マーケティングの専門書を売るのにおすすめの買取店

  • 2020年2月4日
メーケティング専門書買取

マーケティング専門の書籍も多数出版されていますが、常に新しい情報に更新していきたい分野でもあるので、古い専門書が不要になってしまうこともありますよね。

入れ替わりが激しいマーケティング分野の専門書が不要になった時におすすめしたいのが、中古買取のお店に買取してもらうことです。古くなった本を売ったお金で新しい本を購入しても良いですね。

今回は、マーケティング専門書を買取する際に気になる「いくらで買取してくれるのか」「お店はどこがいいか」などをまとめました。マーケティングの専門書を手放したいと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

マーケティングの専門書の買取相場

マーケティングを含む専門書籍は、その専門性や話題性があるかなどで買取価格が変動します。

今回は比較のため、実際に3冊のマーケティング専門書を調査しました。

調査したのは以下の3冊です。

  • 商品名:コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
    買取価格:2,800円~
  • 商品名:コトラー、アームストロング、恩藏のマーケティング原理
    買取価格:1,1000円~
  • 商品名:売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則
    買取価格:500円~

バイブル的な専門書は高く売れる傾向にある

今回の調査で一番買取価格が高い専門書は「コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント」でした。

なぜ、第12版と決められているかというと、こちらの書籍は1968年に初版が刊行されてからずっと改訂を繰り返している書籍だからです。版を重ねるごとに内容を充実させ、その時代に合った内容になっています。

定価も9,000円を超える高額な専門書なので、買取価格もそれ相応に高くなっているようです。

人気の高い専門書は値崩れが小さい

「コトラー、アームストロング、恩藏のマーケティング原理」は2014年に発行。

「売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則」に至っては1994年に発行と、決して新しくはありません。

2冊とも最新情報こそ得られないものの、実在企業のケースを挙げて分かりやすく解説されており、現在でも「マーケティングの教科書」と称されるような書籍です。

発行年が重視されそうなマーケティングの専門書ですが、このように長く人気の高い書籍は、現在でも高い買取価格がつきます。

古い専門書はあまり高く売れない

そもそもマーケティングという分野は日進月歩。

発行年が古い書籍は情報が古く、最新のマーケティング界隈とのズレが出てしまうので、重要視されない印象があります。

出典:専門書アカデミー

専門書に精通する古本店で売却する

マーケティングの専門書を売る方法としてメルカリなどのフリマアプリ、大手古本チェーン店、専門書に特化した買取店への売却と、主に3つの方法がありますが、もっともおすすめなのが「専門書に特化した買取店への売却」です。

手軽に売れると便利なフリマアプリは、本の取引もよく見られます。売りたい値段で売れる可能性が高いですが、やはり話題になっている最新の本がよく売れる印象。話題の本は出品数も多く、「なかなか売れない……」という事態が起こりえます。

街中でよく見かける大手古本チェーン店もフリマアプリと同様、話題・新作本は売れますが、古い本や本来価値がある本を正しく判断できず安く買い叩かれてしまうかもしれません。

上記で人気の高い本やバイブル的な本は高く売れる傾向にあると説明しましたが、そういった本を正しく見極められるのが専門家に特化した買取店です。マーケティング分野をはじめ特定の内容に特化した専門書に精通し、大手古本買取チェーンよりも高値で売れるかもしれません。

ウェブサイトで買取実績や価格が掲載されている買取店は、詳しい査定士が在籍しているという証明にもなるでしょう。

マーケティングの専門書を売るのにおすすめの買取店

東京書房

東京書房

東京書房で買取を申し込む

《ウリドキ編集部おすすめ店舗》

特徴

  • 創業72年の老舗古本買取店
  • マーケティングの専門書の買取におすすめ
  • 買取可能な本の数の上限なく宅配、出張買取利用可能

買取店紹介

東京書房は、創業から72年の歴史を誇る古本買取専門店です。です。

幅広いジャンルと年代の本を取り扱う同店では、美術や音楽、医学、経済など専門書の買取にも強く、マーケティングの専門書の買取にもおすすめです。

どんなに数が多くても店主が自ら一点ごとに価値をつけるため、マニュアル式の査定にならず丁寧な査定なのが大きな特徴です。

また、同店は大量買取を得意としていて、過去には数千冊、数万冊をまとめて買取した実績があります。

買取には、店頭と宅配、出張の3種類の方法があり、ニーズに合わせて選ぶことができて便利です。

店頭買取は1点から、宅配と出張は地域により最低可能申し込み点数が変わってきますが、上限はなく引越しなどの整理の際にもおすすめです。

まずは査定から始めてみてはいかがでしょうか。

東京書房のウェブサイトはこちら

お問い合わせ

メール 問い合わせ電話 問い合わせ

店舗情報

店舗名東京書房
電話番号 0120-05-4646(電話受付時間:11時~19時)
住所〒216-0033 神奈川県川崎市宮前区宮崎3-9-11
アクセス宮崎台駅より徒歩約10分
駐車場
営業時間11:00~19:00
定休日年末年始
主な買取ジャンル古本全般、CD、DVD
買取方法店頭買取・宅配買取・出張買取
会社名有限会社東京書房
古物商許可番号東京都公安委員会許可 / 第03300106319号
神奈川県公安委員会許可 / 第452560006611号
査定士三代目店主 和田
店舗ページ公式サイト
その他特徴

ブックマニア

ブックマニア
出典:ブックマニア

ブックマニアで買取を申し込む

特徴

  • 送料、手数料は完全無料
  • 商品到着後、最短48時間で入金
  • 他社よりも高く買い取ってもらえる

買取店紹介

ブックマニアはWEB・電話から買取申し込みができるお店です。専門書・参考書などの買取はもちろん、デアゴスティーニやDVD、コミック等幅広く書籍を扱っています。

取り扱い分野が多いので、自宅で大掃除をしていて売りたいものが大量に出た際も、売りたい本に合わせてお店を変える必要がありません。

ブックマニアは送料や手数料が無料で、気軽に買取を申し込めるのが買取店の中でも人気が高い理由です。

発送用のダンボールが無料でもらえ、自宅でダンボールを受け取ったら、売りたい本をつめて集荷してもらうだけ。宅配買取を初めての方に、利用しやすいお店です。

売る前にある程度の見積もりが知りたい方は、ホームページで見積もりを調べることもできるので、まずはタイトルを調べてみましょう。

店舗情報

店舗名ブックマニア
電話番号0120-222-776(受付時間 10:00~19:00)
住所〒556-0001 大阪府大阪市浪速区下寺2丁目3-3
営業時間8:30~22:00
定休日年中無休
主な買取ジャンル実用書、学術書、専門書、教科書、参考書 など
買取方法宅配買取
会社名GEEKS株式会社
古物商許可番号大阪府公安委員会 / 第621152103424号
公式サイトhttps://www.bookmania.jp/

藍青堂書林

青藍堂書店
出典:藍青堂書林

藍青堂書林で買取を申し込む

特徴

  • 業界歴10年以上のベテラン店主自ら査定
  • 大阪など関西圏内なら無料の出張買取サービス有
  • 送料無料の宅配買取サービスも有

買取店紹介

藍青堂書林は、大阪に拠点を置く古本買取店です。マーケティングなどの経営学以外にも医療、プログラミングなど様々な分野の専門書を買取しています。

宅配買取、出張買取、店頭買取から、都合にあった買取方法が選べます。

専門書は特に分厚くて運ぶのが大変な冊子が多いので、宅配買取に対応している同店はおすすめです。

全国から古本の買取を受付しているので、家の近くにお店がないという方も利用出来ます。店頭では当日買取もしてくれるので、急ぎの方もまずは問い合わせてみては?

店舗情報

店舗名藍青堂書林
電話番号0120-544-903(受付時間 8:30~22:00)
住所〒535-0003大阪府大阪市旭区中宮5丁目11-19 三木ビル1F
アクセス大阪市営バス「中宮」停留所 徒歩2分
駐車場
営業時間8:30~22:00
定休日月曜日 (電話受付は年中無休)
主な買取ジャンル専門書、学術書、医学書、ビジネス書など
買取方法宅配買取・出張買取
会社名株式会社リアロ
古物商許可番号大阪府公安委員会 / 第621032200674号
公式サイトhttp://senmonsho.jp/

マーケティングの専門書を高価買取してもらうコツ

マーケティングの専門書を高く買い取ってもらうには、状態に注意し、キャンペーンを上手く活用するのが効果的です。

査定へ出す前に押さえておくべき高価買取のコツを4つ紹介します。

保存状態をキレイに保つ

書籍は日焼けや湿気によるヨレ、汚れなど状態が悪くなりやすいです。

古本買取のお店では、その本の価値から買取価格を査定し、状態が悪ければ減額や買取不可の対応をします。

できるだけ高価買取してもらうには、本の状態をキレイに保つのが非常に重要です。

日焼けや湿気で傷んでしまわないよう、日頃から専門書の管理には気を払うようにしましょう。

また、中には多少状態が悪くてもOKにしているお店もあります。本の書き込みや折り目など自分が売りたい専門書の状態が気になるのなら、そういったお店に持っていきましょう。

買取店のキャンペーンを利用する

古本を買い取っているお店では、商品を集めるために定期的なキャンペーンを開催しています。例えば、〇〇分野の専門書だったら買取価格〇%アップなどのジャンルをしぼった買取キャンペーンなどお得に売れるチャンスです。

その時々でキャンペーン内容は違いますので、自分が売りたいお店を決める際には、キャンペーンの実施状況なども踏まえて判断すると良いでしょう。

マーケティングの専門書を買取に出すときの注意点

マーケティング専門書を買取に出すときには、以下の2点に注意してください。

書き込みがある書籍は買取してくれないお店もある

専門書によくあるのが記名や書き込みです。勉強をする際に書き込みをしてしまっている場合も多いと思います。

書籍は書き込みがあると買取してくれないお店もあるので、売る前には必ず確認しておきましょう。

買取不可の書籍を処分してくれないお店だと、わざわざ自分で持ち帰らなければいけないので二度手間になってしまいます。

多少の書き込みや記名は買取OKのお店もありますので、記名してしまっている本はそういったお店に申し込みましょう。

各手数料をチェックしておく

中古買取のお店では、買取をする際に発生する各手数料があります。

  • 買取してほしい荷物を発送する送料
  • 買取後にお金を口座に振り込む際の手数料
  • 買取作業の手数料

これらの手数料が自己負担になるのか、お店側が負担してくれるのかは、必ず事前にチェックしておきましょう。

お店によって手数料の扱いが変わってくるので、どのお店に買取を申し込むかの一つの判断材料になります。

送料は「〇〇点以上だったら送料無料」「見積もり額〇〇円以上だったら送料無料」など、条件がついている場合も多いです。

意外と手数料が高くて全く手元にお金が入らない……なんて悲しいことにならないよう、事前のチェックが大切ですよ。

まとめ

マーケティングの専門書はいかに最新かが重要視される分野です。

ただし、広く人気の高い書籍、教科書として重宝されている書籍は、発行年が古くても高い価格で買取されていることも多々あります。

どうせ安いだろうし……と決めつけず、どのお店に買取をお願いするかよく考えて決めてみてください。

また、専門書は分厚くて持ち込みが大変という方も多いです。今回紹介したお店のように、宅配買取に対応したお店を選択すると、手軽に買取してもらうことができますよ。

ご自宅で放置されてしまっているマーケティングの専門書があったら、ぜひこの機会に買取に出してみましょう。