遺品は買取してもらえる?おすすめのお店や整理方法を紹介

遺品買取

大切な人が亡くなってしまった時に、遺品整理をする必要があります。

遺品整理をしていると、故人を思い出し、不要なものがあっても捨てるには気持ちが進まないこともあるでしょう。

そこでおすすめしたいのが遺品買取です。

故人が使っていた遺品をどこかで必要とする人に届く可能性もあり、買取によって遺品整理の費用を抑えることもできます。

今回は、遺品買取の買取品目や買取で得た遺産の扱いなどについて解説していきます。

遺品とは

遺品の買取を詳しく見ていく前に、遺品とは何かを改めて確認しておきましょう。

遺品とは、故人が生前所有していたすべての物のことを言います。

物を所有しているだけでは、金銭的価値がないため、遺品となります。

所有していることが条件となるため、会社など所有権が別にあるものに関しては遺品には含まれません。

遺品と間違えやすいのが、遺産で、遺産は金銭的価値のあるものが該当します。

後述しますが、遺品買取によって発生した金銭は遺産の扱いになり、適切な手続きが必要です。

故人が所有していたものか、金銭的価値があるかに注目して、遺品整理をしてみましょう。

買取できる遺品

遺品には、買取できる遺品と買取できない遺品があります。

遺品整理をするにあたって、買取できる遺品、買取できない遺品を分けることが大切です。

買取できる遺品からチェックしていきましょう。

骨董品・美術品

骨董品は、100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品を指します。

古いものの中には希少価値が高く、高額で取引されているものも存在します。

著名な作家による作品は、高値で買い取ってもらえるでしょう。

故人が大切にしていたが価値があるかどうかわからないという品も、一度査定に出してみることがおすすめです。

幅広い商品ジャンルに該当するため、査定に出す際は信頼できる専門の買取店に持って行きましょう。

買取価格

  • 備前装飾皿 北大路魯山人:600,000円

60man_rosanjin

陶芸や絵画だけでなく、料理家としても有名な北大路魯山人による装飾皿です。

料理の見た目にもこだわった、彼ならではの作品と言えるでしょう。

  • 掛軸 川合玉堂:1,500,000円

150man_gyokudo

明治から昭和の時代に活躍した日本画家、川合玉堂の風景画です。

川合玉堂は、高額買取してもらえる作家の1人です。

  • 水彩画 坂本繁二郎:1,000,000円

100man_hajiro

坂本繁二郎は、明治時代後期から昭和にかけて活躍した洋画家です。

馬を題材にした作品を多く残しています。

  • 鵬雲斎 掛軸:1,000,000円

100man_hounsai

茶道裏千家十五世家元の鵬雲斎による掛軸です。

出典:古美術永澤

貴金属

アクセサリーや時計、金貨などの貴金属類の買取価格は、その日の金属の純度とグラム数によって価格が決まります。

故人の使っていた古い貴金属類でも、状態がよいものやプレミア性のあるものであれば、より高値での買取も期待できます。

買取相場

金やプラチナの買取価格は、日によって変わります。

インターネットで検索すると日々の変動がみることができるので、売り時を逃さないようにしましょう。

宝石類

jewelry-625724_960_720

故人が女性の場合、遺品に宝石がある場合もあるでしょう。

宝石は種類や大きさなどが重要です。エメラルドやサファイアなどのポピュラーな宝石や大きな宝石は高額買取も考えられます。

買取相場

  • ルビー ビルマ産(1カラット):1,000〜60,000円
  • エメラルド コロンビア産(1カラット):1,000〜100,000円
  • サファイア ビルマ産(1カラット):500〜50,000円

ブランド品

ブランド品は、買取価格の予想が難しい遺品です。

人気のブランドであっても、デザインが古ければあまり値がつきません。

人気があり、デザインに需要があっても、状態が悪ければ値がつかないなど、故人が長く使ったものからは難しい品目と言えます。

買取相場

ブランド品の中でも海外での需要が高騰し、エルメスバーキンのように正規のお店で入手するのが難しいものは、綺麗な状態であれば、定価より高い値段で買取されることもあります。

中古でも状態の良いものは100万円以上の値段がつきます。

古書

古書には、歴史的な価値がある本もあり、高値がつく場合もあります。

骨董品や美術品と同じく、適切な査定には、専門性が必要であるため、大手チェーンではなく古書などを専門とする買取店に依頼をしましょう。

買取できない遺品

買取できない遺品は、「遺族にのみ価値のあるもの」「再販売・再利用できないもの」に分けられます。

「遺族にのみ価値のあるもの」の例としては、手紙や日記などの個人的なもので、商品にならないものが挙げられます。故人の思い出を振り返ることができる遺品であるため、買取に出すたい方は少ないかもしれませんが、念のため覚えておきましょう。

「再販売・再利用できないもの」は、劣化の激しかったり、型が古かったりする遺品が対象となります。故人の遺品には、長く使用しているものもあり、現在販売されているものよりも古い場合が多くあります。買取依頼を出しても値段がつかなかったり、断られたりするため、自分で処分する必要がでてきます。

また相続をしていない遺品については、買取に出すことはできますが、遺品の扱いや遺産の行き先などで親族のトラブルが起きてしまいます。相続し所有が明らかになった時点で、買取に出すか、保管するかなど遺品の扱いを決めましょう。

買取ができず、自分で遺品を処分する場合は、遺品をごみとして捨てたり、遺品整理業者などに依頼したりするなどの方法があります。業者に依頼すると、料金や下見の時間などお金、手間の両方がかかるため、急ぎでなく、処分に困るものがない場合は、自分で処分するのがおすすめです。

買取で得た遺産の扱いについて

遺品の買取で発生したお金は、遺産となります。買取できる遺品の中には、骨董品やアクセサリー類など高額な値段がつくこともあるため、事前に遺産の分配を決めておくことが重要です。

遺産分配や遺品の相続されないまま、買取で遺産が発生してしまうと、トラブルに発展するため、注意が必要です。

遺産の扱いについてはこちらのサイトも参考にしてみてください。

おすすめの買取業者

遺品の買取は、買取に出す品目や状態などによって買取価格に差が出るため、適切な買取業者に依頼することが大切です。

そこで、今回はおすすめの買取業者を5社ピックアップしました。どの買取業者に使用か迷っている方は、特徴や実績を比べて、選んでみてくださいね。

古美術永澤

古美術永澤
出典:古美術永澤

《ウリドキ編集部おすすめ買取店》

特徴

  • 幅広い骨董品を買取
  • 出張査定無料
  • 片付け不要、そのままの部屋の状態で査定可能

買取店紹介

古美術永澤は、創業25年の骨董品専門の買取店です。

掛け軸や絵画、茶道具、中国美術、金銀製品などあらゆるジャンルの骨董品を取り扱っています。

代表が骨董品のコレクターであり東京美術倶楽部の会員でもあるので、信頼のある査定が期待できる買取店です。

全国からの骨董品の買取を受付していて、出張・宅配・持ち込みの3種類から選ぶことができます。

どの方法を選んでも送料や手数料が無料なのが特徴です。

買取申し込み後は、それぞれ分野の専門のスタッフが鑑定するので、高額な作品を売りたい場合でも安心です。

また、出張買取の1つとして遺品整理もやっており、掃除せずにそのままの状態で査定してもらえるので、片付ける必要がなく便利です。

LINEまたはメール、電話の3つの方法から見積もりや買取に関する相談が出来ます。

買取実績

  • 商品名:絵画(棟方志功)
    棟方志功
    価 格:-
  • 商品名:印材(中国美術)
    印材
    価 格:-
  • 商品名:陶器(板谷波山)
    板谷波山
    価 格:-

口コミ

テレビCMを見て依頼しました。祖父から受け継いだ掛軸がいくつかあったので、掛軸に強い永澤さんにお電話しました。はじめてで不安もありましたが、女性オペレーターの方が親身に話を聞いてくれて、気持ちにゆとりができました。大事にしてきた掛軸なので、想像以上の金額で買取ってもらえてよかったです。

出典:EXTO

お問い合わせ

LINEバナー
電話バナー

買取店情報

  • 店名:古美術永澤
  • 電話番号:0120-08-5108
  • 住所:〒161-0033
    東京都新宿区下落合3-21-1 NKフジビル9F

なんぼや

特徴

  • 古美術全般に強い
  • 確かな鑑定力で高額買取
  • 駅近に店舗があるアクセスの良さ

買取店紹介

故人の遺品には、長年大切にしていた古美術品も多く確かな鑑定力を持った買取店への依頼したいものですよね。

なんぼやは古美術品全般に強く、ホームページに登場する海老澤鑑定士を始めとして、経験豊富な鑑定士が納得のいく遺品買取を実現します。

遺品に古美術品が多い場合は、駅近くに店舗が多くアクセスの良いなんぼやをぜひ利用してみましょう。

買取実績

  • 商品名:鉄瓶
  • 価 格:200,000円

口コミ

小倉店で買取して頂きました! すごく丁寧、親切に、他の店よりも高値で頑張ってもらいました。雰囲気もよく大満足です!!また機会があれば是非お願いしたいです!
なくなった祖母のルビーの指輪を買い取ってもらえるところを探していたところ、「ルビー買取強化中!」とインターネットにバナー広告が出ていたので利用しました。 査定の結果は他社よりも少し良い程度で、他にも相見積もりを撮りたかったのでお断りすると、当初の金額より2万ほど多い金額を提示されました。

買取店情報

  • 店名:なんぼや 札幌大通り店
  • 住所:〒060-0062
    北海道札幌市中央区南2条西3-1-2 三番街ビル1F・2F

アオイ商会(株)

アオイ商会
出典:アオイ商会

特徴

  • 関東甲信越を中心に出張費無料で買取可能
  • ほほすべての品目を買取できる
  • 廃棄物業者と提携し、遺品整理も合わせてできる

買取店紹介

アオイ商会では、ほぼすべての品目を買取品目としているため、様々な種類のある遺品も幅広く売ることができます。

とはいえ、買取品目が多くても遺品買取は状態や年式なども重視されるため、中には売れない遺品も出てきます。そういった場合でも、アオイ商会は廃棄物業者と提携しているため、売れないものを合わせて整理することができます。

なお、関東甲信越であれば無料出張買取も利用できるので利便性も優れています。

買取実績

  • 商品名:懐中時計
  • 価 格:15,000円

まんがく屋

まんがく屋
出典:まんがく屋

特徴

  • 他社で買取NGでも買取可能
  • 全国出張買取
  • しっかり説明・返品・勉強・査定の安心サービス

買取店紹介

遺品買取では、状態が悪かったり作家がわからなかったりすると、買取ができないこともあります。

まんがく屋では、ホコリまみれのものや作者が不明のものでも買取可能です。悪徳な買取業者もないとは言えない中、まんがく屋の対応はお客様第一を徹底しており、安心して遺品を売ることができます。

全国出張買取も可能であるため、他社で断られた遺品がある際などはまんがく屋がおすすめです。

買取実績

  • 商品名:昭和天皇 皇后御成婚60年記念メダル
  • 価 格:表記なし

口コミ

父の遺品の中から刀がありましたが、持っていても困るので、買取してもらう事にしました。

亡くなった両親の実家を整理しようとしたところ、大量に絵画や骨董品が出てきたので、友人に相談したところ、まんがく屋さんのことを聞き相談する事にしました。

出典:まんがく屋

買取店情報

  • 店名:まんがく屋 東京営業所
    住所:〒142-0053
    東京都品川区中延6-4-18徳秀ビル B1-1

遺品整理・生前整理・ハウスクリーニング「ライク」

遺品整理・生前整理・ハウスクリーニング「ライク」
出典:遺品整理・生前整理・ハウスクリーニング「ライク」

特徴

  • 専門資格を持った査定士が在籍
  • 買取利用者50万件超えの信頼感
  • 海外に販売力があり、高価買取可能

買取店紹介

遺品整理・生前整理の専門業者であるライクには、専門資格を持った査定士が多数在籍しています。海外への販路もあることから高額の買取を実現しており、買取利用者数は50万件にものぼります。

同店では、担当者が買取からアフターサービスまで担当し、料金や要望などをしっかり反映。また女性スタッフによる査定なども可能となっており、柔軟なサービスがアピールポイントとなっています。

買取実績

  • 商品名:掲載なし
  • 価 格:表記なし

口コミ

遺品整理でライクさんを利用した際、知識豊富で短時間で査定をされており驚きました。(しかも高額!)何気なく「リサイクルショップに持っていくのも面倒だから、1点の買取だけでも気軽に頼みたい」と伝えたところ、1点でもOKの買取サービスをはじめてくださいました。わたしの意見が採用されたと思い嬉しくなりました。

私の心配を理解してくださり、追加料金がないことや、料金の内訳、運搬費や交通費の心配も要らないことをわかり易く説明してくれ、安心してお願いすることができました。

出典:遺品整理・生前整理・ハウスクリーニング「ライク」

買取店情報

  • 店名:ライク 本社
  • 住所:〒547-0041 大阪市平野区平野北1-8-60

まとめ

故人の遺品整理の一つの手段として、遺品買取を紹介しました。

遺品とは、生前故人が所有していたものであり、買取できる遺品、買取できない遺品に分けることができます。遺品には相続が関わり、遺品買取で発生するお金は遺産として分配をしっかりする必要があります。

遺品の選別や相続の話し合いなどの下準備を行い、遺品買取を利用して、遺品整理をしてみましょう。

骨董品に関するおすすめ記事はこちら

骨董品を出張買取してもらうメリットは?おすすめ店も紹介

仏具の処分は買取がおすすめ!なるべく高く売る豆知識

美術品買取に関するおすすめ記事はこちら

絵画を高く売るコツは専門店へ依頼すること!おすすめ買取店も紹介

【印鑑・彫刻・置物】希少価値が高い「象牙」の買取相場とは?