メルカリで配送トラブル!補償はある?発送方法別にご紹介!

  • 2019年11月7日
メルカリ配送補償

「送った荷物が相手に届いていない」「届いた荷物が壊れていると言われた…」このような配送に関するトラブルは少なくありません。

自分が送った荷物が配送トラブルに巻き込まれてしまうと、商品代金や配送料を負担しないといけないのでは…と不安に思いますよね。

気軽に利用できるフリマアプリ『メルカリ』ですが、万が一配送トラブルが起こったときの補償はついているのでしょうか?

今回は、メルカリで使える発送方法に補償がついているのかについて詳しく説明をします。

『もしも』のときに備えて、メルカリを利用している人は補償についてきちんと頭に入れておきましょう。

▼メルカリ配送の疑問はここで解決▼
メルカリ配送完全ガイド

メルカリで配送トラブルが起こったときに補償はある?

メルカリ配送補償

メルカリはフリマアプリなので、商品を発送するときの梱包や配送の手続きは自分でおこなわないといけません。

もちろん商品が壊れたり汚れたりしないよう、壊れそうな商品は緩衝材を使って梱包しますよね。

宛名をしっかり書いて郵便ポストに入れたり、配送業者さんに渡したりしても、配送トラブルが絶対に起こらないというわけではないのです。

配送の途中で荷物が壊れたり、購入者のもとへ届く前に荷物がなくなったり、というトラブルは少なくありません。

このような場合、なにも補償がついていないと商品代と配送料を自分で負担しないといけないどころか、購入者に『悪い』評価をつけられてしまう可能性があります。

そこで補償つきの配送方法を利用していれば、少なくともお金に関してマイナスになることはないでしょう。

ではメルカリで利用できる配送方法の中に、配送トラブルに対して補償がついているものはあるのでしょうか?

その答えは、『補償つきのものとついていないものがある』です。

「じゃあどの配送方法を選べば補償がついているの?」と思いますね。
次の項で詳しく説明しましょう。

メルカリで使える補償がある配送方法はどれ?

メルカリで使える補償つきの配送方法は大きくわけると『らくらくメルカリ便』『ゆうゆうメルカリ便』『大型らくらくメルカリ便』『メルカリ便以外の発送方法』の4つです。

それぞれどのような補償がついているのか詳しく説明しましょう。

らくらくメルカリ便の補償

らくらくメルカリ便補償

らくらくメルカリ便には『ネコポス』『宅配便コンパクト』『宅配便』の3種類ありますが、全てに万が一のときの補償がついています。

配送中に商品が壊れてしまったり紛失したりしても、メルカリがサポートしてくれるだけでなく、商品代金や送料を補償してくれるので安心です。
補償金額の上限はありません。

ブランドもののTシャツなどを送るときは、やっぱり『もしも』のときの対策をしておきたいはず。

補償つきで薄型の商品に向いているネコポスと宅配便コンバクトは、そのようなときに使い勝手がよい発送方法ですね。

ゆうゆうメルカリ便の補償

ゆうゆうメルカリ便補償

ゆうゆうメルカリ便には『ゆうパケット』『ゆうパック』の2種類がありますが、こちらもらくらくメルカリ便と同じく補償がついている配送方法です。

商品が壊れたり紛失したりしても、メルカリがサポート&代金を全額補償してくれます。

小さなサイズのものでも、値段が高いと補償つきのほうが安心できますよね。
宝石のついたネックレスや高価な指輪を送るときは、ゆうパケットが補償つきなのでおすすめです。

大型らくらくメルカリ便

大型らくらくメルカリ便補償

大型らくらくメルカリ便は200〜450サイズのものまで送れる発送方法。
タンスや自転車など、大きな荷物を送るときに便利で、こちらの発送方法にもきちんと補償がついています。

商品の破損、紛失に対して全額補償&サポートをしてくれるので、高級家具を発送するときでも安心。

家財道具は梱包がきちんとできるか不安に思う人が多いでしょうが、大型らくらくメルカリ便は梱包をプロが代わりにおこなってくれます。

梱包の不備を防ぐだけでなく補償もついているなら、どんなに高価な大型商品を送るときでも安心ですね。

メルカリ便以外の補償つきの配送方法

もちろんメルカリでは、メルカリ便以外の方法で商品を送ることもできます。

メルカリ以外の発送方法は幅広いですが、その中でもよく使われる補償つきの発送方法をいくつかご紹介しましょう。

まずは郵便局で利用できる補償つきの発送方法をご紹介します。下記にまとめました。

郵便局で使える補償つきの発送方法

郵便配送補償

  • ゆうパック…セキュリティサービスなし 30万円
    セキュリティサービスあり 50万円
  • 書留・簡易書留10万円

郵便局で使える補償つきの発送方法は『ゆうパック』『簡易書留』『書留』の3種類です。
ゆうパックならセキュリティサービスなしでも30万円まで補償してくれます。

値段が高いアクセサリー類や小型家電なら、この3種類の補償を使えば安心して発送できるでしょう。

それぞれ普通郵便のように切手を貼ってポストへ投函すればOKというわけではないので、はじめて利用する人は郵便局のスタッフさんに送り方を聞いて発送してくださいね。

では次に、クロネコヤマトで利用できる補償つきの発送方法をご紹介します。下記にまとめました。

クロネコヤマトで使える補償つきの発送方法

ネコポス補償
宅急便コンパクト補償
宅急便補償

ヤマト便補償

  • ネコポス税込3,000円
  • 宅配便コンパクト税込30,000円
  • ヤマト運輸の宅配便30万円
  • ヤマト便5万円〜 ※保険加入料10円につき1万円補償

クロネコヤマトで使える補償つきの発送方法には『ネコポス』『宅配便コンパクト』『宅配便』『ヤマト便』の4種類があります。

ただしネコポスはメルカリ便経由でないときは、個人事業主しか使えないので注意しましょう。

ヤマト便の補償金額が少し複雑なので、詳しく説明しますね。

宅配便の補償額は30万円までですが、30万円をこえる商品を送りたいときもあるでしょう。
そのようなときに便利なのがヤマト便。
ヤマト便は任意保険に加入することで30万円以上の補償が受けられる発送方法です。

加入料は50円からで、その後は10円支払うごとに10,000円の補償を受けることが可能。
つまり、最低加入料の50円だと50,000円、500円なら500,000円の補償が受けられる、ということですね。

30,000円以下のブランド物の服なら宅配便コンパクト、それより高くて30万円以下のものなら宅配便、30万円より高いものを送るならヤマト便、というように、送るものの値段でどの発送方法を選ぶかを決めるのがおすすめです。

では次に、佐川急便で使える補償つきの発送方法をご紹介します。下記にまとめました。

佐川急便で使える補償つきの発送方法

佐川急便補償

  • 飛脚便30万円

佐川急便では飛脚便を使えば30万円までの補償が受けられます。

しかし、30万円よりも高い商品を送りたいと思ったとき、飛脚便ではちょっと不安ですよね。

そのような人のために、佐川急便では『運送保険』というサービスを用意しています。
運送サービスで補償してもらえる金額は下記のとおりです。

佐川急便運送保険

ヤマト便と同じように加入料10円につき10,000円補償、最低50円から運送保険に加入できます。

佐川急便で発送する場合は飛脚便の保険つきか保険なしかの2パターンしかないので、30万円以上の補償が必要かそうでないかでどちらかを選ぶとよいでしょう。

補償つきの配送方法でも対象にならない場合がある?

ここまでで、配送トラブルが起こったときに補償がついている発送方法の種類と補償内容を説明してきました。

しかし、補償つきの発送方法を選んだからといって、どのような場合でも補償が受けられるわけではないのです。

たとえば配送中の破損。
もし購入した人から「送られてきた時計の箱が潰れていて使えない」とメッセージがきたとしましょう。

この場合は、配送中に他の荷物とぶつかった、ドライバーが箱を落としてしまったなどが原因と考えられるので補償をしてもらえる可能性が高いといえます。

しかし、出品者が時計を箱に入れたり緩衝材で包んだりせず、裸のまま袋に入れた場合はどうでしょうか。

この場合は、送り主の梱包不備が破損の原因である可能性があるので、場合によっては補償を受けられないことがあるのです。

運送会社さんのほうも補償するのにお金がかかるわけですから、商品が破損した原因がどこにあるのかをきっちり検証します。

検証した結果、配送には問題がないと判断されたときは、補償つきの発送方法でも補償が受けられないときがあるので注意しましょう。

配送中の紛失については送り主に問題があるわけではないので、ほとんどの場合で補償が受けられます。

補償を受けるには商品が壊れないよう丁寧に梱包することが大切

もしものときの補償を受けるには、商品を送るときに中身が壊れないよう丁寧に梱包することも忘れてはいけないポイントです。

商品を袋などに入れず、そのままダンボールや封筒に入れるのはNG。
最低でもビニール袋に入れてから、ダンボールや封筒に入れるのが基本です。

とはいえ、メルカリで商品を発送するのに慣れていない人は、一体どこまで梱包に気をつければよいのかわかりませんよね。

配送中に商品が壊れたり傷がついたりするのを防ぐポイントを下記にまとめました。

配送事故を防ぐための梱包のポイント

  • 外袋に入れる前にビニール袋や紙袋に入れる
  • ダンボールに隙間ができるときは新聞紙などの緩衝材を埋め込む
  • 壊れやすいものはクッション付き封筒やプチプチで包む
  • 封筒に本や雑誌を入れるときは中身が動かないようにサイズを調整する
  • 紙でできている商品はビニール袋に入れるなど水濡れ防止をしておく

こちらはほんの一部で、まだまだ梱包のときに工夫できる点はたくさんあります。

もしものときの補償を受けるには、商品を梱包するときに念には念を入れてきちんと梱包することが大切です。

メルカリで商品を送るときは必ず補償つきを選ぶべき?

メルカリで商品を送るときに使える発送方法は、補償つきのものとそうでないものがあります。

では商品を送るときは必ず補償つきの発送方法を選ぶべきなのでしょうか?

答えは『弁償するのが難しいものは補償つきを選ぶのがおすすめ』です。

たとえば300円の商品で薄型のものなら、ゆうゆうメルカリ便やらくらくメルカリ便を使うより普通郵便で送ったほうが送料が安く済みます。

普通郵便には補償がついていませんが、万が一配送トラブルで商品が届かず、自分で弁償することになっても500円程度の損失で済みますよね。

この場合は必ずしも補償は必要ではないでしょう。

しかし、プレミアがついていて1枚5万円もするトレカを送る場合は、補償つきの発送方法でないと5万円がパーになってしまうのです。

このように、万が一商品が壊れたり紛失したりして売上金が手に入らないとなったとき、「まあいいか」と思える金額か「補償してもらわないと困る」と思う金額なのかを基準にするのがおすすめ。

5,000円以上の商品なら補償つき、それ以下なら補償なしというように、目安の金額を決めておいてもよいですね。

まとめ

メルカリで使える発送方法には、補償つきのものとそうでないものがあります。

値段が高い商品を送るときなどは補償つきが安心できるので、送料の安さだけでなく補償のあるなしにも注目して発送方法を選びましょう。

ただし補償はどんなときでも受けられるわけではないので、梱包不備で補償が受けられないということがないよう、丁寧な梱包を心がけてくださいね。