静岡の地酒「磯自慢」の買取価格やおすすめ買取店紹介

  • 2019年11月15日
静岡の地酒「磯自慢」の買取価格やおすすめ買取店紹介
広告

磯自慢とは?

磯自慢は静岡県焼津市に蔵を構える老舗酒蔵です。創業は江戸時代の1830年(天保元年)、水野忠邦の天保の改革が行われた時代の前から製造されています。

磯自慢は南アルプスの清浄な名水と厳選された米を使用しています。酒造りに使うお米はコシヒカリやササニシキのような食卓に並ぶお米ではなく、酒造りに特化した好適米と呼ばれるお米です。磯自慢に使われているのは好適米として特A級の評価を受けている山田錦や愛山になります。
大吟醸のブルーボトルをはじめ山田錦は100%使われており、特上の厳選素材が使われています。静岡に伝わる伝統酵母の「静岡酵母」は酢酸イソアミル系で独自の麹作りは高く評価されてきました。

グラスに注いだときに香りだす磯自慢の香りは白桃やメロン、ラ・フランスや完熟バナナなど自然で芳醇な香りが引き立ちます。
どんな料理にも合いますが、やはりいちばん合うのは静岡の名産である魚介料理でしょう。焼津市名物のマグロや鰹から、浜松の鰻まで様々な魚介料理と一緒に楽しむことができます。

国内で高く評価されている磯自慢ですが、最近は海外にも進出しており輸出用の商品も好評です。買取市場においても定価よりも高い価格で販売されることがあります。

買取価格

磯自慢の定価は安いもので2,000円からあります。レギュラーのお酒である本醸造が1800mlで約2,000円です。
ボリュームゾーンは3,000円から5,000円の商品になります。例えば、愛山という好適米を使った代表銘柄である大吟醸は720mlで約3,000円が定価です。プレミア価格になっている商品としては山田錦35%純米大吟醸があります。こちらは720mlで16,500円です。
通販サイトで購入する場合は定価よりも高く販売されていることがあります。これは磯自慢が人気なこと、流通量が限られていること、シーズンの違いなどが関係しています。それでは買取市場においてはどのくらいの価格で販売されているでしょう。

isojiman_kaitori - 1
出典:Amazon

人気の高い「磯自慢・純米大吟醸42・スプリングブリーズ」の場合は、だいたい4,000円の相場になっています。大吟醸エメラルドは約1,500円です。
プレミア価格としては「中取り純米大吟醸アダージョ」は25,000円から30,000円の値が付くことがあります。この他にも大吟醸のノビルメンテは10,000円前後の価格が付いており、買取市場は活発に取引されていることが分かります。もちろん、こうした相場は買取の店舗によって価格に差が出ることは注意してください。

おすすめの買取店3選

磯自慢をできるだけ高く売るためには買取店を選ぶことが大切になります。査定額は店舗によって差が出るためです。

高価買取のコツとして一つの業者に依頼するのではなく、複数の業者に出品してそれぞれの評価を比べてみることをおすすめします。価格の比較サイトではだいたいの相場を知ることができますが、実際にどんな値付けになるかは査定を通してみてからでないと分かりません。

そこで、ここでは優良店舗を3つ厳選して紹介します。まずは、この3つを参考にしてみてください。もちろんいずれも無料査定を行っています。

ブランド風月

買取店紹介

まず紹介するのは神奈川県横浜市に本拠がある「ブランド風月」です。
ここは金券やブランド品、時計や宝石などを買い取る専門店ですが、お酒に関しても豊富な買取実績があります。

ブランド風月が強いのはお酒の鑑定士を擁していることです。専門のプロの目で鑑定が行われるので、しっかりと買い取りされるほか、満足のできる価格で売却することが期待できます。
磯自慢に関してもプレミア価格の付いたものだけでなく、比較的安価な銘柄まで区別なく買い取ってもらえます。買い取りの方法に関しては店頭の他にも出張や宅配など様々な方法が用意されています。

店舗情報

  • 店舗:ブランド風月 平塚店
  • 住所:〒254-0042 神奈川県平塚市明石町1-33 柏木ビル2F

ライフバケーション

買取店紹介

お酒の買取専門店としては「ライフバケーション」がおすすめです。
テレビCMで見かけることも多い専門店で、お酒に特化していることが特徴です。ブランド風月と同じように鑑定士を多数擁してます。査定方法としてメール査定を行っていることは便利です。こちらは専用のフォームがあるので、それに従い商品情報などを入力していくだけで査定が完了します。そして査定や買い取り手数料はもちろん無料です。

店舗情報

  • 店舗:ライフバケーション横浜本店
  • 住所:〒221-0062 神奈川県横浜市神奈川区浦島丘2-35 1F

なんぼや

買取店紹介

最後に磯自慢の地元である静岡に店舗があるところを紹介しましょう。
「なんぼや」は全国に店舗があり、東京都だけでも20店舗を数えます。
静岡県内にも3店舗を構えるお店で、ブランド品や骨董品など様々な商品を取り扱っています。

お酒に関しても多数の取引実績があるので、店頭買取したい場合は持ち込んでみましょう。最近はネット買取が人気ですが、やはりお店に持ち込みができると、スタッフの説明を聞きながら買い取りができるので安心です。

取引アイテムが非常に幅広いので磯自慢と手持ちの宝石やブランド品を一緒に出品することもできます。店頭の他には宅配や出張の他にも、査定方法としてLINE査定というサービスもあります。メッセージアプリのLINEを使ったサービスで、よりカジュアルにできます。

店舗情報

  • 店舗:なんぼや 静岡店
  • 住所:〒420-0857 静岡県静岡市葵区御幸町(みゆきちょう)7-1 アオイヤビル1F

売る際の注意点

初めて買い取りをする人にとってどのような手順があって、売るときの注意点があるかは気になるはずです。

まずは簡単に手順を見ていきましょう。店頭の場合はスタッフの指示に従えばいいので、ネットを利用したものについて説明します。ネットでは専用のフォームがあるので、そこで商品情報や個人情報を入力します。そしてしばらくすると査定結果が返ってくるので希望にあっていれば買取の開始です。お店によっては専用の宅配キットが送付されるので、それを利用してください。店舗に送ってお店が確認したら入金されて買取は完了です。

付属品を揃える

何も難しいことはありませんが、査定から入金に至るまでにはいくつか注意したいところもあります。まずは付属品や箱の有無です。磯自慢には化粧箱と呼ばれる箱が付いていますが、これがあるのとないのでは査定額が変わることがあります。実は箱には愛好家がおり、箱の有無で価値が変わるからです。

日本酒は賞味期限に注意

日本酒は賞味期限があります。基本的に発売されたときが高く、時間が経つにつれて価値は減少していきます。磯自慢の場合は製造日より8ヶ月や6ヶ月と記載されているので、ラベルを確認してみてください。賞味期限を過ぎれば味や風味は落ちてきますし、買取店によっては買い取ってもらえない場合があります。なるべく早く買取に出すようにしてください。

きれいな状態を保つ

上記と同様の理由で出品するときは商品をきれいな状態にするようにしましょう。埃や汚れが付いていると鑑定士に悪い印象を与えます。出品するときはアルコール消毒などでビンの全体を拭き取りましょう。また、磯自慢は冷蔵保存が必要と言われているので、しっかりと冷やした状態で保存してください。

梱包する際は割れないように

宅配で買取に出すときは自分で梱包しなければなりません。ここで注意したいのがビンが割れないようにすることです。単にダンボールに詰めただけでは割れるリスクがあります。間にしっかりとクッションを敷いて、ビンは新聞紙で包むようにすることをおすすめします。

まとめ

磯自慢は高価買取されるお酒です。取り扱っている業者も多いですし、愛好家は多くいます。最近は海外のファンも増えてきており、海外の愛好家たちを対象にした中古市場も増えてきています。非常に美味しいお酒で自分で楽しんでも良いですが、もし磯自慢を持っていて飲む予定がないのなら査定に出してみましょう。思わぬプレミア価格が付くかもしれません。ここで説明した買取店や高く売るためのコツなどを参考にしてみてください。