人気ウイスキー「白州」を買取に出すならどこ?

hakushu_kaitori_thumb

ウリドキで、プロに簡単に査定申し込みができる!

今すぐ査定依頼

サントリーが誇るジャパニーズウイスキー「白州」。
様々な賞を受賞している人気のウイスキーですが、近年のウイスキーブームの影響で需要に対し供給が追いついておらず、原不足により終売・休売が相次いでいます。
そのため、中古での買取価格も高騰しているのが現状です。

もし、自分では飲まないのに白州を持っていたとしたら……?
ただ眠らせておくくらいなら、買取店に売ってしまうのがおすすめです。

この記事では、白州を売るのにおすすめの買取店や、売る際の注意点をご紹介します。

白州とは?

白洲は、サントリーの蒸留所で熟成されたウイスキーブランドです。山梨県北杜市白州町の名を冠せられた蒸溜所は、日本最古としても知られている山崎蒸溜所と双璧をなす存在であり、独特の味わいと個性を持つモルト原の製造で知られています。

特に白洲25年や白洲18年、白洲12年や白洲10年など世界的に評価の高いジャパニーズウイスキーの代表格とも言えるブランドを揃えており、多くの愛好家の舌を唸らせてきました。
日本アルプスの麓から湧き出る清らかな水と高品質な麦芽を多彩なポットスチルで蒸留、長期間熟成することで山崎蒸溜所とは違った個性を与えられています。

山崎よりも癖がなく飲みやすい

白洲にあって山崎にはない個性が、泥炭(ピート)です。
白洲からほのかに立ち上る薫香は、泥炭によって与えられており、よりウイスキーの本場に近い味わいを持ちます。特に白洲12年や10年は、初めて楽しむ方にとっても飲みやすい風味に仕上げられています。

また白洲は、山崎に比較して癖がなく飲みやすいライトな風味に仕上げられており、キレのある辛口も特徴と言えるでしょう。
この味わいのもととなっているのが、軟水性の高いアルプスの水です。原料として使われている水質が、柔らかいほどのどごしがよく、スッキリとしたのみ口に仕上げられています。

買取価格相場

白洲の買取価格は上昇しており、主に2015年以降のジャパニーズウイスキーブームとその定着、さらに原不足が背景にあります。
中でも最も高値がついているのが、白洲25年リミテッドエディションの29万円以上、白洲25年シングルモルト28万円以上などです。またサントリーの樽買いにより誕生した新オーナーによる、白洲オーナーズカスクシェリーパットも27万円と高値で買取りされています。

人気の高い白洲18年リミテッドエディションと白洲18年シングルモルトも人気を集めており、販売価格の4~5倍に相当する4万~5万円前後の値がついています。熟年数が長いものほどの価値が高くなる傾向が顕著です。

庶民にも手が届きやすい白洲12年や10年ものでは、1万5000円~1万7000円前後で買い取りされており、メーカー小売価格に比較すると50~70%も高くなっています。またサントリーは、原酒不足を理由に2018年6月から白洲12年の販売休止を発表しているため、今後10年前後は高値が続くものと考えられます。

この他にも白洲蒸溜所30周年記念ボトルが20万円以上します。さらに1つの樽で熟成された原酒を加水することなく、アルコール度数そのままに味わえる白洲樽出原酒シングルモルト15年が4万円になるなど、とどまるところを知りません。原酒不足やブームの定着により今後も高値での買取を期待できそうです。

おすすめの買取店3選

白洲を買取りに出すときにおすすめしたいのが、大黒屋とライフバケーション、ファイブニーズです。いずれもお酒買い取りに積極的であり、高値で査定してくれることから人気を集めています。また様々な方法で買い取りしてくれるため、利便性も高いです。

Do you know difference of each bottles?
photo by Daiji Hirata

大黒屋

特徴

  • 全国に20店以上と店舗が多い
  • 宅配買取は24時間365日対応
  • 事前に商品を店に送る「手ぶら買取」

買取店紹介

大黒屋は、あらゆる買取店の中でも最も高い信頼性と出店数が多いため利用しやすいです。白洲の買取では、主な銘柄を中心に小売価格を大きく上回る査定も高評価のポイントとなります。全国に20店舗以上もあるため、直接店頭を訪れて見積もりを出してもらうこともできます。

24時間365日対応している宅配買取であれば、自宅に居ながらにして白洲を買取できます。大国屋の公式サイトで名前や郵便番号、住所や連絡先電話番号やメールアドレスなどを入力するだけで、送料無料で宅配キットが郵送されます。
備考に買い取りに出したい白洲のボトル数や銘柄などを入力するだけで、適切な梱包サイズのキットが届くので、後は梱包して宅配業者に集荷してもらうだけです。配送料無料・損害保険30万円まで対応しており、非常に便利です。

また、「宅配買取では顔が見えなくて不安」という方のために、事前に店舗に商品を送って査定してもらい、後から店舗に行くことで査定の詳細を聞ける「手ぶら買取」というシステムもあります。

店舗情報

  • 店舗名:大黒屋 質渋谷店
  • 住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町23-11 リ・エムビル3F

ライフバケーション

特徴

  • 酒に特化した買取専門店
  • 写真を送るだけの事前査定

買取店紹介

ライフバケーションは、酒に特化した買取専門店です。
手軽に査定を受けられるため、手元にある白洲の価値を知りたいときにも利用できます。

方法はとても簡単、公式サイトの「お問い合わせフォーム」に必要事項を記入するだけなので、はじめての方でも利用しやすいです。また画像を添付できるので、手元にあるスマホやデジカメで白洲の画像を撮影しておきましょう。正面全体図や後背全体図がよく、ラベルがはっきりと分かるように撮影しましょう。

査定価格も高くなっています。白洲ノンヴィンテージものは低めですが、白洲12年や白洲18年、白洲25年などヴィンテージモルトになると小売価格時の50%以上の高値で対応してくれます。店頭買取や宅配朝定、出張査定に対応しているのでまとめて出す場合も便利です。買取店を比較検討するさいにもおすすめできる専門店です。

店舗情報

  • 店舗名:ライフバケーション横浜本店
  • 住所:〒221-0062 神奈川県横浜市神奈川区浦島丘2-35 1F

ファイブニーズ

特徴

  • 白州の買取実績が豊富
  • 多彩な買取方法

買取店紹介

酒専門店ファイブニーズもおすすめできます。
白洲の買取りに力を入れており、2019年5月1日までに106本も取引しています。査定平均額は1万4000円となっており、一般的な白洲の小売価格よりも40%も高いです。最高買取額は白洲25年の28万5000円となっており、売りに出すさいに高値査定を期待できるお店と言えるでしょう。

多彩な買取方法も魅力です。まず24時間対応しているオンラインならその日のうちに仮査定が完了、ネット経由で取引したい方におすすめします。
なにより早く査定してほしいなら、電話がおすすめです。
電話口で価格交渉もできるため、高値査定を期待できます。この他にもLINEや写メに加えて、容姿に記入して送信するだけのFAXにも対応しており、ネットや写メが苦手な方にも利用してもらえます。
店頭・宅配・出張に対応しているため、全国各地から利用できる買取店です。

店舗情報

  • 店舗名:ファイブニーズ 錦糸町本店
  • 住所:〒130-0012  東京都墨田区太平4-13-2  太平サクラビル3F

売る際の注意点

hakushu_kaitori
photo by jit bag

付属品を揃える

白洲を買取店に売るさいの注意してほしいポイントが、付属品が全て揃っていることです。
専用の化粧箱や冊子など付属していたものを揃えて買取すれば、完品扱いしてもらえます。もし化粧箱がなかったり、本来あるはずの冊子類がない場合は欠品ありと判断され、査定額が下がることが多いです。

未開封・未使用

未開封・未使用であることも重要なポイントです。ボトル口にあるパラフィルムやキャップが開封されていると使用済みと判断されるため、開封しないようにしてください。白洲はアルコール度数が高いため、長期間保存できますが、開封してしまうと独特の薫香が損なわれてしまったり、アルコールが蒸発して内容量が減少したり、味わいが水っぽくなる場合があります。中古品扱いされると売値が下がるため注意しておきます。

状態を綺麗に保つ

白洲ブランドが分かるラベルは剥がさないようにしましょう。ラベルはウイスキーにとって本人確認証なので査定に欠かせません。一部が剥がれかかっていても剥がれないように注意して買取りに出します。

破損や破れ等があると価値を査定で不利になることがあります。化粧箱に破れがあったり、過剰に日焼けしていると美観的に良くないため、査定が下がることもあります。また汚れや誇りなどがついていたら、軽く拭き取っておくと良いです。ただし経年劣化に対してはそのままにしておきます。素人判断で対応すると状態が悪化する恐れがあるからです。

複数の買取店で査定を

売るときは、必ず複数の買取店の査定を比較します。買取店によって白洲の査定額が違ってくるため、比較検討することでより高値で売れます。できれば2~3社程度の買取店の査定額と比較することをおすすめします。この他にも無料査定サイトを使って見積もりを比較検討したり、相場を知るためにネットオークションやフリマアプリで売値を確認しておくと良いです。

白洲を買取に出す際には付属品や状態、ラベルや本体の状態に加えて複数の買取店の査定を利用してください。

まとめ

白洲は、ジャパニーズウイスキーブームにより高値で買取されています。山崎にはない独特の薫香や飲みやすさが魅力になっており、はじめての方から愛好家までが楽しめる魅力があります。原酒不足により小売価格の50%以上で取引されており、市場でも高く評価されています。

もし白洲を処分したり売りたいと思っているなら買取店煮出すことをおすすめします。付属品が揃った完品状態で未開封であれば、高値での売却を期待できます。

ウリドキで、プロに簡単に査定申し込みができる!

今すぐ査定依頼