ゲオの買取に必要な身分証は?用意が必要な本人確認書類を紹介

  • 2020年8月17日
ゲオ_身分証

ゲオで買取をしてもらいたいけれど、持っている身分証明書が本人確認書類として使えるか知りたい。

店頭買取・宅配買取で求められる身分証明書の条件は違うのか、有効な身分証明書にはどのようなものがあるのか。

学生証やスマホで撮影した書類は有効なのか、また宅配買取を依頼する際に、コピーすべき箇所はどこなのか。

本稿では、そのような疑問への答えをまとめています。ゲオで買取を依頼する際にに必要な本人確認書類について、こちらの記事を参考に買取準備を進めてください。

ゲオの買取には身分証が必要

ゲオで買取を依頼する際には、古物営業法に基づいた本人確認書類を提示する必要があります。本人確認書類として認められる身分証明書には、以下のようなものが挙げられます。

  • 運転免許証・運転経歴証明書
  • 学生証(写真付き)
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • 日本国パスポート
  • 身体障碍者手帳(写真付き)
  • 外国人登録証明書・在留カード・特別永住者証明書
  • 小型船舶免許証

ゲオに限らず中古買取を依頼する時には、上記のような身分証明書が必ず求められますのでご注意ください。

身分証を出す際の注意点

ゲオで身分証明書および本人確認書類を提出する際には、以下のような点に気をつけなければなりません。

  • 写真付きかどうか
  • 有効期限は切れていないか
  • 通知カードだけのマイナンバーカードはNG
  • 撮影したものはNG
  • 公共料金の領収書は発行3カ月以内に限る

写真付きかどうか

学生証や住民基本台帳カードを身分証明書として使う場合、本人確認のため写真付きであることが重要になります。言い換えると写真の付いていないこれらの書類は、ゲオで本人確認書類として使うことができません。

有効な運転免許証やパスポートがあれば、写真が付いているため問題なく本人確認ができます。これらの書類がなく、学生証や住民基本台帳カードを本人確認書類にする場合は、写真付きであることが前提となりますのでご注意ください。

有効期限は切れていないか

運転免許証や学生証、パスポートや在留カードなどは、有効期限が切れていると本人確認不可となります。つまり、卒業した学校の学生証や無効となった書類は身分証明書には使えません。

ゲオで買取を依頼する際には、上記の本人確認書類リストを参考に、期限の更新された有効な身分証明書を用意してください。

本人確認書類の提示は、古物営業法で義務付けられており、宅配買取を依頼する際も必要になります。書類に不備があると買取不可となりますので、気をつけましょう。

通知カードだけのマイナンバーカードはNG

マイナンバーカードを身分証明書として使いたい場合、個人番号(マイナンバー)通知書や、通知カードだけでは本人確認書類として使えません。

ゲオの買取で本人確認書類として提示するためには、写真付きのマイナンバーカードが必要です。

個人番号通知書や通知カードは、マイナンバーつまり個人番号を知らせるための書類で、身分証明書ではありません。

写真付きのマイナンバーカードとは、ICチップ付きで氏名・住所・生年月日・性別・マイナンバー(個人番号)と本人の顔写真が表示されたものを指します。

撮影したものはNG

ゲオの店頭買取で身分証明書を提示する場合、指名・生年月日・現住所の記載されたオリジナルの原本であることが条件となります。

スマホなどで運転免許証やパスポートを撮影したものでは、本人確認書類として不可となりますのでご注意ください。

また、18歳未満の方が親権者の同伴で買取を依頼する際は、同伴の親権者の方の本人確認書類が必要です。この際も撮影されたものではなく、身分証明書原本の提示が必須となります。忘れずに持参するようにしましょう。

公共料金の領収書は発行3ヶ月以内に限る

本人確認書類に各種健康保険証を使用する場合は、公共料金の領収書のコピーが別途必要となります。公共料金の領収書とは、発行日より3カ月以内の「電力会社」・「水道局」・「ガス会社」で発行されるものを指します。

これらの書類を本人確認補完書類として使用する場合、本人名義で現住所が記載されているもののみ利用可能ですのでご注意ください。

また世帯主が家族の方で、領収書がその方の名義になっている場合、名字が同一であれば利用可能な場合もあります。

宅配買取利用時は身分証のコピーが必要

ゲオの宅配買取を利用する際にも、古物営業法に基づいた本人確認書類が求められます。身分証明書となるいずれかの書類のコピーを、買取してもらうアイテムに同梱して発送してください。

万が一同梱を忘れてしまった場合、別途店まで送る必要があります。

ただし公式サイトの申込みフォームにて「本人確認書類画像アップロード」を利用した場合、この手続きは不要となります。

本人確認書類は、送付時点において有効であり、現住所の記載があるものが有効です。

学生証や住民基本台帳カード、身体障碍者手帳は、写真付きのもののみ有効となります。また、コピーをする際には以下のポイントに気をつけてコピーを取りましょう。

  • 名前、現住所、生年月日の記載のある面をコピー (各書類共通)
  • 裏面に現住所が記載されている場合は、裏面もコピー (運転免許証など)
  • 申込者が被扶養者の場合、申込者名記載のページもコピー(健康保険証など)

買取前には身分証の確認も

ゲオの買取で必要となる身分証明書および本人確認書類について、有効な証明書のタイプや注意するべきポイントをまとめました。

中古アイテムを買取に出す場合は古物営業法に従い、本人確認書類となる身分証明書の提出が義務付けられています。

身分証明書として有効な本人確認書類は、氏名や現住所、生年月日が確認できるもの以外に、書類によっては写真付きであることが求められます。

店頭買取の場合は書類の原本を、宅配買取の場合は必要部分の身分証コピーを提示しなければなりません。これらの書類がないと買取ができなくなりますので、忘れずに確認するようにしましょう。

関連記事

ゲームやスマホなどを使わなくなったらゲオの買取サービスがオススメです。 DVDやCDのレンタル、ゲーム機やゲームソフト、本などの販売・買取をしているゲオ。全国に150以上の店舗を展開しており、店舗によっては家電製品や衣服なども取り扱う店も[…]

ゲオ_営業時間