【メルカリ出品者】メッセージを送る際の注意点と実際に使える例文

メルカリ_メッセージ_アイキャッチ

ウリドキで、プロに簡単に査定申し込みができる!

今すぐ査定依頼

簡単にモノを出品したり、購入できるフリマアプリ・メルカリでは、取引の際にメッセージを送ることができます。

メッセージでやりとりをせずに購入することも可能ですが、出品者として信頼してもらうには、丁寧に対応することが大切です。

初めてメルカリで出品した方は、

「どのような時にメッセージが必要?」
「どのような文章を送ったらよいか分からない」

といった疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、メッセージのやりとりが必要な場面ごとに実際に使える例文もご紹介します。メルカリ初心者の方はぜひ参考にしてくださいね。

コメントやメッセージを送る際に気をつけること

メルカリには、出品された商品に質問があるユーザーからコメントが来たり、取引時にメッセージを送る機能があるなど、購入者との直接やりとりをする場面が多々あります。

出品者と購入者の双方が満足できる取引を実現するためにも、欠かせない機能です。

ただどのような状況でもメッセージを送ればよいというものではありません。適切な送り方や送る時間帯なども重要となります。

送り方

メッセージの送り方で注意したいのは、送るべき場面を把握することです。

出品した商品が気になる購入者から質問がくる場合があります。

「サイズを教えていただけませんか?」
「着丈や幅を教えてもらえませんか?」

など商品の詳細について、質問があったときは丁寧にメッセージを送りましょう。回答が決め手となって、購入してもらえることもあります。

「〇〇円に値下げしていただけませんか?」

といった値下げコメントは比較的多いです。値下げしてもよいのか、できないのかをしっかりと購入者に伝えることが重要です。

コメントに対しては、「コメントいただきありがとうございます」「よろしくお願いします」など丁寧に対応することも意識しましょう。

残したくないメッセージは削除

出品した商品に対するコメントメッセージは、出品者側のみ削除することができます。コメント欄の削除アイコンをタップ・クリックすることで削除可能です。

残したくないメッセージの例としては、値下げ交渉のコメントが挙げられます。応じなかった値下げ交渉がコメント欄に残っていると、値下げの基準として、他の購入者がさらに値下げ交渉をしてくることがあります。

希望する価格で売りにくくなってしまうため、値下げ交渉コメントは早めに削除しておきましょう。

通知はONにする

コメント欄へのメッセージに素早く対応することは、取引のタイミングを逃さないことにつながります。「コメントに気づかなった…」ということがないように、通知をONにしておきましょう。

通知をONにするためには、まずマイページのお知らせ設定をタップ・クリックします。各種通知のON・OFFを選ぶことができるため、コメントをタップ・クリックし、ONに設定しましょう。

通知が来ても、仕事や学校などで返信できない時間帯もあるでしょう。返信できない時間帯が決まっている場合は、返信可能な時間帯をプロフィールや商品紹介文に書いておくと、購入者の不安を軽減することができます。

時間帯

仕事や学校から帰宅した夜の時間帯が、メッセージのやり取りに最適な時間です。

連絡のとりやすい夜であれば、スムーズに購入者と連絡を取り合えるでしょう。

実際に使える例文

メッセージの使い方や通知、時間帯などを把握しても、実際にどのような文章を送るべきか悩む方も多いのでは?

主なメッセージを送る場面として、値下げ交渉、取り置き依頼、購入時、支払未確認、商品発送、評価をピックアップしました。 内容で悩んでいるメルカリ初心者の方は、ぜひご活用ください。

値下げ交渉

購入者はできるだけ安く商品を買いたいものです。値下げ交渉をされることは多く、応じる場合と断る場合のそれぞれで、しっかりと返答しましょう。

値下げに応じる場合

値下げ交渉の価格で問題ない場合は、価格の変更をすることを伝えて購入を促します。

「コメントいただきありがとうございます。ご希望のお値段で問題ありません。価格の変更をしますので、ご購入お願いいたします。」

値下げできる金額を決めている際は、値下げ後の値段を提案してみるのも一つの方法です。

「コメントありがとうございます。ご希望のお値段では厳しいのですが、〇〇円でしたら値下げ可能です。ご検討お願いいたします。」

断る場合

「商品に興味を持っていただきありがとうございます。値下げの予定は現在ございません。再度ご購入のご検討いただけると幸いです。」

値下げをしたくないときは、値下げできないことをはっきりと断ってしまって問題ありません。ただ「値下げは絶対しません!」など、購入者に悪い印象を与えないように、物腰柔らかく丁寧にメッセージを送りましょう。他にも商品が気になっている方の印象にも、コメントは影響します。

▷ メルカリで値下げのコメントがきたときはこちらの記事を参考に!
【出品者向け】メルカリで値下げ交渉・オファーへの対応例と注意点。断り方も

取り置きの依頼をされたとき

メルカリに出品されている商品には、「お取り置き〇日まで」「〇〇様専用」などが記載された商品があります。

数日後でないと支払いができない場合や購入を迷っているときなどに、取り置きを依頼されます。

取り置きは、期間中に第三者が購入してしまうといったトラブルも多いため、メルカリは容認していません。どうしても取り置きをする場合は、期間を決めて取り置きすることが必要です。

引き受ける場合

「かしこまりました。〇〇日以内の取り置きでしたらお受けします。ご検討お願いいたします。」

「期限を過ぎても連絡がない場合はキャンセルとさせていただきます。」など他のユーザーに購入されるチャンスを逃さないよう期限を設定しておくことが重要です。

断る場合

「取り置きはお受けしておりません。購入のご検討お願いいたします。」

購入されたときに送るメッセージ

購入者が商品を購入した場合、気になるのは発送の時期です。購入してくれた感謝を含めて、なるべく早くメッセージを送りましょう。メッセージのポイントは、感謝と具体的な発送時期です。

「この度、商品のご購入いただきありがとうございます。発送時期は〇〇日を予定しています。発送に合わせて連絡させていただきます。お取引終了までよろしくお願いいたします。」

支払いの確認ができない

購入手してから、相手がなかなか代金を支払ってくれないことも稀にあります。忘れていることも考えられるため、一度連絡してみましょう。支払いが遅くなる場合は、期日を決めて待つことがおすすめです。

支払いされていないことを伝える場合

「昨日は、ご購入いただきありがとうございました。お忙しい中と思いますが、支払いをされていないようですので、お支払いいただけると幸いです。支払いの時期が遅れる際はご相談いただけましたら、柔軟に対応させていただきます。」

支払いが遅れる場合

「支払いの遅延について、ご連絡いただきありがとうございます。〇〇日までのお支払いをお願いいたします。お支払いが難しい場合は、キャンセルも考慮に入れさせていただきます。ご了承いただけますと幸いです。」

商品を発送したとき

購入者にとって、商品がいつ届くかは気になるポイントです。商品を発送した時に、メルカリでの発送処理と合わせて、メッセージを送りましょう。配送方法やお届け予定日、追跡番号など必要な情報を添えると、相手にとって親切です。

「本日、〇〇にて、商品の発送をさせていただきました。お届け予定日は〇〇日です。念のため追跡番号もお伝えしておきます。到着までお待ちいただけると幸いです。」

購入者を評価するとき

購入してくれた感謝を込め、取引完了と合わせて評価を行いましょう。評価メッセージは、他のユーザーも見ることができるため、個人情報など具体的な情報は書かないよう注意が必要です。

「商品のご購入、スムーズなお取引ありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。」

手早く売るなら買取店がおすすめ

メルカリは、購入者とのやりとりを含めて出品〜現金の受け取りまで数日かかってしまいます。

不要なものをすぐに売りたいという方は、買取店の利用もおすすめです。専門分野に特化した査定士に見てもらえ、最小限の手間で売ることができます。

おすすめの買取店は、メルカリで多く取引されている洋服に強いブランディアです。衣類を初めとしたバッグやアクセサリーなどファッションアイテムの高価買取が期待できます。査定後に届くダンボールに入れて送るだけの宅配買取は、全国どこにお住いでも空いた時間で利用でき、利便性も抜群です。

まとめ

メルカリのメッセージは、出品者と購入者でコミュニケーションをとり、円滑な取引をするために欠かせない機能です。通知をONにしておくことや時間帯を把握しておくことでスムーズな取引につながります。

実際に使える例文を参考に、しっかりと連絡をとって気持ちの良い取引を実現しましょう。

ウリドキで、プロに簡単に査定申し込みができる!

今すぐ査定依頼