千葉でおすすめの専門書買取店4選!何が高く売れる?

  • 2019年10月29日
千葉でおすすめの専門書買取店4選!何が高く売れる?

勉強で使った専門書や学術書、医学書など……もし不要になったのであれば専門店に売ってみませんか?

千葉にはそういった専門書を買い取ってくれるお店がたくさんあります。大手チェーンの古本ショップに売るよりも高価査定してくれる可能性が高いのでオススメです。

この記事では専門書の買取について解説していくとともに、千葉の専門書買取店をいくつかご紹介していきます。

広告

専門書を売るならどこがいい?

まずどのような書籍を専門書と呼ぶのか解説しておきましょう。特に実用書との違いが曖昧な方が多いようなのでそこを見ていきます。

辞書を引いてみると、実用書は「日常生活ですぐに役立つ知識や情報をメインにしている本」、それに対して専門書は「専門的な知識をメインにしている本」「専門家向けの本」と出ています。

少し分かりづらいのでくだけた表現をすると、実用書は「専門知識がない人でもわかりやすいように書かれた本」、専門書は「読者に一定の知識があることを前提として書かれている本」 と言い換えることができそうです。

専門書の例ですが、例えば以下のようなものは専門書だと言えるでしょう。

  • 大学の講義・卒論に使った書籍・学術書
  • 医学書
  • 法律書
  • 建築書
  • 思想・哲学書
  • コンピュータなどの技術書

専門書は学習用途で購入される方が多いと思います。「この本の知識は全て取り込んだな」「もうこれ以上読む必要がないな」と思ったら早めに売ることをおすすめします。

専門書を扱う買取店がおすすめ

専門書の査定には高度な知識が必要です。

大手の古本チェーンやリサイクルショップではアルバイト店員が査定を行うことも多く、そういった場合は専門書の価値を正しく判断できません。ISBNコードやバーコードを読み取っただけで値段を決めることも多いため、相場よりもかなり安い価格で買い叩かれてしまう可能性が高いです。

ですので、専門書を売る場合はそれを専門に扱っている買取店・古本屋さんに依頼しましょう。古本の専門家はその本を読んでいる我々よりもその本の相場に詳しいです。

専門のお店に売った場合、自分では数十円にしかならないと思っていた古本が数千円で売れたということも珍しくありません。売り先はとても重要だということがわかります。

大量に売るなら出張買取・宅配買取を利用しよう

本を売るなら出張買取か宅配買取を利用してみましょう。これまでは本を直接お店に持っていく店頭買取が主流でしたが、最近では出張買取と宅配買取の方が普通になってきています。

宅配買取なら、自宅の近くにないお店にも売れます。つまり、店頭買取が主流だった頃と比べ、自分が本当に売りたいお店に売ることができるようになったのです。売る側からしても梱包して送ればいいので手間が少なく非常に人気の買取方法です。

出張買取は宅配買取よりも便利ですが、少し利用のハードルが高めです。というのも、買い取る側からすると、1冊2冊の本を買い取るためだけに毎回出張していたらコストがかかりすぎてしまうからです。

そのため出張買取の利用には「◯冊以上から」などといった制限が設けられていることがほとんどです。

しかし利用できれば梱包する必要すらなく非常に楽チンです。それなりの数を売りたい場合はぜひ頼んでみましょう。

専門書の査定について

専門書はどのような基準で買取されているのでしょうか?お店によって微妙に異なりますが、一般的な査定基準をご紹介します。

発行日時

基本的には発行日時が新しいほど高く売れます。

本は時代に合わせて改訂を重ねていくものですね。新版が出たということはつまり、それまでの版の情報が古くなった、もしくは信頼できる情報ではなくなったということです。なので、新版が出たタイミングで、それより前に出ていた版の買取価格はガクッと下がります。

研究が活発な分野で人気の書籍などは頻繁に改訂版が出されます。そのような場合は少しでも早く売ったほうが高値を期待できるでしょう。

一方で、あまり改訂版が出されていないような書籍は値下がりが少ないです(値下がりが少ない=買取価格が高いというわけではないのでご注意ください。買取価格はその本の需要と供給次第です)。

状態

当然として、汚れているものよりは綺麗なものの方が高く売れます。

例えばページの端に折れや汚れがあるもの、学習用途にメモ書きがしてあるもの、蛍光ペンなどでラインが引いてあるものなど。これらは全て減額対象となってしまいます。

しかし大手の古本チェーンやリサイクルショップと比べれば減額される値自体は抑えめです。どこも頑張って書い取ろうとしてくれるところが多いので、少し汚れているくらいであればそんなに悲観する必要はありません。

付属品

本の中には付属品としてCDやDVDが付属している場合があります。一時期流行った「聞く本」用のCDだったり(最近また流行っていますね)、 音楽関係の書籍などにくっついていたりします。

そういった場合、CDやDVDがその本の「ウリ」である可能性が高いので、付属品まで全て揃っていないと大きく減額されてしまう可能性があります。

また、もちろんその付属品が綺麗に保管されていたかどうかも評価対象になります。自分で落とせる汚れだけで構いませんので出来る限り落としておきましょう。

在庫状況

買取店側に立って考えてみた場合、すでに多数の在庫を抱えている商品を新たに仕入れようとは思いませんよね。お店によって、また、同じお店でも店舗やタイミングによって抱えている在庫の数は違います。

ですので同じ本を売ったとしても、売り先のお店が違えば買取価格も違いますし、同じお店に同じ商品を売るのでもタイミング次第で買い取り価格が違います。

千葉でおすすめの専門書買取店4選

東京書房

東京書房 店舗画像
▶︎ 東京書房のウェブサイトはこちら

《ウリドキ編集部おすすめ買取店》

特徴

  • 医学書や学術書など幅広い専門書に対応
  • 創業70年以上の豊富な知識
  • 出張費や手数料など無料

買取店紹介

上でも説明した通り、専門書を買取に出すなら価値のわかる専門店に依頼するべきです。

そこでおすすめなのが、医学書や学術書などの専門書だけでなく宗教関連の書籍や歴史書など幅広いジャンルの買取に対応している東京書房です。

専門書は流行に左右されにくく比較的相場が安定していますが、その相場を買取店が知っているかどうかはまた別。東京書房はその点安心で、創業が昭和23年と古く、長年積み重ねてきた豊富な知識により多くの相場を知っています。

バーコードやISBNといった書籍情報が無い本にも強く、その本の価値をしっかりと査定してもらえますよ。

買取方法は店頭・宅配・出張の3種類。

宅配買取は50冊以上、出張買取は100冊以上から対応してもらえます。店舗は神奈川にありますが、千葉県でも全域無料で出張買取に来てもらえますよ。
詳しい買取方法は以下のサイトをご覧ください。
買取までの流れ | 古本買取の東京書房

大量にある専門書の処分に困っている方、本の価値をわかっている人に引き取ってもらいたい方など、専門書を買取に出す際に一番に連絡したい店舗です。

東京書房のサイトはこちら

お問い合わせ

店舗情報

  • 店舗名:東京書房
  • サイトURL:https://tokyoshobo.jp/
  • 電話番号:0120-05-4646
  • 営業時間:11:00〜19:00(定休日:日曜・祝日)
  • 住所:〒216-0033 神奈川県川崎市宮前区宮崎3-9-11

ノースブックセンター


出典:ノースブックセンター

特徴

  • 日本全国対応している宅配買取
  • 30冊以上なら送料は無料

買取店紹介

専門書・学術書をメインとした古本の買取・販売店ノースブックセンターは、日本全国どこからでも宅配買取を受け付けています。
買取方法はとても簡単で、まずは依頼を出したらあとは段ボールに詰めて送るだけ。
30冊以上なら送料は無料(着払い)となります。
また、梱包用の段ボールも無料でもらえるので、大量に売りたい本があるときにとても便利な買取店です。

店舗情報

  • 店舗名:ノースブックセンター
  • 〒192-0361 東京都八王子市越野8-23

長島書店


出典:長島書店

特徴

  • 出張買取は千葉県全域に対応
  • 専門書の買取に強い

買取店紹介

長島書店は、千葉県全域に出張対応している古本屋さんです。お店自体は東京にありますが関東の広い地域に順調対応しているので千葉でも問題ありません。

専門書や学術書の買取に強く、また長年の経験があるのでお金の価値を正しく判断してくれます。価値があるのかどうか知りたかったら長島書店さんに聞いてみましょう。

一つ注意点として、出張買取はある程度の冊数がないと対応できない場合があるようです。事前に冊数を伝えておくようにしましょう。

店舗情報

  • 長島書店
  • 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5-1

草古堂


出典:古本屋 草古堂

特徴

  • 専門書・骨董品・レトロおもちゃなど幅広く買取
  • 専門書・特に学術書に強い
  • 関東全域に無料で出張対応

買取店紹介

草古堂(そうこどう)は、千葉幕張にお店を持つ買取店です。古本の買取だけでなくレトロおもちゃやCD・DVDの買取も行っているのが特徴です。本以外にも売りたいものがある人はついでに売れるので楽チンですね。

専門書に関しては、特に学術書の買取を強化しているようです。時期によって買取強化対象は変わる可能性があるのでチェックしてみてください。

千葉県は全域無料で出張対応しています。買取点数との兼ね合いもありますので、事前にお店の人に相談してみるといいでしょう。

店舗情報

  • 草古堂
  • 〒262-0032 千葉県千葉市花見川区幕張町5丁目150

高価買取のポイント

最後に、専門書を少しでも高く売るためのポイントをいくつかご紹介していきます。

高く売れる専門書

高く売れる専門書というのは、「需要に対して供給が少ないもの」です。

本は星の数ほどありますし、在庫によっても変わってくるので具体的に「この本が高い!」ということはできないのですが、一般的に絶版になっている本が比較的高値で取引されやすい傾向にあるようです。

タイミング

売るタイミングは基本的に早ければ早いほど良いと考えて問題ありません。

たまに「プレミアがつくまで待ったほうがいいんじゃ?」という人がいますが、専門書に関してはそれは賢明ではないでしょう。本はどんどんと改訂版が出されていきますし、特に古い専門書は情報が古くなっているので需要も減っていきます。

ただ、参考書は冬から春にかけて需要が高まります。秋ぐらいから冬にかけて、買取価格が少しだけ上がるかもしれません。

まとめて売ると金額アップ

専門書に限らずですが物を売る時はなるべく多くまとめ売りした方が金額が高くなります。これは少し売ってくれるお客さんがたくさんいるよりもたくさん売ってくれるお客さんが一人いた方がお店側としてはコストが少なくて済むからです。

たくさん売ってくれるお客さんを増やすために、まとめ売りしてくれるお客さんには買い取り額ボーナスをつけているお店もありますのでチェックしてみましょう。

また本に関しては、上下巻など、複数に分かれているものに関しては全て揃っていると買取額アップが狙えます。

まとめ

千葉の専門書買取店をご紹介してきました。

専門書を売るならその価値を正しく見極めてくれる専門のお店に依頼しましょう。大手古本チェーンやリサイクルショップに売るのと比べると数千円の違いが出ることもざらにあります。

今回紹介したお店はどこもオススメなので、ぜひ相見積もりを取ってみてください。もし他のお店も比較してみたい場合は買取店比較サイトの「ウリドキ」を使ってみると便利です。