使わないテレカ(テレホンカード)を換金する方法とおすすめの買取店

テレホンカード買取

使わなくなったテレホンカード。捨ててしまわずに、せっかくならお金にしませんか?使用する機会が少なくなってきましたが、実は買取店で売ることができるんです。

今回はテレホンカード(以降「テレカ」)を換金する方法と、おすすめの買取店を紹介します。不要になったものがあれば、利用してみてはいかがですか?

テレホンカードには今でも使い道がある!

テレホンカード買取

テレカは、1982年にNTTの前身である日本電通電話公社から発売された、公衆電話用使い捨てプリペイドカード。

現在も同様ですが、公衆電話では1分通話する度に10円(100円玉で10分通話)を入れる必要があることから、長時間電話をする人は都度小銭を入れる手間がかかります。

また同社からすれば、金庫がいっぱいになった場合に機能が停止することから、問い合わせが多々あったとされています。

テレカが登場したことにより、利用者としては電話する度に小銭を入れる必要がなくなり、1度数で1分(10円)を通話した記録が残るので無駄なく使用することができます。また会社側は、機能停止を防止するだけでなく、硬貨集金を巡回する経費を省くことが可能になりました。

しかし、携帯電話の普及につれて公衆電話の利用率が減り、それに伴ってテレカの需要も減っていきます。一方で、初期のものや限定品に関してはプレミアがつき、換金する際には高値で取引されるようになっています。

テレホンカードを換金する方法

NTTの電話料金に充当

NTTでは、未使用の500円と1000円のテレカに限り、その金額分を翌月以降のダイヤル通話料金の支払いに充てることができます。

対象となるダイヤル通話は、以下のようなものになります。

  • 加入している電話
  • ISDN
  • ひかり電話(電話サービス)
  • ひかり電話オフィスタイプ(電話サービス ※ひかり電話ビジネスタイプ・ひかり電話オフィスAは除く)
  • docomoの携帯電話およびPHS

方法は、まず局番なしの116(携帯電話およびPHSは0120-116000)に電話します。

その後、通話料支払充当申込書を同社のホームページからダウンロード・プリントアウトし、記入した用紙と支払い充てるテレカを一緒にして、郵便局の窓口へ”特定記録郵便”で発送します。

注意点としては、テレカ1枚につき50円(税抜)の手数料がかかります。また発送する際には、郵便ポストでは先方で受理できないとのことなので、必ず郵便局の窓口から手続きをする必要があります。

その他にも気をつけておきたいポイントがいくつかあるので、詳しくは同社のホームページをご覧ください。

テレホンカードによる通話料金のお支払いについて

ネットオークションに出品

インターネットを通して、オークション形式で売買するサイトに出品する方法です。

Yahoo!が運営する「ヤフオク」や楽天、ディー・エヌ・エーが運営する「モバオク」など、大手のインターネット会社でやりとりするのがポピュラーです。

商品の撮影からディテールや状態を伝える紹介文、入札スタート価格、販売期間などを出品者で設定・入力をし、もっとも高い値段で落札した人とやりとりをして販売します。

全国の利用者を対象としていることから、ニーズの高い商品であれば高値で落札されることもあります。

今ではパソコンだけでなく、スマートフォンのアプリでもおこなうことができるので、外出先でも手軽にやることができます。写真もデジタルカメラではなく、携帯電話で撮ったもので掲載することもできます。

フリマアプリに出品

手軽さとユーザー数の多さから注目のフリマアプリ。空いた時間でやりとりできるのが大きな魅力です。

メルカリやラクマなどのフリマアプリでは、金券・チケットの出品は禁止されておりテレカも基本的には売ることができません。ただしコレクション目的としたキャラクター・芸能人・キャンペーン当選商品等であれば、出品可能とされています。

たとえコレクション目的としての出品だとしても、運営側に「金券として」判断されてしまうと出品停止にされてしまうことも。希少品でない限りフリマアプリでの出品には注意しましょう。

金券ショップや買取店で売る

街中にある金券ショップや買取店で査定してもらい売る方法です。

テレカをお店へ持っていき、値段がつけばその場ですぐに現金化してもらえるのがポイントです。専門のショップや買取店ではプレミアがついている商品においては高い値段がつくことがあります。

有名な場所としては、アクセスチケットやトミンズ、ネオスタンダードなどがあります。これらのショップでは、店頭での買取だけでなく宅配買取や出張買取をおこなっており、家にいながら査定・買取をしてもらえるところもあります。

各社のホームページでおおよその買取価格が掲載しているので、気になる人は一度相場を確認してみるのもいいかもしれません。なお、場所によっては店頭買取ではなく、宅配や出張買取のみのショップもあるので、事前に調べておくことをおすすめします。

各換金方法における価格相場

上でご紹介した方法でテレカを換金・買取をしてもらうといくらになるのでしょうか?おおよその相場をご紹介します。なお、美品かつ未使用の状態の最大価格になります。

  • NTTの電話料金に充当
    500円カード:500円
    1000円カード:1000円
  • ネットオークションに出品
    1枚 50〜100円前後
    ※まとめて出品するケースが多いため、概算になります
  • フリマアプリに出品
    50度数 1枚100円前後
    100度数 1枚150円前後
    ※人気の高いアニメやキャラクター、有名人に関しては500円以上で取引されています。

おすすめ買取店

バイセル

金券
▶︎バイセルのwebサイトはこちら

《ウリドキ編集部おすすめ買取サービス》

特徴

  • 毎月2万件以上の問い合わせ実績有
    ※バイセル公式サイトより
  • クーリングオフにも対応
  • 最短依頼日当日に訪問の出張買取サービス

買取サービス紹介

テレビCMでもお馴染みのバイセルは、毎月2万件以上の問い合わせ実績(バイセル公式サイトより)がある総合買取専門サービスです。

ベテラン査定士が常駐しており、お手持ちのテレホンカードも適切な価格で買い取ってもらうことができます。

買取を依頼する際には、全国対応・出張費などの手数料はすべて無料の「出張買取」の利用がお勧めです。

査定士が直接自宅まで来てくれるので、面倒な梱包や発送の手間はありません。

問い合わせから最短で依頼日当日に自宅まで来てくれるので待たされる心配がなく、スムーズに査定してもらえるでしょう。

また、こちらのサービスにはお客様相談室が常設されており、査定前・査定後の疑問点に丁寧に対応してくれます。

クーリングオフについてもこのお客様相談室が対応しており、買取成立後、8日間であれば返品してもらうことが可能です。

テレホンカード以外にも売りたいものがあれば、まとめて査定に出してみることもお勧めですよ。

買取サービス情報

<<<お問い合わせはこちら>>>

▽お電話でのお問い合わせ
バイセルtel_カテゴリ縛りなし

▽メールでのお問い合わせ
バイセルmail_カテゴリ縛りなし

金券ショップでのテレカ買取価格

カードショップトレジャー

  • 50度数 1枚300円
  • 100度数 1枚500円
  • 105度数 1枚600円
  • 300度数 1枚1000円
  • 320度数 1枚1200円
  • 500度数 1枚1700円
  • 540度数 1枚2000円

アクセスチケット

  • 50度数(2010年以降発行) 1枚180円
  • 50度数(2010年以前発行) 1枚150円
  • 50度数(金銀箔・漆塗り・張り合わせ・厚紙) 1枚60円
  • 105度数 1枚300円
  • 100度数 1枚100円
  • 300度数 1枚200円
  • 320度数 1枚200円
  • 500度数 1枚200円
  • 540度数 1枚200円

トミンズ

  • 50度数 1枚120円
  • 50度数(金銀箔・漆塗り・張り合わせ・厚紙) 1枚60円
  • 105度数 1枚160円
  • 100度数 1枚100円
  • 300度数 1枚300円
  • 320度数 1枚300円
  • 500度数 1枚500円
  • 540度数 1枚500円
  • 女性アイドル(旧アイドルは対象外)50度数1枚 200円〜
  • アニメゲーム50度数1枚 200円〜

ネオスタンダード

  • 50度数 1枚110円
  • 105度数 1枚150円
  • 100度数 1枚150円
  • 300度数 1枚400円
  • 320度数 1枚400円
  • 500度数 1枚550円
  • 540度数 1枚550円
  • 穴あきテレカ 残度数の5%

プレミアテレカの買取価格

テレカの中でも、限定品や即完売の人気商品にはプレミアがつくものが多く存在します。ここでは、その中で代表的なものをいくつかご紹介します。

アニメ系テレカの買取価格

「新世紀エヴァンゲリオン ドラゴンマガジン 1997年8月号抽選プレゼント」
→12万円〜17万5000円

アイドル・グラミア系テレカの買取価格

「堀北真希 ヤングジャンプ 抽選プレゼント」
→2万3000円〜3万5000円

ゲーム系テレカの買取価格

「ラブプラス+ 電撃ゲームス 抽選プレゼント」
→1万円〜1万7000円

有名人テレカの買取価格

「田村 正和 ぴあ 抽選プレゼント」
→9000円〜1万5000円

競走馬系テレカの買取価格

「ジャングルポケット 競馬ブック 抽選プレゼント」
→1500円〜3000円

まとめ

携帯電話が中心の生活となっている昨今では、テレカを使った公衆電話のニーズが減っています。

それによって、テレカの製造数も年々少なくなってきているのが現状です。しかし、ゆえに希少価値が上がっているものもあり、限定品においてはプレミアがついているものも多くあります。

テレカは現金と同等の扱いです。条件はありますが、捨ててしまうより買い取ってもらってお金に換える方がお得でしょう。もし家にテレカがあれば、一度どんなものがあるか整理してみると良いでしょう。

もしかしたら、高く値段がつくものがごろごろ登場するかもしれません。

▼ウリドキで買取価格をチェック▼

ウリドキ