図書カードを換金したいときに知っておくべき換金のコツまとめ

図書カード買取

お祝いやプレゼントなどでもらうことの多い図書カードと図書券ですが、本や漫画をあまり読まない人にとっては使い道があまりないですよね。かといって引き出しの奥に眠らせておくのももったいないので、使い道のない図書カードは換金しましょう。

換金をするときの知っておきたいのが買取相場や換金率を高くする方法。どこでもいいから適当に買取してもらったのでは驚くほど安値での買取になることもあります。図書カードや図書券を買取してもらいたいときに知っておくべき換金方法をまとめましたので紹介します。

そもそも図書カードは換金できる?できない?

まず、そもそも図書カードが換金できるかできないかということについてですが、原則として発行元での換金はできません。

つまり、図書カードを購入した書店やコンビニなどで、現金に払い戻してしまうことはできないのです。

しかし、図書カードを買取店やフリマアプリ、オークションなどで売ることで、現金へと換金することは何の問題もありません。

もちろん、額面通りの金額で換金してもらうことは難しいですが、なるべく近い金額で換金することは十分に可能です。

図書カードの換金方法とは

では、実際に図書カードの換金を行う場合、どのような方法が考えられるのでしょうか?

代表的な方法としては、以下の3つがあげられます。

  • 買取店に売る
  • フリマアプリで売る
  • オークションで売る

上記が、とくに準備も必要なく手軽に売ることができる方法として代表的なものです。

図書カードは金券などとほとんど同じ扱いですので、特にトラブルの心配がない買取店に売るのが金額や手間を考えても、一番おすすめです。

図書カードの換金に必要なもの

図書カードを買取店に売る際に必要なものは、基本的に現住所の確認できる身分証明書があれば問題ありません。

別途顔写真の確認ができるものが必要だったり、顔写真がついていても住所の記載がない場合は、現住所の確認できる郵便物などが必要な場合がありますので、注意が必要です。

以下に代表的な買取に必要な身分証明書をまとめたので、参考にしてみてください。

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証(健康保険、国民健康保険、共済組合、船員保険)
  • 日本国パスポート
  • 年金手帳
  • 外国人登録(済)証明書

未成年は換金できる?

原則的に、未成年の方が図書カードを換金することは法律上できません。

換金・買取をしてもらう際は、保護者に同意書を記入してもらったり店頭まで同伴してもらう必要があります。

なお、高校生でない場合は都道府県によりますが、18歳以上であれば買取してもらえる場合もあります。ですが、基本的には未成年の買取は難しいと思っておいたほうが良いでしょう。

図書カード一枚のみでも換金は可能?

買取店によって異なるので、一概には言えませんが基本的に一枚のみでも図書カードを換金してもらうことは可能です。

ただし、店頭買取の場合は郵送買取と比べて後述する換金率が低くなってしまいますし、郵送買取の場合は買取の際にかかる費用を鑑みると実質的な換金率が低くなってしまう場合があります。

図書カードは、まとめて売ることによって一枚あたりの換金率を高めてもらうよう交渉することも可能なので、一枚のみで売るよりはまとめて売るのがおすすめです。

図書カードの換金率とは

図書カードや図書券は金券ですので本や漫画を買うときには現金と等価になり1000円分の図書カードや図書券には1000円分の価値があります。ところが図書カードや図書券でコーヒーを飲むことはできませんし、お米を買うことも出来ません。

汎用性が低いため図書カードや図書券を買取するショップでは額面よりも安い金額で買取することになります。ショップがリセールするときに1000円の図書カードを1000円で売っても買ってくれる人はほとんどいません。

1000円の図書カードを販売価格950円などで販売することで本屋さんで買うよりも安く買えることをアピールして図書カードや図書券のリセールをします。そうなると買取価格は950円以下になることはわかりますよね。950円で買取して950円で売る商売はありません。

買取価格が800円だとしましょう。そこで買取ショップは150円の利益を得ています。この場合換金率が800円/1000円×100=80%ということになります。

換金率は高ければ高いほど売り手に入ってくる金額が高くなりますので、少しでも換金率の高いショップで買取をしてもらうようにしましょう。

図書カードの買取相場

図書カードや図書券の買取相場の平均換金率は90.5%になります。

換金率が非常に高いショップでは換金率が94%を超えるショップも珍しくありません。反対に買取ショップによっては80%という非常に低い買取価格となることもあります。

買取価格に大きな幅があるため、大量に売るようなときはその差額は決して小さな金額ではありません。

10万円分の図書カードを換金率95%のショップと80%のショップに買取してもらう時の差額は1万5千円にもなるので買取ショップ選びは慎重にする必要があります。

図書カードの換金率をより高くする方法

図書カードも図書券も重要なのは保存状態です。できるだけ新品と同じ状態で保存しておくことで換金率が高くなります。

また、換金率が高くなる方法というよりはそもそも換金率が高い図書カードというものがあります。

それがグラビアアイドルやアニメ・ゲームなどの絵柄の図書カードです。これらは普通の金券ショップに持っていくよりも、駿河屋などそのジャンルに精通したコレクター向けの買取店に持っていくのがおすすめです。

プレミアのついた図書カードは額面以上の金額で買取をしてもらえることがあるので、専門の買取ショップかヤフオクなどを利用してみてはいかがでしょうか。

換金できない図書カードについて

図書カードや図書券は状態が悪い場合買取不可となることがあります。

破れたりシワが入った図書券や、落書きされている図書カードが買取不可になることがあります。使用に支障がなければ買取をしてもらえることもありますが、買取価格が大幅に下がることもあるの注意が必要です。

また、使用中や使用済みのもの(穴が開いているものすべて)も買取不可になります。図書カードは磁気カードですので折れ曲がったものも換金できません。

換金できない図書カードの処分方法

換金できなかった図書カードですが、換金できない理由によっては対処できることがあります。

折れ曲がったことで読み取りエラーになった図書カードは実は日本図書普及株式会社で郵送交換してもらうことが出来ます。

折れ曲がったカードからカード残額を調べることができ、その金額と同額の別カードが送られてきます。

まだ使えるけど傷やよごれのせいで買取りしてもらえなかった図書カードや図書券はやはり使ってしまうしか方法はありません。

実は図書カードは一部のお店では本や漫画以外の購入が可能なのです。

例えばTUTAYAではCDDVDを図書カードで購入できるお店があります。ヴィレッジヴァンガードやアニメイトでは店内にあるすべての商品を図書カードが購入可能です。

本以外の商品も買うことができるため、換金できないからと言って捨ててしまわないようにしましょう。

おすすめ買取店

バイセル

着物
▶︎バイセルのwebサイトはこちら

《ウリドキ編集部おすすめ買取サービス》

特徴

  • 全国対応、最短で依頼日当日に訪問のスピード出張査定
    ※季節事情または地域により出張査定や即日対応が難しい場合もございます
  • 専門知識を持つスタッフが査定
  • 査定後、即現金化
  • 充実したサポート体制

買取サービス紹介

CMでもお馴染みのバイセルは、国内外に様々な販売ルートを持つ無店舗型の総合買取サービス。

買取申し込みから最短で依頼日当日に訪問してくれるスピーディな出張買取が人気です。

専門スタッフが査定を行うため、査定の難しい貴重な品物や高価な品物も安心して買取に出すことができます。

査定を受け買取金額に納得したら、その場で現金を受け取ることができるのも嬉しい特徴の1つ。

図書カード以外にも売りたい金券、切手などがあればまとめて査定してもらうことをお勧めします。

またサポート体制も充実しており、誰でも無料で利用できるお客様相談室では、買取に関する疑問や不安などを気軽に相談できます。

買取に慣れていない方でも気軽に申し込めるため、買取を検討している方は、まずバイセルに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

買取サービス情報

<<<お問い合わせはこちら>>>

▽お電話でのお問い合わせ
バイセルtel_カテゴリ縛りなし

▽メールでのお問い合わせ
バイセルmail_カテゴリ縛りなし

まとめ

図書カードや図書券は基本的にはお金と同じ扱いをされます。ですから買取金額も額面の9割程度で買取をしてもらえます。正しく管理していればその価値が下がることもありません。それでも使う予定がない図書カードをいつまでも持っているメリットはありません。

もし手元に使う予定のない図書カードがあるのであれば、高価買取をしてもらえるショップを調べて買取をしてもらいましょう。基本的には金券ショップで買取をしていますので、近くの金券ショップでの買取価格を調べて換金率に納得できれば買取してもらいましょう。

▼ウリドキTOPへ▼
ウリドキTOP