【札幌】雑誌の高額買取タイトルとおすすめの古本屋も紹介

雑誌

マンガ誌やファッション誌など、多岐に渡る分野がある雑誌。

定期的に買っていて、自宅に読まなくなった過去の雑誌があるという方も多いのではないでしょうか。

雑誌はもともと定価が安く、高額買取のイメージが湧きにくいですが、中には高額で取り引きされているタイトルも存在します。

今回は札幌でおすすめの雑誌買取店と、高額査定が期待できる雑誌を紹介します。掃除や片付けで処分してしまう前に、買取を検討してみてはいかがでしょうか。

高額査定が期待できる雑誌

多くの雑誌は、流行の情報をいち早く伝えることを目的として発売されているため、基本的に最新のものほど高値がつきます。

ただし古いものの中には、ほぼ購入時の価格に近い値段が付けられるものや、プレミアが付いて1冊数万円で買取される雑誌も存在します。

ここでは高額買取が期待できる雑誌のタイトルと買取相場を紹介します。

お手持ちの雑誌の中に、意外なお宝が眠っているかもしれません。

TVガイド

1962年8月に創刊され、雑誌界でも有名なTVガイド。

アイドルなど人気芸能人が表紙が表紙を飾っていると、買取価格が上がる傾向にあります。

1960年代の号が数万円で取り引きされており、最新のものは人気芸能人が表紙であれば定価の約半額前後で売れることが多いです。

  • 買取相場:80円~50,000円

別冊たのしい幼稚園

講談社が1972年8月から1973年10月まで刊行していた月刊誌です。

約1年間ほどしか発刊されていなかったものの、レトロな玩具類の情報が掲載されているなどの点から、現在ではマニアに好まれています。

1冊数万円で売れることが多く、高額査定が確実なタイトルです。古い雑誌の情報に精通した買取店で、納得のいく買取を目指しましょう。

  • 買取相場:10,000円~85,000円

アニメージュ

徳間書店から1978年より創刊されているアニメ雑誌です。

最近は声優の情報目的での需要が高くなっており、定価を超える価値のつく号が存在します。発行日を問わず、まずは査定を依頼してみましょう。

なお1980年代、1990年代に発売された号は年間12冊まとめて売ることで、より高額査定が期待できます。

  • 買取相場:50円~2,500円(※1冊価格)

価格参考:駿河屋

札幌でおすすめの買取店5選

ばれろん堂

ばれろん堂

《ウリドキ編集部おすすめ買取店》

特徴

  • 北海道全域出張買取対応
  • 数千冊以上の大口買取可能
  • 最新の古本相場に精通

買取店紹介

ばれろん堂は、札幌を中心に本の買取を行うお店です。

同店は全国の有力古書店とのネットワークを確立しており、最新の古本買取相場に精通しています。

雑誌の買取実績も豊富で、アニメ誌やスポーツ誌など、どのような分野であっても最新の市場価値を反映した査定が期待できます。

また北海道全域に対応した出張買取を行なっており、札幌近郊都市への買取も迅速に対応してもらえます。

過去にはなんと10万冊以上のもの大口買取を行った実績もあり、コレクションしていた大量の雑誌も正当に評価してもらえる、札幌でおすすめの買取店です。

買取店情報

会社名:株式会社ディコーラム
店舗名:ばれろん堂
サイトURL:https://sapporovalerondo.jp/
電話番号:011-821-3336
住所:
●平岸本店
〒062-0934 北海道札幌市豊平区平岸4条3丁目7-11

●南郷店
〒003-0022 北海道札幌市白石区南郷通18丁目南1-3

ミューブックス

→ミューブックスの口コミ情報はこちら

特徴

  • 古本出張買取専門店
  • 即日の急な出張買取も対応

買取店紹介

ミューブックスは、札幌市に拠点を置く古本の出張買取専門店です。

趣味関連の専門誌の査定を得意としています。バイクや車の雑誌、健康雑誌、芸能雑誌の大量のバックナンバーなどは特に高額買取が見込めるかもしれません。

その他幅広いジャンルの雑誌を扱っており、着物雑誌やファッション雑誌など、多くの買取実績があるようです。

大量の本の買取も受け付けているので、様々な分野の雑誌を売りたいという方におすすめです。

買取方法

  • 出張買取※大量の依頼の場合、持ち帰りになる場合あり

会社情報

  • 会社:ミューブックス
  • 住所:北海道札幌市西区西野6条4丁目4−39

駿河屋

→駿河屋の口コミ情報はこちら

特徴

  • 2018年札幌に実店舗オープン
  • 全国の需要を押さえた査定額を提示

買取店紹介

駿河屋は、幅広いジャンルの商品を扱う、販売・買取店です。

芸能雑誌から趣味に関する雑誌まで、全国の需要を押さえた査定額を提示してくれます。特にマニアに人気のある専門雑誌は、高額査定が期待できます。

札幌市内には、地下鉄南北線・すすきの駅近くのショッピングセンター「ノルベザ」の3階に実店舗を構え、店頭での買取を受け付けています。

また見積もり3,000円以上、もしくは30点以上から送料無料で宅配買取が利用できます。雑誌の他にも売りたいものが複数ある場合におすすめです。

さらに取引前に売りたい雑誌がいくらになるのか、ウェブサイト上で買取価格を検索できるので他店舗との比較に便利です。

買取方法

  • 店頭買取
  • 宅配買取

会社情報

  • 会社:株式会社エーツー
  • 住所:札幌市中央区南三条西5丁目1-1 ノルベサ3階

まんだらけ

→まんだらけの口コミ情報はこちら

特徴

  • 札幌「すすきの」駅より徒歩2分に実店舗あり
  • テレビ関連の雑誌が高額査定
  • 付録つき完品であればより高く売れる

買取店紹介

まんだらけは全国に展開するエンタメショップです。札幌市には中央区に店舗を構えています。

同店は、テレビ関連の雑誌の査定を得意としています。

テレビマガジン、テレビランド、てれびくんなど古いほど価値がつきやすく、高額査定が狙えます。付録が完品で更に数万円上乗せになるので、お持ちの場合は忘れずに査定に出しましょう。

また大手買取店では断られてしまうようなマンガ雑誌も、1970年代に発刊されたものであれば高額が期待できます。

宅配、出張、店頭と3つの買取方法から都合に合わせた取引の選択が可能です。宅配買取の送料は自己負担ですが、差し引きしても査定額に満足できる買取店です。

買取方法

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取

会社情報

  • 会社:株式会社まんだらけ
  • 住所:札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F

BOOK OFF

→BOOK OFFの口コミ情報はこちら

特徴

  • 日本最大級の古本屋さん
  • 札幌市内に10店舗以上あり

買取店紹介

古本買取といえばブックオフ、とお思いになる方も多いかと思います。

ブックオフは札幌市内だけでも19店舗を構える古本の大手買取店。他分野にわたる雑誌の買取を受け付けています。

値段がつけられなかった本は引き取ってもらえるので、処分のコストはかかりません。

大量買取も受け付けており、出張買取であれば本棚に入ったまま対応してもらえるので、前もって整理する手間もありません。

店頭、宅配、出張と3つの買取方法から選ぶことができ、全て即日で対応してもらえます。

出張買取を行なっていない店舗もありますので、買取申し込みの前に公式ホームページのチェックをお忘れなく。

買取方法

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取

会社情報

  • 会社:ブックオフグループホールディングス株式会社
  • 住所:北海道札幌市中央区南二条西1-3

買取前に知っておきたいポイント

雑誌を売る際に、知っておくとお得なポイントを4つ紹介します。

まとめ売りで高価査定に

雑誌は発売された1年分、もしくはシリーズものなどは、まとめて売ることで高額査定に繋がります。

中古で買い揃えてから売る必要はありませんが、ご自宅にまとめて売ることができるほどの冊数があれば、思い切って1度に買取ってもらいましょう。

まずは相談

「こんなに古い雑誌が売れるわけがない」「傷んでいるからやめておこう」と自己判断で処分してしまわずに、まずは買取店へ相談することがおすすめです。

希少価値が高い雑誌であれば、査定基準に傷みがあるものは査定が難しいと記載があっても、少しでも査定額をつけてもらえることもあります。

最新の雑誌は早期買取を

雑誌のほとんどは、話題の情報をいち早く伝えることを目的に発刊されます。そのため最新の雑誌は、早めに売ることで買取価格が上がります。

ただし上記で紹介したように、20~30年前に発売された雑誌の中には需要と希少価値が高く、高値で取引されるものもあるので、雑誌の買取に精通した専門店での査定がおすすめです。

都合に合わせた買取方法を選ぶ

買取方法は主に店頭、出張、宅配と3つの取引方法があります。

店頭買取は1冊から受け付けている店舗が多いので、冊数が少ない場合は店頭買取で依頼しましょう。

店舗が自宅から遠い場合や大量の本を依頼する際は、宅配買取や出張買取の利用がおすすめです。

都合に合わせた買取方法を選ぶことで、満足のいく取引ができます。

まとめ

札幌市内でおすすめの買取店と、高額査定が期待できる雑誌タイトルについて紹介しました。

雑誌の買取が難しいチェーン店が多い中で、価値や需要を判断し買い取ってくれるお店は十分に存在します。

複数店舗で査定額を比較し、納得のいく買取を行いましょう。