驚異の8K画質!PS5のスペックや発売されるソフトの最新情報まとめ

  • 2020年7月7日
PS5外観

PS5はどんな機能が付くんだろう? であったり、PS4のソフトはプレイできるの?などと、発売日以外のことはまだまだは謎に包まれています。

PS4からの買い替えや新たに購入を検討している方は多いのではないでしょうか。

そんな、PS5の最新情報を詳しくご紹介します。最後に販売予定のPS5ソフト情報も掲載しているのでお楽しみに!

白黒で統一された流線型ボディ

PS5外観
出典:SONY

PS5は白と黒の2トーンで仕上げられた曲線的なボディが特徴的です

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのCEOジム・ライアン氏も「今までで一番洗練されたコンソールのデザイン」と話しています。そんなPS5の機能情報を以下3つよりご紹介しましょう。

2つのモデルが同時発売

PS5は2つのモデルを同時発売予定です。

1つ目が4K UHD Blu-rayドライブを備える標準モデル。

そして、2つ目がBlu-rayドライブ等のディスクドライブがないデジタル・エディションになります。

デジタル・エディションは、デジタルダウンロードのコンテンツやストリーミングのみに特化したモデルです。ディスクドライブをカットしていることから、値段が下がると予想されており販売金額に期待が持てますね。

8k画質に対応

PS5は8K画質に対応すると言われています。画質について、公式発表されている映像出力情報は、以下3つです。

  • 最大8k画質に対応
  • 4k 120Hz TV・8k TV
  • アップコンバートを駆使して「8k&4k」へと対応の可能性がある

以上のように8K画質への対応が公表されています。しかし、2020年6月の現段階では市場に8K対応テレビはあまり普及していません。

また、アップコンバートにより8Kと4k画質に対応することは公表されていますが、8K画質にどのような技術で対応していくのかはまだ未発表です。

今後の発表に注目です。

引用:iyusuke

ロード時間がなくなる?超高速SSDを搭載

PS5のストレージにはロード時間を短くするために超高速SSDを搭載しています。
スペックは以下のとおりです。

  • 読み込み速度5.5GB/s
  • 容量825GB/li>

PS4の搭載するHDDの読み込み速度は50-100MB/sとなるので、実質PS4の約100倍速度が早く処理できるようになります。

例えば、PS4が1GBあたりのロードに20秒程度かかっていた場合、PS5は2GBのデータを0.27秒という脅威のスピ―ドで処理することが可能になるのです。ロード時間が減ったことで、さらに大規模な世界観を創造可能になります。

引用:PHILEWEB<

PS5の周辺機器

新機能もあるコントローラー「DualSense」

PS5_DualSense
出典:SONY

没入感がさらに感じられる新機能を搭載したPS5のコントローラー「DualSense」。

ボディのデザインと同じ斬新なツートンカラーで構成されるコントローラは、新機能として大きく以下2つの機能が搭載予定です。

ハプティック振動

ハプティック振動は、今までにない新しい触覚フィードバックの振動機能になります。

分かりやすく言うと、ただ単に振動するだけではなく、PS5上のゲーム状況に合わせて様々な振動を伝えてくれる機能です。

例えば、レース中の壁にぶつかった衝撃や泥の中を這う感覚まで細かくプレイヤーに伝えてくれます。

アダプティブトリガー

アダプティブトリガーは、L2/R2ボタンに搭載される機能です。

これはトリガーの抵抗力をアクションに合わせて変更できる仕様となります。

2つの機能が搭載されたことで、より没入感のあるゲームプレイに期待できるでしょう。

独立式の充電器

PS5のコントローラーは専用の充電器を使用して充電することが出来ます。

本体につなげることがなく充電可能なため、テレビ周りの電源の確保が難しい場合などにも便利です。

HDカメラや3Dオーディオに対応したヘッドホン

PS5_ヘッドホン
出典:SONY

さらに、3Dオーディオ対応のPULSE3Dワイヤレスヘッドセットは、ノイズスキャンセルマイクも備えているのでゲームをさらに熱狂させてくれるでしょう。

HDカメラ

PS5_HDカメラ
出典:SONY

HDカメラでは、高画質で、ゲームをプレイしながら自分の身体をキャプチャ可能。ゲームプレイコンテンツに追加して配信できます。

Youtubeでのゲーム配信にもオススメなカメラです。

メディアリモコン

PS5_メディアリモコン
出典:SONY

メディアリモコンを使用することで、映画の視聴などPS5上で直感的な操作が可能です。

過去のPSシリーズと互換性はあるのか

PS5の機能で気になるのは、過去のPSシリーズとの互換性ですよね。

PS4のソフトも遊べる

ソニーは2020年3月19日にPS5の主な仕様について説明しました。

その際、PS5でPS4のゲーム上位100タイトルのプレイ状況を調べた結果、PS5の発売時には全てが対応できる。と紹介されています。

このことから分かるようにPS5では、PS4のソフトを問題なく遊べるように設計していると言えるでしょう。

また、2020年3月21日に追加補足として、PS5はPS4と比較してより高い解像度を実現してゲームを楽しめるようになると公表しています。

PS5の発売が待ち遠しいですね。

PSVRにも対応

PS5は、PSVRに対応していると公式発表しています。

PS5でPSVRの利用ができれば、前述したハプティック振動搭載のコントローラーが加わり、バーチャル空間への没入感をさらに体験できるでしょう。

データ処理能力が格段に上がったPS5でプレイするPSVRは、動作も快適に行なえる可能性が高く、PS4よりも楽しめる可能性があります。

噂されているPSVR2の情報ですが、今のところPSVR2の情報については公式発表はありません。今後の動向に注目しておきましょう。

発売日は2020年の年末

PS5の発売日は2020年の年末商戦期だと発表されています。

年末商戦期となれば12月中ですが、販売日の予想として12月のイベントで最も盛り上がりを見せるクリスマス時期を見込んでの販売ではないかと考えられます。

もしそうなら、クリスマスよりも前の12月前半~中旬にかけて販売が開始される可能性が高いでしょう。もちろん、あくまで予想であり販売日については未定ですので新しい情報に期待したいですね。

価格はいくらになるのか

PS5の価格については、2020年6月30日現在まだ公表がありません。そのため、販売価格についてはわかりませんが、過去の販売価格からある程度の予想をしてみましょう

例えば、過去のプレイステーションの販売価格は以下です。

  • PS4 Pro(1TB):44,980円
  • PS4(500GB):39,980円
  • PS3(20GB):49,980円

参照:GameWith

上記からわかるように、過去のプレイステーションは、ほとんどが4万~5万円前後の価格で販売されてきました。

そのため、予想されるPS5の販売価格は、約5万円前後だと予想されています。もちろん、発売日同様にあくまで予想です。

発売予定のソフト

2020年6月12日に公式発表されたPS5最新情報では、PS5対応ゲームである28タイトルが公表されました。

PS5対応ゲームは以下のとおりです。

  • Astro’s Playroom
  • Bugsnax
  • DEATHLOOP
  • デモンズソウル
  • Destruction AllStars
  • GhostWire: Tokyo
  • Godfall™
  • Goodbye Volcano High
  • グランツーリスモ7
  • グランド・セフト・オートⅤ、GTAオンライン
  • ヒットマン3
  • Horizon Forbidden West
  • JETT : The Far Shore®
  • Kena: Bridge of the Spirits
  • Little Devil Inside
  • Marvel’s Spider-Man: Miles Morales
  • NBA 2K21
  • Oddworld Soulstorm™
  • Pragmata
  • Project Athia ※仮題
  • ラチェット&クランク リフトアパート
  • バイオハザード ヴィレッジ(バイオ8)
  • Returnal
  • Sackboy A Big Adventure
  • Solar Ash
  • Stray
  • The Pathless
  • Tribes of Midgard

参照:GameWith

PS5の発売に期待!

PS5の最新情報をまとめてご紹介しました。

PS5は、PS4より処理速度や画質、さらにコントローラーなどの新機能が追加され、とても楽しめるゲームになると考えられます。

今、PS4の購入を検討している方も、PS5でPS4のソフトがプレイできる可能性が高いので、一度検討してみるのが良いでしょう。

PS4をすでに持っている方はPSVRがPS5で対応するので嬉しいですね。

発売日である2020年の年末まで時間がありますので、次の最新情報に期待しましょう。