【銀座】ダイヤの高額査定が期待できる買取店3選!

ダイヤモンド

高級宝石の代表格として知られるダイヤモンド。
離婚したけど前にもらったものを置いてあるなど事情は様々ありますが、皆さんの家には使っていないダイヤモンドのアクセサリーはありませんか?

ダイヤモンドは銀座などの買取店が多いエリアで売るとお得と言われています。
今回はそんな銀座でおすすめの買取店3選と、ダイヤを賢く売る為のコツをご紹介していきます。

銀座でおすすめのダイヤ買取店

パンサラッサ

パンサラッサ
出典:パンサラッサ
宝石と貴金属を専門に扱う買取業者で非常に専門性の高いスタッフが在籍しているショップさんです。
パンサラッサさんのスタッフは全員がGIA(米国宝石学会)またはF.G.A(英国宝石学協会)の国際鑑定士資格を持っておりさらに長い研修期間を積んで実際の査定を行っています。

さらに現場に出たスタッフも研修を継続しているという専門家集団で安心ですね。
事前に電話で査定の希望を伝えておくとスムーズに鑑定できますし鑑定書などの情報をもとにおおよその見積もりも教えてくれます。

BUYERS JAPAN

BUYERS JPN
出典:BUYERS JAPAN
LINE買取評価、ブランド買取ナビなどのランキングで高ランクを獲得。
また接客の面でも評価が高いショップさんです。

BUYERS JAPANさんも専門の宝石鑑定士の方が在籍しており、専門性の高い査定をしてくれます。
販売経路も多いため高価買取が期待できます。

また鑑定士さんのレベルが高いため鑑定書がないというダイヤでもしっかりと査定して買取してくれますので鑑定書をなくしてしまって不安な方も事前に相談をしてみるといいでしょう。

ゴールドプラザ

ゴールドプラザ
ゴールドプラザの口コミを見る

関東、中部、関西にいくつかの店舗を持つ全国的なチェーン店ですが銀座店は本店です。
アクセスもよく東京メトロ銀座駅から1分の場所にあり。

こちらのサイトはダイヤのカラットから買取価格の相場を見ることももちろん、鑑定書の情報を入力することでおおよその値段を出してくれるシステムがあり事前に価格を調査する際に非常に便利です。

こちらのお店も海外への販売経路などが充実、専門的な鑑定士さんの在籍で高価買取に定評があります。
口コミの評価も高めですので信頼できるお店の一つといえます。

一番高く売れるのは?

ダイヤモンドの価値は『4C』という4つの基準によって価値が決まります。
ここではこの4Cについてご説明していきます。

Cut カット

カットとはダイヤのカットの形やデザインを示すもので、内容物を隠したり、上質なものはよりダイヤの色や輝きが増すため価値が上がります。
カットのグレードは以下のような表現であらわされます。

上位にあるものになればなるほどダイヤモンドの価値が上がります。
最も良いものはラウンドブリリアントカットと呼ばれるものです。

☑ Ideal
☑ Exellent
☑ Very Good
☑ Good
☑ Fair
☑ Poor

color カラー

ダイヤというと透明なものを想像しますが、実は黄色、茶色などカラーがついているものがあります。

透明であればあるほど価値が高く高値で取引されます。
ブルーやピンクダイヤモンドというものを聞いたことがあるかもしれませんがここでいうカラーはこれらのものには当てはまりません。

☑ DFG(無色)
☑ GHIJ(ほぼ無色)
☑ KLM(わずかに黄がかっている)
☑ N~R(非常に薄い黄色)
☑ S~Z(薄い黄色)

Clarity クラリティ

カラーと間違いやすいですがクラリティは透明度を示す指標です。

ダイヤは自然の鉱物ですので基本的にキズや内容物が含まれています。
この内容物やキズができるだけついていないモノの方が価値が上がります。

☑ FL(表面にキズ、内包物なし)※フローレス
☑ IF(内包物なし)
☑ VVS1、VVS2(10倍に拡大して見て内包物の発見が困難)
☑ VS1,VS2(10倍に拡大して見て内包物の発見はやや困難)
☑ SI1,SI2(10倍に拡大して見て内包物が見つかるが肉眼では困難)
☑ I1,I2,I3(肉眼で内包物が見つかる)

Carat カラット

テレビショッピングなどでもよくこの言葉を聞くため4Cの中では最も親しみの深いカラット。

カラットはダイヤの重さを表現する指標で1カラットは0.2gになります。
当然カラットの数字が大きければ大きいほど宝石としての価値は上昇します。

4Cを確認する方法

このように宝石の価値はこの4Cによって決まります。
これらの鑑定はダイヤを購入した際の鑑定書を確認すると把握することができます。

尚鑑定書にも多少の信頼度の違いがあるようで国内であれば中央宝石研究所やGIA JAPAN、海外であればGIAやHRDなどの団体が信頼性の高い団体とされています。

高価買取のコツ

鑑定士が在籍する確かな店舗を選ぶ

最も重要なのが、持ち込んだダイヤモンドの価値についてしっかりと鑑定を出すことができる信頼できる鑑定士がいるお店に出すことです。
ダイヤモンドは前述のように「4C」と呼ばれる宝石独自の基準を鑑定できる人間でないと適切な価格は割り出せません。

極端な話になりますが街のリサイクルショップの一般の店員に持って行ってもダイヤモンドの価値は査定できませんよね。

鑑定士の国家資格は現在存在せず、経験が重要になってきますが信頼できる民間資格はありますので自分が見積もりに出した店のスタッフさんがどのような資格を持っているのか確認してみると安心感はさらに上がります。

買取店に出す前にお手入れをする

ダイヤは高級品ですからお手入れが怖い方もいるとは思いますが、ダイヤは地球上で最も固い鉱物ですのでやさしくお手入れすれば自宅でも問題なく手入れできます。
具体的にはぬるま湯、柔らかい歯ブラシ、キッチンペーパー、中性洗剤を使い洗浄し査定前にはできるだけきれいにしておきましょう。

鑑定書、付属品は必ずつける

上記でも述べたように鑑定書は非常に買取に出す際に重要な要素になります。
またダイヤモンドを購入した際の箱や付属品などもできるだけ置いておき、きれいな状態で買取をしてもらえるようにしましょう。

注意点

複数店舗に見積もりをだしてもらう

ダイヤの査定額は鑑定士によって大きく異なることもあります。
後悔しない為にも専門の鑑定士が在籍するお店複数社に見積もりを出してもらい相見積をしてもらうようにしましょう。

特に今回ご紹介している銀座エリアなどは周囲に競合店も多い為、持ち込みの際に他のお店の査定額を伝えると、買取額アップのための交渉材料になる可能性もあります。
また、ご自身の持っているダイヤを鑑定書を参考に相場チェックするのも有効です。
鑑定書を参考にカラット数別など細かい基準で相場を掲載しているサイトがたくさんありますのでそちらを参照してみてください。

こんなお店は要注意?

全てのお店が一概にそうというわけではありませんが素人では価値が分かりにくいダイヤの買取業者には一部悪質なところもあるようです。
一般的にはこのような特徴のある業者には要注意・あるいはダイヤの査定能力が低い可能性があると言われています。

☑ 態度が高圧的
☑ 金属だけを専門としている業者
☑ 商品の扱いが雑
☑ 飛び込みの訪問買取   など

その他にも何か気になることがあれば売ってしまう前に口コミなどを確認してみましょう。

必要書類は忘れない

ダイヤの買取の際は身分証明書などの書類が必要になります。
買取店に持っていく際は事前に電話などで必要書類は何かを確認してから訪問するようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
銀座は高級ブランド品や宝石の流通も多い地域として知られています。
競合他社の多い都心部での買取額はあがりやすいといわれていますのでダイヤモンドの買取にはぴったりの地域と言えますね。
皆さんもこの記事を参考に頼れる鑑定士さんが在籍する買取業者さんをぜひ見つけてくださいね!

■一番高く売る!実績多数の専門家による完全無料の一括見積もりはこちら