ゲオでスマホを買取してもらうまでを追跡してみた!

DSC01825

ゲオのスマホ買取体験レポート

この記事では、筆者のふーやんが実際にiPhone6sに機種変更をして今まで使っていたiPhone6をゲオで買取してもらう様子を実体験レポートとして紹介しています。一緒に読み進めていけば誰でもかんたんにゲオのスマホ買取を利用することができるので、是非参考にしてくださいね!

前回までのあらすじ
null
iPhone6sを買う時に、まず気になるのがいくらで買えるのかということ。下取りの場合と買取の場合ではどっちが安く買えるのかを計算してみました!

結果は今回のケースでは買取の方がお得ということになり、今年は買取を活用して機種変更することに決定しました!

null
そして発売日の9月25日、今年も前日からドコモショップ丸の内店に並び無事にiPhone6sをゲットしました!今回は念願の先頭を勝ち取り、誰よりも早くローズゴールドを手に入れました。

その時のリアルタイム更新の記事は写真をクリック!

早速iPhone6を売る

null

念願のiPhone6sを手に入れたことで、今まで使っていたiPhone6は買取してもらう事にしました。今回はゲオが運営している「Smarket(スマーケット)」で売っていくまでの流れをレポートしていきます。

まずはデータを移行する

下取りと買取の最大の違いがその場でスマホを渡す必要がないということ!下取りだと最大価格で売りたければ機種変更するその場でスマホを手渡さなければいけません。後日郵送にしてしまうと下取り価格が下がってしまいます。データの移行はゆっくりしたかったので、今回はそういう意味でも買取を選択しておいて良かったです。

null
すぐに自宅に帰ってiTunesを使いiPhone6のバックアップを取り、買ったばかりのiPhone6sにデータを移行しました。

この記事の通りにバックアップを取ることで、LINEのトーク履歴や保存していたパスワードが全て完全移行できます。全てが今までどおりに使えるので、機種が変わったことに気づかないレベルです。

データを消去する

iPhone6sに全てのデータが移行された事を確認したら、上の記事を参考に今まで使っていたiPhone6のデータを全て削除します。うっかりそのまま買取に出してしまうといろんなデータが漏れてしまうので、絶対に自分で消去しましょう。「iPhoneを探す」をオフにした上でiCloudからサインアウトすることも忘れずに行いましょう。

→初期化を間違えるとデータが消えない?

付属品を揃える

null

付属品はなるべく購入時のものを全て揃えましょう。付属品は1つでも多く一緒に買取に出すことが高価買取のカギとなります。今回は充電器だけはiPhone6sでも使いたかったので一緒に買取に出さない事にしました。大体の買取店では充電器がない場合は減額となりますが、減額される金額より充電器をもう一度買い直す方が高いだろうという勝手な解釈で話を進めていきます。もちろん、後で充電器がない場合はいくら減額になったのかも合わせてレポートします!

今回買取に出すもの

  • iPhone6本体
  • イヤホン(新品未使用)
  • 説明書

 

 

本体をクリーニングする

これは少しでも高く売るためのテクニックです。査定の際に綺麗な状態だときっと査定員の心象もいいですよね。ということで綺麗にクリーニングして大事に使っていた事を無言でアピールしていきます!メガネ拭きで画面に付いた指紋を綺麗に拭き取り、普段は綺麗にしないような細かな溝や隙間にも注意を払ってクリーニングしていきます。

null

こんなに綺麗になりました!ずっと傷だと思っていたものが、拭いてみたら汚れだったということもよくあります。スマートフォン本体にシールやステッカーを貼っていた場合は特に綺麗にクリーニングしてから買取に出しましょう。ほんのちょっとの手間で買取価格が変わることがありますよ!

充電する

意外と忘れがちなのが、充電をしておくということです。査定の際にはもちろん動作チェックがあります。その時にスマホの充電が切れてしまっていては査定が行えません。スムーズに査定を行うためにも必ず事前にスマホの充電をしておきましょう。

ゲオに買取申込する

早速ゲオが運営するSmarket(スマーケット)に買取の申し込みをしようと思います。今回なぜSmarket(スマーケット)で売るのかと言うと…

▼買取キャンペーンで更に買取金額をアップ▼
null

こんなキャンペーンをウリドキでやっているからだったりします。Smarket(スマーケット)で普通に売るより1,000円高くなるならせっかくだし使ってみようという事です。

このキャンペーンをざっくり紹介すると

  • 10月31日までのキャンペーン
  • ウリドキで会員登録をして秘密のキーワードをゲットする
  • 会員登録にかかる費用は0円
  • そのままSmarket(スマーケット)に買取を申し込む
  • 秘密のキーワードをデカデカと書く
  • 買取価格が1,000円アップする

 

 

つまり、ウリドキで秘密のキーワードをゲットしたらSmarket(スマーケット)の買取申込書にデカデカと書くだけで買取価格が1,000円アップするって事です。文字を書くだけで1,000円くれるなら喜んで書きます。どうやらデカデカと書くのが高価買取のコツみたいです。
(※現在キャンペーンは終了しています。)

早速会員登録してみる


null

キャンペーンページから早速会員登録をしていきます。登録は簡単で、メールアドレスとパスワードを設定するだけです。後は指定したメールアドレスにメールが来るので、そのリンクからウリドキへ飛べば登録は完了です。ちなみに、会員登録をするとウリドキの色々な機能が使えるらしいですよ。今回は1,000円が大事なので省略します!!!

null

そして買取価格が1,000円アップする秘密のキーワードが現れました!これはデカデカと書かなきゃマズいキーワードです。めちゃくちゃ心臓がバクバクするようなキーワードでした。

Smarket(スマーケット)に申し込む

null

続いてSmarket(スマーケット)で買取の申し込みをしていきます。まずは使っている機種を入力して現在の買取価格を確認します。今回買取してもらうのは「iPhone6 64GB ゴールド(docomo)」なのでそれを入力します。

null
(2015/10/07時点)

そして自分が売りたいスマホの機種を選択して価格を確認します。記事執筆時点の2015/10/07現在、中古最高買取価格は46,200円となっています。iPhone6sの発売で買取価格は下がり続けているので早めに申し込むのがおすすめです。ちなみに、Smarket(スマーケット)では申し込み時点での買取価格が最大2週間保証されるため、とりあえず申し込みをしておくという使い方もできます。

null
(2015/10/07時点)

機種名と金額が間違っていなかったらチェックボックスにチェックを入れて買取を申し込みます。その後、住所や振込先の銀行口座を記入していきます。

null

申し込みが完了しました!Smarket(スマーケット)の宅配買取は無料で梱包キットがもらえるので事前にダンボールなどを準備する必要がありません。先ほど記入した自宅の住所に梱包キットと買取申込書が届くのを待つだけです。ちなみに、引取も無料で行ってくれるので自宅から一歩も出る必要がありません。

梱包キットが届いた

null

査定を申し込んで3日、梱包キットが到着しました!あとはスマホを箱に詰めて送るだけです。ここではその手順を写真付きで解説していきます。

梱包キットの中身

null

届いた梱包キットの中身はこんな感じでした!

  • 買取申込書
  • プチプチ
  • 買取の説明書

 

買取申込書にはすでにネットで記入した自分の住所や氏名、振込先の情報が記載されていて、後は申し込み前のチェックポイントにチェックを入れるだけの状態になっています。ウリドキのキャンペーンでゲットした買取価格1,000円アップの秘密のキーワードは、この買取申込書の裏にデカデカと記入します。買取の説明書には今後の流れやよくある質問、iPhoneの初期化の手順などが写真付きで丁寧に解説されています。初期化の方法がわからない人などは、この説明書を参考にしながら初期化をするのがおすすめです。

秘密のキーワードを書く

null

ここでいよいよウリドキ×Smarket(スマーケット)のキャンペーンを活用します!ウリドキでゲットできる秘密のキーワードを買取申込書の裏にデカデカと記入するだけで、スマホの買取価格が1,000円もアップするみたいです!デカデカと記入するのがコツみたいなので、申込書からはみ出るくらいにデカデカと書いてみました。
(※現在キャンペーンは終了しています。)

梱包して発送する

null

買取申込書のチェックリストを全てチェックし、本人確認書類を用意して必要事項を記入したら、いよいよ梱包です。スマホを壊れないようにプチプチに包んで、必要な書類を全て同封したら準備完了です。後は集荷依頼をして着払いで発送するだけです。

でも、本当に個人情報は大丈夫?しっかり査定してる?初めての宅配買取に色々不安になったので、自分のiPhone6を追いかけてSmarket(スマーケット)を運営するゲオの査定センターまで行ってみる事にしました!

iPhone6を追いかけてゲオの査定センターへ

null

というわけで、査定に出したスマホはどういう過程を経て買取されるのか、実際に名古屋にあるSmarket(スマーケット)を運営するゲオの査定センターにお邪魔して徹底的に調べてきました!僕のiPhoneはしっかり査定してもらえているのか、個人情報は大丈夫なのか、しっかり話を聞いてみる事にします!
(※プライバシー保護のため、一部画像を加工してあります)

査定の流れ

厳重なセキュリティ
null

査定センターに入る前には厳重なセキュリティがあります。個人情報を扱う大切な場所なので、当然関係者以外は入室することを禁止されています。今回はゲオさんの全面的な協力のもと、特別に入室と撮影を許可していただきました!

査定センターはこんな所
null

ゲオの査定センターの内部です。全国で集荷されたスマホや携帯は、この査定センターに全て集められてから1台ずつ丁寧に査定されていきます。きっと僕のiPhone6もこの中のどこかに紛れているはずです。

ステップ1
null

集められたスマホはここで内容物に誤りが無いか、必要書類が揃っているかをしっかりチェックされます。ちなみに、本人確認書類などの書類が入っていないなどの不備があった場合はこの時点で買取不可となってしまうそうです。一度査定はストップしてしまうので、査定を続けるためにはその間に本人確認書類を送る必要が出てきてしまうため注意が必要です。

ステップ2
null

内容物と本人確認書類に不備がなければ査定待ちリストに追加されていきます。全ての書類とスマホをひとまとめにし、到着順に査定待ちの箱に詰められて査定を待ちます。ゲオではネット買取以外にも、全国の店舗でスマートフォン買取を行っているためかなりの台数が査定待ちとして並んでいます。それでも全て1台ずつ丁寧に査定していくので驚きです。

ステップ3
null

特別に実際の査定風景を見せてもらいました!ここで外装に傷は無いか、水没していないか、きちんと動作するのかを全て細かくチェックしていきます。専用のパソコンを使用するため、誰がチェックしても全て同じ基準で査定ができるようなシステムになっています。査定員は全員手袋をはめて、落下防止用の柔らかい布の上で丁寧に状態をチェックしています。

「まだ査定の段階ではお客様の大事な所有物です。お客様から預かったスマホは全てゲオの厳しい基準で丁寧に、大切に扱います。」

と、ゲオの査定員の方のコメントが印象的でした。

ステップ4
null

査定が完了したスマホは、いよいよ査定金額の算出に入ります。査定額はゲオ全体の統一基準によって決定します。ここで決定した査定金額は買取を依頼した利用者にメールでお知らせされ、利用者が金額を了承したら買取となります。入金が確定し所有権がゲオに移ったスマホは、完全なデータ消去とクリーニングのために棚に並べられ次の作業に移るのを待ちます。

加工センターへ移動
null

買取されたスマホは建物を移動し、更にセキュリティが強化された加工センターへ運ばれます。個人情報を扱う加工センターは入室方法も査定センターとは異なる徹底ぶりです。

データ消去
null

その後、パソコンを使いデータ消去専用ソフトでスマホのデータを完全に消去します。端末だけでのオールリセットでは個人情報が復元されてしまう可能性があるので、専用ソフトで復元が不可能になるようにデータを完全に消去します。繰り返し初期化を行うことでデータの復元が不可能な状態になり、スマホは完全にデータが何もない状態になります。その後、専門のクリーニングスタッフにより丁寧にクリーニングが行われます。

査定完了
null

これでゲオのスマホ査定は全て完了です。個人情報が完全に消去され、綺麗にクリーニングされた端末は出荷準備がされ、全国のゲオ店頭に並ぶことになります。

ゲオの人に話を聞いてみた

null

やっぱりわからないことはホームページを見てもわからない!だったら直接ゲオの人に聞いてしまおうということで、よくある質問や高価買取のポイントなどを、ゲオの査定員の方に直接聞いてみました!

個人情報は大丈夫?

やっぱりスマートフォンを売る際に一番気になるのは個人情報。最近のスマホはパソコン並みにデータが入るので色々入れている人も多いはず。その場合個人情報の流出を考えると怖くて買取に出せません。ゲオでは買い取ったスマホの個人情報はどうしているのでしょうか。

ゲオ「ゲオでは査定前にお客様ご自身でのデータ消去をお願いしていますが、買取した後にも専用のデータ消去ソフトを使ってスマホのデータを完全消去しています。」

なるほど!二重の体制で完全にスマホのデータを消去しているそうです。もちろん査定前に自分でデータを削除することは絶対必要です。その時点で普通の人にはデータの復元はできなくなります。しかしゲオでは、そこから更にデータ消去専用ソフトが入ったパソコンを使用して、買い取ったスマホのデータを完全に消去しているそうです。繰り返し何度も無意味なデータを書き込むことで、スマートフォンのメモリに残っているわずかなデータまで全て復元不可能になるとのことです。これで個人情報の対策は完璧というわけですね。

売ったスマホはどうなるの?

これも気になります。ゲオはそんなにスマホを買い取って一体どうしようというのでしょうか。自分が売ったスマホはどうなるのでしょうか?

ゲオ「ゲオの店頭でリサイクル品の中古スマホとして販売されます。さらに、ゲオの格安SIMと中古端末を組み合わせて、格安スマホを手軽に買えるサービスも行っています。」

確かに、ゲオの店頭で中古スマホを販売している所を見たことがあります。どうやら買い取ったスマホは綺麗にクリーニングされて、中古品として全国のゲオで販売されているようです。まさに中古のゲーム機のような感覚です。

null
格安スマホの作り方とご利用までの流れ

ゲオではこんなことも行っているようです。店頭で販売している中古スマホを購入し、同じく店頭で販売している格安SIMを買うことで、月額900円から使える格安スマホを作れちゃうというサービスのようです。ゲームやアプリ専用の2台目スマホや、子どもに持たせるスマホとして気軽に利用することができそうです。買い取ったスマホはこうしたサービスに使われているのですね!

どういうスマホが高く売れるの?

高く売れるんだったら売りたい、正直そう考えている人も多いはず。じゃあ、どんなスマホが高く売れるのか、今一番高く売れるスマホをゲオに単刀直入に聞いちゃいましょう!

ゲオ「docomo版のiPhoneは特に力を入れて買取しています」

どうやらiPhoneの中でもdocomo版が特に高く売れるようです。理由を詳しく聞いてみた所、上記で紹介している格安SIMはdocomoの端末でしか利用できないそうです。そのため、格安スマホを普及させるためにはdocomo版のiPhoneが多く必要とのこと。もちろん、普通に店頭販売もしているのでその他のスマートフォンも高価買取していますとのことでした。

箱や付属品が無いとダメ?

これは個人的にも気になります!充電器は次のiPhoneでも使いたいという、自分勝手な理由で同封しなかった僕にはどんな仕打ちが待っているのでしょうか?恐る恐るゲオの担当の方に聞いてみました。

ゲオ「本体だけあれば減額にはなりません。機種によって付属品に価値がある場合は欠品していると減額となる場合があります。」

僕「iPhoneは!!iPhoneはどうなんですか!!」(充電器を同封していない)

ゲオ「安心してください。iPhoneは本体だけでもOKで、付属品が無くても減額にはなりません。」

安心しました。ゲオでは基本的に本体だけあれば付属品が無くても減額にはならないそうです。僕のような身勝手な理由で付属品を入れない場合もきちんと減額無しで買取してくれるとの事です。しかし、機種によっては減額となってしまう場合があるそうです。専用の充電器が無いと充電できないなど、充電器が特殊だったりすると減額になってしまうそうです。一般的なiPhoneやAndroidスマホであれば問題ないそうです。付属品が無いと減額されてしまう買取業者が多い中、ゲオは太っ腹だと思います!

査定の際に重視するところは?

ゲオがスマートフォンの査定の際に最も重視する所を知っておけば、高価買取のコツが分かるかも!実際に査定でどこを見ているのでしょうか。

ゲオ「一番重視しているのが本体の綺麗さです。」

最も重要なのは本体がどれだけ綺麗かということだそうです。買い取ったスマホが店頭に並んだ時に、やはりお客様が手に取るのは本体だから本体の綺麗さが一番重視されますとのことでした。確かに自分が中古でものを買う時、付属品や説明書の状態はあまり確認しませんよね。自分がものを買う時にチェックする所こそが、ゲオが一番査定に際に重視している点と言えそうです。

ゲオに聞くスマホ買取の意外な注意点

null
photo by Michael Gil

よくある質問を聞く中で、逆にゲオから「こんな所は注意してください」というお話も聞けました。多くのスマホ買取をやっているゲオだからこそ気づく、意外な落とし穴をせっかくなので聞いてきました!

シールを貼ってあるスマホは買取不可

スマホにシールやステッカーを貼っている人って結構いますよね。でもあれって実は、きちんと剥がして査定に出さないと買取不可になってしまうって知っていましたか?なぜシールが貼ってあるスマホは買取できないのか、ゲオに聞いてみました。

ゲオ「査定の段階ではスマホはお客様の所有物です。こちらでシールを勝手に剥がすことはできず、シールの下に傷や汚れが付いている可能性があるため買取は不可とさせていただいております。」

思わずなるほど!と思った回答でした。確かに、査定をしているスマホは金額が確定して入金処理が完了した時点でゲオの所有物となります。それまではあくまで個人の所有物であり、ゲオが査定の際に勝手にシールを剥がすことはできません。例えば、傷を隠すために貼っていたシールだとしたら、ゲオでは確認のしようがありません。その場合は返送になってしまうので、スマホにシールを貼っている人は必ず全て綺麗に剥がしてから査定に出しましょう。

初期化を間違えるとデータが消えない

データの消去方法は色々なメディアで取り扱っています。しかし、ゲオいわくそれでは完全にデータは消去できないとのことでした。特にiPhoneの場合に多いというデータ消去の意外な落とし穴を聞いてみました。

ゲオ「iPhoneを消去してもiCloudからサインアウトできていない場合があります。必ず先にiCloudはサインアウトしてください。」

これはどういうことでしょうか?実はiPhoneにはリセット方法が2種類あります。

  • すべての設定をリセット
  • すべてのコンテンツと設定を消去

この2つのリセット方法にはそれぞれ違いがあり、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択しないとiPhoneのデータは完全に消えないのです。さらに「すべてのコンテンツと設定を消去」する前に、「iPhoneを探す」をオフにした上で、iCloudからサインアウトする必要があります。そうしないとiPhoneのデータが残ってしまっている場合があるようで、注意してデータを消去してくださいとのことでした。

null

おサイフケータイは初期化するのを忘れずに

Androidスマホに多く搭載されているおサイフケータイ、EdyやモバイルSuicaなどで利用している人も多いと思います。そんなおサイフケータイですが、アプリを消去しただけではデータは消えないそうです。

ゲオ「アプリを消去しても、本体に内蔵されているICチップにはデータが残っています。必ず携帯ショップでリセットをしてください。」

どうやらアプリを消しても、本体に内蔵されているICチップのデータまでは消えないそうです。ICチップには個人情報など様々な情報が記録されているため、しっかり携帯ショップでリセットをしてもらわないと第三者にデータを読みこまれてしまう可能性があるそうです。意外と忘れている人が多いそうなので注意したほうが良さそうです。特にタンスや引き出しに眠っている昔のスマホや携帯に多いそうなので、買取に出す前には全てのスマホや携帯のICチップを確認しましょう。

ゲオの取材でわかったこと

null

今回は自分のiPhone6をゲオで売ろうと決めて、査定が気になるあまり名古屋まで来てしまいました。そこで親切なゲオの方たちに実際の査定風景を見せてもらい、色々とわかったことがありました。ゲオの査定については散々紹介してきましたが、ここでは数々の買取業者を紹介してきたライターとして、ゲオの買取のすごい所を紹介します。

個人情報の扱いがしっかりしている

ゲオは個人情報の扱いがすごい!徹底したデータ削除により、第三者にデータが漏れる心配はなさそうです。恐らく僕達よりも個人情報の事をしっかり考えています。だけど、もちろん自分でも査定に出す前にはデータの消去をしっかりしましょう。

査定が丁寧

ものすごい台数が査定待ちとなっていましたが、手を抜くことなく1台ずつしっかり丁寧に査定していました。全員白い手袋をして落下防止用のマットの上で動作チェックを行っているのは、査定をお願いしている身としても安心しました。次に買う人が実際に手に取る際にチェックする項目をしっかり査定していました。

本体の綺麗さで査定が決まる

多くの買取業者の査定基準に「使用年数」というものがあります。例え綺麗に使用していても、年数が経っているだけで減額という少し不公平な査定が一部業者では行われているのも事実です。しかしゲオではそういった査定はせず、前の所有者がどれだけ丁寧に使用していたのかを評価してくれます。1年以上使っていても、大切に使っているスマートフォンはきちんと査定してくれます。長く大切に使う人にとっては嬉しいことですよね。

付属品は査定に関係ない

これも多くの買取業者の査定基準には「付属品の有無」というのがあります。箱や充電器を無くしてしまうと減額となる買取業者も多く見受けられます。ゲオの場合は本体だけあればOKという基準でした。特殊な充電器などの場合を除いて、付属品が無いからといって減額することはないそうです。

まとめ

普段は見えない査定風景をこの目で見ることで安心しました。これならきっと大切に使ってきた僕のiPhone6もしっかり査定してくれるはずだと思い、安心しきった僕は東京に帰ることにしました。ゲオのみなさん、ありがとうございました!

査定結果が出た

null

そして東京に戻ってきて数日、ついに査定が出ました!1年使ったiPhone6は、Smarket(スマーケット)でいくらで売れたのでしょうか?

結果は47,200円

null
(※2015/10/07申し込み時点)

結果は47,200円でした!前半で心配していた充電器が欠品している件に関しては減額無しです。ゲオのインタビュー通りの結果となりました。
ウリドキのキャンペーンを利用したので、しっかり買取価格が1,000円アップしていました!

この後は、金額に納得したら「承認」を選ぶだけです!もちろん、金額に納得出来ない場合はキャンセルして返品を選ぶこともできます。僕は、減額もなく中古最高買取価格だったので迷わず「承認」をしました。あとは振り込みを待つだけです。

オークションより高く売れた

null

オークションで同じ機種(iPhone6 64GB)の落札相場は、平均48,988円。オークションの手数料が2,449円かかるので、実際の落札相場は46,538円となります。
(※2015/10/27時点)

つまり、今回はオークションよりSmarket(スマーケット)のほうが高く売れたということになります!もちろん、写真を撮影したり、出品の手続きをしたりという手間は一切ありません。手間もかからず高く売れたという結果になりました!

機種変更レポートのまとめ

null

今回でiPhoneの機種変更レポートは完結です。実際に買取を利用してお得にiPhone6sを購入することができました!さらに、ゲオの全面協力で実際の買取査定の風景を取材させてもらうことができ、少しでもスマホ買取を身近に感じでもらえたと思います。最後に、一連の流れをまとめておきますので、是非今後の参考にしてみてくださいね!

まずは下取りと買取の比較をする

機種変更が決まったらまずは新しいスマホがいくらで購入できるのかを調べましょう。その際に、今まで使っていたスマホが下取りだといくらで売れて、買取だといくらで売れるのかを比較しましょう。高く売れる方法を活用することで、新機種をお得に購入できます。

並ぶ

最近ではiPhoneを並んで買う必要はなくなりましたが、もしイベントが好きでお祭り好きであれば並んでみるのもおすすめです。発売イベントに参加して手に入れるiPhoneは思い入れも変わるかもしれません。

データの移行をする

機種変更が完了したらデータの移行はしっかり行いましょう。下取りと違い、買取ではその場でスマホを手渡す必要が無いので、自宅に帰ってゆっくりデータの移行ができるのがメリットです。でも、あまりゆっくりしていると買取相場はどんどん下がってしまうので、早めに査定の申し込みをしておきましょう。
Smarket(スマーケット)なら、査定の申し込みから最大二週間は買取価格が保証されるので、先に申し込んでおくのがおすすめです!

買取を申し込む

データの移行も完了したら買取を申し込みましょう。Smarket(スマーケット)の買取方法は上記で詳しく解説しているので、その通りにすすめていけば完璧です。データの消去も忘れずに行いましょう。

あとはSmarket(スマーケット)に任せる

最後は丸投げ!宅配買取用の梱包キットの用意から、発送の集荷依頼、査定から入金まで全てやってくれます。申し込みだけ終わったら、後は機種変更した最新機種を遊び倒しましょう!遊んでいる間に面倒なことは全てSmarket(スマーケット)がやってくれます。これが宅配買取の最大のメリットですね。

結果:iPhone6sは52,592円で購入できた!

今回購入したdocomo版iPhone6s(64GB)は一括価格が99,792円です。今まで使っていたiPhone6が47,200円で売れたので、今回は最新機種を52,592円で購入することができました。そこからdocomoの月々サポートで毎月2,538円が24回に渡って割引されます。合計で60,912円の割引を合計すると、iPhone6sが無料どころか8,320円もキャッシュバックされる事に!最新機種を買っているのに得しちゃってます!買取を活用するとこんなことができたりしちゃいます。

iPhone6sの機種代
99,792円-47,200円=52,592円

ドコモの割引
52,592円-60,912円=▲8,320円

8,320円得している!

今回の件では、全ての割引を合計すると8,320円も得している事になります。買取のメリットを最大限生かした機種変更となりました。iPhoneはこのサイクルで毎年こんな買い方ができるのが特徴です。是非、買取を活用してお得に最新機種を手に入れてみてください!
(※条件は人により異なりますのでご注意ください。)
▼スマホ買取の完全ガイド|高く売るため知っておくべき全情報▼null

▼ウリドキで携帯の買取価格を比較する▼
スクリーンショット 2017-07-18 15.28.48

■一番高く売る!実績多数の専門家による完全無料の一括見積もりはこちら