人工ダイヤモンドの価格|天然ダイヤモンドやジルコニアとの違いも

  • 2024年5月14日
この記事で解決できるお悩み
  • 人工ダイヤモンドの価格を知りたい
  • 人工ダイヤモンドについて知りたい
  • 人工ダイヤモンドのおすすめ商品を知りたい

本記事では、人工ダイヤモンドの価格や特徴のほか、天然ダイヤモンドやジルコニアとの違いについて解説します。人工ダイヤモンドの製造方法や今後の市場の見通し、おすすめ商品も紹介。

人工ダイヤモンドとは、科学的に製造されたダイヤモンドのことで、天然ダイヤモンドとは成分的にも性質的にも同じものです。ただし、生成過程・時間をはじめとする違いもあります。

人工ダイヤモンドについて知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ウリドキなら最大10社から一括査定!

あなたの売りたいものの
\一番高い買取価格がわかる/

人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違い

人工ダイヤモンドは、別名「合成ダイヤモンド」とも呼ばれ、実験室で科学的に作られるものです。一方で、天然のダイヤモンドは地下深くで生成されます。

成分・性質的には人工ダイヤモンドも天然ダイヤモンドも同じため、「人工ダイヤモンドは偽物」と断定することはできません。

生成期間

人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドは、生成過程が異なるため、生成期間にも違いが生まれます。

天然ダイヤモンドは、自然の中でさまざまな条件がそろったときにだけ生成され、数百万〜数十億年という長い時間が必要です。

一方の人工ダイヤモンドは、数週間程度で生成可能。製造方法の改良により、数十分で生成できるようになったという報告もあり、生成期間はさらに短くなる可能性があります。

価格

天然ダイヤモンドは生成期間が長く、希少価値が非常に高いため、価格が高額です。一方で、人工ダイヤモンドの価格は、製造技術の発展や一般化にともない、天然ダイヤモンドと比べて低く設定される傾向があります。

人工ダイヤモンドは、天然ダイヤモンドの半分程度の価格と想定しておくと良いでしょう。

内包物

人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドの目に見える違いとして挙げられる点が、内包物の有無です。

天然ダイヤモンドは地球の内部で自然に生成されるため、さまざまな鉱物結晶が混入する可能性が高く、内包物を含むものが多くあります。一方で、人工ダイヤモンドは実験室で製造され、内包物を含む可能性は限りなく低いです。

結晶形

人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いのひとつは、結晶形が異なる点です。

天然ダイヤモンドの結晶形は八面体ですが、人工ダイヤモンドは、八面体に加え、立方体としても結晶化します。天然ではあり得ない立方体の結晶形が見られれば、人工ダイヤモンドと判断できるでしょう。

人工ダイヤモンドの基本情報

ダイヤモンドの画像

天然ダイヤモンドと異なる点もあるとはいえ、成分的にも性質的にもほとんど変わらない人工ダイヤモンド。アクセサリーはもちろん、工業製品としての利用にも注目が集まっています。

ここでは、人工ダイヤモンドの基本情報をまとめました。

歴史

人工ダイヤモンドの歴史は、科学技術の発展と深く結びついています。18世紀末にダイヤモンドが炭素原子で構成されていると証明されて以来、多くの科学者がダイヤモンド合成に挑戦してきました。

天然ダイヤモンドに近い品質の人工ダイヤモンドができたのは1950年代で、人類初めてのダイヤモンド合成に成功。

実用的な合成方法が確立された1980年代以降は、多数の企業が参入し、アクセサリー用から工業用まで幅広く利用できるよう、合成ダイヤモンドの商品化に取り組んでいます。

作り方

人工ダイヤモンドの製造方法として挙げられるのは、主に次の2つです。

高圧高温法(HPHT)天然ダイヤモンドの生成環境をまねて、高い圧力と温度で炭素を含む素材を圧縮し、ダイヤモンドを合成する方法
化学気相蒸着法(CVD)
  • 真空中でガスから炭素原子を抽出してダイヤモンドを生成する方法
  • ダイヤモンドの色やサイズ、純度を調整しやすいというメリットがある

人工ダイヤモンドの価格を決める要因

人工ダイヤモンドの評価基準は、天然ダイヤモンドと同じく「4C」です。4Cとは、輝き(カット)、色(カラー)、重さ(カラット)、透明度(クラリティ)のことを指します。

4C評価の詳細
カット(Cut)ダイヤモンドの輝きを増すカットが施されているほど価値が高い
カラー(Color)
  • 無色から黄色がかった色までさまざまな色がある
  • 無色に近いほど高く評価される
カラット(Carat)
  • ダイヤモンドの重さを示す
  • 1カラットは0.2グラム
クラリティ(Clarity)
  • 不純物やキズがあるかどうかの指標
  • クリアでキズのないものほど評価が高い

人工ダイヤモンドに関するQ&A

ここでは、人工ダイヤモンドに関するよくある質問に回答します。ダイヤモンドと見た目が似ているジルコニアとの違いや、今後の市場の見通しなど、気になる項目をチェックしてみてください。

人工ダイヤモンドとジルコニアの違いは?

ダイヤモンドとジルコニアの画像

人工ダイヤモンドとジルコニアの大きな違いは、素材と価格です。

ジルコニアは二酸化ジルコニウムという物質の結晶で、人工ダイヤモンドよりもはるかに安価な素材をもとに作られています。一方で、人工ダイヤモンドは、炭素の結晶であり、天然ダイヤモンドと成分・性質が同じです。

人工ダイヤモンドならではのメリットは?

人工ダイヤモンドは、エシカルで環境にやさしいアイテムとして評価されています。天然ダイヤモンドは、採掘にともなう環境破壊が懸念されますが、研究所で製造される人工ダイヤモンドにその心配はありません。

天然ダイヤモンドをめぐる争いを避けるための、エシカルな選択肢としても捉えられており、特に海外のセレブやハリウッドスターからの支持が多いです。

人工ダイヤモンド市場の今後の見通しは?

人工ダイヤモンド市場は、今後大きな成長が期待されています。2024年時点における日本でのシェアは低いものの、工業用素材としての需要は高く、市場の拡大が予想されるでしょう。

アメリカでは、人工ダイヤモンドのシェアは毎年伸びており、アクセサリー業界でも工業分野でも利用が進んでいます。

低価格というメリットは特に若年層にとって魅力的であり、今後人工ダイヤモンドの需要が高まるかもしれません。

人工ダイヤモンドのおすすめ商品

人工ダイヤモンドは、宝石店やジュエリーショップ、ECサイトなどから購入可能です。天然ダイヤモンドと同じく、指輪やネックレス、ピアスなど、さまざまなデザインの商品が展開されています。

エンゲージリング

ニューヨークで作られた最高級の人工ダイヤモンドを使用したリングは、ダイヤモンドが3粒並ぶトリロジーデザインを採用した、婚約指輪にもふさわしいアイテムです。プラチナで加工されており、金属アレルギーの方でも身につけられます。

幅広い年齢層の女性に合うデザインなので、婚約指輪として以外でも、特別なときにプレゼントしてはいかがでしょうか。

ネックレス

1.25カラットの人工ダイヤモンドを使用した、シンプルでありながらも華やかな印象を与えるひと粒ネックレスです。シルバー925にプラチナやK18ピンクゴールドなどのコーティングを施し、金属アレルギーの方にも配慮しています。

人工ダイヤモンドは、こだわりのカッティング技術により輝きや透明感が引き出されており、日常でもフォーマルでも着こなしのワンポイントとして使えるでしょう。

ピアス

輝く0.5カラットの人工ダイヤモンドと、K14ホワイトゴールドで作られたひと粒ピアスです。大人の女性が楽しめるジュエリーをコンセプトに、幅広い年齢層に向けてデザインされています。

ニッケルフリーのため、金属アレルギーのリスクが少ないです。ホワイトゴールドは時間が経っても変色しにくく、プラチナ仕上げによりお手入れが簡単にできます。

人工ダイヤモンドの価格は天然よりも低い

人工ダイヤモンドの価格や特徴、天然ダイヤモンドとの違いなどについて解説してきました。人工ダイヤモンドは、天然ダイヤモンドと生成過程が異なるだけで、成分や特徴に大きな違いはありません。

短期間で生成でき、天然ダイヤモンドよりも価格が低い点は、ジュエリーだけでなく工業利用のうえでも魅力であり、人工ダイヤモンドのシェアは年々伸びています。

アクセサリーの購入を考えている方は、人工ダイヤモンドも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

本記事の画像の出典
CGLajour

無料

60秒

一括査定で最高額を調べる