ブックオフで雑誌を売りたい!買取価格相場はいかに?

ブックオフ古本買取

雑誌を売りたい!その前に雑誌って売れるの?と素朴な疑問をお持ちの方必見です!どこに売ろうか思いつくのが街中でよく見かける「ブックオフ」。果たしてブックオフで雑誌は売れるのでしょうか? ブックオフに雑誌を売るメリットとは?また、どんな人におすすめなのか?買取価格相場は?買取の利用方法は?ブックオフならではのキャンペーンは?口コミや評判は?高価買取のコツは?などに焦点をあて、気になるブックオフの中古買取事情に注目してみました。

ブックオフで雑誌は売れるのか?

ブックオフ古本買取

店舗によって方針が違う?

ひとことで言って、ブックオフでの雑誌取り扱いは、店舗によっても異なるようです。あまり買取の基幹商品ではないので、柔軟性があるというよりは、本部からも店長の方針に任せているといった方がニュアンスに近いでしょう。店舗の大きさ(在庫の余裕)や雑誌の消費者ニーズによっても買取基準が変わるようです。そんな中、買取できる雑誌とそうでない雑誌の“基本規定”はあるようですので、詳細を見てみましょう。

取り扱い可能な雑誌は?

買取できる雑誌はどんなものでしょうか?わかりやすく箇条書きにしてみました。

・不定期で発行されている雑誌(ムック・増刊・別冊など)
・ファッション系(3・4か月以内)
・インテリア系
・車関連
・歴史
・スポーツ・アウトドア
・趣味・ガーデニング・料理
・音楽・楽譜
・映画・パンフレット
・旅行・地図

これらのように時間が経過しても、情報が活きると想定できる雑誌の取り扱いは可能です。

取り扱いできない雑誌は?

発行部数の多い漫画の週刊誌が気になるところですが、こちらは買取不可です。例えば、少年ジャンプが棚に埋まってしまうと、もしかしたらコンビニや本屋の売れ筋である商品の需要が減り、クレームの要因となるかもしれませんね。クレームに対抗してまで売るべき商品ではないという理由も想定できます。では、他の買取できない雑誌も見てみましょう。

・経済誌
・流行雑誌
・デアゴスティーニ
・贈呈本
・同人誌
・一般書店で販売されていない雑誌
・TVガイド・
・ギャンブル系
・不動産
・通信教育
・起業・転職
・子育て
・非売品、定価表示のないもの

これらの時間の経過とともに情報の変動性が想定できるものについては買取できませんので注意が必要です。

ブックオフを使うメリットは?

まとめて買取したい方

雑誌はなかなか高価で売れないのが現状ですが、少しでもおこづかいの足しにしたいのであれば、売れる店舗を見つけて、他の本と一緒に持ち込めるのがメリットです。単に捨ててしまうよりも、いくらかでも換金できればおトク感もありますよね。

大手ショップに依頼したい方

「本を売るならブックオフ」というキャッチフレーズでも著名度抜群のブックオフ。大手買取業者に安心して依頼したい方にはおすすめです。

宅配買取ができない?

雑誌の買取は宅配買取では募集していません。店頭に持ち込むカタチがメインとなります。気軽に最寄りの店舗に立ち寄れる方におすすめです。

ブックオフがおすすめの人は?

ゴミに出すのにもお金がかかる時代

雑誌は、本の中でも比較的大き目なサイズなので捨てるにも容量が必要になります。ゴミに出すのも無料ではない時代。そんな中、処分してお金ももらえるのなら一石二鳥ですよね。また、雑誌の買取に目を向ける方は、さほどいないのが現状ですが、人がしないことをしてお金を儲けるささやかな優越感を得たい方にもおすすめです。

気軽に買取ができる

ブックオフは全国800店舗以上の大手チェーンです。あらゆる街で目立つ場所に店舗を見かけるようになりました。ちょっと買い物ついでに家にある雑誌を他の本と一緒にまとめて売ることもできるので、気軽に買取してもらいたい方にはおすすめな店舗です。女性はとくに新しい場所を探して訪問するのがネックな方も多く、アクセスしやすいことは利点ですよね。

ボランティア宅配便とは?

ブックオフでは、お金による寄付活動の受付はしていませんが、「ボランティア宅配便」というカタチで貢献しています。ちなみに雑誌については、ブックオフの規定によると基本的に宅配買取ができません。ですが、ボランティアに関しては店舗によっても受け入れの相違があるので、念のため確認してOKなら利用してみましょう。

もうちょっとボランティア宅配便について説明しておきましょう。店頭買取や出張買取は、本人に買取金額を支払わなければならないという規定があります。ですので、基本的に宅配のカタチでボランティア宅配便が利用可能です。本・CD・ゲームソフトなどを捨ててしまうならば、役に立てる人のために再利用してもらうのも社会貢献として素晴らしいことですよね。

ブックオフで雑誌を売る時の買取価格相場は?

価格相場の決め手は?

一般的に中古本の価格決定は、状態と発売日をメインに決められます。そんな中、雑誌の価格相場の決め手は、状態よりも発行日を最重要視します。どんなにキレイでも発売日が2年以上前のものですと、ほとんど値段がつけられません。先月号くらいのものですと状態が悪くても、いくらか値段を付けてもらえることにも期待できるでしょう。

1冊いくらで売れる?

値段がつく雑誌の相場は、1冊10円から高くとも50円くらいが相場でしょう。ショップによっては定価の○パーセントなどの価格の付け方をします。最高でも5%くらいの査定が相場でしょう。売れないよりは少しでもお金になればヨシくらいの気持ちで取り組みましょう。10冊売ってドリンク1本でも買えればという感覚ですね。

ブックオフ・買取利用方法は?

宅配買取

ブックオフでは雑誌の宅配買取を実施していないことを前述しましたが、なぜでしょうか?ブックオフでの宅配買取は、古本20冊以上で送料無料という規定を設けています。雑誌は重荷になるので、一箱にそうそう詰められるものではありません。すると採算性を考えると積極的に受け入れるわけにはいかないという背景があるからです。

店頭買取

宅配買取ができないので、必然的にブックオフでの雑誌の買取方法は“店頭買取”ということになります。即現金化できるのでちょっと用事の合間に処分できて便利です。全国の至る場所に展開する大手だからこそ、多くの需要者が利用できる買取手段です。

ブックオフならではのキャンペーンは?

査定額アップキャンペーン

ブックオフでは査定額が通常よりもアップする高価買取キャンペーンを年内通じて実施しています。サイトのトップページなどでもわかりやすく宣伝しているので、定期的にサイトにのぞいててみるのもおすすめです。

ブックオフ・口コミや評判は?

ブックオフの口コミや評判はどうでしょうか?ざっくりとまとめてみました。

・掃除で捨てたいと思っていた雑誌を処分してくれたので助かった
・思いがけずお金に換えることができてトクした気分

ブックオフの情報をもっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!ちなみにブックオフのネットサービスは“ブックオフオンライン”という名称です。

スクリーンショット 2017-07-10 11.32.58

ブックオフオンラインの口コミを見る

高価買取のコツは?

できるだけ早く売ろう!

雑誌の査定要素での最優先は“発売日”。雑誌の情報は旬なコンテンツが多いので、時間が経過すれば経過するほど、その価値は衰えます。なるべく早く買取してもらうのがベストです。

できるだけキレイな状態で売ろう!

数十円の違いですが、できるだけキレイな状態で売りましょう。他の本に比べてコテコテには査定しないのが雑誌査定の特徴のひとつです。一瞬の見た目がキレイかどうかで簡易的に値段が決められてしまうことも多いので、少なくとも表紙などの汚れや端のホコリは取り除きましょう。

雑誌から棚ボタ?

これは買取でなく、古本で雑誌を購入した方の余談話です。古雑誌には意外と色々なものが挟まっているようです。挟まっていたトレカを売ったら数千円になったとか、現金数万円のヘソクリが入っていたとか、そんな棚ボタみたいなことが!棚ボタ狙いで古雑誌を買いましょうとは言いませんが夢のある話ですね。

ブックオフで雑誌買取のまとめ

『ブックオフで雑誌』の中古買取についてまとめてみましたがいかがでしたか? あまり高価買取には期待できないようですが、買取可能なブックオフのショップを押さえておけば、賢いおこづかい稼ぎの足しにもなるでしょう。他の人があまりやっていないことをして得をするのって結構充実感ありますよね。

▼ウリドキで古本の買取価格を比較する▼
スクリーンショット 2017-07-10 11.37.56