天保通宝はいくらの価値がある?種類別の買取相場やおすすめ買取店も

  • 2024年5月28日

「家の整理をしていたら天保通宝が出てきたけど、どのくらいの価値があるんだろう?」と気になる人もいるのではないでしょうか。

天保通宝は、江戸~明治時代ごろに日本で流通していた古銭です。小判のような楕円形をしており、中心には真四角の穴が開いています。種類が豊富で、ものによっては高値がつく可能性がある一方、偽物が多く出回っていることも事実です。

売りに出す際は信頼できるお店を選ばないと、「本当は本物なのに偽物として買取られた」という事態にもなりかねません。きちんと買取相場を把握しておき、明らかに安値をつけられた場合は注意しましょう。

本記事では、 天保通宝の種類別の買取相場や、おすすめの買取店をご紹介するので、売却を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

あなたの売りたいものの
\一番高い買取価格がわかる/

天保通宝とは

天保通宝は、江戸時代末期にあたる天保6年ごろから、明治時代にかけて日本で使用されていた古銭です。中心が四角くくり抜かれた楕円形の穴銭で、表面には「天保通宝」の文字、裏面には「當百」の文字に加え、後藤家の花押が描かれています。

貨幣不足を解消するため、それまで流通していた寛永通宝の100枚分の価値をもつ貨幣として誕生しました。もともと100文通用として製造された貨幣ですが、実際には約80文で通用していたといわれています。

天保通宝の主な種類と買取相場

天保通宝は、製造された地域や年代によって数多くの種類が存在します。大きく分けると、幕府が公式に発行した「本座」、各藩が非公式に偽造した「密鋳銭」の2種類です。

同じ天保通宝でも種類によって価値が異なるので、ここでは主な種類および買取相場を見ていきましょう。

本座長郭

「本座」は公式の貨幣、「郭」は中心の穴の縁取りという意味をもちます。本座は全部で4種類あり、郭の違いによってそれぞれ見分けが可能です。

本座長郭(ほんざちょうかく)は1835年に製造された天保通宝で、「長郭」という名のとおり、四角い穴が少し縦長の形をしています。買取相場は数百円程度で、状態によっては500~1,000円ほどで買取ってもらえることもあるでしょう。

本座細郭

本座細郭(ほんざさいかく)は、長郭と同じく1835年に製造された天保通宝です。見分けるポイントとしては、穴の形がほとんど真四角で、縁取りの幅が細いところが挙げられます。

買取相場についても、長郭と同様にだいたい数百円ほどが目安。比較的状態のいい美品であれば500円前後、未使用品なら1,000円前後の値がつくかもしれません。

本座広郭

本座広郭(ほんざこうかく)は、長郭・細郭よりも10年あとの1845年に製造されました。穴の縁取りが細い細郭とは真逆で、本座の天保通宝のなかでも縁取りが幅広い特徴があります。

買取相場はだいたい数百円程度ですが、長郭や細郭と比べると若干低い傾向にあり、100円以下で取引されるケースもあるでしょう。

本座中郭

本座中郭(ほんざちゅうかく)は、4種類の本座のうち、もっとも遅い1866年に製造された天保通宝です。「中郭」という名前からも推測できるとおり、特に穴の形や縁取りにこれといった特徴はありません。

とはいえ、公式の天保通宝では特に高額な価格がつきやすい種類で、10,000円前後で買取られることもあります。

秋田藩鋳銭

秋田藩の天保通宝には、本座と同じように長郭・細郭・広郭といった種類が存在しますが、すべて幕府に無許可で製造した偽造古銭です。

しかし、公式の天保通宝よりも高値で取引されることが多く、10,000円から高いものでは25,000円前後ほどで売れる可能性があります。

水戸藩鋳銭

水戸藩も数多くの天保通宝を製造していますが、人気の高い種類が「短足寶(たんそくほう)」です。名称どおり、表面に描かれている「寶」の足部分の「ハ」が短く、丸みをもっています。

水戸藩鋳銭は幕府から許可を得たうえで製造していたものの、買取相場は秋田藩鋳銭よりも低く、だいたい2,000~5,000円ほどが目安です。

薩摩藩鋳銭

薩摩藩は、秋田藩と同じように幕府の許可なく天保通宝を密造していました。そのなかで、「横郭 仰冠當(おうか ぎょうかんとう)」という種類が根強い人気を誇っています。

横郭 仰冠當は、ガマ口と呼ばれる横長の穴と、裏面に書かれている「當」のワ冠が少しだけ右に下がっている点が特徴。おおよそ1,000円から数千円程度が買取相場です。

高知藩鋳銭

高知藩が製造した天保通宝は、輪のほうが文字よりも高く彫られている「額輪」、および表面の「通」のしんにょう部分が短い「短尾通」という特有のデザインをしています。

非公式の偽造硬貨ですが、買取相場は比較的高めで、約3,000円から10,000円前後の値がつくでしょう。

レアな天保通宝「母銭」の見分け方

天保通宝のなかでも、流通銭(子銭)の元となる「母銭」は、非常に数が少なく希少性が高いものです。母銭はお金を製造するときに用いる型のことで、流通銭とは以下のような違いがあります。

  • わずかにサイズが大きい
  • 質の良い金属が使われている
  • 文字や模様がはっきりとしている
  • 傷やすり減りが少ない

流通銭だと数百円ほどの価値しかない天保通宝でも、母銭なら高額の値がつく可能性が高いでしょう。

天保通宝の買取におすすめの店舗3選

「天保通宝を見つけたけど、どのくらいの価値があるのか知りたい」「処分するにもお金だから、捨てるに捨てられない」といった場合は、買取店へ査定依頼してみましょう。

ここでは古銭を取り扱っているお店のなかから、おすすめ店3選をご紹介します。

店舗名公式サイト口コミ評価ポイント宅配買取出張買取店頭買取宅配キット店舗がある地域出張査定対応エリア定休日営業時間買取対象古物商許可番号
ウリドキ一括査定する★PR一番高く売れる買取店がラクラク見つかる買取店による買取店による買取店による買取店による買取店による買取店による土日祝(ウリドキ)10:00〜19:00(ウリドキ)ブランド、お酒、金、ゲーム、家電など第302171706809号
福ちゃん公式サイト電話する★3.6古銭の買取実績が豊富あり宮城、東京、千葉、埼玉、神奈川、静岡、愛知、大阪、広島、福岡全国年中無休 ※年末年始は除く(問い合わせ)9:00~20:00(問い合わせ)着物、古銭、骨董品、洋服など第621060140991号
バイセル【PR】公式サイト電話する★-出張・宅配買取は全国対応あり宮城、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、奈良全国(離島を除く)年中無休(問い合わせ)24時間(問い合わせ)着物、切手、ブランド服、時計など第301041408603号
七福本舗公式サイト問い合わせ★4.8最寄駅から徒歩1分の好立地なし東京都台東区無休 ※年末年始を除く10:30~19:00貴金属、切手、古銭、ブランド品など第306601306457号

※口コミ評価はウリドキやその他サイトの情報を参考にしています

福ちゃん

★★★☆☆3.6

出典:福ちゃん
以前に中尾彬さんのCMで福ちゃんのことを知り、メディアにも出されるくらいのお店なら、信頼が置けると思い、このお店に決めました。査定してもらったものが切手だったので、入金は査定後2日ほどで行われました。切手にしては、自分の思っていた金額より少し高めだったので、大満足です。

ミミズクさん

こちらの買取ショップを利用したのは、ブランド品を売ろうと思いネットで調べていて見つけたからです。査定から私が返事をしてすぐに入金されていたので、大変スピーディーでした。高い金額で売ることが出来たので満足しています。

りーなさん

公式サイト

特徴

  • 古銭の買取実績が豊富
  • 錆や汚れのある古銭も査定可能
  • 店頭・宅配・出張買取が選べる

店舗紹介

福ちゃんは、天保通宝を含む穴銭をはじめ、刀銭、小判、外国古銭など、多彩な古銭を取り扱っている買取店です。価値の見極めがむずかしい古銭も、経験豊富な専門査定士の目利きで、きちんと価値に見合った価格を提示してもらえます。

長い間保管していたことで、錆や汚れがついてしまった古銭でも、種類によっては買取可能です。価値のあるものなら高値がつく可能性があるため、そのまま持ち込んで見てもらいましょう。

実店舗へ直接売りに行くほか、郵送や自宅訪問による買取も依頼できます。お店が近くにない場合は宅配買取、持ち運べない大量の古銭を売りたいときは出張買取がおすすめ。どの買取方法も査定料や手数料がかからないので、好きな方法を利用してみてください。

買取実績

  • 穴銭・銀貨・中国古銭など:24,000円
  • 中国古銭 中型など:280,000円
  • 天保小判金 舟七 鑑定書付き:120,000円

出典:古銭買取|福ちゃん

店舗情報

店舗名福ちゃん
営業時間9:00~20:00(問い合わせ)
定休日年中無休 ※年末年始は除く(問い合わせ)
主な買取ジャンル着物、古銭、骨董品、洋服など
買取方法店頭、宅配、出張
運営会社名株式会社REGATE
古物商許可番号大阪府公安委員会 第621060140991号
査定士
その他特徴WEB査定あり

バイセル【PR】

バイセル 骨董品
出典:バイセル
父の古銭とネクタイピンを買取していただきました。
丁寧な査定をして頂き、対応もよく満足です。
ありがとうございました。

58 Rさん

予想以上の査定額に喜びが隠せませんでした。実家にあった小判3枚がなんと24金S(総重量100g弱)とのこと、天皇即位記念10万円金貨、古銭や切手、宝石類も査定してもらえました。スタッフの方もとても良くしてくれて、色々と丁寧に説明もしていただきとても参考になりました。駐車場の無料券も有るとのこと。オススメです。是非また利用します。

ヴァル原コンボさん

公式サイト

特徴

  • 出張・宅配買取は全国対応
  • どのような古銭も適正に評価
  • 24時間いつでも相談可能

店舗紹介

バイセルは、ブランド品や日用品などの一般的なアイテムはもちろん、着物や骨董品、古銭といった専門知識を要する品物の買取も得意としています。全国の主要な地域に展開する店頭以外に、全国対応の宅配買取・出張買取が利用可能です。

古銭買取では、状態の悪いものや鑑定書のないもの、少量・大量の古銭も、一点ずつ丁寧に価値を評価。偽造貨幣や、プレミアがつきやすいエラー貨幣も、プロの目でしっかりと見分けるので、安心してお任せしましょう。

同店では、24時間年中無休で電話やメールからの問い合わせを受け付けています。「売りに行く前に相談したい」「こんな状態でも買取ってもらえるのか不安」というときは、いつでも気軽に問い合わせてみてください。

買取実績

  • 大判、小判など複数の古銭:733,000円
  • 万博記念プルーフ貨幣セットほか:999,600円
  • 旭日50銭銀貨や竜50銭銀貨:1,719,339円

出典:古銭買取|バイセル

店舗情報

店舗名バイセル
営業時間24時間(問い合わせ)
定休日年中無休(問い合わせ)
主な買取ジャンル着物、切手、ブランド服、時計など
買取方法店頭、宅配、出張
運営会社名株式会社BuySell Technologies
古物商許可番号東京都公安委員会 第301041408603号
査定士
その他特徴

七福本舗

★★★★☆4.8

出典:七福本舗
今回は外貨と古銭・記念硬貨の査定依頼で伺いました、非常に敏速・丁寧な対応に大変満足にて気持ちの良い査定をして頂き感謝です。

宮沢潔さん

祖父の遺品整理で古銭を中心に買取をお願いしました。知識も豊富で手際も良く、それぞれの品物がどれくらいの価値なのかも分かり易く説明頂き安心して取引させて頂きました。
また機会があれば是非とも利用したいです。

Masaaki Satoさん

特徴

  • 最寄駅から徒歩1分の好立地
  • 幅広い古銭を取り扱う買取店
  • LINEで簡単に事前査定

店舗紹介

七福本舗は、貴金属・記念硬貨・古銭などを中心に取り扱っている買取店です。東京都台東区の根津駅から徒歩1分と、立ち寄りやすい好立地に位置しています。

江戸時代ごろの貨幣から、比較的新しい昭和30~40年代ごろの100円硬貨まで、幅広い古銭が買取対象です。価値や種類が不明で、「銀行では取り扱ってもらえなかった」「他店で買取を断られた」という古銭は、七福本舗に一度相談してみるといいでしょう。

来店する前にある程度の買取価格を知っておきたい人は、LINE査定がおすすめです。写真を送るだけで簡単に仮の査定結果を教えてもらえるので、ぜひ活用してみてください。

店舗情報

店舗名七福本舗
営業時間10:30~19:00
定休日無休 ※年末年始を除く
主な買取ジャンル貴金属、切手、古銭、ブランド品など
買取方法店頭、宅配
運営会社名七福商事株式会社
古物商許可番号東京都公安委員会 第306601306457号
査定士
その他特徴メール・LINE査定あり

天保通宝を売るときに注意すること

天保通宝のような古銭は、売却先によって買取価格に大きな差が生じる可能性があります。「とりあえず古銭を取り扱っているから」「お店が近所だから」といった理由だけでお店を選ぶと、損してしまうかもしれません。

古銭を売るにあたって、以下の点を押さえておきましょう。

古銭の買取に強いお店を選ぶ

天保通宝は、古銭に精通した査定士に見てもらうことが大切。種類ごとの細かな違いの見分けや、エラーなどのプレミア価値を見逃さないためには、専門知識とスキルが必要です。

古銭の買取を行っているからといって、必ずしも正確な価値を見てもらえるとは限りません。できれば古銭を専門に取り扱っているお店か、古銭の買取実績が豊富なお店を選ぶようにしましょう。

1店舗の見積もりだけで即決しない

古銭に詳しいお店に買取を依頼したとしても、提示された金額が本当に妥当なのか、そこが一番高く売れるお店なのか、ほかの店舗と比較してみないことには判断できません。

買い叩きの防止や、より高価買取を目指すためにも、なるべく複数店で査定してもらうようにしてみてください。

天保通宝に関するQ&A

天保通宝を自分でコレクションしていたわけではなく、遺品や古屋の整理をしていたときに見つけたという人は、いまいち価値や正しい扱い方がわからないですよね。

ここでは、天保通宝についてよくある疑問を2つ挙げて解説します。

天保通宝の磨き方は?

買取に出すなら、きれいな状態にしておいたほうが高く売れると考える人もいるでしょう。ところが下手に磨いて傷をつけてしまうと、価値を大きく下げてしまう恐れがあります。

そもそも、古銭は古いからこそ価値があるものなので、余計な手を加えずそのままの状態で見てもらいましょう。

偽物(レプリカ)の見分け方は?

先述したように、各地方の藩が偽造したレプリカの天保通宝が多数存在するため、自分の天保通宝が本物か、偽物か気になる人もいるでしょう。

それぞれ文字の形やデザインなどに少しずつ違いはありますが、素人目ではなかなか正確に見分けられません。やはり専門家に見てもらうことが賢明でしょう。

天保通宝は専門の鑑定士に見てもらおう

天保通宝には、本物・偽物を含めて豊富な種類があり、それぞれ価値が異なります。一般的に、偽造されたものには価値がつかないことがほとんどですが、天保通宝については本物よりも高額で取引されることも少なくありません。

本記事でお伝えしたように、種類ごとに特徴はあるものの、プロの目でないと正確に見分けることはむずかしいものです。手持ちの天保通宝にはいくらの価値があるのか知りたい人は、信頼できる専門店で査定してもらいましょう。

無料

60秒

一括査定で最高額を調べる