教材の買取にオススメのお店と高価買取のコツをご紹介!

教材 買取
PICOL(ピコル)-バーコードをピコってお金に変える”スピード買取”アプリ

前の学年で使っていた、受験のために買った、定期テスト対策に用意した、など教材を購入する機会は特に学生の方にとっては非常に多いと思います。

ですが、購入する機会は多くても、その中で繰り返し使うものは結構限られてきてしまいますよね。

せっかく買ったんだからただ捨てるだけじゃもったいない、そうお考えの方は教材も買取に出してしまいましょう。

今回の記事では教材の買取を行っているお店を紹介するので、これを参考に不要になった教材を有効に活用してみてください。

オススメのお店を紹介

藍青堂書林

藍青堂書林

《ウリドキ編集部おすすめ》

藍青堂書林は、関西を中心に教材や参考書の買取を行うお店です。

日本全国では10点以上の依頼から、送料無料で宅配買取を利用でき、さらに大阪府をはじめ関西圏では無料の出張買取も行っています。

値段がつかなかった商品も不要なら引き取ってもらえる他、査定額に納得がいかなかった場合は当然すべての商品を返却してもらえます。

無店舗かつ少人数で査定を行っており、ローコストでの運営が可能なのでその分他店よりも買取金額を高くできます。

また、少人数ではありますが査定は人の手で丁寧に行っていて、書籍の知識が豊富な店主が一冊一冊を丁寧に査定し、値段をつけてくれるのが魅力です。

店舗情報

  • 店舗名:藍青堂書林
  • 電話番号:0120-544-903携帯電話・PHSからでも利用できます)
  • 住所:〒535-0003
    大阪府大阪市旭区中宮5丁目11-19 三木ビル1F

不死鳥BOOKS

不死鳥BOOKS
不死鳥BOOKSの口コミを見る

不死鳥BOOKSは岡山に実店舗を構える、中古本を手広く買取するお店です。
宅配買取や出張買取による大量買取を得意としています。

岡山県とその周辺の地域への出張は無料で、プロによるスピーディーな査定を行えます。

また査定だけでなく振り込みも早く、出張買取と店舗買取の場合は即日振込で、宅配買取の場合でも基本的に振り込みは即日です。

取り扱いジャンルが多彩で、古い和本や雑誌も買取の対象です。

教材も月刊の通信教材なども買取してくれる可能性があるため、まずは問い合わせしてみるのがおすすめです。

学参プラザ

学参プラザ
学参プラザの口コミを見る

学参プラザは参考書、問題集、テキストの買取専門店です。

送料無料で送るだけの簡単査定から、さらに査定自動承認にすると最長3営業日以内で振り込んでもらえるので、素早い取引が可能です。

2017年の7月から限界価格宣言というプログラムを行っており、中古買取店によくある過度なキャンペーンは行わずに、高価買取を実現しています。

また、年間300万件以上という大量の取引実績から、赤本や入試問題集、予備校テキストの買取では最低価格保証を行っています。

入試と共に使い終わった教材を買取に出したい方には特におすすめです。

古書店三月兎之杜

古書店三月兎之杜
古書店三月兎之杜の口コミを見る

古書店三月兎之杜は学術書や専門書などの大学で授業に使われるような書籍を買取するお店です。

事前の見積金額そのままの買取を約束しているので、事前に正確に商品情報を伝えれば、安心して査定から買取依頼に移行することができます。

査定はLINE査定やメール査定を使って簡単に始められます。

また買取は、宅配買取と出張買取を原則無料で行っており、宅配買取では無料で梱包キットを使うこともできます。

値段がつけられなかった商品は引き取りしてくれるので、気軽にまとめて買取に出してみましょう。

ていねい査定くん

ていねい査定くん
ていねい査定くんの口コミを見る

ていねい査定くんは実店舗を持たず、インターネットでの販路に力を入れる古本買取店です。

大学の教科書や経済学などの学術系の本、建築デザイン系の教本を買取しており、授業で使い終えた教科書などが専門的な分野であっても買取してもらえます。

自社の利点を実店舗を持つ買取店やフリマアプリと比較して分析しているので、このお店が自分に合っているかをよく理解してから取引に移れるのも魅力です。

宅配買取は沖縄県と一部離島を除く全国で行っており、30点以上の依頼で送料無料+段ボール箱プレゼントになります。

書き込みやマーカーがある本でもしっかり査定してもらえるので、使い込んだ教材も送ってみましょう。

高価買取のコツ

早く売る

教材は毎年情報が更新されるものが多いので、新しいものは高価買取される反面、古いものは一瞬で価格が下がります。

特に顕著なのは赤本や黒本と呼ばれる大学入試問題集です。

最新の情報にこそ価値があるジャンルなので、一年度分古いだけで買取価格が変わってきます。

各大学毎に、いつ最新版が出るかが決まっているので、その発売日前に、自分の赤本が最新のうちに買取に出してしまえるよう心がけましょう。

また、最新版の方が高く買取してもらえる傾向にあるのは教材全般に言えることなので、もう必要ないと思ったら思い切って買取に出してしまうのが重要です。

複数店舗を利用

一つのお店で素早く取引してしまうのではなく、複数店舗に分散させて買取依頼してみるのもおすすめです。

どのお店がどんなジャンルの教材、学術書に強いのか、また減額やランクの決定基準は何なのか、売りたい本ごとにベストなお店を見つけましょう。

上で紹介したお店の中でも得意不得意があり、またそもそもの買取対象にしている商品も変わってきます。

特に注意してほしいのは、書き込みやマーカーのある教材の扱いです。

書き込みを減額基準にしているお店もあれば、減額がないことを売りにしているお店もあります。

買取に出す前に自分の教材をしっかりチェックして、減額を避けつつ高価買取を目指しましょう。

付録を揃える

付録が無ければ大幅減額、最悪の場合で買取不可になる場合もありますので、買取に出す前には付録がそろっているのかをしっかり確認しましょう。

教材にはよく、解説や図解を満載したCDやDVD、小冊子などの付録がついており、これらが占める中古本の価値の比重は大きいためです。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

教材には年度の終わりや新生活の前に、まとめて資源回収に出すようなイメージがありますが、買取を積極的に行っているお店は案外多いです。

今回の記事を参考にして、自分が使いきった教材を最後まで有効活用してみましょう。

▶︎▷ウリドキの買取実績のある店舗からの無料一括見積もりはこちらから!!◁◀︎