漫画の処分は売る?捨てる?後悔しないよう目的に合った方法を選ぼう

  • 2022年5月25日
漫画の処分は売る?捨てる?後悔しないよう目的に合った方法を選ぼう

引越や大掃除で不要な漫画が出てきて困っていませんか?

本記事では漫画の処分の方法や、処分せずに高く買取ってもらうにはどうすればいいのかを徹底的に解説していきます。

漫画を処分するのは簡単ですが、作品によっては高く買取ってもらえることが多いです。なので、本記事を参考にして後悔しないように漫画を処理する方法を身につけましょう。

あなたの売りたいものの
\一番高い買取価格がわかる/

漫画を処分してから後悔しないために

漫画は簡単に処分できてしまうため、処分したあとに後悔する人が多いです。後悔しないためにも、次の3つのポイントを確認して、本当に処理するべきかを考えてみましょう。

  • 1年以上読んでいないか
  • 思い入れのある作品ではないか
  • 電子書籍になっているか

一つずつ詳しく紹介していきます。

1年以上読んでいないか

漫画を処分するときに重要なのが、必要な漫画か不要な漫画かを分けることです。当たり前のことに聞こえますが、この判断を間違ってしまうと、処分したあとに後悔することになりかねません。

判断するポイントとして、最近読み返したかどうかを考えてみて、長期間読んでいない漫画がある場合は処分しましょう。

「長期間」の基準は人それぞれですが、「1年」を基準とすれば失敗が少ないはずです。1年以上読んでいない漫画がある場合は思い切って処分することをオススメします。

今後読む可能性もありますが、漫画を処分する際に所持していたことを思い出すような漫画は捨てても問題ないことが多いです。

思い入れのある作品ではないか

学生時代に読んだ漫画。初めてのお小遣いで購入した漫画。悩んでいるときに元気をくれた漫画。

手元にある漫画は、思い入れのある作品も多いですよね。

思い入れのある作品かどうかの基準は先ほども言った通り、記憶に残っているかどうかです。漫画を必要なものと不要なもので分け始めてから「そういえばこんな漫画もあったな」と思い出すくらいの思い入れなら処分しても後悔することは少ないです。

逆に、あまり読んでいなくても、処分する前から「この漫画は残したい」と思っている漫画があるなら残しておきましょう。

しかし、思い入れのある漫画は感情が入るため処分をためらってしまい、結局溜まる一方になってしまいがち。それを避けたいのであれば、直感的に「いらない」と感じた漫画は思いきって処分するのも手でしょう。

スペースが許すのであれば、「期間を決めて保留にしておき、期間内に読み返すことがなければ処分」など2段階で検討するのがオススメです。

電子書籍になっているか

万が一、処分した後に読みたくなっても電子書籍で購入できる作品であればすぐに読むことができます。

また、必要なツールさえあれば、持っている漫画を自分で電子書籍化することも可能です。処分するかどうか迷っている漫画があれば、電子書籍化することも検討してみてはいかがでしょうか。

【ニーズ別】漫画の処分方法の早見表

処分して後悔がないかを確認しながら処分する漫画を決めたら、次は実際に処分しましょう。

どのように処分したいか、ニーズごとにおすすめの処分方法を表にまとめました。

古い漫画や汚れた漫画を処分したい・買取に出す
・買取不可になった場合は資源ゴミに出すか、寄付する
早く処分したい買取に出せる状態であれば買取に出す
大量に処分したい買取に出す(まとめて査定に出すと買取額がアップする可能性あり)
手間をかけずに処分したい出張買取や宅配買取を利用する
買取不可になったものを処分したい資源ゴミとして出すか寄付する

漫画は基本的に買取をしてくれるので、捨てるくらいなら買取に出すことをオススメします。手間をかけずに買取に出したい人は、出張買取や宅配買取を利用すると店舗に出向く必要がないので、楽に処分できますよ。

詳しい処分方法は次で紹介します。

漫画の処分方法を8つ紹介

ここでは、漫画の処分方法を一つずつ紹介していきます。

漫画の処分方法は主に廃棄と買取の2つに分けられ、どちらもメリット・デメリットがあるため、自分に合った方法を選びましょう。

処分方法メリットデメリット
資源ごみに出す手間がかからない指定された日にしか出せない
不用品回収業者に依頼大量に処分できる費用がかかる
ぼったくりが多い
古紙回収センターを利用大量に処分できる手間がかかる
寄付費用がかからない手間がかかる
友人・知人に譲る後で読み返すことができる受け取ってくれる人を探すのが手間
ネットオークション・フリマアプリ高く売れる可能性が高い手間と時間がかかる
古書店に売る即現金化できるフリマアプリに比べると買取額が低い傾向
買取店に依頼即現金化できる
買取方法が豊富にある
フリマアプリに比べると買取額は低い傾向

資源ごみに出す

資源ごみとして処分する場合は、指定の日に出すだけなので非常に楽です。ただし指定の日に出さないといけないため、すぐ処分できないこともあります。

また、自治体によって資源ごみの指定場所が決められているため、調べる必要があります。きちんとリサイクルするために、指定日と指定場所を守りましょう。

不用品回収業者に依頼する

漫画を大量に処分したい場合は、不用品回収業者に依頼するのも一つの手です。ですが、処分するのに費用がかかり、中にはぼったくりの悪徳業者もいるので慎重に業者を選びましょう。

業者を決める際は、ネットの口コミを調べると悪徳な業者に引っかかることが少ないですが、同時にSNSの口コミも調べるとより安心です。というのも、公式サイトやGoogleマップの口コミはサクラの可能性もあるからです。

ネットの口コミとあわせてSNSで生の消費者の声を聞くと、悪質な業者を避けやすくなるでしょう。

古紙回収センターに持ち込む

古紙回収センターに持ち込むと、漫画が大量にあった場合も処分してくれます。古紙回収センターの場合は費用がかからないことが多いです。

たとえば、イオンの古紙回収センターの場合はポイントが付いて少しだけお得な場合もあります。

持ち込むのが手間にならない場合は、古紙回収センターを有効活用しましょう。

寄付する

意外と知られていませんが、漫画は図書館や幼稚園・保育園、児童養護施設、被災地に寄付することができます。

寄付の方法は主に宅配です。自分で段ボールに詰めて漫画を送る必要があります。送る際は着払いであることが多いですが、そうでない場合もあるので注意しましょう。

参考までに、宅配で寄付する流れを記載しておきます。

  1. 寄付先に問い合わせる
  2. 漫画を段ボールに詰める
  3. 必要書類に記入する
  4. 着払いで発送

友人・知人に譲る

友人や知人に譲るなら、まったく思い入れがない漫画を選ぶのをオススメします。というのも、譲った後にフリマアプリやネットオークションに出されるといい気はしないからです。

「もうどうなっても大丈夫」と思っている漫画であれば、処分にお金も時間もかからないのでいいでしょう。また、万が一読み返したくなった場合でも友人に譲っていれば、いつでも読み返すことができるのもメリットの一つです。

ネットオークションやフリマアプリで売る

ネットオークションやフリマアプリで漫画を売ると、買取店で売るよりも高く売ることができます。しかし、漫画はサイズが大きいため送料が高くなります。なので、売る漫画の数が少ないと買取店に売るのと額は大きく変わりません。

むしろ、発送する手間や出品してから売れるまでのタイムラグがあるので、即現金化したい方は買取業者に買取ってもらうのがオススメです。

古書店で売る

漫画は地域の古書店で売ることもできます。ですが、専門の買取業者と違って持ち込みにしか対応していないことが多いです。

そのため、手間をかけずに楽に買取に出したい場合は専門の買取業者の方がオススメです。

買取店に依頼する

買取店の場合だと、出張買取・宅配買取に対応していることが多いです。そのため、自宅にいながら手間をかけずに現金化できます。

注意するべきポイントは手数料です。出張買取の場合は出張料や査定料、宅配買取の場合は送料やキャンセル料、返送料がかかる場合があります。

こういった手数料がかからない業者に頼むと、より財布に入ってくるお金は多くなります。

漫画を高く売るポイントは5つ

ここまで、漫画を処分する方法について紹介してきました。
ここからは、買取店に依頼する際に漫画を高く売るためのポイントを5つ紹介します。

  • ホコリを落としておく
  • セットで売る
  • まとめて売る
  • 人気のうちに売る
  • 複数の買取業者に依頼する

ポイントさえ守れば高価買取を狙えるので、一つずつ確認してみてください。

ホコリを落としておく

ホコリや目に見える汚れは取っておきましょう。

すぐに取れるような汚れやホコリであっても少し付いているだけで、査定額が大きく下がることがあります。
面倒くさがらずに、査定に出す前に汚れやホコリは綺麗にしておきましょう。

セットで売る

漫画は全巻セットで売るとより高く売れます。というのも、買取店が販売する際に全巻セットで売れるからです。

そのため、一冊だけだったり数巻が足りない状態だと、全巻セットに比べて査定額が落ちる傾向にあります。もし1巻だけ足りないといった場合は、古本屋で買ってから査定に出すと最終的に査定額が高くなるため得をすることも多いです。

まとめて売る

多くの買取業者は、まとめ売りの場合は査定額をUPするといったキャンペーンを行っていることが多いです。
なので、漫画を買取に出す際は細々と売るのではなく一気に査定に出しましょう。

人気のうちに売る

需要が高いうちに買取に出すとより高く売ることができます。たとえば、アニメ化が決まった漫画やアニメによって人気が爆発した漫画を持っている場合は、人気があるうちに売っておきましょう。

漫画は特に人気やアニメ化、映画化によって買取額が大きく変わります。迷っているうちに査定額が下がる、なんてこともあるので査定だけでもしてもらうといいでしょう。

複数の買取業者に依頼する

買取業者によって査定額に差が出たり、買取不可になることがあります。そのため、査定は複数業者に依頼して比較すると、漫画をより高い値段で売ることができますよ。

買取不可になった場合でも他の業者なら買取ってくれることもあるので、最低3社は査定に出すことをオススメします。

買取業者に依頼するなら一括査定がオススメ

複数の買取業者に依頼するのが面倒だと感じる方は、「ウリドキ」の一括査定に出すのがオススメです。

ウリドキは、漫画を含むさまざまなアイテムの査定件数が1400万件を超えている、買取比較サービス。複数の買取店の査定金額を比較できるので、手間をかけずに高価買取してくれる買取店を見つけることができます。

ネットから最短60秒で査定依頼ができるので、気になる方は見てみてくださいね。

漫画の処分でよくある疑問

最後に、漫画の処分についてよくある疑問に答えていきます。
高価買取に必要なことについても触れるので、参考にしてみてください。

カバーや帯がない場合でも買取はできる?

結論から言うと、買取業者によります。帯がない場合でも買取を受け付けている業者は多いですが、カバーがない場合は業者によって変わります。買取可能な場合でも大幅に査定額が低くなるので、カバーはなくさないように注意しましょう。

もし買取ができるのか不安な場合は、査定前に買取業者に問い合わせておけば、取引がスムーズに進みます。

全巻揃っていないと買取ができない?

全巻揃っていなくても、ほとんどの業者は買取可能です。しかし、漫画一冊だけといった場合は断られることがあります。なので、一巻しか持っていない作品があるなら他の漫画と一緒にまとめて売りに出しましょう。

全巻揃っていない場合で一巻だけ足りないのであれば、古本屋で一巻だけ買い足すと、購入額を考慮しても最終的にお得に売れることが多いです。

汚れた漫画は買取できる?

汚れた漫画の買取可否は、汚れ具合によって変わります。たとえば、コーヒーをこぼしてしまって大きな汚れが付いた場合は買取業者で売れない場合もあります。

しかし、日に焼けたり日常使用の範囲で汚れが付いている場合は問題なく売ることができるでしょう。もちろん、汚れはついていない方が高く売れるので、簡単に取れる汚れやホコリはとってから買取に出した方が高く売れます。

漫画の処分はまとめて買取業者に出すのがオススメ

漫画の処分について紹介しました。漫画は個々に思い入れがあり処分するのを迷う方がたくさんいます。そのため、何かのきっかけがないと処分しない方が多いです。

なので、これを機に思い切って処分してみましょう。後悔しないか不安な方は、ここ1年で読み返したかどうかを考えてみましょう。さらに、電子書籍で購入できるかどうかを確認しておくと、処分したあとからでも読むことができるので安心です。

処分の仕方は大きく分けて廃棄と買取がありますが、欠損や汚れがない場合は買取に出すのがオススメです。

本記事を参考に、後悔しないようポイントを確認してから漫画を処分してくださいね。