【30選】ミニマリストが断捨離で捨てたものは?理由も合わせて一挙に紹介!

  • 2020年2月20日
洋服をスマホで撮影している

断捨離をしようかと考えている方に必見です。どれを処分したらよいのか、これを手放したら後で困るのではないかと悩み物が処分できないという方も多いでしょう。

そこで、自分にとって本当に必要な物だけを厳選して生活しているミニマリストの方たちが、断捨離時に捨てたもののなかで、問題ないと判断したモノを厳選して紹介していきます。

断捨離したいけど、捨てたら後悔しそうで物が捨てられないという方は、本記事を参考にしてみてください。

ミニマリストが捨てものリスト30

ミニマリストが捨てたもののなかでも手放しても大丈夫だった、捨ててよかったものを「衣服」、「家電」、「日用品」、「その他の品」などのカテゴリーに分けて紹介していきます。

衣服編

服で悩む女性
まずは、断捨離すべき衣服についてみていきましょう。

1.スーツ

ミニマリストたちが捨てても問題なかった衣服にスーツがあります。

スーツを着る仕事をしている方は必要でしょうが、職場が服装自由などからスーツを着る機会がほとんどなかったり、ここ何年か着ていないスーツがある場合は思い切って処分してしまいましょう。

ただし、着ないからといって全部捨ててしまうと、冠婚葬祭があった時に困まり改めてスーツを買い直すことになってしまいます。そのため、夏冬それぞれ1着ずつ残すようにしましょう。

スーツがたくさんあっても、結局のところ着るのはいつも気に入っているスーツを選びますよね。正直、たくさんスーツがあってもクローゼットを圧迫するだけで無駄です。

2.仕事でしか着られない服

タンスやクローゼットのなかに、仕事でしか着られないような服があるのなら、断捨離時にまとめて捨ててしまいましょう。ミニマリストが少ない服で生活しても困ることがないのは、オンオフ兼用できる服を残しているからです。

仕事でしか着られない服だけあっても困りますよね。プライベートでも仕事でも着れる服を数枚持っていれば、仕事でもプライベートでも着る服がなくて困るということはないでしょう。

3.1年以上着ていない服

ミニマリストたちの多くが物の処分にルールを定めています。

例えば、1年以上着ていない服は捨てるものに入れるなど、数年間着ないない服は捨てるなどの自分なりのルールを作っておくと、物が捨てられずに溜まっていくのが防げるでしょう。

4.片方だけの靴下

靴下は片方だけがどこかに行ってしまうことが多いですよね。

自宅で洗濯したのだからいつか出てくると思って片方だけの靴下をずっと残しているより、片方を探しても見つからないときはすぐに残った方の靴下も捨ててしまいましょう。

5.古い下着

愛用し続けている下着はなかなか捨てられないですよね。しかし、サイズの合わなくなった下着や、ほつれが出てきているものは捨ててしまいましょう。

使う物を厳選しているのがミニマリストの特徴ですが、下着が古くなったら新しいものに買い替えて古い下着は捨てるという方も少なくありません。

新しい下着を買ったときに、古い下着を捨てるものとしておけば物が増えるのも防げます。

家電編

電子レンジ
次に、断捨離すべき家電についてみていきましょう。

6.テレビ

ミニマリストが捨てた家電のなかにテレビがあります。テレビがないと、自宅でも暇ですよね。

しかし、そのぶん他のことに時間が使えるようになりますし、テレビを見なくなったことで物欲が刺激されずに済んで、無駄な買い物をしてしまうのも防げます。

最近は必要な情報はネットで手に入りますし、テレビを捨てても困ることはないでしょう。

7.掃除機

1人暮らしの部屋なら掃除機は不要です。掃除は箒があればできますし、狭い部屋であればフロア用ワイパーだけでも十分綺麗に掃除できます。

掃除機は置き場にも困りますし、使うと電気代もかかります。そうしたこともあって、ミニマリストが捨てたもののなかに、掃除機が入っていることが多いです。

8.パソコン

仕事でパソコンを使うのなら必要ですが、ホコリをかぶっているようならパソコンは断捨離のときに処分してしまいましょう。

パソコンは買い替えのサイクルが早いので、使うかもしれないと思って置いておけば置いておくほど、買取専門店での買取価格が下がっていきます。

製造から年月が経っていると買取不可になってしまう可能性もあるので、断捨離の機会に売ってしまいましょう。

9.プリンタ

パソコンを処分すればプリンタも必要ありません。パソコンを処分するのに合わせてプリンタも売ってしまいましょう。

パソコンとプリンタの両方が無くなれば、自宅にかなりのスペースができますし、電気代もかなり減るはずです。

また、スマホやタブレットから書類などを印刷するという方も、最近はコンビニで印刷できるサービスがあるので、そうしたサービスを利用すれば自宅にプリンタが無くても困りません。

実際、プリンタを処分したけどコンビニを利用しているので、まったく困らないミニマリストも多くいます。

10.CD &CDプレイヤー

まったく聴いていないのであれば、プレイヤーと一緒に処分してしまいましょう。

処分した後に久しぶり聴きたい曲があったときは、その曲だけスマホで購入すればよいです。

11.壊れかけの家電

調子が悪い家電は捨ててしまいましょう。家電の修理には費用がかかりますし、古い家電だと壊れかけた場所を1箇所修理しても、すぐに別の場所が壊れる可能性が高いです。

物を大切にすることはよいことですが、使えないのなら捨てた方がよいでしょう。

12.カメラ

カメラやビデオカメラがなくても、最近はスマホで写真や動画の撮影ができます。

最近はカメラやビデオカメラは使っていないという方も多いでしょう。眠っているカメラは、処分しても問題ありません。

日用品編

日用品にも断捨離すべきものがありますよね。それでは詳しくみていきましょう。

13.ポット・ケトル

お湯が必要なときは、ヤカンで必要な量を沸かせばよいです。沸かしたお湯を保温すれば、電気代もかかります。

1回に使うお湯の量は微々たるものの場合が多いですよね。必要なときに沸かしても時間はかからないので思い切って捨ててしまいましょう。

14.掛け時計

断捨離で捨てたものに、掛け時計を挙げているミニマリストは多いです。掛け時計を処分したら、部屋もスッキリしますよね。

時計がないと時間がわからないので不便になるような気がしますが、スマホがあるので問題ありません。

また、同様の理由で、腕時計を処分したという方も多いです。確かにスマホを携帯していれば腕時計も必要ないでしょう。

15.ソファー・座椅子

ソファーや座椅子を断捨離で捨てたもののなかに挙げているミニマリストも多いです。

ソファーや座椅子がないと部屋で寛げないような気がしますが、床でも寛げるので問題ないですよね。

むしろ、ソファーや座椅子をなくしたことで、部屋でダラけて過ごす時間が減り、本を読んだり机に向かって何かをする時間が増えたりしてよかったというミニマリストも多いです。

16.来客用(予備)の布団

自宅に自分や家族の布団以外の来客用(予備)の布団がある方で、その布団を使っていないのなら捨てるか売ってしまいましょう。

もし、来客があった場合は、予備の布団がないことを理由にしてホテルなどに泊まってもらえばよいです。

来客用や予備の布団を処分したことで、自宅にお客さんを泊めなくてもよくなりストレスが回避できます。

17.ラグ

ミニマリストが捨てたものでラグがあります。冬場に足が冷たいのでラグを敷いていたけど、掃除のときに邪魔なので捨ててしまったという方が多くいます。

実際、ラグがあってもなくても寒さはたいして変わりませんし、実際なくても困りません。また、
ラグは毛にホコリやダニがたまりやすいので不衛生でもあります。

18.トイレマット・バスマット

ラグを捨てたときに、一緒に捨てたものとしてトイレマットやバスマットを挙げているミニマリストも少なくありません。

バスマットがないとお風呂上がりに床が濡れてしまいそうですが、しっかり体を拭いてから出れば床は濡れませんし、タオルで拭けば問題ないですよね。

ラグと同じくバスマットやトイレマットは不衛生になりやすいですし、無ければ定期的には洗わずにも済むので、断捨離のときにマット類は真っ先に捨ててもよいでしょう。

19.ゴミ箱

ミニマリストたちのなかにはゴミ箱を使っていない方が多いようです。一人暮らしであれば、そんなにゴミは出ません。

必要最低限の物しか使わないミニマリストの生活であれば、ゴミ袋に直接捨てて、出かけるときに小まめにゴミ捨て場に持っていくようにすればゴミ箱が自宅になくても困らないでしょう。 

20.流しの三角コーナー

小まめにゴミ捨て場にゴミを持っていくようにすれば、流しにある三角コーナーも必要ありません。

そのため、自宅にゴミ箱が無いというミニマリストは、ゴミ箱を処分した際に流しの三角コーナーも一緒に処分しています。

三角コーナーに生ゴミがあるとゴキブリなどの害虫が好んで寄ってきますから、三角コーナーでためて捨てるより、出かけるときに小まめに捨てた方がよいでしょう。

21.使わない食器やグラス

食器やグラスは、食事に使う分だけあれば十分です。

買ってきた惣菜のトレイをそのまま使うなどして、食事のときに使う食器やグラスを減らせば、洗う食器などの量も減るので水道代などの節約にも繋がります。

22.アイロン台

仕事用のシャツのアイロンがけはアイロン台がなくても可能です。アイロン台は置くのにそれなりのスペースが必要となるので、アイロン台を処分すれば部屋がスッキリするでしょう。

また、アイロンをかける必要のない服にしたり、どうしてもアイロンがけが必要な服はクリーニング屋に持って行ったりすれば、アイロン台だけでなくアイロン自体も必要なくなります。

23.読んでいない本

服と同じく、長いこと読んでいない本は断捨離の際に思い切って処分してしまいましょう。

読んでいない本でも、また読むかもしれないと思って残していたら自宅にどんどん本が残ってしまいます。特に、部屋の隅でホコリがたまっている雑誌は、これから先も読み返すことはほぼないでしょう。

残しておきたい本でも、その本を売ったお金で電子書籍版を購入すれば本の置き場を確保せずに済みますよ。

24.文房具

それほど置き場に困る物ではありませんが、気付くとたまりにたまっているのが文房具です。

使わない文房具を置いておいても意味がありません。長く使っていると愛着があって捨てられない方も多いと思いますが、思い切って捨ててしまいましょう

25.賞味期限切れの調味料

文房具と同じく、調味料も気付くと残っていますよね。調味料を買い溜めしていると、使わないうちに賞味期限が切れてしまっていることもよくあります。

そのため、調味料は買い溜めしないようにしましょう。また、冷蔵庫のなかに賞味期限切れの調味料が眠っていることも多いので、不用品の断捨離を行うタイミングで、調味料の断捨離をするようにするとよいです。

その他編

本
それでは、ミニマリストが実際に捨てたその他の品についてみていきましょう。

26.昔の書類

もしかしたら後で必要かもと残している書類のなかには、既にただの紙切れになっている書類もあります。

不要な書類は必要ありませんから、思い切って捨ててしまいましょう。ちなみに、必要のない書類も電子データにしておけば置き場に困らないのでおすすめです。

27.キャンプ用品

よくキャンプに行く方は、自宅にたくさんのキャンプ用品があるのではないでしょうか。

キャンプ用品は置いておくのにスペースを取るだけでなく、夜露で濡れた状態で収納していたために、久しぶりに使おうとしたときにカビていたり、ビニールがボロボロで使えなくなっていることがよくあります。

キャンプ場ではレンタルでキャンプ用品が借りれますので、こちらを活用するとよいでしょう。

28.ゴルフ用品

仕事の付き合いやブームに乗じて購入したけど、最近はほとんど使っていないゴルフ用品が自宅にあるのなら、すべて処分してしまいましょう。

ゴルフ用品は置き場を取りますし、使わないのなら所持している必要はありません。ゴルフ用品店やリサイクルショップに持って行ってリサイクルに出せば、それなりのお金に変えることができます。

29.ポイントカード

色々とお得なことも多いポイントカードですが、ポイントカードがあるとポイントデーにまとめ買いしてしまうなど、余計な買い物をしてしまうことも多いですよね。

そのため、色々なポイントカードを持っているようなら、お得度でポイントカードを仕分けして、最低限のポイントカードだけ残して後は捨てた方がよいでしょう。

30.銀行口座

使っていない銀行口座は断捨離のタイミングで解約すべきです。実際、使わない銀行口座を残しておいても意味はありません。

同じように、クレジットカードも使うものだけ残して使わないカードは処分することをおすすめします。特に使っていないのに、年会費を取られているカードは勿体ないですよね。早めに解約してしまいましょう。

断捨離は自分なりのルールを定めよう

最後に、本記事ではミニマリストが捨てたもののなかでも、問題なかったものを30種類紹介してきました。

ミニマリストが「これって必要なのかな?」と悩んでしまう物でも、迷わずに捨てるものリストに加えることができるのは、物の処分に自分なりのルールを定めているからです。

そのため、物が捨てられないという方や断捨離したいけど捨てるものが決められないという方は、1年以内に使ったかどうかを目安にするなど、自分なりのルールを決めておくとよいでしょう。断捨離したいけど何を捨てればよいか分からないと悩む方は、この記事を参考にしてみてください。