人気の芋焼酎「萬膳」買取価格とおすすめ買取店紹介

広告

萬膳とは?

萬膳は鹿児島県霧島市に蔵元を持つお酒で、その歴史は大正11年にまで遡り、米麹を利用した独自の製法で非常に人気のものでした。しかし、その3代目がなくなってしばらくは蔵元としての業務を停止し、以来30年間萬膳は製造されなかったと言う逸話を持っています。現在の店主は3代目の孫にあたり、祖父を始め様々な萬膳に関わった人の教えを乞いながら独学で現在の萬膳を復活させたと言う歴史を持っているのです。

現在の復活した萬膳は以前のものを超えた魅力を持っていると言われることも少なくありません。再開にあたり良質の水と米を求め、現在の鹿児島県霧島市にその水を見つけて蔵元を移し、米は厳選した秋田の生産農家に委託して作られたひとめぼれの最高級米を使用することで萬膳のまろやかさを再現しているばかりでなく、さらに上品な味わいも加えている点が特徴です。

芋は品質の良さで知られる鹿児島県鹿屋産の黄金千貫を使用しており、代々の萬膳の味を踏襲している点が特徴となっています。
萬膳は1年間に仕込まれる本数が少なく、またその出来栄えも毎年異なることから非常に希少価値の高い焼酎として良質のものは高値で取引されています。
料理に非常によく合うことから料亭での利用も多く、最高級品はなかなか手に入らないため、予想外の高値がつくことも少なくありません。

買取価格

manzen_kaitori
出典:Amazon

萬膳の買取価格は仕込みの年度によっても異なりますが、通常の物の場合には概ね1,000円から2,000円程度の金額となっているのが一般的です。しかしこれは状態が良いものであり、外観や保管の方法などが悪ければこれよりもさらに低い価格となってしまうことも少なくありません。

萬膳の価格で注意したいのは、限定品である宿翁と言われる銘柄です。これは萬膳を現在の4代目が再開する際にその最も基本的な仕込みの技術を教えた宿里利行氏の遺作と言われるもので、氏が生前現在の4代目と一緒に萬膳を再興する過程で作り上げた良質の仕込み種を利用し醸造したものとなっており、非常にその数が少ないことと、その味わいが秀逸であることから希少価値が高くなっており、市場でも高値で取引されているものとなっています。同じ萬膳の名前を冠しながら非常に味わいの異なる酒となっており、現在の4代目が目指す1つの形でもあるため、評価が高く買取価格も相場では非常に高値がつくことが多いのです。この宿翁は30,000円と言う高値がつくこともあります。

おすすめの買取店3選

萬膳にはいくつかの種類があり、通常販売されているものと特別限定で販売されたもの等があるためこれらを明確に区別することができる買取店が非常に少ないことが問題となっています。そのため萬膳を売る際にはこの違いを明確に理解することができるとともに、萬膳の特徴を理解している買取店を選ぶことが非常に重要となります。

SPANA(スパナ)

買取店紹介

スパナはお酒買取専門の会社で、様々な焼酎や日本酒などを買い取っている実績があり、非常に様々なお酒に詳しいスタッフが常駐していることから適切な価格で買取を行ってくれると評判です。萬膳はその品種によって価値が全く異なる面もありますが、その違いを適切に見分けて査定を行うので、安心して得ることができる会社として評判となっています。

店舗情報

  • 店舗:お酒買取のSPANA
  • 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-1-7 新宿ダイカンプラザA館423号室

ミスター・フロンティア

mr_frontier_tenpo
出典:ミスター・フロンティア

買取店紹介

ミスターフロンティアはお酒に関する総合的なビジネスを行っており、酒類の買取から酒を扱う店舗の立ち上げ支援など様々な業務を行っているのが特徴です。
そのためお酒に関する知識が豊富な上、買い取ったお酒を流通させる販路も十分に持っていることから、良質のお酒を高額で買い取ることができる仕組みが整っているため、積極的に買取を行っている点がポイントとなっています。

会社情報

  • 会社:株式会社ミスター・フロンティア
  • 住所:〒730-0026 広島県広島市中区田中町2-25 第二田中町山本ビル5階

大黒屋

買取店紹介

大黒屋は古くからお酒を始め様々なブランド品などを買い取る老舗の会社であり、酒類の買取も非常に経験が豊富です。そのため実際のお酒に関する知識だけでなく、人間のさまざまな状況もよく理解しており、その時期に合わせた最適な査定を行うことで非常に評価が高い買取専門店です。

店舗情報

  • 店舗:大黒屋 質渋谷店
  • 住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町23-11 リ・エムビル3F

上記の3店舗は萬膳に関する買取実績も非常に豊富で、また高額査定の実績もあるおすすめの買取店となっています。その他にも酒類を専門的に買い取るところは多いのですが、その中には萬膳の名前は知っていても限定品の特徴や毎年仕込まれる品質の微妙な違いなどを理解していないところも少なくありません。
そのような場合には比較的低い査定額が提示されてしまうこともあるので注意が必要です。

さらに、萬膳は料理に合うと言う特徴を持っており、そのために料亭や高級料理店などで利用されることも少なくありません。逆に一般の人にはそれほど名前が知られていないと言う側面もあり、圧倒的に飲食店に対する流通の割合が高いお酒であることが大きな特徴です。
そのため高額買取を行う買取店は料亭などに対する販路を確立しているところが多いため、その環境を持っている買取店を選ぶことも、高額査定を引き出す秘訣となっています。

売る際の注意点

保管状態に注意する

萬膳は芋焼酎の中でも非常にまろやかで口当たりが良く、その繊細さが魅力となっているお酒です。しかし繊細であるために日持ちがせず、また保管状態が悪いと味の質が変わってしまうため、その状態によっては価値がなくなってしまうことから確実な管理を行うことが大切になり、高値で売ることができるポイントにもなるのです。

基本は一般的なお酒と同様冷暗所で保存することや、ほこりなどを嫌うので常に清掃しておくことなどがポイントです。
また箱等がある場合には箱に入れて保管するのも1つの方法で、これは査定の際に箱が付いていることで査定を引き上げることにもつながるので、ぜひ実践したいポイントとなっています。

お酒に知識のある買取店を選ぶ

買取店を探す際には基本的には酒類を専門的に買い取るところや、お酒に関する知識を十分に持っているところを選ぶことが必要です。
特に萬膳の場合には宿翁と言う特別のお酒があり、通常の萬膳とは全く異なるものとなっているためその買取額も大きく異なることが少なくありません。それらを確実に見極め、全く違うものとして正確な査定を行うところが良い買取店となっており、その見極めをすることが非常に重要となるのです。

さらに、萬膳は料理に合わせる焼酎としてもよく利用されます。そのため料亭や高級料理店でも非常によく利用される焼酎となっており、その授業は一般の人が購入して飲むよりも多いとさえ言われています。買取店は販路を確保しているところほど確実に高値で買い取る割合が高いため、料亭や高級料理店を販路に持つところを選ぶことが高額買取の確率を高める方法にもなっています。
最近では、様々な銘柄のお酒が登場しているため、あまり知られていない銘柄もたくさん存在します。しかしその中で萬膳のような歴史のあるお酒を見分けるためには、しっかりとしたお酒の知識を持っていることが必要です。このような知識を持った店舗を選ぶことが高額買取を引き出す重要なポイントとなっています。

まとめ

萬膳は古くから製造されている芋焼酎ですが、蔵元で先代である3代目が亡くなった後30年間その製造を停止していたと言う歴史を持っています。
現在の当主である4代目は様々な人の教えを乞いながら独学で現在の萬膳を復活させた経緯があり、その中で現代の文化や様々な顧客の要求に合わせた味に変化をさせてきました。
基本的な萬膳の伝統を守りながら新たな文化を作り上げた現在の萬膳は、以前のものに勝るとも劣らない非常に貴重な焼酎となっており、市場でも高値で取引されているため高額な買取金額を引き出す期待ができるものとなっています。