フリマサイトのおすすめランキングTOP10!手数料を一覧で比較

  • 2024年5月31日
この記事で解決できるお悩み
  • フリマサイトの選び方を知りたい
  • フリマサイトごとの特徴を知りたい
  • フリマサイト利用時の注意点を知りたい

本記事ではフリマサイトの選び方や、人気のフリマサイトのなかからおすすめを紹介。それぞれの特徴や手数料など、重要視したいポイントを一覧で比較し、フリマサイト選びに役立つ情報をまとめました。

フリマサイトは、各サイトにさまざまな特色が存在します。自分に合ったフリマサイトで出品や購入をすることで、より満足のいく売買につながるでしょう。これからフリマサイトの利用を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

ウリドキなら最大10社から一括査定!

あなたの売りたいものの
\一番高い買取価格がわかる/

フリマサイトを利用するメリット

近年ユーザーが増えているフリマサイトには、さまざまなメリットがあります。ここでは、フリマサイトを利用するメリットを見ていきましょう。これからフリマサイトに登録しようか迷っている方は、ぜひ記事の内容を参考にしてみてください。

誰でも気軽に利用できる

フリマサイトの多くは、スマホ1台で出品や購入が完結します。これまで個人間の中古品売買のやり取りに慣れていない方でも、サイトやアプリの指示に従って進めるだけなので、特別な知識や経験は必要ありません。

また、自宅や出先など場所を問わず、すき間時間を使っていつでも利用できる点も、大きなメリットと言えるでしょう。

中古買取店よりお得に売買できる

不要品を売買する方法は、中古買取店の利用がポピュラーです。しかし、フリマサイトでは値付けを自分で行えるため、買取店へ売却するよりも高く売ることができ、市場相場と比べ安く買える可能性があるでしょう。

ただし、価格設定やタイミングによっては売れ残ってしまうリスクや、手数料が高くなることがあるので、注意が必要です

サポート体制が整っている

顔の見えない個人間の中古品売買では、商品が届かない、代金が支払われないなどのトラブルも少なくありません。フリマサイトではそういったトラブルに備えて問い合わせ窓口が設置され、仲介してくれるケースも多くあります。

どのようなサポートが受けられるかはサイトによって異なるので、事前の確認がおすすめです。

フリマサイトの比較一覧表

基本的にフリマサイトのシステムは「出品者が不用品を売り、購入者が買う」です。しかし、特徴や取り扱いジャンル、手数料はサイトによってさまざま。

まずは、フリマサイトの一覧表を見ていきましょう。

サイト名利用者数利用料アプリ内課金販売手数料振り込み手数料
メルカリ2,200万人/月
※2023年7月時点
無料なし10%200円/ 回
※「お急ぎ振込」利用時は別途200円必要
ラクマ500万人/ 月
※2022年7月時点
無料なし4.5〜10%
※月ごとの販売実績に応じて変動
210円/回
※10,000円以上の金額で楽天銀行を選択した場合は無料
ヤフオク!掲載なし無料
※LYPプレミアム会員登録は月額508円(税込)
あり10%
※LYPプレミアム会員は8.8%(2024年6月4日より一律10%に変更)
100円/回
※PayPay銀行への振り込み・PayPayへのチャージは無料
Yahoo!フリマ掲載なし無料なし5%
※初めて売れた商品は無料
100円/回
※PayPay銀行への振り込みは無料
minne掲載なし無料なし10.56%220円/回
ジモティー1000万人/月
※2023年10月時点
無料あり5%
※あんしん決済機能の利用時
150円/回
モバオク掲載なし330円/月
※iTunes決済・Google Play決済の場合は360円/月
なし無料無料
magi掲載なし無料なし販売手数料7%振込手数料200円/回
Creema掲載なし無料なし11%
※フード・お酒カテゴリーは15.4%
※台湾、香港サイトでの販売は21%+一取引あたり42円
振込手数料30,000円未満:176円
30,000円以上:275円
※PayPay銀行振り込みの場合は55円
スニーカーダンク60万人/月無料なし7.0~9.5%
※会員ランクによって変動
30,000円未満:200円/回
30,000円以上:300円/回

フリマサイトの中で知名度が高いのは「メルカリ」です。しかし、比較表を見てもわかる通り、販売手数料は決して安い方とは言えません。そのため、販売手数料を抑えたい場合は、他サイトの利用を検討してみるのもよいでしょう。

上記のように、自分が重視する点を見極めた上で相性の良さそうなサイトを見つけることが大切です。
それぞれの詳細については、後ほど順番に解説していきます。

フリマサイトのおすすめランキングTOP10

フリマサイトを10個ピックアップし、特徴や利用料をご紹介していきます。

  • メルカリ
  • ラクマ
  • ヤフオク!
  • PayPayフリマ
  • minne
  • ジモティー
  • モバオク
  • magi
  • Creema
  • スニーカーダンク

フリマサイトごとの傾向を把握し、「ここだ」と思えるサイトを見つけましょう。

1位:メルカリ




公式サイト

特徴

  • 高い集客力を持つ大手サービス
  • カスタマーサポートが充実
  • お得に取引できるポイント制度

サイト紹介

メルカリは、フリマ業界の大手サービスです。2013年にサービスを開始して以来、月間の利用者数が2,200万人を超える高い集客力を誇り、多くのユーザーとの取引しやすい特徴があります。

メルカリの魅力は、カスタマーサポートの充実度です。日本郵政やヤマト運輸など外部の配送業者と連携し、独自の配送方法を豊富に用意。ネットのフリマへの出品が初めてでもわかりやすく使える仕組みが整っています。

また、個人情報を守って取引できる匿名配送や、AIを活用した違反出品の監視など、出品者・購入者双方の取引の安全を守るシステムも豊富です。

ポイントシステム「メルカリポイント」もあり、街中でも使える独自の決済方法「メルカード」「メルペイ」と組み合わせると、ポイント還元率が上がり、よりお得に取引できますよ。

サイト情報

利用者数2,200万人/月
※2023年7月時点
利用料無料
アプリ内課金なし
販売手数料10%
振り込み手数料200円/ 回
※「お急ぎ振込」利用時は別途200円
決済手数料100〜880円
※支払金額によって変動
※コンビニ払い、ATM払い、キャリア決済のみ有料
送料84〜33,000円

2位:ラクマ




公式サイト

特徴

  • 楽天グループのフリマサイト
  • 楽天IDとの連携でお得に利用
  • 配送方法や決済方法が豊富

サイト紹介

ラクマは、楽天グループが運営するフリマサイトです。国内初のフリマアプリ「フリル」と統合し、幅広い層のユーザーに親しまれています。

ラクマの強みは、楽天会員IDを活かしたサービス連携でしょう。各楽天サービスと併用することで楽天ポイントがお得にたまるので、楽天のサービスを多用する人にはおすすめです。

匿名配送や「かんたんラクマパック」など、安全に配慮し、幅広い商品に対応した配送方法が充実しています。かんたんラクマパックを利用すると最大30蔓延の紛失補償が受けられ、高額商品の取引も不安なく行えるでしょう。

決済方法も、クレジットカードから各種QRコード決済、キャリア決済など豊富で、ショッピングも便利です。支払いでも楽天ポイントが使え、ここでも楽天会員の強みが生かせます。

サイト情報

利用者数500万人/ 月
※2022年7月時点
利用料無料
アプリ内課金なし
販売手数料4.5〜10%
※月ごとの販売実績に応じて変動
振り込み手数料210円/回
※10,000円以上の金額で楽天銀行を選択した場合は無料
決済手数料100~200円
※クレジットカード・LINE Pay・FamiPay・ラクマポイントを選択した場合は無料
※支払い方法・金額によって変動
送料160~3,350円

3位:ヤフオク!




公式サイト

特徴

  • Yahoo!Japanが運営
  • オークション・フリマに対応
  • PayPayとの連携が便利

サイト紹介

ヤフオクは、Yahoo!Japanが運営するサービスです。1999年のサービス開始から豊富な出品・取引実績を挙げ、国内最大級のマーケットとして知られています。

ヤフオクは買い手が価格を決めるオークション形式の取引が有名ですが、売り手が価格を設定するフリマ形式にも対応しているサービスです。オークション形式の出品に自信がない人でも、一般的なフリマサイトと同じように利用できます。

また、PayPayとの連携に強く「売上金をPayPayにチャージする」「支払いにPayPay銀行を使うことで決済手数料を無料化する」といったことが可能です。日頃からPayPayを使う人はよりお得かつ便利に使えるので、ヤフオクへの出品を検討してみましょう。

サイト情報

利用者数掲載なし
利用料無料
※LYPプレミアム会員登録は月額508円(税込)
アプリ内課金あり
販売手数料10%
※LYPプレミアム会員は8.8%(2024年6月4日より一律10%に変更)
振り込み手数料100円/ 回
※PayPay銀行への振り込み・PayPayへのチャージは無料
決済手数料100円~
※金額・商品カテゴリによって変動
※PayPay銀行支払い・銀行振り込みは無料
送料150円~
※出品者負担・落札者負担によって変動

4位:Yahoo!フリマ




公式サイト

特徴

  • フリマに特化したサービス
  • 販売手数料が格安
  • Yahoo!オークションと連携

サイト紹介

Yahooフリマは、2023年11月に「PayPayフリマ」からリニューアルしたYahoo!Japanのサービスです。Yahooオークションと異なり、フリマとしての取引に特化しています。

送料は全額出品者負担ですが、全商品送料込みの価格で表示され、購入者側の支払金額が明瞭で買い物がしやすい点が特徴です。また、販売手数料は5%と他サービスに比べて安く、匿名配送が利用できるので、出品者・利用者双方にメリットがあります。

Yahooオークションと連携している点も大きな特徴です。Yahooオークションの商品の一部はYahoo!フリマからも購入できるうえ、Yahooオークションと同様PayPayが活用できるので、すでにYahooオークションを利用している人におすすめですよ。

サイト情報

利用者数掲載なし
利用料無料
アプリ内課金なし
販売手数料5%
※初めて売れた商品は無料
振り込み手数料100円/回
※PayPay銀行への振り込みは無料
決済手数料無料
送料150~33,000円
※出品者負担

5位:minne




公式サイト

特徴

  • 大規模なハンドメイドフリマ
  • 作家のステップアップを応援
  • 不安なく販売できる代理販売

サイト紹介

minneは、GMOが提供するハンドメイド専門のフリマサイトです。手芸品やヴィンテージ、食品などを扱い、ハンドメイドのマーケットとしては国内最大級を誇っています。

minneでは、ハンドメイド作家の販売をサポートするシステムが充実。フリマでの販売からイベントの開催、書籍の発行など、作家のステップアップにも意欲的に取り組んでいます。販売だけでなく、さらに活動の場を広げたい人におすすめです。

また、ハンドメイドの販売で問題になる転売に対しても、代理人による代理販売で対応しています。登録制ではありますが、活用することで販売を代理人に任せ、自分は作品づくりに専念可能です。

不安なく、販売しながら作品づくりに打ち込みたい作家さんは利用を検討してみてください。

サイト情報

利用者数掲載なし
利用料無料
アプリ内課金なし
販売手数料10.56%
振り込み手数料220円/回
決済手数料165~370円
※銀行振り込み・ゆうちょ振替の場合は金融機関に支払う振り込み手数料が必要
送料184~2,700円

6位:ジモティー




公式サイト

特徴

  • 地域密着型のコミュニティ
  • 無料での譲り渡しも可能
  • 購入者の引き取りも依頼できる

サイト紹介

ジモティーは、地域密着型のコミュニティで、登録者同士で商品を譲り合えるサービスです。

ジモティーの特徴は、自由な価格設定ができる点でしょう。フリマサービスには最低価格が設定されているサービスも多いなか、ジモティーでは値段をつけて販売するだけでなく、無料での譲り渡しもできます。

また、譲り渡しの方法も自由で、配送以外に購入者が自力で引き取る方法も選択可能です。引き取り限定で出品する人も多く、地域でのやりとりが多いジモティーならではの特徴ですね。

引き取り場所の指定や受け渡しは必要ですが、梱包など配送の手間をかけずに取引できます。送料の計算や梱包材の手配が大変な、家具・家電といった大物なども取引しやすいでしょう。

サイト情報

利用者数1000万人/月
※2023年10月時点
利用料無料
アプリ内課金あり
販売手数料5%
※あんしん決済機能の利用時
振り込み手数料150円/回
決済手数料コンビニ決済の場合は110円、銀行ATM利用の場合は100円
送料自分で設定

7位:モバオク




公式サイト

特徴

  • DeNAの老舗オークション
  • 月額課金で充実のサービス
  • 販売・振込手数料が無料

サイト紹介

モバオクは、DeNAのグループ企業が提供するサービスです。2004年からサービスを展開している老舗オークションのひとつで、オークション形式とフリマ形式を選択して出品できます。

モバオクの最大の特徴は月額課金制のサービスである点でしょう。代わりに、販売手数料・振込手数料が無料です。月額利用料を払えば、何件売り上げても費用が変わりません。そのため、毎月ある程度の品数を出品する人に向いたサービスです。

初月は無料で利用できます。まずお試しで利用してみて、サービスが気に入れば本格利用を始めることもひとつの方法です。

また、10年以上の運営実績に基づきサポート体制も充実しています。サポートを受ければ不安なく利用できるので、オークションやフリマに慣れていない人にもおすすめです。

サイト情報

利用者数掲載なし
利用料330円/月
※iTunes決済・Google Play決済の場合は360円/月
アプリ内課金あり
販売手数料無料
振り込み手数料無料
決済手数料200円
※モバペイ利用の場合
送料84~3,160円

8位:magi




公式サイト

特徴

  • トレーディングカードなどに特化
  • コレクターと高値での取引も可能
  • ラクマユーザーとも取引できる

サイト紹介

magiは、コレクター・プレイヤー向けのトレーディングカードに特化したフリマサイトです。「遊戯王カード」「ポケモンカード」「M:TG」をはじめとするカードが豊富に取引されており、レアカードも多数出品されています。

限定された商品に特化したサービスでコレクターが集まるため、人気のカードなどは高値での取引も可能です。「できるだけ高く売りたい」「価値の分かる人にカードを買ってもらいたい」という人におすすめですよ。

magiに出品されたトレーディングカード類は、ラクマからも購入できます。多くの楽天ユーザーにアプローチでき、買い手がつく可能性が高まるので、売れる機会をより増やしたい人もmagiへの出品を検討してみましょう。

サイト情報

利用者数掲載なし
利用料無料
アプリ内課金なし
販売手数料7%
振り込み手数料200円/回
決済手数料3%
※「スニーカー」カテゴリーの商品を除く
※あんしん取引適用商品の場合は別途980円
送料390~2,018円

9位:Creema




公式サイト

特徴

  • ハンドメイド作品のマーケット
  • 受注製作で在庫を抱えず販売可能
  • プロモーション機能が充実

サイト紹介

Creemaは、2010年からサービスを開始したサービスです。厳密にはフリマではないものの、個人作家のハンドメイド作品が多く出品されています。

Creemaの特徴のひとつは、受注製作が可能な点です。注文を受けてから製作することで在庫を抱えることなく販売できます。まだ作品づくりを始めたばかりの人や、「売れるかどうか不安」という人でも、気兼ねなく出品できますよ。

また、クーポン発行やキャンペーンの実施など、販売に役立つプロモーションを実現できる機能も充実。販売に慣れていない人でも本格的な販促ができます。

個人でも自分の作品を効果的に周知できるので、作品づくりだけでなく、今後のブランディングを見据えている人にもおすすめです。

サイト情報

利用者数掲載なし
利用料無料
アプリ内課金なし
販売手数料11%
※フード・お酒カテゴリーは15.4%
※台湾、香港サイトでの販売は21%+一取引あたり42円
振り込み手数料30,000円未満:176円
30,000円以上:275円
※PayPay銀行振り込みの場合は55円
決済手数料コンビニ払い:191円
d払い(ドコモ)・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い:165円
送料120円~

10位:スニーカーダンク




公式サイト

特徴

  • スニーカー・トレカ専門サービス
  • スニダンらくらく便で簡単発送
  • 商品はスニダンベースで管理

サイト紹介

スニーカーダンクは、スニーカーやトレカを中心に扱うフリマサービスです。こだわりを持つコレクターが多いジャンルを扱っているため、靴好き・トレカ好きに購入してもらえる機会が得られます。

商品の発送には、発送手続きが簡単な「スニダンらくらく便」が利用可能です。配送料金は鑑定終了後に売上金から差し引かれる仕組みで、発送時に支払いは必要ありません。

送料は、会員ランクが高くなるほど安くなるので、自身もスニーカー・トレカファンで利用頻度が高い人におすすめです。

出品者からの商品は、「スニダンベース」と呼ばれる物流センターで管理され、入荷した商品は鑑定や品質検査を受け、購入者に届けられます。プロがしっかり管理してくれることから、大切な商品をよい状態で届けてもらえるでしょう。

サイト情報

利用者数60万人/月
利用料無料
アプリ内課金なし
販売手数料7.0~9.5%
※会員ランクによって変動
振り込み手数料30,000円未満:200円/回
30,000円以上:300円/回
決済手数料5〜7%
※会員ランクによって変動
送料240〜2,700円
※会員ランクによって変動

フリマサイトの選び方

出品者がフリマサイトを選ぶ上でおさえたい点は下記の5つです。

  • サイトの利用者数
  • 販売手数料
  • 出品・発送方法
  • サポート体制
  • サイト利用者のニーズ

ひとつずつ解説していくので、フリマサイト選びの参考にしてください。

フリマサイトの利用者数

フリマサイトの利用者数は、多いほど出品した商品が売れやすくなります。理由は、商品ページが、その商品を「欲しい」と考えている人の元に届きやすくなるからです。

一方、利用者数が少ないと、人の目に触れにくいため、売れるまでに時間がかかると考えられます。

そのため「なるべく早く商品を売りたい」場合は、利用者数の多さを重視してサイトを選びましょう。また、欲しがる人がいるかわからないアイテムを出品する場合も、人の多いサイトを利用することをおすすめします。

販売手数料

フリマサイトの多くが販売手数料を設定しています。販売手数料とは、商品が売れた際に、出品者がサイト側へ支払う金額のこと。基本的に「売れた額の〇%」です。例えば、販売手数料が10%のサイトで5,000円の商品が売れた場合、販売手数料は500円。10,000円であれば1,000円と、販売額が大きくなるほど手数料も上がります。

出品者側にとっては、販売手数料は低いほど利益が手元に残りやすくなるため、気になるサイトが何%に設定しているのかは、必ず確認しておきましょう。

出品・発送方法

フリマサイトは、それぞれ出品や発送に関してのルールが異なります。基本的には、ユーザーが面倒にならないよう、簡単なサービスが提供されていますが、それでも手間はかかるでしょう。

サイトを選ぶ際は、出品や発送方法が簡単なものを探すことがおすすめです。

たとえば、出品時の商品情報入力が面倒に感じるのであれば、バーコードを読み込むだけで自動入力されるフリマサイトを選ぶと良いでしょう。

どこが良いとはいいきれませんが、自分に対してメリットが大きいサイトを利用するべきです。

サポート体制

サポート体制が充実していると、万が一トラブルが起こった場合にもスムーズに解決してもらえます。トラブル時の対応の範囲や、運営事務局の介入方法などを確認しましょう。

出品違反のパトロールや本人確認の徹底、匿名発想の有無など、普段からトラブル防止に努めているフリマサイトもおすすめです。

困ったときにすぐに相談しやすいかどうか、運営事務局への連絡手段も確認しておきましょう。

サイト利用者のニーズ

フリマサイトにはそれぞれ特徴があり、サイト利用者(購入者)のニーズもさまざまです。例えば、「minne」や「Creema」に登録している方は、ハンドメイド製品を求めていると考えられます。
また「スニーカーダンク」は、その名の通りスニーカーに特化したサイトです。

上記のサイトにまったく関係のないジャンルのアイテムを出品しても、売れないことは想像がつきます。そのため、自分が売りたい商品を「欲しい」と考えている人が多く登録していそうなサイトに登録することを意識しましょう。

【ニーズ別】おすすめのフリマサイト

フリマサイトは利用料や特化しているジャンルなど、それぞれ特色が異なります。上手に活用するためには各サイトの特徴を知り、自分に合ったフリマサイトを選びましょう。ニーズ別のフリマサイトをまとめたので、参考にしてくださいね。

販売手数料を抑えたい人

出品する方にとって、販売手数料は重視したいポイントではないでしょうか。できる限り低く抑えたいなら、月額利用料はかかるものの販売手数料無料の「モバオク」や、フリマサイトのなかでも5%と比較的低めな「Yahoo!フリマ」「ジモティー」がおすすめです。

特に「Yahoo!フリマ」は初回販売手数料がかからないので、ぜひ上手に活用しましょう。

サポートや機能を重視する人

予期せぬトラブルが想定される個人間のやり取りだからこそ、サポートをしっかりしてくれるサイトを選びましょう。

「メルカリ」は24時間365日カスタマーサポートが対応しており、フリマサイト初心者に嬉しいシステムです。また「ラクマ」は紛失補償や、模造品の疑いのある商品に対する鑑定サービスを設けるなど、補償制度が充実しています。

出品数・利用者数が多いサイトを利用したい人

ユーザー数や知名度の高さは、売れやすさや欲しい商品の見つけやすさに直結します。需要が少ない商品を売りたい場合でも、ユーザー数が多いサイトを選ぶことで早く売れるかもしれません。

「メルカリ」「Yahoo!オークション」など、利用者数・出品数の多さが明確なサイトや、取引が活発な老舗のサイトであれば、より多くの商品がチェックできるでしょう。

特定ジャンルに特化して取引したい人

特定のジャンルやカテゴリーに特化したサイトは、需要と供給がはっきりしているため、非常に売買しやすいサイトと言えます。

ハンドメイド作品や作家に特化した「minne」「Creema」、トレカ・スニーカーをメインに据える「magi」「スニーカーダンク」などはその代表格。出品側も購入側も、双方に利点があるサイトです。

フリマサイトで売れるもの一覧

ファッションアイテム

品物参考価格
シャネル トップハンドル ミニチェーンショルダー バッグ880,800円
ロレックス デイトジャスト816,600円
カルティエ ラブブレス791,040円
ルイヴィトン オンザゴーMM200,000円
ロエベ ハンモック スモール130,000円

ベビー・キッズ

品物参考価格
日本育児 はらぺこあおむし アクティビティジャンパー6,800円
ベビービョルン ベビーキャリア オリジナル2,700円
MathLinkシリーズ 算数アクティビティセット4,506円
アップリカ ユラリズム36,000円
エアバギー ベビーカー25,000円

ゲーム/おもちゃ

品物参考価格
ちいかわ ぬいぐるみ エポス2,500円
アニア アニアくじ 11体セット1,500円
Nintendo Switch25,000円
Nintendo Switch あつまれどうぶつの森4,000円
シルバニアファミリー 赤ちゃんセット3体&みるくウサギキーホルダー1,300円

家電・カメラ・ガジェット

品物参考価格
Anker NanoII 65W PD対応 急速充電器3,400円
iPhone 13 Pro シエラブルー 256 GB SIMフリー88,350円
カルディ コーヒーロースター45,000円
Canon EOS 一眼レフ16,800円
BRUNO ホットプレート7,600円

フリマサイト利用時の注意点

フリマサイトでトラブルを避けるためには、下記の4つに気を付ける必要があります。

  • 出品禁止物を売らない
  • 別サイトで同時に出品しない
  • 相手の評価や対応を確認する
  • 入金までに時間がかかる

スムーズな取引をおこなうためにも、必ず実践しましょう。

出品禁止物を売らない

フリマサイトで出品してはいけない商品のことを「出品禁止物」と呼びます。例えば、下記のようなアイテムが該当します。

  • 偽ブランド品
  • たばこ
  • 使用済みの下着
  • 個人輸入した化粧品
  • 福袋
  • 殺傷能力があるもの
  • 転売目的のチケット
  • 医薬品
  • ゲームアカウントなどの電子データ
  • 規制薬物 など

上記は一例であり、多くの商品が出品禁止物に設定されています。明らかにダメだとわかるもの以外に、人によっては「出品禁止だと知らなかった」アイテムが存在している可能性も。

自分でも気付かないうちに違反者となる状況を避けるためにも、必ず、利用前に必ず各フリマサイトのルールをチェックしておきましょう。

別サイトで同時に出品しない

同時出品とは、1つのアイテムを同時に複数のフリマサイトに出品することを指します。フリマサイトによって、同時出品が違反行為にあたるかどうかは異なりますが、あまりおすすめはしません。

理由は、同じタイミングで商品が売れたときに、片方をお断り(キャンセル)することになるからです。もしも、購入者がキャンセルに納得してくれなかったり、運営にクレームを入れたりすると、トラブルに発展する可能性が考えられます。

当然、同時出品が違反のサイトであればペナルティを課せられるケースもあるでしょう。

相手の評価や対応を確認する

フリマサイトは、全国各地から多くの人が参加しているため、ときにはやっかいな人物と取引することもあるかもしれません。もしも、「おかしいな」「不愉快だな」と思ったら、運営に報告することをおすすめします。

参考となるのは、相手のプロフィールで確認できる評価です。評価があまりに低い場合は、同じように感じている方が他にもいるということ。やりとりをしていてトラブルが起こりそうだと感じたら、すぐに運営へ相談しましょう。

入金までに時間がかかる

フリマサイトで商品を売る際は、売上が入金されるまでに時間がかかります。まずは商品が無事に届くよう丁寧に梱包しましょう。

多くのフリマサイトでは支払い後に商品を発送し、運営預かりになった代金が購入者の受け取り確認後に入金されるケースがあります。受け取り確認が遅れている場合は、メッセージのやり取りやサイトのサポートを活用して購入者に連絡しましょう。

フリマサイトのよくある質問

フリマサイトを利用したことがなければ、興味があっても不安のほうが大きいため、使うことを躊躇してしまいますよね。

そこでフリマサイトの利用を考えている方に向けて、よくある質問をいくつかまとめてみました。フリマサイトに不安を抱いている方は、ぜひ参考にしてみてください。

住所はバレますか?

A. 匿名配送を利用すれば住所はバレません。

利用するフリマサイトによりますが、匿名配送のシステムをを採用している場所は少なくありません。住所がバレたくないのであれば、出品・購入時ともに匿名配送を利用すれば良いでしょう。

ただ注意点もあり、配送料が高くなるため、送料込みで設定している出品者は応じてくれないケースも考えられます。リスクを減らすためにも、送料が購入者負担の商品を購入するのがおすすめです。

フリマサイトは稼げますか?

A. 転売目的の出品はNGです。

WEBサイトなどで、よくフリマサイトを利用した副業を目にしますが、基本的に転売目的での出品はNG。規定に違反した場合は、アカウント停止などの処置を受けてしまうでしょう。

しかし、あくまで同じフリマサイト内での転売を禁止しているだけで、出品者がほかのお店やオンライン上で購入した商品に関しては問題ないとも言えます。

ただ、別途サイトを利用する手数料や、お店まで行く交通費など、諸費用は大きくなるでしょう。薄利多売ができる環境でなければ、稼ぐことは難しいです。

出品したら必ず売れますか?

A. どちらとも言い切れません。

確実に売りたいだけであれば、値段を下げてタダ同然に出品すれば基本的に売ることは可能です。しかし、ある程度の利益を考えて出品するのであれば、人気商品や相場以下の価格でないと、必ず売れるとは言えないでしょう。

日常的にフリマサイトを利用している方でも、売れない商品はあります。情報収集や価格相場のチェックなど、売るための努力は必ず必要です。

クレジットカードがなくても買えますか?

A. クレジットカードがなくても購入可能です。

どのフリマサイトでもコンビニ払いやポイント払いなど、さまざまな支払い方法に対応しているため、基本的にクレジットカードがなくても利用することは可能。

しかし、クレジットカードがあれば、購入後すぐに支払いを済ませることができます。

出品者は、支払い完了後でなければ発送できないため、対応に日数がかかれば、その分商品の到着も遅れるでしょう。

クレジットカードの有無は絶対ではありませんが、すぐに商品が欲しい場合は、あると便利だと言えます。

フリマサイトの売上は確定申告が必要ですか?

会社員のように本業の収入がある人は、フリマサイトの所得が20万円超、専業主婦の場合は48万円超になると、確定申告が必要です。ここでの所得とは、売上―経費のため、仕入れにかかった交通費なども経費に含みます。

しかし家具や衣類などの「生活用動産」を売っている状態、一時的な販売の場合は、上記の金額を超えても確定申告は不要です。ただ「プレミア品の販売」「継続的な販売」などは、申告対象となるケースもあります。

自分に合ったフリマサイトを利用しよう!

各フリマサイトの詳細や特色の紹介と、フリマサイトを選ぶポイントを解説しました。

近年利用者が増え続けているフリマサイトには、それぞれ異なる特徴があります。そのなかから自分に合ったフリマサイトを選んで取引することで、中古買取店を利用するよりもお得に売買できたり、不要品を気軽に処分できたりといったメリットを享受できるでしょう。

ぜひ本記事を参考に、ぴったりのフリマサイトを選んで利用してみてくださいね。

本記事の画像や買取実績、口コミの出典
メルカリラクマYahoo!オークションYahoo!フリマminneジモティーモバオクCreemamagiスニーカーダンク

無料

60秒

一括査定で最高額を調べる