オーデマピゲ ロイヤルオークの定価・中古価格は? 価格改定で今後の相場に注目!

  • 2022年6月30日

オーデマピゲは、「パテックフィリップ」「ヴァシュロン・コンスタンタン」と並び、世界3大ブランド時計の一つと呼ばれています。そんなオーデマピゲのアイテムのなかでも、とくに知名度が高いのが「ロイヤルオーク」です。

ロイヤルオークとは、オーデマピゲが販売しているスポーツウォッチシリーズを指します。なぜロイヤルオークが世界的に有名なのか、どんなところに魅力があるのか。気になる定価や中古価格と合わせて、オーデマピゲを代表するロイヤルオークの魅力や入手方法などを解説していきます。

出典:Everyonephoto Studio / Shutterstock.com

あなたの売りたいものの
\一番高い買取価格がわかる/

ロイヤルオークの魅力

ロイヤルオークに感じる魅力は人によってさまざまですが、とくに声が多いのは、以下の3つです。

  • 型破りなスポーツウォッチ
  • ステンレス素材を使用
  • 普遍的なデザイン

ロイヤルオークが世界的に有名にさせた魅力はどんなところなのか、詳しくご紹介していきます。

型破りなスポーツウォッチ

ロイヤルオークは、時計業界に一石を投じたシリーズだと言われています。当時のスポーツウォッチといえば、カジュアルなファッションにふさわしい印象がありました。

しかし、オーデマピゲでは衝撃耐性などの実用性は持ちつつ、上品な印象を持ったスポーツウォッチとしてロイヤルオークを発売。最初こそ高価格なこともあり評価されにくい時期もありましたが、時が経つにつれて、そのデザインと高い技術力が評価を受けるようになりました。いままでの王道スポーツウォッチの概念を壊した、まさに型破りなスポーツウォッチと言えるでしょう。

ステンレス素材を使用

ロイヤルオークには、かねてよりステンレススチール素材が使用されてきました。いまでこそ使用しているブランドも多いステンレススチールですが、ロイヤルオーク発売当時はかなり珍しく、高級腕時計でステンレススチールを用いたのはロイヤルオークが初めてと言われています。

ステンレススチールを用いることで、スポーティさを損なわず、ラグジュアリーな印象を兼ね備えたモデル。ロイヤルオークの発売により、カジュアルな印象が強いスポーツウォッチ業界へ、オーデマピゲは大きな影響を与えたのです。

普遍的なデザイン

ロイヤルオークは、他にはない独特のデザインという訳ではなく、どちらかというと普遍的なデザインのシリーズです。だからこそ、どんなファッションにも合わせることができる時計として、幅広い人気を獲得してきました。

スポーティさとラグジュアリーさを兼ね備えているため、Tシャツのようなカジュアルなファッションはもちろん、スーツなどフォーマルなファッションにも華を添えてくれます。ファッションのジャンルを選ばず、どんな服装にもマッチしてくれるので、世界中で高い評価とファンを獲得しているのです。

ロイヤルオークの種類と定価とか中古価格

ロイヤルオークには、いくつかのモデルがあります。購入前に知っておきたいのが、モデルごとの価格帯です。定価・中古価格を知ることで、適切な価格での購入や売却が実現します。ここからは、モデルの種類ごとに販売定価・中古価格や、そのモデルの特徴をご紹介しましょう。

ロイヤルオーク

ロイヤルオークは、ロイヤルオークシリーズの主流モデルです。基本的なデザインは歴代のロイヤルオークを踏襲しつつ、新作モデルが発売される際には、文字盤や針など細かなディティールの変更がおこなわれています。

▼ 15500ST.OO.1220ST.01

型番定価中古価格
15500ST.OO.1220ST.012,915,000円13,800,000円
15500OR.OO.D002CR.014,620,000円8,778,000円
15450SR.OO.1256SR.013,410,000円7,000,000円
15450BA.OO.1256BA.015,060,000円13,474,450円

出典(定価):GINZA RASIN
出典(中古):YUKIZAKI①ロデオドライブYUKIZAKI②chrono24

素材にはステンレススチール・ピンクゴールド・イエローゴールドなどが用いられています。ゴールドを用いたモデルは、定価もその分高くなるのが特徴です。

ウリドキで買取価格を調べる

ロイヤルオーク エクストラシン

エクストラシンは、ロイヤルオークの40周年記念モデルとして製造されました。限定復刻モデルであるため、ロイヤルオークのなかでも希少価値の高さから、非常に人気が高くなっています。

▼ 15202ST.OO.1240ST.01

型番定価中古価格
15202ST.OO.1240ST.013,850,000円20,900,000円
15202OR.OO.1240OR.018,140,000円28,139,018円

出典(定価):GINZA RASIN
出典(中古):YUKIZAKIchrono24

文字盤に直接オーデマピゲのロゴが印字されているなど、記念モデルらしい他にはないデザインが特徴です。モデルにもよりますが、希少価値の高さから、中古価格は定価の数倍に跳ね上がっています。

ウリドキで買取価格を調べる

ロイヤルオーク オフショア

ロイヤルオークオフショアは、1993年からコレクションに追加されたモデルです。ロイヤルオークと比べて分厚いケースをしていて、カラフルかつメガタペストリーパターンの文字盤が特徴です。

型番定価中古価格
26470ST.OO.A030CA.013,630,000円4,980,000円
26470IO.OO.A006CA.013,905,000円5,665,000円
26470SO.OO.A002CA.013,905,000円5,478,000円
26470OR.OO.1000OR.027,920,000円9,500,000円

出典(定価):GINZA RASIN
出典(中古):宝石市場①宝石市場②YUKIZAKI①YUKIZAKI②

複数のデザイナーにより作られたオフショアは、ロイヤルオークシリーズに新たな風を吹かせたモデルとして人気を集めています。存在感のある時計なので、ファッションにインパクトを加えたい方、威圧感のある時計を好んでいる方に最適です。

ウリドキで買取価格を調べる

ロイヤルオーク ジャンボ

ロイヤルオークジャンボは、初代のロイヤルオークを意識して作られました。シンプルながらも上品な印象は、初代ロイヤルオークの風格を感じさせてくれます。

▼ 15202ST.OO.0944ST.02

型番定価中古価格
15202ST.OO.0944ST.022,035,000円14,358,020円

出典(定価):ジャックロード
出典(中古):chrono24

初代と同じ「Cal.2121」ムーブメントを搭載。現在、ジャンボは「エクストラシン」に置き換わっており、新作が出ないことから希少価値が高くなっています。

ウリドキで買取価格を調べる

ロイヤルオーク クロノグラフ

ロイヤルオーククロノグラフは、ロイヤルオークの実用性をさらに高めたモデルです。薄く小径のムーブメントを搭載しています。

▼ 26331ST.OO.1220ST.01

型番定価中古価格
26331ST.OO.1220ST.013,905,000円14,850,000円
26331OR.OO.1220OR.017,920,000円24,750,000円
26315ST.OO.1256ST.013,740,000円8,744,400円

出典(定価):GINZA RASIN
出典(中古):YUKIZAKI①YUKIZAKI②chrono24

ステンレススチール以外にも、ピンクゴールドなどの素材が用いられています。カラーが複数あるため、好きなデザインに合わせて購入できるラインナップの豊富さも、クロノグラフモデルの魅力です。

ウリドキで買取価格を調べる

ロイヤルオーク オフショアダイバー

オフショアダイバーは、ロイヤルオークオフショアを本格的なダイバーモデルにした商品です。ダイバーモデルのため、防水性がとても高くなっています。

▼ 15710ST.OO.A002CA.01

型番定価中古価格
15710ST.OO.A002CA.012,805,000円4,378,000円
15711OI.OO.A006CA.014,345,000円6,728,056円

出典(定価):GINZA RASIN
出典(中古):YUKIZAKIchrono24

ダイバーモデルとはいえ、オーデマピゲ特有のラグジュアリーな印象は損ねていません。カジュアルなスタイルにも洗練されたスタイルにもマッチするため、機能性とデザインを兼ね備えたモデルを求めている方に最適です。

ウリドキで買取価格を調べる

ロイヤルオーク デュアルタイム

ロイヤルオークデュアルタイムは、2つの時刻を同時に表示できる機能を備えています。時差の異なる地域の時刻を同時に確認できるため、海外での仕事や旅行が多い方からの人気が高いです。

▼ 26120ST.OO.1220ST.01

型番定価中古価格
26120ST.OO.1220ST.012,420,000円7,348,000円

出典(定価):ジャックロード
出典(中古):YUKIZAKI

ロイヤルオークデュアルタイムは、現在生産終了しています。新作モデルが出ないことから、希少価値が高まり、中古でも需要が高いのが特徴です。

ウリドキで買取価格を調べる

ロイヤルオーク ダブルバランスホイールオープンワーク

ダブルバランスホイールオープンワークは、2010年にオーデマ・ピゲが特許を取得した機構を搭載しています。2つのテンプとヒゲゼンマイを同軸上にセットすることにより、高い精度と安定性を確立しました。

▼ 15407ST.OO.1220ST.01

型番定価中古価格
15407ST.OO.1220ST.018,140,000円34,748,112円
15467OR.OO.1256OR.019,570,000円26,632,998円

出典(定価):GINZA RASIN
出典(中古):chrono24①chrono24②

オープンワークデザインにより、内部の精密機構を楽しめるのも、ダブルバランスホイールオープンワークの魅力です。定価が他のロイヤルオークよりも高く、ピンクゴールドを用いたモデルだとより価格が高くなります。

ウリドキで買取価格を調べる

ロイヤルオークを手に入れるには

オーデマピゲのアイテムは、1点1点職人が丁寧に製造しているため、そもそもの流通量が多くありません。そのため、購入したいと思ってもなかなか買えない人が多いです。

ロイヤルオークを購入するには、正規店での購入か、中古での購入になります。それぞれの購入方法について、詳しく解説していきます。

正規店で相談する

オーデマピゲのアイテムを取り扱っている正規店に行けば、ロイヤルオークを購入できる可能性があります。しかし、正規店は購入希望者が多く常に品切れの店がほとんどです。入荷状況もブランドの状況によるため、正確な時期を教えられないお店が多くなります。

正規店で購入するコツは、ロイヤルオークシリーズで店頭で見れる商品やカタログ予約可能な商品がないか、店員さんに詳しく質問することです。ほしい色の商品はなくても、サイズ違いやモデル違いの商品なら、店頭予約できる場合もあります。何度か通ってお店の人に相談し、購入できる可能性を高めていきましょう。

中古で手に入れる

オーデマピゲの買取をおこなっているお店では、ロイヤルオークシリーズの時計も入手できる可能性があります。中古店なら、いまは生産が中止されたモデルでも購入できる可能性があるため、「希少価値の高いモデルがほしい」「生産が中止されたモデルがほしい」という方に最適です。

しかし、中古とはいえオーデマピゲの時計は需要が高く、欲しいモデルが入手できない可能性はあります。また、ロイヤルオークは定価を超えたプレミア価格になっているモデルがほとんどなので、定価よりも価格が高くなると思っておいたほうがいいでしょう。

ロイヤルオークの今後の価値

高い人気を誇るロイヤルオークですが、資産目的での購入を考えている方だと、今後もその価値が保たれるのかは気になるポイントですよね。ロイヤルオークの価値は今後どうやって変動していくのか。ロイヤルオークの価値について、解説していきます。

主要モデルの定価改定

オーデマピゲでは、2021年1月・9月・2022年1月と価格の改定をおこなってきました。2022年1月の価格改定では、主要モデルの商品を対象に、およそ10%の値上げがおこなわれています。

価格改定の理由は、原価の高騰です。金属素材の価格アップや、コロナウイルスの影響により、いままでの価格での販売が困難になったことが理由とされています。これはオーデマピゲだけではなく他のブランドでも起こっており、ルイ・ヴィトンやシャネルでも値上げがおこなわれました。

「15400ST」の生産終了による影響

「15400ST」は、2012年から製造されてきたロイヤルオークのモデルです。現行モデルである「15500ST」と並行して販売されてきましたが、2020年に生産終了することが発表されました。

もともと15400STは需要が高く、在庫を求める人が多い商品です。生産終了が合わさったことにより、さらに在庫を求める声が多くなり、2022年も相場が高い状態をキープしています。今後も現行モデルの15500STと合わせて、市場価値は高まっていくでしょう。

「15400ST」と「15500ST」の相場が上昇

ロイヤルオークのなかでも、生産終了した「15400ST」と現行モデルである「15500ST」は、価格相場が上昇しています。15400STの販売相場の場合、2020年から2022年までのあいだに、約250万円ほどアップしました。

商品2020年時点の販売相場2022年時点の販売相場
ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.01 黒文字盤280万円前後520万円前後
ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.02 シルバー文字盤280万円前後500~520万円前後

出典:GINZA RASIN

買取相場も同様に上昇しており、500~600万円で買取されていた商品が、600~700万円まで上がっています。数年で100万円ほど上昇しているため、よりお得な購入・高価買取をするためには、タイミングを見極めることが重要になりそうです。

今後の相場動向に目が離せないロイヤルオーク

ロイヤルオークは、オーデマピゲを代表する時計です。中古市場でも常に高い需要を誇り、定価以上で販売・買取されています。資産運用目的で購入する方も多く、相場の動向に注目を集めているモデルです。

もし、ロイヤルオークを売却したい・買い替えたいと思っているのなら、ロイヤルオークを取り扱っているお店を比較しましょう。複数店舗を比較することで、高値で売却できるお店を見つけることができます。

複数店舗の比較には「ウリドキ」の利用がおすすめです。同時に複数店舗から査定を受けられるだけではなく、口コミからもお店の評価をチェックすることができます。ロイヤルオークの買い替えを考えている方は、ぜひウリドキの利用も視野に入れてみてください。

受付時間:9:00〜21:00(年中無休)
電話でお問い合わせ(無料)