが出来る可能性も少なくありません。

しかし、時計の買取実績が少ないリサイクルショップなどに持ち込んだ場合は状態が良くても大幅に値段が下がる可能性があるので、気を付けましょう。

おすすめの買取店3選

エコスタイル

特徴

  • ブランドに特化した買取店
  • オリエントの買取実績を公開
  • 傷があっても売れる

買取店紹介

「ECOSTYLE」は洋服やブランド品の買取を行っているショップです。

オリエントの時計についても積極的に買取を行っているのでおすすめです。

同店の公式サイトではオリエント製品に関するページも設けられており、これまでの買取実績などを参考にすることができるので、どれほどの価格で買い取ってもらうことができるのか想像しやすいショップだと言えるでしょう。

さらに、ECOSTYLEではオリエントの時計が壊れていたとしても買取を行ってもらえます。

状態によって値段が下がってしまうことはありますが、他店で断られた人にもおすすめです。

店舗情報

  • 店舗名:エコスタイル
  • 住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-9-4岩崎ビル3F

おたからや

特徴

  • 腕時計の買取に強い
  • オリエントの高価買取
  • メールで簡単査定

買取店紹介

ジュエリーやブランド品、楽器などが取り扱われているお店で、腕時計の買取にも定評があります。

おたからやではオリエント製品は優れたデザインを持つ洗練された時計だと評価し、買取価格も高くなるように尽力している点でおすすめです。

ブランドごとの個別買取実績などは掲載されていませんが、メールで簡単に査定を依頼することができるので、わざわざお店まで足を運ばなくても簡単に査定できます。

まずは、お気軽に試してみましう。

店舗情報

  • 店舗名:おたからや
  • 〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-7 若葉ビル1F

なんぼや

特徴

  • ブランドジュエリー・腕時計を買取強化
  • オリエントのモデルを幅広く取扱い
  • 破損があっても売れる

買取店紹介

なんぼやでは、アパレル製品やジュエリー、時計の買取に力を入れている買取店です。

腕時計ではクォーツ式と機械式腕時計のどちらの買取にも力を入れているので、オリエントの幅広い製品を高額査定してもらうことができます。

本体だけなどの訳あり製品でも場合によっては受け付けてもらえることもあります。

ひどく破損しているけれどそのまま処分してしまうことは勿体ないと感じる時には、なんぼやで査定できるかどうか、まずは相談してみましょう。

また、まとめ売りを推奨しているので、何か他に不要なものがある時におすすめです。

店舗情報

  • 店舗名:なんぼや
  • 〒104-0061東京都中央区銀座5-7-4 鳩居堂ビル6F

売る際の注意点

時計のフェイス周りのキズに注意

時計の状態を見るときにはフェイス周りのキズに注目されることが多いです。

これは時計を見るときに最も目につきやすい部分なので、フェイス周りのキズに対しては厳しい判断が下されても仕方がありません。

ここにキズがある場合は大幅に査定額が下がってしまうことがあるかもしれないと認識しておく必要があります。

早めに査定に出す

オリエントの時計を売るのであれば年式が新しいものを買い取ってもらうということも大切です。

何故ならオリエントの時計にはアンティーク品に当てはまるものがありませんので、古いものではなく新しい年式の時計のほうが歓迎される傾向にあるのです。

他のブランドの時計はアンティーク品のほうが高く買い取ってもらえるからと古いオリエントの買取を依頼すると、想定外の安い査定額となってしまうかもしれません。

そのため、不要になったタイミングで売りに出すことをおすすめします。

付属品は揃えておく

オリエントの製品にも箱やギャランティーカードが付属していますが、こういった付属品も一緒に買い取ってもらうことが高額査定につながります。

腕時計の箱やギャランティーカードを処分してしまう人は少ないですが、しまい込んでいたときに日焼けして汚れてしまっていたり、箱が痛んでしまっていたりすると査定額が下がる原因となりますので注意してください。

状態が悪くても査定してみましょう

オリエントは18Kや14Kを使用した製品もありますので、このような素材を用いている懐中時計や手巻き時計は人気が高く高額買取が可能です。

動作しない時計であったとしても、状態が良ければ高額査定が実現する可能性がありますので、査定してもらうと良いでしょう。

オリエントはもともとがリーズナブルな価格であるため、安い査定額を提示するショップもありますが、製品や状態によっては数万円での買取を期待することができるので、事前に相場を調べておくことも大切です。

まとめ

オリエントは日本が世界に誇る腕時計メーカーのひとつだと言えます。

しかしながら、もともとの販売価格がリーズナブルであるため、他の輸入ブランドの時計よりも査定額が低くなってしまうことも少なくありません。

買取を依頼するショップによっても査定額は大きく変動するので、まずは複数のショップで査定を行ってもらうことがおすすめです。

価値が高く状態が良いものであれば高額査定を期待することもできますので、まずはいくつかのショップで査定してもらうことから始めましょう。