ワインのオススメ40選【初心者向け】|シーン・価格別に紹介

  • 2022年9月30日
ワインのオススメを シーン・価格別に紹介

ワインには種類があって、好みやシーンごとでおすすめのワインが異なり、選ぶだけでもひと苦労。

「ワインをプレゼントしたいけど、どんなワインがいいの?」「大切な日にワインでお祝いしたいけど、ワインについて詳しくない」という方に、おすすめのワインを紹介します。

赤ワイン、白ワイン、ロゼ、スパークリングワインのそれぞれの種類でおすすめを10選ずつ紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

あなたの売りたいものの
\一番高い買取価格がわかる/

ワインの種類

ワインと聞くと多くの人がワインレッドの「赤ワイン」をイメージする方が多いのではないでしょうか。または、透き通った「白ワイン」をイメージされると思います。

しかし、ワインには赤ワイン、白ワイン以外にも種類があり、大きく分類すると以下のような種類があります。

  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ロゼワイン
  • スパークリングワイン

赤ワイン

赤ワインは黒ブドウと言われる、皮の黒いブドウから作られるワインです。スーパーなどで売っている「巨峰」「デラウェア」「ピオーネ」などがワインの材料で言うところの黒ブドウにあたります。

赤ワインの色や味は、黒ブドウから抽出された色素、タンニン、味わいからきています。

白ワイン

赤ワインに対して白ワインは、皮が黄色や緑色の「白ブドウ」と称されるブドウを使って造られているワインです。「シャインマスカット」などが白ブドウに分類され、赤ワインと違い、白ワインは果汁のみから抽出されるため、色が薄くタンニンが少ないです。

ロゼワイン

ロゼワインは聞いたことはあっても注目して飲んだり、調べたりしたことがあるひとは少ないのではないでしょうか。

ロゼワインは、白ワインに近いうっすらピンク色のワインから、赤ワインに近い濃い色のピンクのものまで幅広く種類があります。

ロゼワインの製造方法は赤ワインと似ており、皮と一緒に仕込んで、色が出てきたら皮を取り出すという方法で作られます。

スパークリングワイン

スパークリングワインは炭酸が入ったワインです。ワインの香りと風味を感じながら、炭酸で爽快感を味わえるため、飲みやすいワインと言えます。

最近ではコンビニなどでも手に入ることから、赤ワインや白ワインを飲んだことなくても、スパークリングワインは飲んだことがある方は多いのではないでしょうか。

スパークリングワインにも赤、白、ロゼがあり、それぞれの色や味わいの違いを楽しめます。

ワインを選ぶときのポイント

ワインを選ぶときのポイントをそれぞれ解説していきます。

赤ワインは重さの好みで選ぶ

赤ワインは「軽い」「重い」という表現で飲み口を表現します。これはワインを飲んだ後の余韻の長さから表され、「軽い」と表現されるのはすっきりとした飲み口、「重い」と表現されるのは濃厚な後味が長く続くものです。

軽いものから「ライトボディ」「ミディアムボディ」「フルボディ」と呼ばれます。

白ワインにも軽いワインから重いワインまでありますが、赤ワインほど大きな違いが出にくいでしょう。

白ワインは飲みやすさで選ぶ

白ワインには甘口と辛口があり、発酵具合で変わってきます。

甘口は、発酵を途中でストップさせ、ブドウの糖分を残したワインです。酸味が穏やかで飲みやすいので初心者にもおすすめです。

辛口は十分な発酵によりブドウの糖分がほとんどアルコールに分解されたワインで、甘口よりもアルコール度数が高くなる傾向があり、酸味が強くキレのある味わいが特徴であるとされています。

あわせるおつまみ・料理で選ぶ

料理やおつまみに合わせるときは、相性の良いワインを選ぶようにしましょう。

赤ワインは肉料理と相性が良く、軽い飲み口のワインは鶏肉や脂肪の少ない豚肉などあっさりとしたお肉と合わせるのがおすすめです。重い飲み口のワインは、濃い味わいの牛肉などと合わせると美味しく飲むことができます。

白ワインは魚介類や野菜、あっさりした味のパスタと相性が良く、素材の旨味を引き立ててくれます。また、辛口の白ワインは和食にも合うのでおすすめです

産地で選ぶ

ワインの味わいはブドウの産地によっても変わってきます。ワインの産地からワインを選べるようになると、ワイン初心者を卒業したと言っても過言ではないのではないでしょうか。

フランス産やスペイン産のブドウのワインは万人受けします。安価なワインから高価なワインまで種類が豊富なのは、スペイン産です。

ボルドー・ブルゴーニュというワインの二大銘醸地があるフランス産のワインは、多種多様でさまざまなバランスの良いワインが作られています。

その他にもワインの産地はあり、イタリア産は全体的にコスパがよく、ドイツ産とニュージーランド産は、赤よりも白が美味しい銘柄が多いです。

初心者の方は産地でワインを選んで、飲み比べをしてみてもいいかもしれません。

シーンにあわせて選ぶ

ワインを誰かと一緒に飲む、プレゼントをするシーンでは、その時の場所の雰囲気、相手の好みからワインを選ぶことが一番理想です。

種類が多く価格帯も幅広いため、迷うかもしれませんが、3,000〜5,000円でもよいワインを選ぶことができます。受賞歴がある、パッケージが華やかであるなどの理由でワインを選んでもポイントは高いです。

赤ワインのオススメ

ここからは、実際にオススメのワインをご紹介します。まずは赤ワインからみていきましょう。

ワイン名産地ブドウ種味わい価格帯
シャトー モンペラ ルージュフランス黒ブドウ軽い2,000〜3,000円
シラーズオーストラリア黒ブドウ重い1,000〜2,000円
コノスルチリ黒ブドウ重い1,000〜2,000円
シャトー グリヴィエールフランス黒ブドウやや重い2,000〜3,000円
ル マルキ ド カロン セギュールフランス黒ブドウやや重い3,000〜5,000円
​メドックイタリア黒ブドウやや重い3,000〜4,000円
アントナン ロデフランス黒ブドウ重い4,000〜5,000円
ドニ モルテ VVフランス黒ブドウ重い30,000〜70,000円
グラハム・トゥニー2ポルトガル黒ブドウ重い8,000〜20,000円
ニュートン アンフィルタード カベルネ ソーヴィニヨンアメリカ黒ブドウ重い6,000〜7,000円

〜3,000円:デイリーワイン

日常的に飲む赤ワインをお探しなら、3000円以下で探すのがオススメ。気軽に購入できる値段なので、いろいろな種類を飲み比べて自分好みのものを見つけましょう。

シャトー モンペラ ルージュ

シラーズ

コノスル

シャトー グリヴィエール

3,000〜5,000円:特別な日に飲みたいワイン

仕事をがんばった日や何かおめでたいことがあったとき、記念日、誕生日など、特別なタイミングには少しリッチな赤ワインを選んでみてはいかがでしょう。

ル マルキ ド カロン セギュール

メドック

アントナン ロデ

5,000円〜:プレゼントにもオススメ

プレゼント用にワインを探しているなら、5,000円以上のものをチェックしてみましょう。赤ワインはものにより風味に大きな違いがあるので、事前に贈る相手の好みを聞いておくことをオススメします。

ドニ モルテ VV

グラハム・トゥニー2

ニュートン アンフィルタード カベルネ ソーヴィニヨン

白ワインのオススメ

続いて、白ワインのオススメをご紹介します。

ワイン名産地ブドウ種味わい価格帯
アルパカチリ白ブドウ甘口500〜1,000円
モスカートイタリア白ブドウ甘口1,000〜2,000円
ベリンジャー ナパ・ヴァレーシャルドネアメリカ白ブドウ辛口2,000〜3,000円
ソーヴィニョンニュージーランド白ブドウ辛口1,000〜2,000円
シャブリフランス白ブドウ3,000〜4,000円
登美の丘日本白ブドウ辛口4,000〜5,000円
リースリングドイツ白ブドウ4,000〜5000円
シャトー ディケム 2005フランス白ブドウ甘口30,000〜50,000円
ルイ ジャド シャブリ プルミエ クリュ フルショームフランス白ブドウ辛口5,000〜6,000円
2012年 シャトー クリマンスフランス白ブドウ甘口10,000円〜20,000円

〜3,000円:デイリーワイン

白ワインは、1000円程度の安いワインでも失敗しにくいです。気になるものがあれば、積極的に試してみましょう!

アルパカ

モスカート

ベリンジャー ナパ・ヴァレーシャルドネ

ソーヴィニョン

3,000〜5,000円:特別な日に飲みたいワイン

白ワインには、長期熟成して甘みを引き立たせて飲むものが多く存在します。特別な日に最高な状態で飲むために、事前に準備しておくと良いでしょう。

シャブリ

登美の丘

リースリング

5,000円〜:プレゼントにオススメ

誕生日や記念日、クリスマスなどのイベントやプレゼント用に白ワインを探しているなら、5,000円以上のものをチェックしてみては?

シャトー ディケム 2005

ルイ ジャド シャブリ プルミエ クリュ フルショーム

2012年 シャトー クリマンス

ロゼワインのオススメ

赤ワイン・白ワインと比較すると、飲む機会の少ないロゼワイン。そんなロゼワインのオススメをご紹介します。

ワイン名産地ブドウ種味わい価格帯
トーレス ヴィーニャ・エスメラルダ ロゼスペイン黒ブドウ辛口1,000〜2,000円
タリケ ロゼフランス黒ブドウ辛口1,000〜2,000円
マテウス ロゼポルトガル黒ブドウ甘口1,000〜2,000円
フォルタン リトラル グルナッシュ ロゼフランス黒ブドウ辛口1,000〜2,000円
フランシス コッポラ “ソフィア” ロゼアメリカ黒ブドウ辛口3,000〜4,000円
ブレッド&バター ロゼアメリカ黒ブドウ辛口3,000〜4,000円
エレガンツ ロゼ アイスワインドイツ黒ブドウ甘口3,000〜4,000円
ローラン ペリエ ロゼフランス黒ブドウ辛口12,000〜13,000円
ヴーヴ・クリコ・ローズラベルブリュットフランス黒ブドウ辛口14,000〜17,000円
シャンパーニュ パイパー・エドシック ロゼ・ソヴァージュフランス黒ブドウ辛口7,000〜9,000円

〜3,000円:デイリーワイン

ロゼワイン初心者さんは、まずは3,000円以下のものから試してみましょう。

トーレス ヴィーニャ・エスメラルダ ロゼ

タリケ ロゼ

マテウス ロゼ

フォルタン リトラル グルナッシュ ロゼ

3,000〜5,000円:特別な日に飲みたいワイン

赤ワインと白ワインのいいとこ取りをしたようなロゼワインは、どんな料理とも相性が良いのが特徴です。特別な日のディナーにも、きっとマッチしてくれるでしょう。

フランシス コッポラ “ソフィア” ロゼ

ブレッド&バター ロゼ

エレガンツ ロゼ アイスワイン

5,000円〜:プレゼントにオススメ

ピンクの色味が華やかなロゼワインは、プレゼントにもピッタリ。ワイン=赤ワイン・白ワインのイメージを持つ人が多いので、あえてロゼワインで周りと差をつけてみてはいかがでしょう。

ローラン ペリエ ロゼ

ヴーヴ・クリコ・ローズラベルブリュット

シャンパーニュ パイパー・エドシック ロゼ・ソヴァージュ

スパークリングワインのオススメ

最後に、スパークリングワインのオススメをご紹介します。

ワイン名産地ブドウ種味わい価格帯
ジェイコブス・クリーク マスカット・ロゼ スパークリングオーストラリア白ブドウ甘口1,000〜2,000円
レミー・パニエ ブーケ・ドール・ブランフランス白ブドウ辛口1,000〜2,000円
ヴィッラ サンディ ロゼ スパークリングイタリア白ブドウ辛口1,000〜2,000円
フレシネ コルドン・ネグロスペイン黒ブドウ辛口1,000〜2,000円
シャンドン ロゼオーストラリア黒ブドウ辛口3,000〜4,000円
シュラムスバーグ ブリュット・ロゼアメリカ黒ブドウ辛口3,000〜4,000円
テタンジェノクターンフランス白ブドウやや辛口4,000〜5,000円
モエ・エ・シャンドン モエ ロゼ アンペリアルフランス黒ブドウ辛口8,000〜9,000円
ミッレディ フランチャコルタ ブリュットイタリア白ブドウ辛口5,000〜6,000円
シャトー・メルシャン 日本のあわ トラディショナル・メソッド トリロジー日本白ブドウやや辛口5,000〜6,000円

〜3,000円:デイリーワイン

華やかなイメージのあるスパークリングワインですが、日常的に飲みやすい価格帯のものも多く販売しています。お手頃な値段のスパークリングワインで、日々の食事を少し贅沢にアップデートしてみてはいかがでしょう。

ジェイコブス・クリーク マスカット・ロゼ スパークリング

レミー・パニエ ブーケ・ドール・ブラン

ヴィッラ サンディ ロゼ スパークリング

フレシネ コルドン・ネグロ

3,000〜5,000円:特別な日に飲みたいワイン

シュワシュワと弾けるスパークリングワインは、記念日や誕生日など、お祝いのムードにピッタリ。

シャンドン ロゼ

シュラムスバーグ ブリュット・ロゼ

テタンジェノクターン

5,000円〜:プレゼントにオススメ

華やかな印象のあるスパークリングワインは、プレゼントに選んでも喜ばれることでしょう。ワイングラスもあわせて贈るのも素敵ですね。

モエ・エ・シャンドン モエ ロゼ アンペリアル

ミッレディ フランチャコルタ ブリュット

シャトー・メルシャン 日本のあわ トラディショナル・メソッド トリロジー

自分好みのワインを見つけよう

ワインの種類と、それぞれのおすすめのワインをシーンごとに紹介しました。
ワインにはさまざまな種類があり、楽しみ方はたくさんあります。この記事で紹介したワインで少しでも気になるワインがあったら、ぜひ飲んでみてください。

無料

60秒

一括査定で最高額を調べる

受付時間:9:45〜19:00(年中無休)
電話でお問い合わせ(無料)